REVIEW

レベッカ

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『レベッカ』リリー・ジェームズ/アーミー・ハマー

実生活でも御曹司であり青年実業家であるアーミー・ハマーが、本作でも御曹司を演じたとあって、役にハマりまくってます。もう、めちゃめちゃカッコ良い!これは主人公がメロメロになってもおかしくありません(笑)。そんな説得力もありつつ、リリー・ジェームズの雰囲気もまた主人公にピッタリで、物語がとてもリアルに感じられます。
貴婦人のコンパニオン(付き人)をしていた主人公(リリー・ジェームズ)は、旅先で英国屈指の美しさを誇るマンダレーという屋敷を受け継ぐマキシム・ド・ウィンターに出会います。彼は1年前に妻を亡くしたばかりでしたが、主人公と恋に落ち、ある事情がきっかけとなりすぐに結婚します。こんな感じで、出会いから結婚まではすごくロマンチックで、シンデレラストーリーのような展開が繰り広げられますが、いざ新婚の2人がマンダレーに戻ると、至る所に亡き妻レベッカの名残があり、主人公は疎外感を募らせていきます。
前半は、若くてハンサムな御曹司と電撃結婚したものの、彼の生活に馴染めないでいる主人公が、屋敷の従者から陰湿ないじめを受け、どう立ち向かっていくのかが描かれています。ただ観ていくうちに、実はストーリーの本筋はそこではないことに気付きます。マキシムは妻の死についてほとんど主人公に語りませんが、徐々に妻の死の真相が明るみになるにつれ、ストーリーに別の怖さが出てきます。最後まで観て、そういう話だったのかとなるのをぜひ楽しんでいただければと思いますが、結末としてはそれなりの爽快感があるので安心して観てください。また、途中は不穏な空気が充満しますが、観終わるとめちゃめちゃロマンチックなラブストーリーだったと思えるはずなので、ラブストーリー好きにもオススメです。

デート向き映画判定
Netflix映画『レベッカ』リリー・ジェームズ/アーミー・ハマー

主人公は夫を愛するあまり、あの手この手で彼を喜ばせようと努力しますが、空回りしてしまいます。また、亡くなった前妻のことが気になって、どこかで対抗心を燃やしてしまいます。好きな人が前に付き合っていた人の存在を気にする人もいるかもしれませんが、主人公のようにそれに振り回されるととても辛くなります。そんな気持ちを客観視するのに本作は良い題材になると思うので、デートで観るよりは、1人でじっくり観るか、友達と観て、気持ちをスッキリさせましょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『レベッカ』リリー・ジェームズ/クリスティン・スコット・トーマス

心理的な怖さはありつつ、映像的にも内容的にもそれほど過激なシーンはありませんが、一応Netflixでは「15歳未満の未成年者の視聴は推奨しません」とされているので、高校生になってから観てください。内容はとてもシンプルなので観やすいし、主人公が恋愛に盛り上がる気持ちや、逆境に打ち勝とうとする姿勢に共感できるので、ティーンの皆さんも楽しめる作品となっています。結末の好き嫌いは分かれそうですが、友達と観て議論してもおもしろいでしょう。

Netflix映画『レベッカ』リリー・ジェームズ/アーミー・ハマー

『レベッカ』
2020年11月21日よりNetflixにて配信中
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP