特集

これが私達の生きる道“社会と闘う女性”特集

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『グロリアス 世界を動かした女たち』アリシア・ヴィキャンデル/ジャネール・モネイ

今回は、さまざまな状況下で試練と向き合う女性達の物語をご紹介します。

既に配信中やブルーレイ、DVDがリリースされている作品は、ジャケット写真やタイトルの文字リンクをクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びます。

等身大の彼女達を映したドキュメンタリー

映画『エリザベス 女王陛下の微笑み』エリザベス2世

エリザベス 女王陛下の微笑み

2022年6月17日より全国公開
公式サイト

1952年に即位したエリザベス2世は、70年間という長い期間イギリスの移り変わりを見てきた女王です。本作ではエリザベス2世が辿ってきた英国史を振り返りつつ、社会と女王との関わり方を客観的に映し出しています。どんな世の中になっても女王であることからは逃げられません。昨今では王室のスキャンダルも相次ぎましたが、それでも国民の前では凜としている姿に人間的な強さを感じます。

映画『瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと』瀬戸内寂聴

瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと

2022年5月27日より全国公開
公式サイト

テレビで観ていた寂聴さんはいつも元気で陽気でしたが、本作は表向きには見せなかった、いろいろな表情を捉えています。弱音を吐いたり、泣いたり、それでも強く生きようとした背景には、ある覚悟があったと語られています。作家としての考え方、生き方が強く印象に残る内容です。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン

オードリー・ヘプバーン

2022年5月6日より全国公開中
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 人気作品ランキング

映画史に残る大スターであり、ファッションアイコンだった彼女は、プライベートでは苦しむことも多かったようです。世界中の人々から愛されながらも、本当に愛して欲しかった人からは愛を得ることができなかった彼女は、無条件の愛情を世界中の子ども達に注ぎました。晩年ユニセフ親善大使として活動していた彼女は、本作の中で「人道的支援を政治化する代わりに、政治を人道的に変えたい」と語っています。俳優としても、活動家としても、世の中を達観していたのが伝わってきます。

映画『わたしはマララ』マララ・ユスフザイ

わたしはマララ

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

女性にも教育が必要だと子どもの頃から訴え続けている彼女は、命を狙われる危険にもさらされました。それでもメッセージを発信し続け、自身も勉学に励む姿を見て、勉強が当たり前にできる日本にいる私達はいかに有り難い環境にいるのか実感します。

映画『RBG 最強の85才』ルース・ベイダー・ギンズバーグ

RBG 最強の85才

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定 
ここだけの話4(Podcast)
Amazonプライムビデオで観る

スーパーウーマンとは彼女のような方のことをいうのだと思います。彼女の生き様から強さと優しさが伝わってきます。働く女性が複数のことを両立するのは簡単ではないし、彼女の真似も難しいですが、何でもやればできると勇気をもらえます。

映画『草間彌生∞INFINITY』草間彌生

草間彌生∞INFINITY

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

このドキュメンタリーを観て、とても壮絶な人生を歩んでこられたと知りました。苦しみを芸術に昇華されたのだと知って、一層作品への興味が湧きました。ありのままをさらけ出す生き方がとてもカッコ良いです。

実話を基にしたストーリー

映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー

彼女たちの革命前夜

2022年6月24日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

1970年のロンドンで、“ミス・ワールド”に抗議した女性解放運動の活動家達の実話。女性が容姿で評価されるということの裏にはもっと複雑な問題があることも描かれています。

映画『グロリアス 世界を動かした女たち』アリシア・ヴィキャンデル

グロリアス 世界を動かした女たち

2022年5月13日より全国公開
REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

同じ女性でも人種間で立場が違い、「白人女性が前に出て、もっと声を上げないと!」と諭されるシーンが印象的です。彼女の素直さが強さにも繋がっているように感じます。

映画『デザート・フラワー』リヤ・ケベデ

デザート・フラワー

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

トップモデルとなったワリスは、自身がFGM(女性性器切除)の被害者である事実を告白し、世界に向けてFGMを廃止していく活動をしています。私達は世界で起きている深刻な問題にもっと関心を寄せる必要があると教えてくれる作品です。

映画『ドリーム』タラジ・P・ヘンソン

ドリーム

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

歴史に残る世界的な偉業の影にあった女性達の活躍を描いた本作。史実通りではないところもあるようですが、宇宙開発の分野で3人の女性がそれぞれの立場で活躍する姿を観ていると、元気が湧いてきます。

映画『ハリエット』シンシア・エリヴォ

ハリエット

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

彼女や仲間達と同じ状況下に置かれたらどんなに恐ろしいか、想像もつきません。自分が逃げるだけでも命懸けなのに、何度も仲間を助けるために行動した彼女や仲間達の強さは計りしれません。

映画『リスペクト』ジェニファー・ハドソン

リスペクト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

大物歌手として知られるアレサ・フランクリンは、人種差別だけでなく、性差別、性被害という何重もの苦しみを抱えていました。どんなに人気者でも、人種差別や性差別は容赦なく人を苦しめるものだということが伝わってきます。

映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』アンドラ・デイ

ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

“奇妙な果実”という彼女の歌の歌詞には、衝撃的な事実が込められています。歌うことで国と戦ったビリー・ホリデイの半生を観ることで、文化、芸術の重みも実感します。

映画『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』メリル・ストリープ

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

「鉄の女」と呼ばれていたマーガレット・サッチャー首相の政治化としての顔、母、妻の顔を描いた作品。国を背負う立場と家庭の両立は難しいことを実感します。女性の幸せって何だろうと改めて考えさせられます。

今も私達の身近にあるはずの物語

映画『戦争と女の顔』ヴィクトリア・ミロシニチェンコ

戦争と女の顔

2022年7月15日より全国公開
公式サイト

戦場に“兵士”として赴いた女性達の身に何が起きているのか。その真相が明かされた時、愕然とさせられます。戦争という大義名分のもとに性的搾取が堂々と行われている異常さが恐ろしく、まるで道具のように“使われる”女性達がいかに人生を狂わされるのかを思い知らされるストーリーです。

映画『明日になれば〜アフガニスタン、女たちの決断〜』アレズー・アリアプーア/フェレシュタ・アフシャー/ハシバ・エブラヒミ

明日になれば〜アフガニスタン、女たちの決断〜

2022年5月6日より全国公開中
公式サイト

本作にはアフガニスタンで暮らす3人の女性達の日常が描かれています。限られた選択肢の中から生き方を選ばなければいけない状況下でも、静かに戦う彼女達の姿にエールを送りたい気持ちでいっぱいになります。

映画『マイ・サンシャイン』ハル・ベリー/ダニエル・クレイグ

マイ・サンシャイン

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定
Amazonプライムビデオで観る

家族と一緒に暮らせない事情を抱える子ども達を預かる女性が主人公の人間ドラマ。人種差別による事件が続発した1990年代初頭を舞台にしており、世の中に理不尽なことが溢れている様を突きつけられる内容となっています。


過酷な運命、限られた選択肢…と、女性に生まれたというだけで背負わされるものがあることを実感しながらも、強く立ち向かう女性達の姿には励まされるところもあります。そして、女性として生きる上で幸せなことももちろんあります。世界中の女性達が、自由に生き方を選べる時代になることを祈ります。

© Elizabeth Productions Limited 2021
© 2020 Salon Audrey Limited. ALL RIGHTS RESERVED.
©2022「瀬戸内寂聴 99年生きて思うこと」製作委員会
© 2013 Project B.S. LLC
©2015 Twentieth Century Fox. All Rights Reserved
© Cable News Network. All rights reserved.
Theatrical one-sheet for KUSAMA – INFINITY, a Magnolia Pictures release. Photo courtesy of Magnolia Pictures.
SONG OF A MANHATTAN SUICIDE ADDICT, 2010-present. Image © Yayoi Kusama. Courtesy David Zwirner, New York; Ota Fine Arts, Tokyo/Singapore/Shanghai; Victoria Miro, London/Venice; YAYOI KUSAMA Inc.
© Pathé Productions Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute 2019
© 2020 The Glorias, LLC
©Desert Flower Filmproductions GmbH
© 2016Twentieth Century Fox
©2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.”
© 2019Universal Pictures International, Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc.
© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.
© 2021 BILLIE HOLIDAY FILMS, LLC.
©2019 Noori Pictures
© Non-Stop Production, LLC, 2019
©2011 DreamWorks II Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.
©2011 Pathé Productions Limited , Channel Four Television Corporation and The British Film Institute.
©2017 CC CINEMA INTERNATIONAL–SCOPE PICTURES–FRANCE 2 CINEMA-AD VITAM-SUFFRAGETTES

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン 1950 鋼の第7中隊

ツイ・ハーク、チェン・カイコー、ダンテ・ラムが監督を務め、製作費270億円が投じられた本作は…

映画『NOPE/ノープ』キキ・パーマー キキ・パーマー

1993年8月26日アメリカ、イリノイ州ハーヴェイ生まれ。シンガー、俳優、声優など…

映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー ドライビング・バニー

キービジュアルから、ポップで可愛い映画なのかと思いきや…

映画『ぼくらのよあけ』 『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『ぼくらのよあけ』一斉試写会 10組20名様ご招待

映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン リティク・ローシャン

1974年1月10日インド、ムンバイ生まれ。父はプロデューサー、監督、脚本家、俳優である…

映画『アムステルダム』ワールドプレミア、クリスチャン・ベール夫妻 クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビーら豪華キャスト&スタッフ集結!『アムステルダム』ワールドプレミア

デヴィッド・O・ラッセル監督による7年ぶりの新作『アムステルダム』が、2022年10月28日より全国公開となります。先日、ニューヨークにてワールドプレミアが開催され、クリスチャン・ベール、マーゴット・ロビー、ジョン・デヴィッド・ワシントンをはじめ、ラミ・マレック、ロバート・デ・ニーロら豪華キャスト&スタッフが一堂に会しました。

海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ デビアスなメイドたち

『デスパレートな妻たち』が好きな人にオススメ!

映画『グッバイ・クルエル・ワールド』片岡礼子 片岡礼子(かたおか れいこ)

1971年12月20日生まれ。愛媛県出身。 1993年、『二十歳の微熱』でデビュー。『愛の新世界』(1994)で…

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー 『あの娘は知らない』福地桃子さんインタビュー

喪失感を抱えて⽣きる男⼥が出会い、お互いの孤独に寄り添いながら少しずつ前に歩み出していく様が描かれている映画『あの娘は知らない』。今回は、本作で主演を飾った福地桃子さんにお話をうかがいました。撮影現場で感じたことや、俳優のお仕事を始めたきっかけについて聞いてみました。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  3. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ

おすすめ記事

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回…

記事作成部活20220720:初秋最新作 あなたの映画愛、ドラマ愛を形に!【記事作成部活】2022年9月度参加者募集

9月は韓国ドラマの回もオンラインで実施します!

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『1950 鋼の第7中隊』ウー・ジン
  2. 映画『ドライビング・バニー』エシー・デイヴィス/トーマシン・マッケンジー
  3. 海外ドラマ『デビアスなメイドたち シーズン1』アナ・オルティス/ダニア・ラミレス/ロゼリン・サンチェス/ジュディ・レイズ
  4. 映画『マイ・ブロークン・マリコ』永野芽郁
  5. 映画『アイ・アム まきもと』阿部サダヲ
  6. 映画『ダウントン・アビー/新たなる時代へ』ヒュー・ボネヴィル/ローラ・カーマイケル/ジム・カーター/ブレンダン・コイル/ミシェル・ドッカリー/ケヴィン・ドイル/ジョアン・フロガット/マシュー・グード/ハリー・ハッデン=パトン/デヴィッド・ヘイグ/ジェラルディン・ジェームズ/ロブ・ジェームス=コリアー/サイモン・ジョーンズ/アレン・リーチ/フィリス・ローガン/エリザベス・マクガヴァン/ソフィー・マックシェラ/タペンス・ミドルトン/スティーヴン・キャンベル・ムーア/レスリー・ニコル/ケイト・フィリップス/マギー・スミス/イメルダ・スタウントン/ペネロープ・ウィルトン/ヒュー・ダンシー/ローラ・ハドック/ナタリー・バイ/ドミニク・ウェスト
  7. 映画『スーパー30 アーナンド先生の教室』リティク・ローシャン
  8. 映画『秘密の森の、その向こう』ジョセフィーヌ・サンス/ガブリエル・サンス
  9. 映画『LAMB/ラム』ノオミ・ラパス/ヒルミル・スナイル・グズナソン
    LAMB/ラム

  10. 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』香取慎吾/岸井ゆきの
PAGE TOP