REVIEW

ラーヤと龍の王国【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ラーヤと龍の王国』

かつて聖なる龍達に守られていた“龍の国”クマンドラは、ドルーンと呼ばれる魔物に襲われ、最後の龍が残した“龍の石”によって救われますが、分断されてしまいます。本作は、龍の石を巡る騒動で父を失ったラーヤが、父を生き返らせ、クマンドラを蘇らせるための旅を描いたアドベンチャーです。ラーヤはある人物に裏切られたことで父と国を失ったため、たった1人で旅をしていて、もう誰も信じないと決めています。でも本作の魅力は、ラーヤを孤高のヒロインとして完結させていない点にあり、ラーヤが出会う人々とどんな関係を築いていくかということを通して、信じることの難しさと大切さを描いています。なので、観る前の印象と観終えた時の印象の違いが楽しめるのはもちろん、アクションシーンが多く、クールな要素を保ちながら、周囲には可愛いキャラクターが多く登場し、メリハリが利いています。またラーヤを始めとするそれぞれのキャラクターには意外性がある点も見どころ。例えば、最後の龍シスーはとても親近感のあるキャラクターとなっていますが、その声をオークワフィナ(日本語吹き替え版は高乃麗)が演じていると聞けば、ユーモアいっぱいのキャラクターになっているとイメージできるでしょう。他にもノイ、ブーン、トゥクトゥク、オンギ達といったキャラクターがすごく可愛くて癒されます。美味しそうな料理も出てきたり、アジアンテイストの世界観も味わえる作品となっています。最後はウルウルさせられちゃうので、ハンカチを手に観てください。

デート向き映画判定
映画『ラーヤと龍の王国』

アクションシーンも豊富であると同時に、可愛いキャラクターに癒されるシーンも多く、老若男女が楽しめる作品となっているので、デートで観るのもアリでしょう。すごくざっくりいうと、性善説、性悪説がテーマとなっていて、鑑賞後に感想を述べあうと、お互いの価値観や人間関係を構築する上でのスタンスが垣間見えると思います。ただそれが食い違っているからといって相性が悪いと決めつけず、カップルとしてのバランスとして考えてみるきっかけにすると良いのではないでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ラーヤと龍の王国』

ラーヤの他にも腕の立つキャラクターが登場し、カッコ良いシーンが豊富にあるので、ワクワクしながら観られると思います。ラーヤのお供のトゥクトゥクもすごく可愛くて頼もしくて、自分にもあんな仲間がいれば良いのにと思うはず。すごく個性的で可愛いキッズキャラも複数登場するので、お気に入りのキャラクターが見つかるでしょう。皆さんが身近に感じるテーマが描かれているので、観れば人との付き合い方が変わるきっかけになるかもしれません。

映画『ラーヤと龍の王国』

『ラーヤと龍の王国』
2021年3月5日より映画館 and ディズニープラス プレミア アクセス同時公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

©2021 Disney. All Rights Reserved. ©2021 Disney and its related entities

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP