REVIEW

ドラキュラ/デメテル号最期の航海【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』

“ドラキュラ伯爵”の原点とされる、ブラム・ストーカーの小説「吸血鬼ドラキュラ」の中の”デメテル号船長の航海日誌(キャプテンズ・ログ)”を映画化したのが本作です。ロンドンへ向かう船の積み荷には、不吉な模様が描かれた木箱がありました。その木箱が船に載せられているのを知り乗船を拒んだ船員もいるなか、予定よりも早くロンドンに着けば多くの報酬をもらえると聞き、喜んで乗り込んだ者もいます。そんななか、航海に出てさっそくデメテル号の船内では不可解な出来事が次々と起こります。
観る前から”ドラキュラ”が出てくることはわかってはいるものの、最初は姿を隠していて、どういういきさつで登場するのかが読めない点でハラハラします。また、現代の私達にとっては”ドラキュラ”はお馴染みの吸血鬼であり、弱点も把握していますが、劇中の船員達にとっては未知の敵ということで、為す術を知らない彼等がどう対処するのか緊張感なしには観られません。さらに、ドラキュラの風貌も想像とは異なる点で、馴染みのあるドラキュラという存在とはいえ、とても新鮮に感じます。
大海原に浮かぶ逃げ場のない船上で、ひたすらドラキュラの恐怖に震えるというシンプルな内容でありつつ、状況が二転三転するなか、他者の命を救うか見捨てるかという究極の選択が何度も出てきます。ただの船員だけならもっとシンプルな判断になりそうなところを、たまたま今回乗り合わせた医師(コリー・ホーキンス)がいたり、船長が孫を乗せていたり、情や別の使命感で動く人物が含まれている点も物語の構成の巧さを感じます。ドラキュラの原点を真っ新な気持ちで観てみてはいかがでしょうか。

デート向き映画判定
映画『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』コーリー・ホーキンズ

現代の私達が数々の映画やドラマで観てきたドラキュラの中には、セクシーなキャラクターも含まれてはいたものの、本作のドラキュラはきっと皆さんの想像とは違うと思います。見た目という意味での正体も徐々に明かされていくので、「そういう感じ!?」というリアクションになるでしょう。とにかく、ロマンチックな要素のある吸血鬼ホラーではないという点を念頭に入れて、相手の許容範囲に収まるかどうか検討してください。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』リーアム・カニンガム

キッズも登場して活躍するものの、ドラキュラは大人にも子どもにも容赦がないので、キッズキャラを”ごまめ”感覚で観るのが難しく、安心感はありません。なので、逆にキッズは本作を観て、ドラキュラがもっと怖くなってしまうかもしれません。怖い話に興味を持ち始めるお年頃でチャレンジしたければ観るのもアリですが、怖いのがまだ苦手で寝る時などに思い出してしまうのが嫌な方は、もう少し免疫が付いてから観ると良いでしょう。

映画『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』コーリー・ホーキンズ/リーアム・カニンガム/デヴィッド・ダストマルチャン/アシュリン・フランチオージ/ハビエル・ボテット/ウディ・ノーマン

『ドラキュラ/デメテル号最期の航海』
2023年9月8日より全国公開
東宝東和
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2023 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

映画『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』福原遥 福原遥【プロフィールと出演作一覧】

1998年8月28日生まれ。埼玉県出身。 主な映画出演作に…

中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード 中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

中国ドラマ『玉骨遥』オリジナルQUOカード(500円分) 2名様プレゼント

映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース マッドマックス:フュリオサ【レビュー】

直感的におもしろいと感じられるので、わざわざ言語化、文章化せずに…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  2. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  3. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ
  4. 映画『マッドマックス:フュリオサ』アニャ・テイラー=ジョイ/クリス・ヘムズワース
  5. 海外ドラマ『SHOGUN 将軍』真田広之

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP