取材&インタビュー

『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

今回は『東京リベンジャーズ』で物語の流れを変えるキーパーソン、パーちんを演じた堀家一希さんにインタビューをさせていただきました。これまで出演された映画やドラマでも印象に残る演技をされている堀家さんですが、いろいろなお話をお聞きし、堀家さんがすごく細かく台詞などを分析し、丁寧に役作りをされていることや、とても映画好きだということが伝わってきました。

<PROFILE>
堀家一希(ほりけ かずき):パーちん 役
1997年11月21日生まれ。岡山県出身。ドラマ『君と世界が終わる日に』にレギュラー出演し、その他にも『イチケイのカラス』『ネメシス』などの話題作でゲスト出演をした他、『警視庁・捜査一課長スペシャル』や『俺のスカート、どこ行った?』などに出演。映画では『泣くな赤鬼』で柳楽優弥が演じたゴルゴの青年期役として出演。その他にも舞台“役者の証”に出演するなど、映画、ドラマ、舞台で活躍中。『東京リベンジャーズ』では、パーちん役を好演。

良い映画との出会いで気付けなかった小さなことに気付けて全く視野が変わる

映画『東京リベンジャーズ』北村匠海/山田裕貴/杉野遥亮/今田美桜/鈴木伸之/眞栄田郷敦/清水尋也/磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮

マイソン:
最初に台本を読んだ時の感想はいかがでしたか?

堀家一希さん:
原作のマンガも読んでいて、どうやってパーちんとして盛り上げていくのかというのがありました。マンガにも“盛り上げ隊長”“切り込み隊長”と書かれているので、パーちんがそこをどう担っていくのかという責任感みたいなものはありました。

マイソン:
実際に完成した作品を観て、どうでしたか?

堀家一希さん:
すごくおもしろくないですか?

マイソン:
すごくおもしろかったです!

堀家一希さん:
どんな風になるんだろうって全然想像がつかなかったんですけど、想像を遥かに越えるカッコ良さがあって、エンタテインメントとして楽しめる作品になっていて、それこそ“クローズ”や“HiGH&LOW”などを僕も観ていたのですが、「これこれ!こういうおもしろさが良い!」って思いました。

映画『東京リベンジャーズ』北村匠海/鈴木伸之

マイソン:
結構激しいアクションシーンもありましたが、そういう現場ではやっぱり緊迫感があるんですか?

堀家一希さん:
あります。相手を怪我させたらどうしようとか、自分が怪我したらどうしようとか、すごく思います。手順をミスしてしまったら当たってしまうかもしれないので。だから絶対に順番を間違えられないなって、そういう緊迫感が僕の中ではありました。

マイソン:
撮影に入る前にお相手の方と合わせたりされるんですか?

堀家一希さん:
2、3日はあったと思います。そこで1日2時間くらい練習をして、本番に入ってからも最初はゆっくり、次は半分くらいの早さ、本番では早くいこうとか、結構緻密に作られています。

マイソン:
そうなんですね。結構なスピード感でやっていたので、当たったりしないのかなと思いました。

堀家一希さん:
当たったことはありました(笑)。

マイソン:
やっぱりあるんですね!!寸前で止めるのはすごく難しいんですね。

堀家一希さん:
そうですね。距離感がわかっていないと止められないんですよ。

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希(パーちん役)
左:堀家一希さん/右:原作のパーちん

マイソン:
お互いに激しく動いているから余計難しそうですね。では、いち観客となった場合、ご自身が演じたパーちん以外だとどのキャラクターが1番好きですか?

堀家一希さん:
僕がもし女の子だとしたら、絶対にドラケン(山田裕貴)ですね。

マイソン:
お〜。ドラケンのどういうところが魅力ですか?

堀家一希さん:
喧嘩が強いのは大前提として、守ってくれる且つ男のカッコ良いロマンみたいなものもあって、ちゃんと周りを見ている大人っぽさもある。そして優しさもあるという、本当に完璧ですよね。僕もなりたかったですね。顔もそうですが身長も足りなかったのでできませんでしたけど(笑)。

マイソン:
でもどの役もすごく魅力的ですよね!本作は登場人物が多く、2時間ではそれぞれのキャラクターの背景まで描ききれないところがあると思いますが、物語を動かす重要な役割を持つパーちんのイメージはどうやって膨らませましたか?

堀家一希さん:
原作で描かれている背景も限られているので、自分の台詞と他のキャラクターの台詞でイメージを膨らませました。例えばマイキー(吉沢亮)だったら「俺達は俺達の生きやすい時代を作る」みたいな台詞があったと思うんですけど、そういう細かい台詞の一つひとつから、まずなぜトーマン(東京卍會)ができたんだろうとか、なぜパーちんはそこに入ったんだろうとか、細かい情報を読み取ってある程度の形を作りました。あとは自分で想像して役の履歴書を作ってみたりしましたね。

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴

マイソン:
ご自身の台詞だけじゃなくて、パーちんに影響を与えたキャラクターも観察してということなんですね。

堀家一希さん:
そうですね。だからマイキーやドラケン、ミツヤ(眞栄田郷敦)の台詞を読んで、こうやって言っているということはこういうチームなんだな、こういうチームに入るということはこういうことなんだなと逆算して、あとは想像しています。

マイソン:
今お話を聞いていて、ご自身の役以外もすごく細かく台詞の奥まで注視されているので、今後脚本を書かれたりされそうだなと思いました。

堀家一希さん:
(マネージャーさんに)させてもらっても良いですか(笑)!?

一同:
ハハハハハ!

堀家一希さん:
簡単なことではないと思いますが、脚本家にも興味はありますね。いつか余裕が生まれたら、自分の書きたいことを書いて、そこからあとはくさ過ぎる台詞をわかりづらく書き直したりして、そういう作業とかやってみたいですね(笑)。

マイソン:
すごい!!ぜひやってみてください!役者からキャリアをスタートされましたが、役者になろうと思われたきっかけは何だったのでしょうか?

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

堀家一希さん:
役者になろうと思ったというか、母がこの事務所のオーディションを見つけてくれて、受かったのをきっかけに高校1年生からレッスンを始めました。

マイソン:
当時は役者がどんな仕事かを意識するより、オーディションを1回受けてみようという感じだったんですか?

堀家一希さん:
そうですね。そこまで明確にわかっていなかったんですけど、人を笑わせたり、目立つのが好きだったので、こういう仕事をやってみたいなという思いはありました。僕がずっとやりたいと言っていたので、たぶんそれが母に伝わって機会を見つけてくれたんだと思います。

マイソン:
素敵です。ではちょっと話題が変わるのですが、噂では若い方の中には映画を早送りで観たり、複数同時に観たりされる方がいると聞きました。堀家さんは身近なところで同世代の方の映画の観方の違いを感じたりすることはありますか?

堀家一希さん:
映画の観方の違いというか、スマホで観られるようになったというのが大きいと思います。動画配信ならいつでも止められて、また好きなところからいつでも観られるし、YouTubeなどで観られる動画は大体5〜6分で終わるので、1時間半、2時間の映画を観る集中力がなくなってしまうということもありえるのかなと思います。それは僕がとやかく言えたことではないのですが、本当におもしろいものだけは通して観て欲しいなと思います。

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

マイソン:
そうですよね。堀家さんは、映画は映画館で観て欲しい派ですか?

堀家一希さん:
やっぱり音とかの迫力も全然違いますし、映画館で観て欲しいです。

マイソン:
堀家さんご自身は普段映画館に1人で行きますか?それともどなたかと一緒に観るほうですか?

堀家一希さん:
僕は大体1人です。誰かと行くと集中できないんですよ。

マイソン:
わかります!一方で他の観客の方との一体感を感じられるのも魅力ですよね。

堀家一希さん:
そういうのもありますね。お笑いとかもお客さんありきだと思うんです。だからそういう雰囲気も大事だなって思います。

マイソン:
あと、「この映画はすごかった!」ってなると、映画館を出る時に自分が違う人になったような感覚ってありませんか?

堀家一希さん:
それすごくわかります!僕はそうなるタイプです。景色が全然違うんですよね。気付けなかった小さいことに気付けるというか、全く視野が変わるからそういうのも楽しいです。

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

マイソン:
『東京リベンジャーズ』を観た後もまさにそんな感じになる方がいるんじゃないかと思います。特に男性だと映画館から出てきた時に態度が違ってそうなくらい、「やってやるぞ!」みたいな感じになりそうですよね。劇場の出口で待ち構えて観察したらおもしろいかもと思います(笑)。

堀家一希さん:
それ良いですよね。映画を観終わった後、待ち構えておきますかね。特攻服を着て(笑)。

マイソン:
待ちかまえているほうも出てきたお客さんもテンション上がりそうですね(笑)!では最後の質問でこれまでいち観客として、大きな影響を受けた映画、もしくは俳優、監督がいたら教えてください。

堀家一希さん:
ロビン・ウィリアムズが1番好きです。お芝居に奥行きがあるというか、人間力というか、動きにしろ、言葉にしろ、目にしろ、その人物の背景が見えるというか、そういうお芝居が大好きです。影響を受けたというのも変ですけど、お芝居ってやっぱり楽しいなって原点回帰できます。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2021年6月15日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『東京リベンジャーズ』北村匠海/山田裕貴/杉野遥亮/今田美桜/鈴木伸之/眞栄田郷敦/清水尋也/磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮

『東京リベンジャーズ』
2021年7月9日より全国公開
監督:英勉
出演:北村匠海/山田裕貴/杉野遥亮/今田美桜/鈴木伸之/眞栄田郷敦/清水尋也/磯村勇斗/間宮祥太朗/堀家一希/吉沢亮
配給:ワーナー・ブラザース映画

パッとしない毎日を送っていたタケミチは、高校生の頃に交際していた人生唯一の彼女ヒナが事故に巻き込まれて亡くなったというニュースをテレビで目にする。そんなある日、タケミチは不良だった高校時代に突如タイプリープしてしまい…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

コラボインタビュー1:アーク・フィルムズ、ブエナワイカ 映画配給さんにインタビュー【アーク・フィルムズ】×【ブエナワイカ】

今回は、日本初上陸のマルタ製作映画を配給するアーク・フィルムズの相川さんと、ペルー映画を専門に配給するブエナワイカの長沢さんにインタビューをさせていただきました。なんと、相川さんも小学生の頃に6年間ほどペルーに在住していたそうで、ペルー繋がりもあり、不思議なご縁を感じるインタビューとなりました。どうやって作品を買い付けるのかといったことなど、普段は聞けないお話をたくさんしていただきました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  2. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  3. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  4. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  5. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  6. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  7. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  8. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  9. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

  10. 映画『三姉妹』ムン・ソリ/チャン・ユンジュ
    三姉妹

PAGE TOP