REVIEW

ウェルカム トゥ ダリ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ウェルカム トゥ ダリ』ベン・キングズレー/バルバラ・スコヴァ/アンドレア・ペジック

クスッと笑える冒頭シーンから序盤までは、ダリ(ベン・キングズレー)と妻のガラ(バルバラ・スコヴァ)の破天荒な暮らしぶりに驚かされながら、全般的には切ないラブストーリーといえます。アーティストとして生きるダリの成功と苦悩の裏には、妻ガラがいて、ガラの存在が支えでもあると同時に悩みの種でもあります。ダリのミューズであるガラは、マネージャーとしてもダリを支えますが、一方で若い歌手に大金を貢いでいます。ダリも若い美女を脇に置き、夫婦はお互いにやりたい放題でバランスを取っているように見えながら、それぞれに孤独を簡易的に埋めていて、特にダリにとってはガラでなければ埋められない部分が多いことが伝わってきます。ガラはガラで自分の存在意義を確かめているような節もあり、とても複雑な2人の関係が描かれています。
芸術家の創作活動がいかに過酷であるか、芸術家がいかに孤独であるかは、ダリに限らず、これまで制作されてきた他の画家の映画でも描かれてきました。本作は、ダリの妻ガラにも焦点を当てている点で、芸術家のパートナーの苦悩や孤独を浮き彫りにしています。ガラの散財ぶりにハラハラしながら、ふと吐露されるガラの本音を聞くと、彼女の気持ちもわからなくもありません。そして、現代に本作が作られたことで、ガラに対する共感も得られる時代になったのではないかと思える部分があります。ガラが貢いでいたのがお金という点では少し共感にハードルを感じる部分も否めないものの、ダリを影で支えてきたガラの手に残るものがお金しかなかっただけで、もしも違う時代に彼女が彼女自身の才能を別で発揮できることがあったなら、また違った存在の示し方をしたのかもしれません。
本作はジェームズ(クリストファー・ブライニー)という名の美しい青年の目を通して描かれていて、観る方によって感情移入する人物も変わるでしょう。さまざまな捉え方で楽しんでください。

デート向き映画判定
映画『ウェルカム トゥ ダリ』ベン・キングズレー/アンドレア・ペジック

気まずいほどではありませんが、セクシャルな話題も出てくるので、相手の反応が読めない初デートでは避けたほうが良いかもしれません。固い絆で結ばれつつも、歪な関係に陥っている夫婦の物語です。この関係で幸せなのかどうかは本人達にしかわかりませんが、1つの夫婦の在り方として参考にしつつ、自分達の人生観、恋愛観を見直すきっかけにしてはどうでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『ウェルカム トゥ ダリ』エズラ・ミラー

いろいろな経験をして、いろいろな人に出会って、恋愛も経験してから観たほうが、一層本作のストーリーに感情移入できると思います。また、ダリってどんな絵を描いた人なのか知った上で本作を観たほうが、一層楽しめるでしょう。美術に興味がある方はもちろん、クリエイター、アーティストを目指す方も観てみてください。

映画『ウェルカム トゥ ダリ』ベン・キングズレー/バルバラ・スコヴァ/クリストファー・ブライニー/エズラ・ミラー

『ウェルカム トゥ ダリ』
2023年9月1日より全国公開
PG-12
キノフィルムズ
公式サイト

ムビチケ購入はこちら

© 2022 SIR REEL LIMITED

TEXT by Myson

本ページの情報は2023年8月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP