REVIEW

ミッシング【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ミッシング』石原さとみ

REVIEW

𠮷田恵輔監督、石原さとみ主演の本作は、行方不明になった6歳の娘を必死で探す夫婦と、その姿を報道するテレビ局の人間を通して、社会の歪みを映し出しています。娘が行方不明になってからなかなか手掛かりが掴めず、情報を集めるにはテレビの報道に頼るしかないと必死な沙織里(石原さとみ)は、焦りばかりが募り、ネットの書き込みも見ずにいられず、どんどん精神的に追いやられていきます。一方、沙織里達を報道する砂田(中村倫也)は、沙織里達に協力したい半面、大衆ウケの良いネタを求める上司との板挟みで葛藤します。そんななか、思わぬ人物に疑いがかかったり、手掛かりになりそうな状況が出てきたり、沙織里達は周囲で起こる出来事に翻弄されていきます。

映画『ミッシング』中村倫也/小野花梨/細川岳

幼い娘が突然いなくなってしまった夫婦を描いているので、どうしても最終的に娘がどうなったのかを知りたくなるところですが、物語の軸は情報社会の闇、そして報道の在り方です。映画公式資料の𠮷田監督のコメントによると、最初の構想では、主人公は石原さとみが演じた森下沙織里ではなく、その弟の土居圭吾(森優作)だったそうです。構想は『空白』制作中からあり、『空白』の登場人物との繋がりのあるストーリーにする予定だったところ、現状の設定の一部分を思い付き、沙織里がメインのストーリーに発展したとのことです。また、脚本の骨子ができた段階で、スターサンズの故・河村光庸プロデューサーに話したところ、マスコミの存在に触れる部分に興味が示されたことから、𠮷田監督も「『空白』で描き切れなかったマスコミの描写を掘り下げたい」という考えに至ったとあります。スターサンズの故・河村プロデューサーは、藤井道人監督の『新聞記者』を企画・製作された方です。社会に問題提起をする本作の姿勢にもその精神が受け継がれていると感じます。

映画『ミッシング』石原さとみ

本作では、石原さとみ、青木崇高、森優作、中村倫也の演技力が存分に発揮されていて、個々のキャラクターの心情がリアルに伝わってきます。良い意味で大変重い映画です。リアルにきついし辛いです。だからこそ、劇中で沙織里達に浴びせられる酷い仕打ちが平然と起きてしまっている社会の闇深さを実感します。

デート向き映画判定

映画『ミッシング』石原さとみ/青木崇高

当てもなく娘を探し続けるなかで、夫婦のスタンスにもズレが出てきたり、生々しい様子が描かれています。私達がこうした問題に直面する確率は低いとしても、非常時こそ夫婦でお互いを理解できるかどうかが試されるんだなと客観視できます。かなりシュールなムードになりそうですが、綺麗事では済まされない状況になった時でも協力できそうかどうか、2人で一緒に観ながら各々想像してみてください(苦笑)。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ミッシング』石原さとみ/中村倫也

SNSやテレビ報道などで情報がどういう風に扱われ、ねじ曲げられていくのか、その実態を知ることができます。情報源にも、情報の先にも生身の人間がいて、深く傷付いているかもしれないという想像力を働かせるきっかけになります。また、親にとって子どもの存在がどれだけ大きいかも実感できると思います。

映画『ミッシング』石原さとみ/青木崇高/森優作/中村倫也

『ミッシング』
2024年5月17日より全国公開
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©2024「missing」Film Partners

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年5月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ ありふれた教室【レビュー】

校内で多発する盗難を解決しようとする行動が負の連鎖…

映画『ファースト・カウ』ジョン・マガロ ジョン・マガロ【プロフィールと出演作一覧】

1983年2月16日アメリカ、オハイオ州生まれ。演劇作品への出演からキャリアをスタートし…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  2. Netflixドラマ『マスクガール』
  3. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  4. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ
  5. 映画『碁盤斬り』草彅剛/清原果耶

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP