REVIEW

マイ・エンジェル

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

シングルマザーのマルレーヌと8歳の娘エリーの関係は親子関係が逆転しているような状況ですが、この状態で長く耐えられるわけもなく、最終的に2人がどんな風に変化していくのか、最初から物語に引き込まれます。再婚相手との結婚式で信じられないような裏切り行為をし、瞬時に関係を破綻させてしまうマルレーヌ。でも、彼女が元々精神的に不安定で生活も貧しいことが、いろいろなところで悪循環を及ぼしている点で、彼女を一方的に非難する気にはなれません。ただ母親がそんな状況になってしまっているため、娘エリーがしっかりしなければいけない状況に追いやられているのも切ないところで、とてももどかしく感じます。最初のうちはエリーの母親に対する包容力の大きさに救われる部分がありますが、とはいえエリーはまだ8歳で、子どもらしく過ごす時間も母親からの愛情も必要な年頃です。そんなエリーをマルレーヌはしっかりした子だと過信していますが、いくらしっかりして見えても、母親に甘えられない、頼れない、孤独な子どもが抱える不安がいかに大きいものなのか、本作を観るとリアルにわかります。母親の愛の形にもいろいろありますが、皆苦しい思いを経て母親になっていくんだなとしみじみさせられるストーリーです。母親という役割の重さを、母親自身の立場、子どもの立場から生々しく描いていて、決して美談としていないところが本作の魅力であると思います。やさぐれていながらも美しさを秘めた母親を演じたマリオン・コティヤール、感情を押し殺したり爆発させたりする難役に挑んだ子役エイリーヌ・アクソイ=エテックスの演技も見応え抜群です。

デート向き映画判定
映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

序盤で少し出てくる男女関係の下りからして、デート向きではありません(苦笑)。ただ、生活に苦しむ母と幼い娘の関係の変化と2人の成長を追っていくストーリーなので、カップルで観て盛り上がるという内容ではありませんが、夫婦で観るなら親としての目線でお互いに考えさせられるポイントがあると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『マイ・エンジェル』

PG-12なので12歳未満の人は保護者と一緒に観てくださいということになりますが、12歳未満でなくても、親子で観て感想を語り合うことで普段言えない思いを明かすチャンスにできそうです。内容としては重いし、正直親子の会話では話題にしづらいテーマが描かれていますが、だからこそ思いをストレートに言わなくても、感想を伝えるだけで、それとなく伝わる部分があると思います。

映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

『マイ・エンジェル』
2019年8月10日より全国順次公開
PG-12
ブロードメディア・スタジオ
公式サイト

© 2018 WINDY PRODUCTION – MOANA FILMS – MARS FILMS LYNK HOLDINGS LIMITED – MY UNITY PRODUCTION

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP