REVIEW

泣いたり笑ったり【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで、本作で2019年ナストロ・ダルジェント賞コメディ作品賞にノミネートされました。物語は、南イタリアの港町ガエータの別荘を舞台に、主人公の恋愛をきっかけとした家族のドタバタ劇を描いています。ある日、別荘にカステルヴェッキオ家とぺターニャ家の二家族が集められ、突然両家の父、トニ(ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ)とカルロ(アレッサンドロ・ガスマン)の再婚を知らされます。それぞれの家族は混乱し、子どもや孫を巻き込む大騒動が起こります。
各家族の価値観の違いという点では、あるあるが詰まっていて、どんな人でも共感できる部分がありそうです。ただ、どのキャラクターもそれぞれの意見を主張したり、何とか父親の再婚を止めようとする言動からはお国柄も感じます。特にトニの娘のペネロペ(ジャスミン・トリンカ)は、父親に複雑な感情を抱いており、思わぬ行動をとってしまいます。そんな親子関係の行方にも注目です。
混乱する家族が映し出される一方で、豪華な別荘や美しい海の景色にも目を奪われます。そのロケーションが利いて、作品全体にカラッとした雰囲気をもたらしています。家族関係の複雑さが身に染みながらも、クスッと笑える場面もあり、最後は家族や愛って良いなと感じられる作品です。自分の家族のことを振り返りながら観るのもオススメです。

デート向き映画判定
映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ジャスミン・トリンカ

大人の恋愛と家族関係が描かれているので、大人カップルには参考になる部分が多そうです。老紳士のトニと漁師のカルロの再婚カップルは、とても対極的な組合せです。でも、お互いの足りない部分を上手く補っていて、とてもバランスがとれているように見えます。これを機にお互いの関係を見直したり、家族を紹介するきっかけにもなりそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『泣いたり笑ったり』フィリッポ・シッキターノ/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ

キッズが大人の複雑な人間関係を理解するのは難しそうなので、できれば中学生くらいになってから観てください。また、お父さん同士が結婚すると聞いたら、皆さんもペネロペ達と同じように驚くかもしれません。ペネロペ達がどのようにその現実と向き合っていくのか参考にしつつ、自分だったらどうするか考えてみてください。

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ

『泣いたり笑ったり』
2022年12月2日より全国順次公開
ミモザフィルムズ
公式サイト

© 2019 Warner Bros. Entertainment Italia S.r.l. – Picomedia S.r.l. – Groenlandia S.r.l.

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP