REVIEW

ニトラム/NITRAM【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ニトラム/NITRAM』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

本作は、1996年4月28日日曜日、タスマニア島の観光地、ポート・アーサーで実際に起きた無差別銃乱射事件を基に映画化。この事件は死者35人、負傷者15人を出し、当時28歳だった単独犯の動機は不明瞭だとされています。そして、この事件はオーストラリアで銃規制の必要性を喚起させるきっかけとなりました。
劇中では具体的な疾患名には触れられていませんが、主人公のニトラム(ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ)の行動の数々から、知的障がい、精神疾患の可能性が示唆されています。ニトラムの行動は本人にも家族にも制御できないことがあり、周囲の人々には疎まれているのが伝わってきます。彼の犯行は決して許されることではありませんが、問題を起こす度に孤立していく彼が孤独感や劣等感を抱くのは想像がつきます。それに加えて、他にも彼の心を乱す大きな出来事が続き、彼の犯行の引き金になったと思われる描写もあり、やるせない気持ちでいっぱいになります。ここで誤解があってはいけませんが、障がいがあったから事件を起こしたのではないということです。ただ、障がいによって生きづらさを感じたり孤立することで、二次的障がいに繋がり、それを放置すれば精神的に不安定になり思わぬ行動に走ってしまうことはあり得ると考えます。そういった意味でも、本作で描かれた物語は彼のみの問題として片付けられない部分を感じます。
ケイレブ・ランドリー・ジョーンズが演じるニトラムは、時にチャーミングで、時に掴みどころのなさが正直怖くもあります。光が見えてくる展開があるだけに後に起こす事件のことを思うと、身内だけでは彼を救えない、社会全体の在り方が問われているように感じます。また、ジュディ・ディヴィスが演じる母親の様子にも彼女の中で渦巻く複雑な心情がうかがえて、ニトラム本人だけでなく家族それぞれが社会から見放されているような絶望感が伝わってきます。本作は銃規制の必要性を投げかけていると同時に、社会的弱者が行き場を失う現実を叩きつける内容となっています。答えは簡単に出ませんが、何が人を追い詰めるのかを知り、考えることは必要だと思います。

デート向き映画判定
映画『ニトラム/NITRAM』エッシー・デイヴィス

何が起こるのか、ニトラムが何を起こすのか、終始緊張感があり、映画に意識が集中すると思います。なのでデートの雰囲気を味わう余裕はあまりないでしょう。ただこういう現実があることを知って、議論することでお互いの価値観が一層わかるところもありそうです。2人とも興味があれば、デートで観るのもアリでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ニトラム/NITRAM』ジュディ・デイヴィス

もし皆さんがニトラムの近所に住んでいて、彼の問題行動だけを見ていたとしたら、どう対処したら良いかわからず、とりあえず距離を取りたくなると思います。理解しろ、仲良くしろと言っても実際には簡単なことではありませんが、人にはいろいろな面があり、何が引き金となって問題を起こすのか、考えることは無駄なことではありません。映画から1歩ずつこういった現実を知っていくのは有意義だと思います。

映画『ニトラム/NITRAM』ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ

『ニトラム/NITRAM』
2022年3月25日より全国公開
セテラ・インターナショナル
公式サイト

© 2021 Good Thing Productions Company Pty Ltd, Filmfest Limited

TEXT by Myson(認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP