REVIEW

ザ・プロム

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『ザ・プロム』メリル・ストリープ/ニコール・キッドマン/ジェームズ・コーデン

大ヒット海外ドラマ『glee/グリー』をはじめ、多くのヒット作を生んできたプロデューサー、ライアン・マーフィーが手掛けるミュージカル映画。今回ライアン・マーフィーは製作だけでなく、自ら監督を務めています。メリル・ストリープ、ジェームズ・コーデン、ニコール・キッドマン、ケリー・ワシントンといった豪華俳優が揃う作品ですが、「『ザ・プロム』っていうタイトルなのに、なぜメインキャストが大人なの?」と思う人も多いですよね。物語の序盤にもニューヨークのブロードウェイが舞台のシーンがあって、「ここからどうやって、インディアナ州エッジウォーターのお話とどう繋がるんだろう?」と思ってしまうのですが、観てみると「なるほど」といった感じ。そこにショービズ界の人間の性(さが)と人間臭さを描くことで、いろいろな意味でクセの強いキャラクター達に一気に親近感を湧かせます。だからこそ、ブロードウェイのスター達が全く別の世界に入っていっても、同じ目線でストーリーが展開することに違和感がないのだなと思えます。一方で、ミュージカルシーンはしっかりブロードウェイ感を出して豪華に仕上げてあり、メリル・ストリープ、ジェームズ・コーデン、ニコール・キッドマンの歌唱力とパフォーマンス力によって見入ってしまいます。
そして、物語が田舎の高校に移ると、『glee/グリー』を彷彿とさせる世界観が広がります。学園内のヒエラルキーが描かれているのはもちろん、今回もマイノリティの声にフォーカスしていて、そこがドラマの中核を担っています。若者達のミュージカルシーンでは、彼等が抱える心情をリアルに歌い上げたバラードや、団体で魅せる圧巻のパフォーマンスもあり、大人達に負けない見応えのあるシーンとなっています。
まさか泣ける映画とは思わず観ていましたが、ラストはウルッときます。音楽でノリノリになり、ドラマにホロッときて、最後はとても温かい気持ちになれる作品です。Netflixオリジナル映画ですが、一部劇場でも公開されるので、劇場で観られる人はぜひ大きなスクリーンで観て欲しいです。

デート向き映画判定
Netflix映画『ザ・プロム』メリル・ストリープ/ジェームズ・コーデン

キラキラした世界観で描かれるキュートなストーリーなので、デートで観ると2人のムードも良くなるでしょう。ラブストーリーがベースにありますが、気まずいシーンはありません。周囲の人の反発を恐れて、大事なことをカミングアウトをしておらず、こっそりと付き合っているカップルには、自分達を客観視できる内容です。そんな状況のカップルは、今後の自分達の付き合い方を相談するきっかけに観るのも良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
Netflix映画『ザ・プロム』ニコール・キッドマン

日本ではプロムを行う文化はありませんが、本作の高校生達を自分達に置き換えて観ることはできます。もし差別によって、皆が平等に楽しいことを経験することができなかったら、皆さんはどう思うでしょうか。何となく周囲がそう言っているからそういうものだと、自分の思慮がないまま信じ込んでいることがあるかもしれないと気付かされるストーリーです。いろいろな立場になって考えるきっかけにできるので、自分だったらどんな行動をとるか考えながら観て欲しいと思います。

Netflix映画『ザ・プロム』メリル・ストリープ/ニコール・キッドマン/ジェームズ・コーデン/キーガン=マイケル・キー/アンドリュー・ラネルズ/ケリー・ワシントン/アリアナ・デボース/ジョー・エレン・ペルマン

『ザ・プロム』
2020年12月11日よりNetflixにて配信開始/12月4日より劇場公開
公式サイト

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』倍賞美津子 倍賞美津子【プロフィールと出演作一覧】

1946年11月22日生まれ。茨城県出身。1967年『純情二重奏』で…

映画『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー 『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』赤澤遼太郎さん&高橋健介さんインタビュー

『アキはハルとごはんを食べたい 2杯目!』の赤澤遼太郎さんと高橋健介さんにインタビューさせていただきました。お話中もお二人は和気あいあいとした雰囲気で、とても楽しいインタビューでした。

映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ 『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

映画『Iké Boys イケボーイズ』監督サイン入りTシャツ 1名様プレゼント

海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス ファーストレディ【レビュー】

ミシェル・オバマ、ベティ・フォード、エレノア・ルーズベルト、3人のファーストレディの半生を描く本作は、複数の時代を行き来しながら…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  2. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  3. 映画『蛇の道』柴咲コウ
  4. 映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン
  5. 海外ドラマ『ファーストレディ』ヴィオラ・デイヴィス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP