REVIEW

システム・クラッシャー【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『システム・クラッシャー』ヘレナ・ツェンゲル

REVIEW

母と離れて施設で暮らす9歳の女の子ベニーが主人公の本作は、各国の映画祭で多数のノミネートと受賞を誇るドイツの作品です。序盤では叫び、暴れまくるベニーの姿にまず圧倒させられます。同時に彼女にとっていかに母親という存在が大きいかが描かれていて、母親の愛への渇望と、幼い頃に受けたトラウマが、ベニーの感情の乱れに繋がっているのではないかという想像を掻き立てられます。
公式サイトによると、ベニーを演じたヘレナ・ツェンゲルは5歳で俳優デビューしたそうで、本作の迫力のある演技には驚かされます。誰にも手をつけられないようなベニーは、助けてあげたいという気持ちと同時に触れるのが怖いと思わせる部分もあり、複雑なキャラクターです。ヘレナ・ツェンゲルは複雑な性格でありがら愛おしさを感じさせるベニーのキャラクターを見事に演じています。そして、ミヒャ役のアルブレヒト・シュッフも印象に残る演技をしています。彼が演じる、一見クールでベニーとの距離を保とうとしながらも内面の優しさが漏れてしまう人間味溢れるミヒャのキャラクターも魅力的です。

ここからはあくまで私個人の解釈でネタバレを含みますので、鑑賞後にお読みください。

映画『システム・クラッシャー』ヘレナ・ツェンゲル/リザ・ハーグマイスター

本作を観ていると、ベニーに何が起こっているのか考えずにはいられません。優しい面も見せているのでただの性格ではないように見受けられます。ベニーは小さい頃に受けた行為によってトラウマがあり、母親がベニーを愛しているのは伝わってくるものの態度に一貫性がありません。また、きょうだいは母親と一緒に暮らしているのにベニーだけは一緒に暮らせていない状況などからも、ベニーは愛着障害なのではないかと考えられます。愛着理論の文脈で出てくる“ストレンジ・シチュエーション法”の母親のタイプの4つの型で考えると、ベニーの母親はもしかしたら「D無秩序・無方向型」なのかもしれません。ただ、愛着障害は親の育て方の問題よりも、子ども本人が愛情を注いでもらっている、しっかり関わってもらっていると感じているかが重要とされています。劇中でもベニーは母親に愛されていないと感じていることが伝わってくる点からも愛着障害なのではないかと考えられます。愛着障害については、心理学の過去の記事で取り上げていますので、よろしければ参考にお読みいただければと思います。

映画『システム・クラッシャー』ヘレナ・ツェンゲル

ベニーはかなり深刻な状況にあり、行き場がない様子を観ていると心苦しくなります。ただ、最後はどこか清々しさを残している点で救われます。ベニーの生き様にエンドロールの歌の歌詞も重なると、最後は不思議と前向きな気分になります。そんな点も本作の魅力ではないかと思います。

デート向き映画判定

映画『システム・クラッシャー』ヘレナ・ツェンゲル/アルブレヒト・シュッフ

映画としては良い意味で、観ているだけで気力と体力を消耗します。なので、デートの気分を味わっている感覚よりも、映画に没頭させられると思います。そういう点では1人でじっくり観るほうが向いているように思います。ただ、とても見応えがある点で映画好きのカップルなら、観終わった後にいろいろと話したくなるので一緒に観るのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定

映画『システム・クラッシャー』ヘレナ・ツェンゲル

皆さんはベニーの目線で観たり、周囲の子ども達の目線で観ることになりそうですね。大人とは違う、子どもなりの感じ方がきっとあると思います。頭ではなく感覚的なところでベニーに感情移入できるのではないでしょうか。もしベニーのような友達がいて、暴れているところしか見たことがなかったら、近寄りがたい存在でしかないかもしれません。でも、人それぞれにいろいろな背景があることを本作を観ると知ることができるかもしれません。

映画『システム・クラッシャー』ヘレナ・ツェンゲル

『システム・クラッシャー』
2024年4月27日より全国順次公開
クレプスキュール フィルム
公式サイト

© 2019 kineo Filmproduktion Peter Hartwig, Weydemann Bros. GmbH, Oma Inge Film UG (haftungsbeschränkt), ZDF

TEXT by Myson(武内三穂・認定心理士)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ 幸せのイタリアーノ【レビュー】

本作は、『パリ、嘘つきな恋』(2018)の舞台をイタリアに移したリメイク作品となっています。主人公のジャンニ(ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ)は…

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。特に個性が光る俳優としてどの俳優に投票が集まったのでしょうか?

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

REVIEW

  1. 映画『幸せのイタリアーノ』ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ/ミリアム・レオーネ
  2. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  3. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  4. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  5. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP