REVIEW

Rodeo ロデオ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『Rodeo ロデオ』ジュリー・ルドリュー

主人公のジュリアは、バイクをこよなく愛しています。彼女は金持ちを騙してバイクを盗む犯罪を繰り返しています。ある日、盗んだバイクで走っていたところ、ヘルメットを被らずアクロバティックな運転をしているバイカー集団に出会います。ひょんなことから彼等のアジトに踏み入れたジュリアは、バイクの闇の取引に加担していきます。でも、バイカー集団のメンバーはジュリア以外男性ばかり。血の気の多い男達の中には、ジュリアを生意気な女として見下す者もいます。そんな集団の中でジュリアが居場所を見つけようとする姿を映し出しています。
映画が始まるなり荒々しい態度で登場するジュリアはどんな人物なのか、まずそこが気になり物語に引き込まれます。物語が進むにつれジュリアはただただバイクが好きな人であることが伝わってくると同時に、周囲はふとした瞬間に彼女を“女”としてカテゴライズし、同等に扱おうとしていないことがわかります。そんな男性達の態度に屈せず我が道をゆくジュリアの姿は潔く、男性の前では安易に笑顔を見せないジュリアのことをもっと理解したいという気持ちが湧いてきます。
ジュリアが平気でバイクを盗んでしまうことに対しては正直共感できない部分もあります。ただ、ふとこれが男性キャラクターだったらどう見えるのだろうと考えました。共感できないというのは同じだとして、男性キャラクターならこういう設定の作品はこれまでもたくさんあり、それほど違和感はなかったかもしれません。それはつまり、私も無意識にジュリアを女性にカテゴライズして観ていたということです。ジュリアには男性的な面も女性的な面もあって、どちらかにカテゴライズする必要はありません。時代の変化によってそれが頭ではわかっていても、男女で分類するという考え方が無意識に私の中に擦り込まれてきたことを実感しました。
本作の監督ローラ・キヴォロンは自らノンバイナリーを公言している方です。本作には余計な説明もなく、意外な結末に唖然とする方もいるかもしれません。だからこそ、キヴォロン監督が本作にどんな思いを込めたのか想像せずにはいられません。個人的には、まだまだジェンダーレスな社会になっておらず、不自由な世の中であることを象徴する結末であると捉えました。皆さんもさまざまな解釈をもって観てみてください。

デート向き映画判定
映画『Rodeo ロデオ』ジュリー・ルドリュー

ジュリアの他に、オフェリーの物語も印象的に描かれています。彼女は夫との関係でとても窮屈な思いをしています。恋愛関係においては、オフェリーの様子を観ることでいろいろと思うところが出てくると思います。束縛が厳しい相手と付き合っていたり、相手の価値観に押し込められている感覚に悩んでいる方は、1人でじっくり観て自分達の関係を客観視するのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『Rodeo ロデオ』

バイカー達のアクロバティックな運転は映画で観る分には楽しさもありますが、言うまでもなく絶対に真似をしないようにお願いします。ストーリーについては、まだアイデンティティを模索中のティーンの皆さんは共感できる部分が大いにあるのではないでしょうか。周囲に流されず、自分は自分という態度を貫き通すジュリアの姿に勇気をもらえる部分もあるでしょう。

映画『Rodeo ロデオ』ジュリー・ルドリュー

『Rodeo ロデオ』
2023年6月2日より全国順次公開
リアリーライクフィルムズ、ムービー・アクト・プロジェクト
公式サイト

© 2022 CG Cinéma / ReallyLikeFilms

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP