REVIEW

シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス

2009年、戦地へ向かった愛する人の無事を願いながらイギリス軍基地で暮らす女性達が合唱団を結成したという実話を、『フル・モンティ』のピーター・カッタネオ監督が映画化した本作。主人公のケイト(クリスティン・スコット・トーマス)をはじめとした軍人の妻達は、夫の安否を心配しながら生活しているなか、その苦難を乗り越えるための活動として合唱団を結成します。不安な気持ちをずっと抱えながら生活することはとても大変そうで、なるべく普段通りに生活する人もいれば、悪い知らせが来るのではないかと電話や呼び鈴にビクビクしている人などさまざまです。そんな妻達が合唱活動を通してどのように変化していくのかが本作の見どころとなっています。
大佐の妻であるケイトは、皆のためにと合唱団の活動に努めますが、その熱意が空回りしてしまい、なかなか上手くいきません。そして、もう1人の中心人物リサ(シャロン・ホーガン)も、指導方法に頭を抱えています。この2人のリーダーの姿を観ていると人をまとめることの大変さを感じますが、同時に個性豊かな合唱団メンバー達の人間ドラマも楽しめます。
少し棘があるけどどこか憎めないケイトを演じたクリスティン・スコット・トーマスの魅力も存分に発揮されており、その脇を支えるシャロン・ホーガン、ジェイソン・フレミング、グレッグ・ワイズらの名演も印象に残ります。クラシックからポップスまでさまざまな歌も堪能できるので、音楽好きはもちろん、どんな人でも楽しめる作品だと思います。

デート向き映画判定
映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス

戦争という背景がありながら、良い意味で重過ぎない作品なので、デートで観るのもアリです。本作ではさまざまなタイプの妻が登場するので、結婚を考えているカップルは参考になる点がありそうです。楽しい歌のシーンもたくさんあるので、鑑賞後はカラオケに行くといつも以上に盛り上がるかもしれませんよ。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス

歌の素晴らしさはどんな人にも伝わると思うので、皆さんも観てみてください。本作は軍人の妻達の物語ですが、各メンバーの家族問題については皆さんも共感できると思います。また、最初はバラバラだった合唱団メンバーが少しずつ絆を深めていく姿から、団結力の大切さも学べるのではないでしょうか。

映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス

『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』
2022年5月20日より全国順次公開
キノフィルムズ
公式サイト

© MILITARY WIVES CHOIR FILM LTD 2019

TEXT by Shamy

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP