特集

これが私達の生きる道“社会と闘う女性”特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『グロリアス 世界を動かした女たち』アリシア・ヴィキャンデル/ジャネール・モネイ

今回は、さまざまな状況下で試練と向き合う女性達の物語をご紹介します。

既に配信中やブルーレイ、DVDがリリースされている作品は、ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びます。

等身大の彼女達を映したドキュメンタリー

映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』エリザベス2世

エリザベス 女王陛下の微笑み

2022年6月17日より全国公開
公式サイト

1952年に即位したエリザベス2世は、70年間という長い期間イギリスの移り変わりを見てきた女王です。本作ではエリザベス2世が辿ってきた英国史を振り返りつつ、社会と女王との関わり方を客観的に映し出しています。どんな世の中になっても女王であることからは逃げられません。昨今では王室のスキャンダルも相次ぎましたが、それでも国民の前では凜としている姿に人間的な強さを感じます。

映画『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと

2022年5月27日より全国公開
公式サイト

テレビで観ていた寂聴さんはいつも元気で陽気でしたが、本作は表向きには見せなかった、いろいろな表情を捉えています。弱音を吐いたり、泣いたり、それでも強く生きようとした背景には、ある覚悟があったと語られています。作家としての考え方、生き方が強く印象に残る内容です。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン

2022年5月6日より全国公開中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 人気作品ランキング

映画史に残る大スターであり、ファッションアイコンだった彼女は、プライベートでは苦しむことも多かったようです。世界中の人々から愛されながらも、本当に愛して欲しかった人からは愛を得ることができなかった彼女は、無条件の愛情を世界中の子ども達に注ぎました。晩年ユニセフ親善大使として活動していた彼女は、本作の中で「人道的支援を政治化する代わりに、政治を人道的に変えたい」と語っています。俳優としても、活動家としても、世の中を達観していたのが伝わってきます。

映画『わたしはマララ』マララ・ユスフザイ

わたしはマララ

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

女性にも教育が必要だと子どもの頃から訴え続けている彼女は、命を狙われる危険にもさらされました。それでもメッセージを発信し続け、自身も勉学に励む姿を見て、勉強が当たり前にできる日本にいる私達はいかに有り難い環境にいるのか実感します。

映画『RBG 最強の85才』ルース・ベイダー・ギンズバーグ

RBG 最強の85才

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 
ここだけの話4(Podcast)
Amazonプライムビデオで観る

スーパーウーマンとは彼女のような方のことをいうのだと思います。彼女の生き様から強さと優しさが伝わってきます。働く女性が複数のことを両立するのは簡単ではないし、彼女の真似も難しいですが、何でもやればできると勇気をもらえます。

映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生

草間彌生∞INFINITY

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

このドキュメンタリーを観て、とても壮絶な人生を歩んでこられたと知りました。苦しみを芸術に昇華されたのだと知って、一層作品への興味が湧きました。ありのままをさらけ出す生き方がとてもカッコ良いです。

実話を基にしたストーリー

映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー

彼女たちの革命前夜

2022年6月24日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1970年のロンドンで、“ミス・ワールド”に抗議した女性解放運動の活動家達の実話。女性が容姿で評価されるということの裏にはもっと複雑な問題があることも描かれています。

映画『グロリアス 世界を動かした女たち』アリシア・ヴィキャンデル

グロリアス 世界を動かした女たち

2022年5月13日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

同じ女性でも人種間で立場が違い、「白人女性が前に出て、もっと声を上げないと!」と諭されるシーンが印象的です。彼女の素直さが強さにも繋がっているように感じます。

映画『デザート・フラワー』リヤ・ケベデ

デザート・フラワー

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

トップモデルとなったワリスは、自身がFGM(女性性器切除)の被害者である事実を告白し、世界に向けてFGMを廃止していく活動をしています。私達は世界で起きている深刻な問題にもっと関心を寄せる必要があると教えてくれる作品です。

映画『ドリーム』タラジ・P・ヘンソン

ドリーム

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

歴史に残る世界的な偉業の影にあった女性達の活躍を描いた本作。史実通りではないところもあるようですが、宇宙開発の分野で3人の女性がそれぞれの立場で活躍する姿を観ていると、元気が湧いてきます。

映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ

ハリエット

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

彼女や仲間達と同じ状況下に置かれたらどんなに恐ろしいか、想像もつきません。自分が逃げるだけでも命懸けなのに、何度も仲間を助けるために行動した彼女や仲間達の強さは計りしれません。

映画『リスペクト』ジェニファー・ハドソン

リスペクト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

大物歌手として知られるアレサ・フランクリンは、人種差別だけでなく、性差別、性被害という何重もの苦しみを抱えていました。どんなに人気者でも、人種差別や性差別は容赦なく人を苦しめるものだということが伝わってきます。

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』アンドラ・デイ

ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

“奇妙な果実”という彼女の歌の歌詞には、衝撃的な事実が込められています。歌うことで国と戦ったビリー・ホリデイの半生を観ることで、文化、芸術の重みも実感します。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』メリル・ストリープ

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

「鉄の女」と呼ばれていたマーガレット・サッチャー首相の政治化としての顔、母、妻の顔を描いた作品。国を背負う立場と家庭の両立は難しいことを実感します。女性の幸せって何だろうと改めて考えさせられます。

今も私達の身近にあるはずの物語

映画『戦争と女の顔』ヴィクトリア・ミロシニチェンコ

戦争と女の顔

2022年7月15日より全国公開
公式サイト

戦場に“兵士”として赴いた女性達の身に何が起きているのか。その真相が明かされた時、愕然とさせられます。戦争という大義名分のもとに性的搾取が堂々と行われている異常さが恐ろしく、まるで道具のように“使われる”女性達がいかに人生を狂わされるのかを思い知らされるストーリーです。

映画『明日になれば〜アフガニスタン、女たちの決断〜』アレズー・アリアプーア/フェレシュタ・アフシャー/ハシバ・エブラヒミ

明日になれば〜アフガニスタン、女たちの決断〜

2022年5月6日より全国公開中
公式サイト

本作にはアフガニスタンで暮らす3人の女性達の日常が描かれています。限られた選択肢の中から生き方を選ばなければいけない状況下でも、静かに戦う彼女達の姿にエールを送りたい気持ちでいっぱいになります。

映画『マイ・サンシャイン』ハル・ベリー/ダニエル・クレイグ

マイ・サンシャイン

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

家族と一緒に暮らせない事情を抱える子ども達を預かる女性が主人公の人間ドラマ。人種差別による事件が続発した1990年代初頭を舞台にしており、世の中に理不尽なことが溢れている様を突きつけられる内容となっています。


過酷な運命、限られた選択肢…と、女性に生まれたというだけで背負わされるものがあることを実感しながらも、強く立ち向かう女性達の姿には励まされるところもあります。そして、女性として生きる上で幸せなことももちろんあります。世界中の女性達が、自由に生き方を選べる時代になることを祈ります。

© Elizabeth Productions Limited 2021
© 2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED.
©2022「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」製作委員会
© 2013 Project B.S. LLC
©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved
© Cable News Network. All rights reserved.
Theatrical one-sheet for KUSAMA – INFINITY, a Magnolia Pictures release. Photo courtesy of Magnolia Pictures.
SONG OF A MANHATTAN SUICIDE ADDICT, 2010-present. Image © Yayoi Kusama. Courtesy David Zwirner, New York; Ota Fine Arts, Tokyo/Singapore/Shanghai; Victoria Miro, London/Venice; YAYOI KUSAMA Inc.
© Pathé Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019
© 2020 The Glorias, LLC
©Desert Flower Filmproductions GmbH
© 2016Twentieth Century Fox
©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.”
© 2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.
© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
© 2021 BILLIE HOLIDAY FILMS, LLC.
©2019 Noori Pictures
© Non-Stop Production, LLC, 2019
©2011 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
©2011 Pathé Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.
©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP