REVIEW

ロストガールズ

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『ロストガールズ』エイミー・ライアン

アメリカで起きた実際の未解決事件を映画化。離れて暮らす娘シャナンが急に消息を絶ったことで、母メアリーと妹のシェリー、サラ達は警察に捜索を依頼したものの、警察は真剣に取り合う気配はありません。そんななか、たまたま娘が姿を消した現場の近くで複数の女性の遺体が発見されます。そこで、その遺体の身元が皆売春婦だということが報道されるのですが、「売春婦なんだから危険を承知でやってるんだろう」という自業自得と言わんばかりの警察の手抜きの理由、社会の冷たい目が浮き彫りにされます。また事なかれ主義も働いていて、捜査は思うように進まず、怪しい人物がいるのに野放しという状況が恐ろしいです。
この事件には、職業差別、性差別という問題が根底に見えますが、なぜ勝手に命の価値を他人に決められなければいけないのか、犯人にも警察にも憤りを感じます。さらにここには貧困という問題も見えてきますが、私達が思っている以上に貧困はあらゆる他の問題を引き起こしていることを実感します。本作は事件の捜査状況がどうだったかに焦点を当てていて、遺族達のそれぞれの背景までは細かく描かれていませんが、売春をするに至った女性達の家庭環境にDVや虐待などがあるケースが多い(劇中の人物がそうであるかは別として)ことも伝わってきます。もうこうなると、被害者はどこの誰を信じて良いのかわからない状態なんだなと想像できますが、日本でももうこの問題は他人事ではありません。そう思うととても身近なお話だと思います。

デート向き映画判定
Netflix映画『ロストガールズ』エイミー・ライアン

実際の未解決事件を映画化していて、テーマが重いので、デートには向かないと思います。ただ、たとえ犠牲者と境遇が違っても、万国共通にある世の中の良くない風潮も描かれているので、自分達の身近な問題に置きかえて考えられる部分があります。社会問題に興味があるカップルなら一緒に観て、討論し合うのも良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『ロストガールズ』

娘のために必死に戦う母親と、それを見つめる妹達の姿を映し出していて、子どもは子どもでそれぞれに立場が違って、それぞれの目線で母親を見ていることがわかります。親子だから言えないこと、親子だから伝えたいこと、両方があり、それを主人公達はどうやってぶつけていくのか、親子で一緒に観るのも良いかも知れません。

Netflix映画『ロストガールズ』エイミー・ライアン

『ロストガールズ』
2020年3月13日よりNetflixにて配信
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン マイ・スイート・ハニー【レビュー】

『エクストリーム・ジョブ』のイ・ビョンホンが脚本を担当し、『無垢なる証人』のイ・ハンが監督を務めた本作。45歳の製菓会社研究員チャ・チホ(ユ・ヘジン)は…

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

REVIEW

  1. 映画『マイ・スイート・ハニー』ユ・ヘジン/キム・ヒソン
  2. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  3. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  4. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  5. 映画『ザ・タワー』

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP