イイ俳優セレクション

アーミー・ハマー

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『レベッカ』アーミー・ハマー

1986年8月28日アメリカ、カルフォルニア州生まれ。TVドラマ『デスパレートな妻たち』『ヴェロニカ・マーズ』にゲスト出演し、『REAPER デビルバスター』や『ゴシップガール』に準レギュラー出演といったテレビ経験を積んだ後、2007年デヴィット・フィンチャー監督の『ソーシャル・ネットワーク』で双子のウィンクルボス兄弟を演じて高く評価され、シカゴ映画評論家協会新人賞にノミエート、トロント映画評論家協会賞では最優秀助演男優賞に輝き、若手俳優として大ブレイクを果たす。その後2011年クリント・イーストウッド監督『J・エドガー』でレオナルド・ディカプリオが演じるフーバーの愛人トルソン役を演じ、2012年『白雪姫と鏡の女王』ではジュリア・ロバーツ、リリー・コリンズらと共演し、2013年『ローン・レンジャー』ではタイトルロールを演じジョニー・デップと共演。私生活では24歳の時(2010年)に、4歳年上のモデル、エリザベス・チャンバースと結婚。彼は実業家でもあり、妻とおしゃれなパン屋「Bird Bakery」を経営(テキサス州サンアントニオ)。ちなみに祖父は石油王のアーマンド・ハマー、父は映画製作会社<アーマンド・ハマー・プロダクションズ>や出版社<ノードラー・パブリッシング>を筆頭に数々の会社を所有する実業家のマイケル・アーマンド・ハマー。

イイ男セレクション/出演作

“Flicka(原題)”『パニック・エレベーター』“Billy: The Early Years(原題)”“Spring Breakdown(原題)”『2081』『ソーシャル・ネットワーク』『J・エドガー』『白雪姫と鏡の女王』『ローン・レンジャー』『コードネーム U.N.C.L.E.』『フリー・ファイヤー』『ノクターナル・アニマルズ』『ジャコメッティ 最後の肖像』『君の名前で僕を呼んで』『バース・オブ・ネイション』『ビリーブ 未来への大逆転』『ホテル・ムンバイ』『レベッカ』(Netflix映画)など

ドラマ:『デスパレートな妻たち』『ヴェロニカ・マーズ』『REAPER デビルバスター』『ゴシップガール』など

イイ男セレクション/イイ男ポイント

『ソーシャル・ネットワーク』で双子のウィンクルボス兄弟を演じていた彼を観たときから彼に注目しています。プライベートでは実業家の顔も持っていますが、来日したときの彼の雰囲気は上品で生まれの良さを感じました。『J・エドガー』のシリアスな役、『白雪姫と鏡の女王』のコミカルな役、『コードネーム U.N.C.L.E.』では、身体の大きさや体格を活かした役と、確実に役の幅を広げているし、俳優としての貫禄も増してきました。美しい容姿はどんな役でも出ているだけで華があり、彼が出ていると観たいと思います。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『レベッカ』
2020年11月21日よりNetflixにて配信開始

Netflix映画『レベッカ』リリー・ジェームズ/アーミー・ハマー

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『ゴシップガール』

『パニック・エレベーター』

『ソーシャル・ネットワーク』

『J・エドガー』

『白雪姫と鏡の女王』

『ローン・レンジャー』

『コードネーム U.N.C.L.E.』

『フリー・ファイヤー』

『ノクターナル・アニマルズ』

『ジャコメッティ 最後の肖像』

『君の名前で僕を呼んで』

『バース・オブ・ネイション』

『ビリーブ 未来への大逆転』

『ホテル・ムンバイ』

©Disney Enterprises, Inc. and Jerry Bruckheimer Inc. All Rights Reserved.
© 2011 Relativity Media, LLC. All Rights Reserved.
©2015 Warner Bros. Entertainment Inc. and Ratpac-Dune Entertainment LLC. All rights reserved.
©Rook Films Freefire Ltd/The British Film Institute/Channel Four Television Corporation 2016
© Universal Pictures
©Final Portrait Commissioning Limited 2016
©Frenesy, La Cinefacture
©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

関連記事

from 2013/5/20

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP