REVIEW

ジョン・デロリアン

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス

斬新なカーデザインと大排気量のエンジンを搭載したデロリアン(車)は、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のタイムマシンとして登場したことでよく知られていますが、本作はそのデロリアンを作った実在の人物ジョン・デロリアンの物語です。彼はゼネラルモーターズにいる頃、ポンテアックGTOを生み出したのを機にメキメキと出世し、史上最年少で副社長にまで昇進しましたが、現場から離れていくことに欲求不満を募らせ、1973年に65万ドル(当時の金額)の年収を捨ててゼネラルモーターズを退社。その後、自身で会社を立ち上げ、新車の開発に乗り出しますが、本作では起業してからの彼の奮闘を描いています。一見、実力を示して自動車業界に名を馳せたジョンが独立して新しいスタートを切り、新車で注目を集め、苦労しながらも前進していくサクセスストーリーかと思いきや、全く違っていてビックリ。車への情熱があるからこそ、暴走してしまうジョンに共感できなくもないですが、目的を果たすために手段を選ばない、というか選べなくなっている状況で、狂気が勝る選択をしてしまうところに、人間の奢りが見えます。また、ジョンが間違った選択をしてしまう環境が身近にあること、そして罪を犯した後の展開も、いかにもアメリカ的でゾッとします。アメリカン・ドリームという言葉は今はどれくらい使われているかわかりませんが、これは天国から地獄へ落ちる悪夢にも思えると同時に、誠実か不誠実かに関わらず再起できる点でも、良くも悪くも“アメリカン・ドリーム”ってこういうことなんだなと思えてきます。個人的には、モノ作りをする人はピュアであって欲しい、人々に夢を与える人であって欲しいと勝手に思ってしまうので、ラストはすごくモヤモヤしてしまいましたが、だからこそ、こういった人間の不可解さに興味をそそられるとも言えます。また、企業の一員として才能を発揮する人が必ずしも起業家として成功するかは別問題だなということも実感できるので、世の経営者の皆さんに特にオススメしたい作品です。

デート向き映画判定
映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス

途中までは、奥さんはこういう夫をもって誇らしいと思えるだろうなという目で観られるかも知れませんが、後半はもし奥さんの立場だったら胸騒ぎしかしないだろうと思える展開です。規模はここまでではなくても、野心を燃やす人と付き合っていたら、かなりリアルに観てしまう内容ですが、だからこそ一緒に観て本音をぶつけ合うのも良いのではないでしょうか。本作が冷静さを持つきっかけになると良いですね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は今でも愛される名作なので、キッズやティーンの皆さんもそれを観てデロリアンという言葉を知っていると思いますが、本作はデロリアンという車を開発する話ではありません。なので、正直見た目の派手さはそれほどなく、1人の男性の運命がジェットコースターのように乱高下するところがドラマチックで、大人向けの作品です。社会に出てから観たほうがおもしろさが増すと思います。

映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス

『ジョン・デロリアン』
2019年12月7日より全国順次公開
ツイン
公式サイト

TEXT by Myson

© Driven Film Productions 2018

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー good people

夢を諦めかけた登場人物達が出会い、ぶつかりながらも寄り添っていく姿が静かに展開していく爽やかな作品でした。台詞の数は全編を通してそんなに多くないのですが、その分情景とピアノ音楽で伝わってくる部分が大きく…

映画『エクストリーム・ジョブ』リュ・スンリョン/イ・ハニ/チン・ソンギュ/イ・ドンフィ/コンミョン(5urprise) 『エクストリーム・ジョブ』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『エクストリーム・ジョブ』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人 魔法少年☆ワイルドバージン

童貞のまま30歳を迎えると魔法使いになるという都市伝説の通りに…

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー ユアン・マクレガー

1971年3月31日イギリス、スコットランド生まれ。高校を中退して劇場のスタッフ兼エキストラとして働き、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校在学中に一人芝居を披露しスカウトされたことを機にショービズ界へ。1992年に…

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ジェイ・ライアン ジェイ・ライアン

1981年8月29日ニュージーランド、オークランド生まれ。由緒ある舞台出身俳優で、約15年間に渡り、国際的なテレビ界において、キャリアを築いてきた。ワンマンショー“The Packer(原題)”で8役を見事に演じたことで…

三角座りで悩む女性イメージ ここだけの話10:女子のお悩み相談第4弾「友達全員に彼氏ができたのに…」ほか

今回は、恋愛のお悩み相談にお応えしています。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』イザイア・ムスタファ イザイア・ムスタファ

1974年2月11日アメリカ、オレゴン州ポートランド生まれ。7人兄弟の末っ子で、南カリフォルニアで育った。若い頃から熱心なアスリートで、ムアパーク大学で陸上競技、バスケットボール、アメリカン・フッドボールをはじめ…

映画『カツベン!』成田凌 カツベン!

活動弁士(カツベン)は、映画監督であり、翻訳者であり、声優であり、ナレーターであるといった、さまざまな役割を果たしている点が…

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』ジェイデン・マーテル ジェイデン・マーテル

2003年1月4日アメリカ生まれ。10歳の時にゴールデングローブ賞にノミネートされたコメディヒット作『ヴィンセントが教えてくれたこと』で映画デビューを飾り…

おすすめ記事

映画『ある船頭の話』オダギリジョー監督 イイ男セレクションランキング2019<国内40代&50代俳優 総合ランキング>

いよいよ今回は、40代&50代俳優の総合ランキングを発表!各部門でランキングの入れ替えが多かった40代50代俳優ですが、果たして栄冠は誰の手に!?

映画『ドクター・スリープ』原作者:スティーヴン・キング これほど多く作品が映画化された作家はいない!スティーヴン・キング特集

2019年は『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』『ドクター・スリープ』、2020年1月には『ペット・セメタリー』と、立て続けにスティーヴン・キング原作の映画化が公開されます…

秋の女神イメージ写真AC みんなが映画好きになったきっかけの作品特集1

この度、正式部員の皆さんに「映画好きになったきっかけの作品とその理由を教えて?」と聞いてみたところ、たくさんの投稿を頂きました。その中からいくつか選ばせて頂き、全4回の連載でご紹介していきます。

映画『50回目のファーストキス』完成披露試写会舞台挨拶、山田孝之 イイ男セレクションランキング2019<国内30代俳優 総合ランキング>

今回は、いよいよ30代俳優の総合ランキングを発表します!20代の各部門ランキングに比べると、30代のランキングは部門毎で変動が多かった印象ですが、果たして総合ランキングはどのような結果になったのでしょうか?

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『good people』ジェイ・ウェスト/今宿麻美/ダンテ・カーヴァー
    good people

  2. 映画『魔法少年☆ワイルドバージン』前野朋哉/芹澤興人
  3. 映画『カツベン!』成田凌
    カツベン!

  4. 映画『ジョン・デロリアン』リー・ペイス
  5. 海外ドラマ『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/:ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/リリー・ジェームズ/マシュー・グード
  6. 映画『KIN/キン』マイルズ・トゥルイット
    KIN/キン

  7. 映画『ラスト・クリスマス』エミリア・クラーク/ヘンリー・ゴールディング
  8. 映画『“隠れビッチ”やってました。』佐久間由衣
  9. 映画『アナと雪の女王2』
  10. 映画『ドクター・スリープ』ユアン・マクレガー

部活・イベント

  1. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  2. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  3. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  4. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  5. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP