REVIEW

大河への道

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦

日本地図を完成させたとして知られる伊能忠敬で有名な千葉県香取市の市役所で「伊能忠敬にまつわる大河ドラマを作ろう」という企画が持ち上がり、制作に向けて市の職員が奔走する物語。言葉通り、大河ドラマを作る過程を見るだけでもおもしろそうですが、「伊能忠敬は地図を完成させてない。だからドラマにはならない!」という事態の裏にある真相を描いている点で、本作は一層魅力的なストーリーとなっています。そして本作は、大河ドラマを作ろうとしている現代の人達の様子を映しているパート、伊能忠敬が地図を作っていないのなら裏で何が起きていたのかということを明かすパートの2軸で描かれていて、現代劇と時代劇の両方を楽しめます。
歴史の新たな発見を知る意味でもおもしろい内容ですが、すごく細かいところ、良い意味でどうでも良いところに軽くギャグが入っていたり、コミカルな作品なので、気楽に観て笑うという楽しみ方もできます。クライマックスには、“良い話”といえる要素がいくつか散りばめられていて、観る人それぞれに共感できるポイントが見つかると思います。歴史に名を残す偉人は大勢いますが、その周囲の人にもフォーカスしたストーリーは、新たな時代の到来、時代に伴い物事の観方が変化してきたことを象徴しているようにも見えます。伊能忠敬に興味があるかないかにかかわらず、観てみてください。

デート向き映画判定
映画『大河への道』中井貴⼀/北川景⼦

シンプルなお話で誰でも気楽に観られるので、歴史に詳しいかどうかもあまり気にせず観やすいと思います。そういう点でデートにも誘いやすいでしょう。歴史マニアの方は、ついつい講釈を垂れたくなると思いますが、自分だけがヒートアップしないよう、相手の様子を見ながら、テンションを合わせて話すようにすると良さそうです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ

歴史に詳しい方や今の子ども達は伊能忠敬が日本地図を完成させたのではないことを既に知っているかもしれません。でも、本作ではその裏で何が起こっていたのかという真相まで描いている(といってもあくまで1つの見解ではありますが)ので、新鮮な気持ちで観られるのではないでしょうか。チームワークの大切さも描かれているので、人間ドラマとしても純粋に楽しめます。

映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦

『大河への道』
2022年5月20日より全国公開
松竹
公式サイト

©2022「⼤河への道」フィルムパートナーズ

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ 『ネクスト・ゴール・ウィンズ』オリジナルトートバッグ 2名様プレゼント

映画『ウィッシュ』ポストイットパッド&ステッカーシート 3名様プレゼント

映画『翔んで埼玉 ~琵琶湖より愛をこめて~』二階堂ふみ 二階堂ふみ【プロフィールと出演作一覧】

1994年9月21日生まれ。沖縄県出身。役所広司初監督作『ガマの油』(2009)のヒロイン役で…

映画『落下の解剖学』ザンドラ・ヒュラー/ミロ・マシャド・グラネール 落下の解剖学【レビュー】

雪山の山荘で暮らす家族に、ある日突然悲劇が起きます。目が不自由な息子ダニエルは…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  2. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  3. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  4. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮
  5. 映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム

PRESENT

  1. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  2. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
  3. 映画『パリ・ブレスト 〜夢をかなえたスイーツ〜』リアド・ベライシュ
PAGE TOP