取材&インタビュー

『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

今回は『東京リベンジャーズ』で物語の流れを変えるキーパーソン、パーちんを演じた堀家一希さんにインタビューをさせていただきました。これまで出演された映画やドラマでも印象に残る演技をされている堀家さんですが、いろいろなお話をお聞きし、堀家さんがすごく細かく台詞などを分析し、丁寧に役作りをされていることや、とても映画好きだということが伝わってきました。

<PROFILE>
堀家一希(ほりけ かずき):パーちん 役
1997年11月21日生まれ。岡山県出身。ドラマ『君と世界が終わる日に』にレギュラー出演し、その他にも『イチケイのカラス』『ネメシス』などの話題作でゲスト出演をした他、『警視庁・捜査一課長スペシャル』や『俺のスカート、どこ行った?』などに出演。映画では『泣くな赤鬼』で柳楽優弥が演じたゴルゴの青年期役として出演。その他にも舞台“役者の証”に出演するなど、映画、ドラマ、舞台で活躍中。『東京リベンジャーズ』では、パーちん役を好演。

良い映画との出会いで気付けなかった小さなことに気付けて全く視野が変わる

映画『東京リベンジャーズ』北村匠海/山田裕貴/杉野遥亮/今田美桜/鈴木伸之/眞栄田郷敦/清水尋也/磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮

マイソン:
最初に台本を読んだ時の感想はいかがでしたか?

堀家一希さん:
原作のマンガも読んでいて、どうやってパーちんとして盛り上げていくのかというのがありました。マンガにも“盛り上げ隊長”“切り込み隊長”と書かれているので、パーちんがそこをどう担っていくのかという責任感みたいなものはありました。

マイソン:
実際に完成した作品を観て、どうでしたか?

堀家一希さん:
すごくおもしろくないですか?

マイソン:
すごくおもしろかったです!

堀家一希さん:
どんな風になるんだろうって全然想像がつかなかったんですけど、想像を遥かに越えるカッコ良さがあって、エンタテインメントとして楽しめる作品になっていて、それこそ“クローズ”や“HiGH&LOW”などを僕も観ていたのですが、「これこれ!こういうおもしろさが良い!」って思いました。

映画『東京リベンジャーズ』北村匠海/鈴木伸之

マイソン:
結構激しいアクションシーンもありましたが、そういう現場ではやっぱり緊迫感があるんですか?

堀家一希さん:
あります。相手を怪我させたらどうしようとか、自分が怪我したらどうしようとか、すごく思います。手順をミスしてしまったら当たってしまうかもしれないので。だから絶対に順番を間違えられないなって、そういう緊迫感が僕の中ではありました。

マイソン:
撮影に入る前にお相手の方と合わせたりされるんですか?

堀家一希さん:
2、3日はあったと思います。そこで1日2時間くらい練習をして、本番に入ってからも最初はゆっくり、次は半分くらいの早さ、本番では早くいこうとか、結構緻密に作られています。

マイソン:
そうなんですね。結構なスピード感でやっていたので、当たったりしないのかなと思いました。

堀家一希さん:
当たったことはありました(笑)。

マイソン:
やっぱりあるんですね!!寸前で止めるのはすごく難しいんですね。

堀家一希さん:
そうですね。距離感がわかっていないと止められないんですよ。

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希(パーちん役)
左:堀家一希さん/右:原作のパーちん

マイソン:
お互いに激しく動いているから余計難しそうですね。では、いち観客となった場合、ご自身が演じたパーちん以外だとどのキャラクターが1番好きですか?

堀家一希さん:
僕がもし女の子だとしたら、絶対にドラケン(山田裕貴)ですね。

マイソン:
お〜。ドラケンのどういうところが魅力ですか?

堀家一希さん:
喧嘩が強いのは大前提として、守ってくれる且つ男のカッコ良いロマンみたいなものもあって、ちゃんと周りを見ている大人っぽさもある。そして優しさもあるという、本当に完璧ですよね。僕もなりたかったですね。顔もそうですが身長も足りなかったのでできませんでしたけど(笑)。

マイソン:
でもどの役もすごく魅力的ですよね!本作は登場人物が多く、2時間ではそれぞれのキャラクターの背景まで描ききれないところがあると思いますが、物語を動かす重要な役割を持つパーちんのイメージはどうやって膨らませましたか?

堀家一希さん:
原作で描かれている背景も限られているので、自分の台詞と他のキャラクターの台詞でイメージを膨らませました。例えばマイキー(吉沢亮)だったら「俺達は俺達の生きやすい時代を作る」みたいな台詞があったと思うんですけど、そういう細かい台詞の一つひとつから、まずなぜトーマン(東京卍會)ができたんだろうとか、なぜパーちんはそこに入ったんだろうとか、細かい情報を読み取ってある程度の形を作りました。あとは自分で想像して役の履歴書を作ってみたりしましたね。

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴

マイソン:
ご自身の台詞だけじゃなくて、パーちんに影響を与えたキャラクターも観察してということなんですね。

堀家一希さん:
そうですね。だからマイキーやドラケン、ミツヤ(眞栄田郷敦)の台詞を読んで、こうやって言っているということはこういうチームなんだな、こういうチームに入るということはこういうことなんだなと逆算して、あとは想像しています。

マイソン:
今お話を聞いていて、ご自身の役以外もすごく細かく台詞の奥まで注視されているので、今後脚本を書かれたりされそうだなと思いました。

堀家一希さん:
(マネージャーさんに)させてもらっても良いですか(笑)!?

一同:
ハハハハハ!

堀家一希さん:
簡単なことではないと思いますが、脚本家にも興味はありますね。いつか余裕が生まれたら、自分の書きたいことを書いて、そこからあとはくさ過ぎる台詞をわかりづらく書き直したりして、そういう作業とかやってみたいですね(笑)。

マイソン:
すごい!!ぜひやってみてください!役者からキャリアをスタートされましたが、役者になろうと思われたきっかけは何だったのでしょうか?

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

堀家一希さん:
役者になろうと思ったというか、母がこの事務所のオーディションを見つけてくれて、受かったのをきっかけに高校1年生からレッスンを始めました。

マイソン:
当時は役者がどんな仕事かを意識するより、オーディションを1回受けてみようという感じだったんですか?

堀家一希さん:
そうですね。そこまで明確にわかっていなかったんですけど、人を笑わせたり、目立つのが好きだったので、こういう仕事をやってみたいなという思いはありました。僕がずっとやりたいと言っていたので、たぶんそれが母に伝わって機会を見つけてくれたんだと思います。

マイソン:
素敵です。ではちょっと話題が変わるのですが、噂では若い方の中には映画を早送りで観たり、複数同時に観たりされる方がいると聞きました。堀家さんは身近なところで同世代の方の映画の観方の違いを感じたりすることはありますか?

堀家一希さん:
映画の観方の違いというか、スマホで観られるようになったというのが大きいと思います。動画配信ならいつでも止められて、また好きなところからいつでも観られるし、YouTubeなどで観られる動画は大体5〜6分で終わるので、1時間半、2時間の映画を観る集中力がなくなってしまうということもありえるのかなと思います。それは僕がとやかく言えたことではないのですが、本当におもしろいものだけは通して観て欲しいなと思います。

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

マイソン:
そうですよね。堀家さんは、映画は映画館で観て欲しい派ですか?

堀家一希さん:
やっぱり音とかの迫力も全然違いますし、映画館で観て欲しいです。

マイソン:
堀家さんご自身は普段映画館に1人で行きますか?それともどなたかと一緒に観るほうですか?

堀家一希さん:
僕は大体1人です。誰かと行くと集中できないんですよ。

マイソン:
わかります!一方で他の観客の方との一体感を感じられるのも魅力ですよね。

堀家一希さん:
そういうのもありますね。お笑いとかもお客さんありきだと思うんです。だからそういう雰囲気も大事だなって思います。

マイソン:
あと、「この映画はすごかった!」ってなると、映画館を出る時に自分が違う人になったような感覚ってありませんか?

堀家一希さん:
それすごくわかります!僕はそうなるタイプです。景色が全然違うんですよね。気付けなかった小さいことに気付けるというか、全く視野が変わるからそういうのも楽しいです。

映画『東京リベンジャーズ』堀家一希さんインタビュー

マイソン:
『東京リベンジャーズ』を観た後もまさにそんな感じになる方がいるんじゃないかと思います。特に男性だと映画館から出てきた時に態度が違ってそうなくらい、「やってやるぞ!」みたいな感じになりそうですよね。劇場の出口で待ち構えて観察したらおもしろいかもと思います(笑)。

堀家一希さん:
それ良いですよね。映画を観終わった後、待ち構えておきますかね。特攻服を着て(笑)。

マイソン:
待ちかまえているほうも出てきたお客さんもテンション上がりそうですね(笑)!では最後の質問でこれまでいち観客として、大きな影響を受けた映画、もしくは俳優、監督がいたら教えてください。

堀家一希さん:
ロビン・ウィリアムズが1番好きです。お芝居に奥行きがあるというか、人間力というか、動きにしろ、言葉にしろ、目にしろ、その人物の背景が見えるというか、そういうお芝居が大好きです。影響を受けたというのも変ですけど、お芝居ってやっぱり楽しいなって原点回帰できます。

マイソン:
本日はありがとうございました!

2021年6月15日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『東京リベンジャーズ』北村匠海/山田裕貴/杉野遥亮/今田美桜/鈴木伸之/眞栄田郷敦/清水尋也/磯村勇斗/間宮祥太朗/吉沢亮

『東京リベンジャーズ』
2021年7月9日より全国公開
監督:英勉
出演:北村匠海/山田裕貴/杉野遥亮/今田美桜/鈴木伸之/眞栄田郷敦/清水尋也/磯村勇斗/間宮祥太朗/堀家一希/吉沢亮
配給:ワーナー・ブラザース映画

パッとしない毎日を送っていたタケミチは、高校生の頃に交際していた人生唯一の彼女ヒナが事故に巻き込まれて亡くなったというニュースをテレビで目にする。そんなある日、タケミチは不良だった高校時代に突如タイプリープしてしまい…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©和久井健/講談社 ©2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エターナルズ』オリジナルグッズ 『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ アレックス STRAIGHT CUT

オリジナルの公開当時1人で映画館で観て、強烈な内容だったので今まで忘れることは…

映画『凜‐りん‐』佐野勇斗 佐野勇斗(さの はやと)

1998年3月23日愛知県生まれ。2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューし…

映画『CUBE 一度入ったら、最後』 CUBE 一度入ったら、最後

この映画を日本で作るとはちょっと意外に感じましたが、一方でオリジナルがすごくおもしろくて個性的なので、もっと早く…

映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン ビルド・ア・ガール

本作は、原作者であり本作の脚本も担当しているキャトリン・モランの半自伝的小説“How To Build A Girl”を映画化したものです。キャトリン・モラン自身、15歳で…

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ラシャーナ・リンチ ラシャーナ・リンチ

1987年11月27日イングランド生まれ。『キャプテン・マーベル』に出演し…

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ グレタ ひとりぼっちの挑戦

環境保護の活動家グレタさんのことは知っていましたが、彼女の詳しい背景について本作を観て知り、驚かされました…

映画『にがくてあまい』川口春奈/林遣都 映画で“食”について考えてみよう16:夏の疲れを癒やす秋の食材

いよいよ“食欲の秋”が到来ということで、今回は今が旬の秋の食材について特徴や栄養を紹介したいと思います。

映画『最後の決闘裁判』ベン・アフレック ベン・アフレック

1972年8月15日アメリカ生まれ。監督、俳優、脚本家、プロデューサーとして活躍し…

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』 ロン 僕のポンコツ・ボット

スマホよりも高性能で友達まで探してくれる最新式ロボット型デバイス“Bボット”。主人公バーニーが通う中学校では皆持っているような状況…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん 子育てと映画生活について語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”vol.4参加者募集

交流会第4回は時間帯を変えて実施します。テーマは「子育てと映画生活」ということで、子育て中の皆さんは今どんな風に映画と触れあっていらっしゃるのか、子育てを終えられた方は当時どんな風に映画と接してらっしゃったか、これから出産予定の方は先輩ママから教えて欲しいことなど、情報交換の場となれば嬉しいです。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ
  2. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』
  3. 映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン
  4. 映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ
  5. 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』
  6. 映画『ひらいて』山田杏奈
    ひらいて

  7. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  8. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  9. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  10. 映画『〈主婦〉の学校』
PAGE TOP