REVIEW

サタデー・フィクション【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『サタデー・フィクション』コン・リー/オダギリジョー

『ふたりの人魚』『パープル・バタフライ』などを手掛けたロウ・イエ監督の第11作目にあたる作品です。本作では、太平洋戦争が勃発する直前の上海を舞台に、日中欧の諜報部員が機密情報を求めて暗躍する姿をモノクロ映像で描いています。映画の公式資料によると、監督はかねてよりモノクロ映像に挑戦したかったそうで、本作では劇中の音楽も排除しています。そういった監督のこだわりから、スパイ達の緊迫感がより強調され、上質なスパイ映画に仕上がっています。
物語は、日本が真珠湾攻撃をする7日前から始まります。表では人気俳優、裏ではスパイの顔を持つ主人公のユー・ジン(コン・リー)は、新作舞台のために上海を訪れます。そして、日本からは海軍少佐の古谷(オダギリジョー)が海軍特務機関に属する梶原(中島歩)と共に、暗号更新のため上海にやってきます。俳優をしながらスパイ活動も行うユー・ジンの姿は観ていてとてもハラハラします。時にはファンサービスを求められることもあるので、もし敵が紛れていたらどうなるのかと心配になります。でも、そんな心配をよそに、ユー・ジンが華麗に作戦を遂行する姿はとてもカッコ良いです。そして、日本から本作に参加したオダギリジョーと中島歩の演技も印象に残ります。特に古谷と梶原がユー・ジンと急接近するシーンは、見せ場の1つとなっています。
スパイ達の心理戦や、銃撃シーンなどは、モノクロ映像であることから、よりスタイリッシュに見えます。スパイ映画好きの方はもちろん、モノクロ映画にあまり馴染みのない方も本作で挑戦するのも良いと思います。

デート向き映画判定
映画『サタデー・フィクション』コン・リー

スパイ映画好きのカップルはぜひデートでご覧ください。モノクロであることにより、銃撃シーンの生々しさが良い意味で軽減されているので、アクションシーンが苦手な方でも本作なら比較的観やすいのではないでしょうか。また、本作ではある作戦の一つとして恋愛が意外な絡み方をしています。どんな時でも冷静なスパイや要人達が、愛によってどう翻弄されるのか注目です。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『サタデー・フィクション』オダギリジョー

セリフで多く語るよりも情景や各人物の動きを通して物語が進行するタイプの作品です。時代背景もある程度理解していたほうが物語の理解も深まるので、せめて中学生くらいになってから観ることをオススメします。ティーンの場合は、これを機に歴史的背景を調べたり、他のスパイ映画も観てみるのもオススメです。

映画『サタデー・フィクション』コン・リー/マーク・チャオ/オダギリジョー

『サタデー・フィクション』
2023年11月3日より全国順次公開
アップリンク
公式サイト

©YINGFILMS

TEXT by Shamy

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2023年10月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー お隣さんはヒトラー?【レビュー】

タイトルは『お隣さんはヒトラー?』で、物語の舞台は1960年のコロンビア…。「むむむ?アドルフ・ヒトラーって…

映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック ロイヤルホテル【レビュー】

『アシスタント』のキティ・グリーン監督と、主演を務めたジュリア・ガーナーが再びタッグを組んだ本作は…

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『お隣さんはヒトラー?』デヴィッド・ヘイマン/ウド・キアー
  2. 映画『ロイヤルホテル』ジュリア・ガーナー/ジェシカ・ヘンウィック
  3. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  4. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  5. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP