REVIEW

シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク

検索エンジンでは出てこないダークウェブと暗号通貨 “ビットコイン”を組合せ、違法ドラッグから武器の売買、殺人依頼まで完全匿名で取引できてしまう“シルクロード”という名の闇サイト。2011年に生まれたこの“闇のAmazon”と呼ばれる闇サイトにまつわる実話を基にした本作は、野心に燃える若きプログラマーと、昔気質の刑事との攻防戦を描いています。
フィクションの要素もありつつ、やはりこういうことが実際に起きたということには驚愕させられて、この闇サイトを立ち上げたロス・ウルブリヒト(ニック・ロビンソン)がごく普通の青年というところにも驚かされます。彼の世の中への不満と大きな野心に加え、幼さ、未熟さが大変な事態を招いていくのですが、手に余るパワーと財力を手に入れると、必ず人間はコントロールを失うのだなということがよくわかります。最初は「ここまで」と決めていても歯止めが利かず望まない方向に進んでいくけれど、自分もその沼にハマっていくという愚かな姿に学ぶことが多くあるように思います。
そして本作がドラマチックなのは、デジタル世代とアナログ世代という構図で描かれていくところ。一見デジタル世代が優勢と思えますが、やはり一長一短なところがあって、現代の私達の日常を見直すきっかけにもなります。人間ドラマ、サスペンスとして楽しめるのはもちろん、いろいろな意味で勉強になる作品です。

デート向き映画判定
映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ニック・ロビンソン

ロス・ウルブリヒトと恋人の関係、ロスを追う刑事リック・ボーデン(ジェイソン・クラーク)の夫婦関係は、彼らと同じ状況になくても、パートナーが暴走したり隠し事をしているという部分では、誰もが少しは体験することなので、客観視するきっかけになると思います。そんな状況で関係を整理しようか迷っている方は、デートで観ずに1人でじっくり鑑賞するほうが良いでしょう。逆に腹を割って話し合いたい方はデートにパートナーを誘って観てください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク

“若き天才起業家”とだけ聞くとカッコ良いですが、犯罪行為はいけません。皆さんも社会のルールを徐々に学んでいるとは思いますが、善悪の境界線は思っている以上に曖昧で、どこから自分が悪いことをしてしまっているかは、大きな力に呑み込まれてくるとわからなくなるのだということが、本作を観るとわかります。小学生にはまだ難しいかもしれませんが、中学生以上なら充分に理解できると思うので、ぜひ反面教師として観てみてください。

映画『シルクロード.com ―史上最⼤の闇サイト―』ジェイソン・クラーク/ニック・ロビンソン

『シルクロード.com ―史上最大の闇サイト―』
2022年1月21日より全国公開
ショウゲート
公式サイト

©2020 SILK ROAD MOVIE, LLC ALL RIGHTS RESERVED.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP