REVIEW

竜とそばかすの姫

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『竜とそばかすの姫』

細田守監督作の中でも本作は特に音楽と歌がとても印象的に使われていて、キャラクターの1人といっても良い役割を果たしています。冒頭から登場する色鮮やかで幻想的なインターネットの世界に響き渡るベル(すず/声:中村佳穂)の歌声は、1度聴いただけで頭に焼き付き、一気に物語の世界に観る者を引き込みます。劇中では複数の曲が出てきますが、アップテンポな曲からバラードまでじっくりと歌を聴かせるシーンがあり、メロディはもちろん歌詞の内容が一層物語を盛り上げます。そしてなんといってもベルことすずの声がとても綺麗で透明感があり、物語の中で彼女が果たす神聖な役割にとてもマッチしています。
また興味深い点は本作が『美女と野獣』をモチーフとしているところです。それは主人公すずのインターネットの世界での名前がベルであることや竜のキャラクター設定、薔薇がアクセントで登場することなどから気付く方もいるでしょう。でももちろん『美女と野獣』の設定そのままになっているわけではなく、あらゆるところにメタファーが隠されていたり、捻りが利いているので、そんなところにも注目すると一層楽しめると思います。
本作はインターネットの世界のさまざまな側面を描きながら、人と人との関わりに大事なものは何かということに気付かせてくれる内容です。私達の世界でも実際にインターネットの世界と現実の世界が2つあるような状況になっているなか、改めてこの世界でどう生きれば良いのか考えるきっかけにできると思います。

デート向き映画判定
映画『竜とそばかすの姫』

ラブストーリーの要素もありつつ、主人公が高校生で爽やかなストーリーとなっているので、初デートも含めカップルで観るのもオススメです。幻想的な映像や美しい楽曲で良いムードにもなれると思います。秘かに自分の恋心に気付いていながら一歩が踏み出さないでいる友達以上恋人未満のカップルにとっては、背中を押してくれる作品とも言えます。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『竜とそばかすの姫』

相手の信用を得て関係を深めるには何が重要かがわかるストーリーです。インターネットの世界では匿名で発言することも可能で、現実世界でも直接会うよりネットを通したコミュニケーションが増えていると思います。でも、それはそれで良い面を活かしつつ、本作を観ると現実世界で起きていることも大切にしようと思えるはずです。

映画『竜とそばかすの姫』

『竜とそばかすの姫』
2021年7月16日より全国公開
東宝
公式サイト

© 2021 スタジオ地図

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP