REVIEW

ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人』マイウェン/ジョニー・デップ

REVIEW

ルイ15世の最後の公式な愛人ジャンヌ・デュ・バリーの実話を映画化。18世紀のフランスで、貧しい家柄の私生児として生まれたジャンヌは、母が仕えていた貴族に可愛がられ、教養を得て育ちます。ただ、成長したジャンヌに夫が誘惑されることを恐れた夫人は、ジャンヌ親子を屋敷から追い出してしまいます。生きるために働くとしても選択肢が限られているなか、高級娼婦となったジャンヌ(マイウェン)は、デュ・バリー伯爵(メルヴィル・プポー)と出会い、愛人となります。さらに、ジャンヌはルイ15世(ジョニー・デップ)に会うようお膳立てされ、王に見初められて愛人となります。ジャンヌは周囲の貴族達に侮蔑されながらも自由奔放に振る舞い、貴族達から反感を買います。それでも王の寵愛によって、宮殿での立場を得ますが、安泰とはいかない事態になっていきます。
爵位がないジャンヌが王室に入るという類い希な歴史を描いた本作を観て、さまざまな思いが浮かんできます。サクセスストーリー、シンデレラストーリーといえる一面があるとしても、現代の価値観で観ると、女性の立場の無さを痛感させられます。貧しければ女性が選べる職業は限られていて、貴族であっても政略結婚をさせられるか、修道院に入るという選択肢しかない時代です。当時の女性は何に幸せを見いだしていたのかと思いながら観てしまうと同時に、そんな時代にあっても、階級の垣根を越えて、自分らしく生きたジャンヌの姿は清々しく見えます。
女性同士の醜いマウンティングも、当時女性達が置かれていた状況からすると、必然的に生まれたと思えます。“誰の隣にいるか”でしか評価されない時代に、女性が社会に認められるための価値観はあまりにも限られています。ほぼ一つの価値観しかないなら、そこで戦うしかありません。でも、幼い頃から知識と教養を身につけてきたジャンヌは、地位に縛られていなかったからこそ、彼女自身が培ってきた知恵を武器に、勇ましく生きられたのかもしれません。本作は伝記として楽しむのはもちろんのこと、今を生きる女性達が背負ってきたもののルーツを紐解く視点で観ても興味深い作品です。

デート向き映画判定

映画『ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人』マイウェン/ジョニー・デップ

身分が違えど、王との深い愛を紡いだ女性の物語なので、ロマンチックな展開もあります。自分達に置きかえて観るというよりは、客観的に観る方のほうが多いと考えると、デートで観ても気まずいことはなさそうです。ただ、女性としては、物語の舞台となる時代に、女性が男性の所有物のように扱われる様を観ると複雑な気分になるかもしれません。相手が自分と同じようなスタンスで観るかどうかを予想して、一緒に観るか検討すると良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人』マイウェン

本作の舞台はマリー・アントワネットがいる時代で、皆さんが学校で学ぶ世界史でいえば、ハイライトが当たる時代です。本作のように人間ドラマを介して観ると、一層興味が湧きやすく、歴史上の人物も印象に残ると思います。エンタテインメントとして楽しみながら、同時に世界史の興味喚起のきっかけとしても観てはいかがでしょうか。

映画『ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人』マイウェン/ジョニー・デップ

『ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人』
2024年2月2日より全国公開
ロングライド
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

©︎ Stéphanie Branchu – Why Not Productions
©︎ 2023-WHY NOT PRODUCTIONS-FRANCE 2 CINEMA- FRANCE 3 CINEMA-LA PETITE REINE-IMPALA PRODUCTIONS

TEXT by Myson

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP