REVIEW

ニューヨーク・オールド・アパートメント【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ニューヨーク・オールド・アパートメント』アドリアーノ・デュラン/マルセロ・デュラン/タラ・サラー

REVIEW

本作は、ニューヨークの片隅でひっそりと懸命に生きる人達の物語です。母のラファエラ、息子のポールとティトのデュラン一家は、ペルーからニューヨークに移住した不法滞在者です。ラファエラはウエイトレスをし、息子2人も配達の仕事をしながら語学学校に通い、慎ましい生活をしています。そんなデュラン一家に訪れた出会いが、大きな変化をもたらします。
大都市ニューヨークで“透明人間”のように扱われるポールとティトが、“居場所”を求める気持ちや、1人の美少女クリスティンとの出会いを通して、一層自分達の存在感について考える背景には、思春期という年頃だけではなく、人種問題や格差社会の問題も見えて、殺伐としたジャングルのようなニューヨークの一面が描かれています。それは、クリスティンの現実や、ラファエラの奮闘を観ても、同じことがいえます。彼女、彼等の姿から、科学技術などによって文明はかなり進化しているように見えて、考え方は進化していない一部の人間の犠牲になる人々がいる現実は変わらないことを実感します。それが、大都市ニューヨークだからこそハッキリを見えることにも気づかされます。
そして、本作には一人前の男になりたいポールとティトの気持ちと、時と場合により女として見られることが苦痛なクリスティンの気持ちの両方が描かれている点も印象的です。ネタバレになるので具体的には書きませんが、メインキャラクター達が社会から受ける理不尽な出来事だけではなく、若者同士のやり取りにも残酷な面が描かれているように私は感じました。本人達に悪意はなく、各々が置かれた複雑な状況も絡んでしまうからこそ余計に切なくて、人間関係がある以上は避けられないことだからこそ辛辣に感じます。明るく前向きな面も描かれつつ、そんな現実を突きつけている点こそ本作の魅力ではないでしょうか。

デート向き映画判定

映画『ニューヨーク・オールド・アパートメント』アドリアーノ・デュラン/マルセロ・デュラン/タラ・サラー

正直なところ、キービジュアルやキャッチコピーのイメージとは少し異なる内容に感じる方もいるかもしれません。確かに恋愛の清々しいキラキラも描かれてはいるものの、かなりシビアな現実も描かれていて、デートで観るには少し気まずいシーンも出てきます。カップルで行くよりも、仲の良い友達と観るか、じっくり1人で観るほうが良いのではと思います。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ニューヨーク・オールド・アパートメント』マガリ・ソリエル/アドリアーノ・デュラン/マルセロ・デュラン

ティーンの皆さんは、ポールとティトやクリスティンと等身大の目線で観られる部分がありそうです。前半は朗らかムードが流れつつ、クライマックスでは、かなり大きな出来事が起こります。世の大人達のずるさ、汚さも観ることができるので、ある種の社会見学のつもりで観るのも良いかもしれません。

映画『ニューヨーク・オールド・アパートメント』マガリ・ソリエル/アドリアーノ・デュラン/マルセロ・デュラン/タラ・サラー

『ニューヨーク・オールド・アパートメント』
2024年1月12日より全国公開
百道浜ピクチャーズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2020 – Dschoint Ventschr Filmproduktion / SRF Schweizer Radio und Fernsehen / blue

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP