REVIEW

Summer of 85

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『Summer of 85』フェリックス・ルフェーヴル/バンジャマン・ヴォワザン

とても美しく残酷な青春の一片をフランソワ・オゾン監督が見事に描いた本作は、オゾン監督自身が17歳の時に出会い深く影響を受けたとされるエイダン・チェンバーズの小説「Dance on my Grave」(おれの墓で踊れ/徳間書店)を原作としています。1985年夏、フランス、ノルマンディーの海で、16歳のアレックス(フェリックス・ルフェーヴル)と18歳のダヴィド(バンジャマン・ヴォワザン)は出会います。2人は急速に心の距離を縮め、特別な関係になっていくのですが、ある出来事がきっかけで2人の運命は狂わされてしまいます。
アレックスの独白で語られていくストーリーは冒頭からインパクトの強いキーワードが出てくるので、観る側は後に何が起こるのかはわかった上で2人の様子を見守ることになります。この刹那的な物語には、若さゆえの純粋さや好奇心、傷付きやすさが溢れていて、美しさと残酷さの両方があります。観ていると、主人公達の心の高鳴りやざわつきがリアルに伝わってきて、オゾン監督の手腕を感じます。また、オーディションで大抜擢された主演のフェリックス・ルフェーヴルと、ダヴィド役のバンジャマン・ヴォワザンの演技もすごく自然体で引き込まれます。とても絵画的で映像もストーリーも本当に美しいので、フランソワ・オゾン監督のファンはもちろん、多くの方に観て欲しい1作です。エンドロールの歌の歌詞にも、あるキャラクターの思いが込められているので、最後まで席を立たずに観てください。

デート向き映画判定
映画『Summer of 85』フェリックス・ルフェーヴル/バンジャマン・ヴォワザン

初恋ってキラキラしているけど、とても苦しくもあります。そんな特別な体験を本作で味わえます。好きなのに、好きだからこそ傷つけ合ったりというのも共感ポイントで、お互いを大切にしようと思える内容です。アツアツカップルは反面教師として観られる部分もありますし、喧嘩中のカップルは仲直りに観に行くと良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『Summer of 85』バンジャマン・ヴォワザン/フィリッピーヌ・ヴェルジュ

電撃的な出会いをして、恋に落ちて、夢中になる。皆さんの中にはもう経験済みの方もこれからの方もいるでしょう。経験済みの皆さんは、自分の初恋を振り返って客観視することで次に進むステップにできるかもしれないし、これから経験する皆さんは、ワクワクもありつつドキドキする内容でもあると思います。2人に何が起こるのかは映画で観ていただくとして、一生に1度あるかわからない情熱的な恋愛を本作で体感してください。

映画『Summer of 85』フェリックス・ルフェーヴル/バンジャマン・ヴォワザン

『Summer of 85』
2021年8月20日より全国公開
PG-12
フラッグ、クロックワークス
公式サイト

© 2020-MANDARIN PRODUCTION-FOZ-France 2 CINÉMA–PLAYTIME PRODUCTION-SCOPE PICTURES

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  2. 映画『ザ・タワー』
  3. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  4. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  5. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP