REVIEW

マイ・エンジェル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

シングルマザーのマルレーヌと8歳の娘エリーの関係は親子関係が逆転しているような状況ですが、この状態で長く耐えられるわけもなく、最終的に2人がどんな風に変化していくのか、最初から物語に引き込まれます。再婚相手との結婚式で信じられないような裏切り行為をし、瞬時に関係を破綻させてしまうマルレーヌ。でも、彼女が元々精神的に不安定で生活も貧しいことが、いろいろなところで悪循環を及ぼしている点で、彼女を一方的に非難する気にはなれません。ただ母親がそんな状況になってしまっているため、娘エリーがしっかりしなければいけない状況に追いやられているのも切ないところで、とてももどかしく感じます。最初のうちはエリーの母親に対する包容力の大きさに救われる部分がありますが、とはいえエリーはまだ8歳で、子どもらしく過ごす時間も母親からの愛情も必要な年頃です。そんなエリーをマルレーヌはしっかりした子だと過信していますが、いくらしっかりして見えても、母親に甘えられない、頼れない、孤独な子どもが抱える不安がいかに大きいものなのか、本作を観るとリアルにわかります。母親の愛の形にもいろいろありますが、皆苦しい思いを経て母親になっていくんだなとしみじみさせられるストーリーです。母親という役割の重さを、母親自身の立場、子どもの立場から生々しく描いていて、決して美談としていないところが本作の魅力であると思います。やさぐれていながらも美しさを秘めた母親を演じたマリオン・コティヤール、感情を押し殺したり爆発させたりする難役に挑んだ子役エイリーヌ・アクソイ=エテックスの演技も見応え抜群です。

デート向き映画判定
映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

序盤で少し出てくる男女関係の下りからして、デート向きではありません(苦笑)。ただ、生活に苦しむ母と幼い娘の関係の変化と2人の成長を追っていくストーリーなので、カップルで観て盛り上がるという内容ではありませんが、夫婦で観るなら親としての目線でお互いに考えさせられるポイントがあると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『マイ・エンジェル』

PG-12なので12歳未満の人は保護者と一緒に観てくださいということになりますが、12歳未満でなくても、親子で観て感想を語り合うことで普段言えない思いを明かすチャンスにできそうです。内容としては重いし、正直親子の会話では話題にしづらいテーマが描かれていますが、だからこそ思いをストレートに言わなくても、感想を伝えるだけで、それとなく伝わる部分があると思います。

映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

『マイ・エンジェル』
2019年8月10日より全国順次公開
PG-12
ブロードメディア・スタジオ
公式サイト

© 2018 WINDY PRODUCTION – MOANA FILMS – MARS FILMS LYNK HOLDINGS LIMITED – MY UNITY PRODUCTION

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マッチング』土屋太鳳 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年2月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年2月】のアクセスランキングを発表!

映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ DOGMAN ドッグマン【レビュー】

本作はリュック・ベッソンが実際の事件に着想を得て脚本、監督を担当し、ケイレブ・ランドリー・ジョーンズを主演に迎えて制作した…

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『i ai』富田健太郎/堀家一希 i ai【レビュー】

GEZANのフロントマンであり、小説執筆や映画出演、フリーフェス「全感覚祭」や反戦デモの主催など…

映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー オッペンハイマー【レビュー】

クリストファー・ノーランが挑んだのは、“原爆の父”オッペンハイマーの…

映画『夜明けのすべて』松村北斗 松村北斗【プロフィールと出演作一覧】

1995年6月18日生まれ。静岡県出身。SixTONESとして…

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マッチング』土屋太鳳
  2. 映画『DOGMAN ドッグマン』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
  3. 映画『i ai』富田健太郎/堀家一希
  4. 映画『オッペンハイマー』キリアン・マーフィー
  5. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP