REVIEW

ライトハウス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ライトハウス』ウィレム・デフォー/ロバート・パティンソン

全編モノクロで画角が正方形で撮られた本作は、登場人物がごくわずかで、ウィレム・デフォーとロバート・パティンソンの2人芝居とも言える構成になっています。物語の舞台は1890年代、ニューイングランドの孤島。老いた男(ウィレム・デフォー)と若い男(ロバート・パティンソン)が灯台守としてやってきます。雑用や重労働は若い男に押し付けられ、老いた男は偉そうに若い男に命令を出すばかり。老いた男はよく酒を飲み、若い男は酒は飲まず真面目に働きますが、到着してから何日経過しているのかわからないほど単調な毎日を2人だけで過ごしていて、その閉鎖的な環境がいかに人間を狂わせるかがリアルに想像できます。さらに待てど暮らせど物資を届けてくれるはずの船が来ず、当てもなく日々を過ごす2人の姿は、サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」を彷彿とさせます。
最初まともに見えた若い男にも徐々に変化が現れ、目の前に映し出されているシーンが幻想なのか現実なのかわからない演出によって、彼が狂気に陥っていくのにつられるような感覚が味わえます。2人のやり取りがだんだん秩序を失っていくのもとても不気味で、モノクロで描かれる世界観によって異次元に連れて行かれるような怖さがあります。わかりやすく真相を明かすタイプの映画ではないので、好き嫌いは分かれるかもしれませんが、アーティスティックな作品が好きな方、哲学好きな方にはオススメの1本です。これは高い演技力なくしては作品の質を保てない作品だと思いますが、ウィレム・デフォーとロバート・パティンソンの迫真の演技もぜひ堪能してください。

デート向き映画判定
映画『ライトハウス』ウィレム・デフォー/ロバート・パティンソン

好みがハッキリ出そうな個性的な作品なので、特に映画を観慣れてない方が観た場合、どっちに転ぶかという想像がしづらいです。なので、初デートや映画の好みがまだわからない場合はデートで観るのは避けたほうが良いでしょう。1人でじっくり観るほうが向いている作品のように思いますが、誘うなら映画好きな方、文学好きな方など、いろんな芸術に興味がある方をオススメします。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ライトハウス』ウィレム・デフォー/ロバート・パティンソン

「それはどういうこと?」「あれは何?」と思えるシーンが多数ありますが、それについてわかりやすく語ってくれるわけではないので、キッズやティーンの皆さんにはちょっと難しいかもしれません。既に映画をたくさん観ていて何でも観たいという好奇心があったり、想像を膨らませたりあれこれ自分なりに解釈をするのが好きなら、観てみても良いでしょう。

映画『ライトハウス』ウィレム・デフォー/ロバート・パティンソン

『ライトハウス』
2021年7月9日より全国公開
トランスフォーマー
公式サイト

© 2019 A24 Films LLC. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP