取材&インタビュー

ヴィム・ヴェンダース監督がトイレを舞台にした新作映画のヒントを明かす!?<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会

  • follow us in feedly
  • RSS
<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース(映画監督)、役所広司(俳優)、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター)

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース(映画監督)、役所広司(俳優)、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター)

世界的に活躍する16名の建築家やクリエイターがそれぞれの個性を発揮して、2020年から東京都渋谷区内17ヶ所の公共トイレを新たなデザインで改修するという<THE TOKYO TOILET プロジェクト>。このたび、ドイツ出身のヴィム・ヴェンダース監督が本プロジェクトの趣旨と社会的意義に賛同し、渋谷を舞台にした映画を撮影することが決定しました。2022年5月11日に本企画の記者発表会が行われ、ヴィム・ヴェンダース監督、俳優の役所広司をはじめ、安藤忠雄(建築家)、長谷部健(渋谷区長)、柳井康治(プロジェクトオーナー)、高崎卓馬(クリエイティブディレクター)らが登壇しました。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:柳井康治(プロジェクトオーナー)
柳井康治(プロジェクトオーナー)

まず、本企画の発案者でもある柳井康治は、発案当時を振り返り、「オリンピックのタイミングで海外からいろいろな方がやって来ることを想定していた時に、“東京は良い街だな”“日本は良い国だな”と思ってもらうためには、老若男女問わず誰もが行く場所がとても快適で心地良かったら、日本や東京の配慮が素敵に映るのではないかと思いました。特に渋谷区は国立競技場もあり、オリンピックのメインになることもわかっていたので、そういった場所で多くの方に体験いただきたいと思い、本プロジェクトを発案しました」と語りました。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:高崎卓馬(クリエイティブディレクター)
高崎卓馬(クリエイティブディレクター)

クリエイティブディレクターを務めた高崎卓馬は、「このプロジェクトが立ち上がり、実際にいくつかのトイレが完成してから、柳井さんにお声をかけていただきました。最初はできあがった素晴らしいトイレをどう管理し、維持していくのか、そのためには使う人の意識をどれだけポジティブなものにできるのかという意識変化ができないかと考えていました。2人でずっとアイデアを出し合っていくなかで、人の意識や価値観を変えるのはアートの力だという考えにたどり着き、アートの力を使ってこのプロジェクトにプラスになることをしたいと考えました。ディスカッションをしていくなかで今日ご紹介するヴィム・ヴェンダース監督の名前が挙がり、その瞬間に“これしかない”と思いました。それから監督宛に熱意を込めた手紙を書かせていただき、監督からクリスマス休暇前に“I’m in.”とお返事をいただいたことで、このプロジェクトが加速していきました」と、ヴィム・ヴェンダース監督起用の裏話を明かしました。さらに続けて、「監督とも相談し、日々トイレのメンテナンスをしている清掃員の方を主人公にしたアートフィルムを作ることを核に据えました。その清掃員の主人公は、日本を代表する俳優の役所広司さんにお願いすることを決めて、役所さんにも快諾いただきました。映画の内容はまだ決まっておらず、現在シナリオハンティングをしている最中なのですが、とてもポジティブな力が集まってプロジェクトが動いています」と語りました。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース監督、役所広司
ヴィム・ヴェンダース監督&役所広司

その後、ヴィム・ヴェンダース監督と役所広司が登場!ヴィム・ヴェンダース監督は「この場にいられること、素晴らしい勇敢な方々と席を連ねていることを大変光栄に思います。最初にお手紙をいただいた時は最高のクリスマスプレゼントだと思いました。東京にはしばらく来られなかったので早く行きたいと思いながら10年くらい経ってしまったのですが、こうして来日でき、この場にいられることにワクワクしています」と挨拶しました。役所広司は、「まずこの場に立てることを本当に幸せに思っています。柳井さんの発想から生まれた“THE TOKYO TOILET”を舞台にヴィム・ヴェンダース監督が映画を撮る。これだけ聞いてこの作品を断る俳優は恐らくいないと思います。今回は、これまでもヴェンダース監督がやられていた撮影の手法で映画を仕上げていくのだと思っています。ヴェンダース監督の作品に自分が参加できるとは、俳優になって40年頑張ってこの業界にしがみついていて良かったなと思います。素晴らしいご褒美をいただいたような気がします。何とかこの映画で世界中の観客に日本という国を紹介できたら良いなと思っています」とコメントしました。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース監督

続いて、「今回のアートプロジェクトではどんな作品を作ろうとお考えですか?」と問われると、監督は「これは僕にとっても大きなチャレンジになります。最初にオファーをいただいた時のリアクションは“え…!?トイレ?”というものでした(笑)。そこから魔法のようにこの企画が開かれたように感じました。僕が敬愛する建築家の方も関わっていて、そのお1人が安藤忠雄先生なわけですが、この企画に関わることで社会的に意義のあるもの、都市として意義のあるもの、街の中にある特別な場所に対して何かできること、そして役所広司さんという素晴らしい俳優と共に自由に物語を綴ることができるなんて…と、僕にとってどんどん素晴らしい企画になっていきました。トイレというのは英語では“restroom”と言い、“rest=休む場所”という意味を持っているのですが、自分の中ではトイレは休まる場所なんだと思いました。実際に今回の“THE TOKYO TOILET”を見せていただいた時に真の意味でこれは“休める空間”だと感じましたし、それについての物語を何章かに渡って綴りたいと考えました」と、これから製作する映画について明かしました。また、役所広司という俳優の魅力について問われると、監督は「役所さんの出演する作品を多く拝見していますが、どの作品でもすべて彼自身でありながら全く異なるキャラクターを演じているんです。初めて役所さんの作品を観たのは『Shall we ダンス?』か『バベル』だったと思いますが、すぐに役者さんとして好ましく思いました。実は僕は好きではない役者さんとは仕事ができないのですが、役所さんの場合は最初からすごく好きになりましたし、たとえ悪い刑事を演じていてもすごく良いなと僕は惹かれるので、なぜ僕がこんなに役所さんを好きなのかということを知るためにも一緒に仕事をしたいと思いました」と話しました。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:役所広司

本作の意気込みを聞かれた役所広司は、「まずは今回の作品で監督に嫌われないようにしたいと思います(笑)。先ほど楽屋でキャラクターの話を聞きました。トイレという場所を舞台に365日休まず、1日3回トイレの清掃をする男なのですが、とても美しい物語になる予感がしました。トイレという舞台からそこで働く人間、トイレを利用する人達を通して、日本人というものを理解してもらえる物語になるのかなと思います」と語りました。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:安藤忠雄(建築家)

そして、建築家の安藤忠雄は本プロジェクトについて、「最初に柳井さんとお会いした時に“何か意義のあることをしたい”と言われたので、“賛成”と言ったら“まだ何も言ってませんけど”と言われました(笑)。話を聞いているうちに、“渋谷の公衆トイレを作りたい”“美しいトイレを通して日本の美意識を世界に発信したい”と言われたので良いなと思いました」と明かしました。自身が手掛けたトイレについては、「我々が手掛けたトイレは円形なのですが、地球が美しくありたいと思うように、小さいトイレから美しい地球、美しい日本というものが見えると思い、設計させていただきました」とコメントしました。その他にもヴィム・ヴェンダース監督が安藤忠雄との出会いを語る場面や、監督になっていなかったら建築家になっていたかもしれないというエピソードも明かすなど、終始和やかな記者会見となりました。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>記者発表会:ヴィム・ヴェンダース監督、役所広司
監督が役所広司を撮影するポーズをとる場面

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>のトイレについては、会見前に1箇所だけ見学させていただいたのですが、一見トイレとは思えないくらいオシャレな建物で、実際の利用者も心地良く使用している様子でした。「こんなに立派でオシャレなトイレだと、いたずらをされないのかな?」と心配になりますが、清掃員の方が徹底して掃除をされていて、建築から2年経った現在も綺麗な状態を保っているそうです。今回見学したトイレも含め現在12箇所が完成しているそうなので、渋谷に行った際にはぜひ見つけてみてください。

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>トイレ見学
安藤忠雄、設計の公衆トイレ「あまやどり」
<THE TOKYO TOILETプロジェクト>トイレ見学
清掃の様子も見学しました

錚々たるメンバーが集まり、トイレにここまで情熱をかけ、映画まで製作されることに最初は驚きましたが、今回のお話を聞いていてトイレはとても可能性のある場所だと感じました。そんなトイレを舞台にした映画が一体どんな作品として完成するのか、楽しみに待ちましょう!

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>:
2022年5月11日取材 PHOTO&TEXT by Shamy

<THE TOKYO TOILETプロジェクト>
TTTプロジェクト(⽇本財団)特設サイト

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー 『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

映画『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア、ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン役)、フィン・ヴォルフハルト(マイク役)、ウィノナ・ライダー(ジョイス役)、ノア・シュナップ(ウィル役)他 ミリー・ボビー・ブラウン、ウィノナ・ライダーらお馴染みのメンバーが集結!『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン4は2部作となり、Vol.1が5月27日、Vol.2が7月1日よりNetflixにて配信開始!先日、NYにて本作のワールドプレミアが行われ、ミリー・ボビー・ブラウン、フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダーら豪華メンバーが集結しました。

映画『20歳のソウル』神尾楓珠 20歳のソウル

千葉県船橋市立船橋高等学校に代々受け継がれている応援曲“市船soul“を作曲した青年と、彼を取り巻く人々の実話が映画化された本作。前半は…

映画『選ばなかったみち』エル・ファニング エル・ファニング

1998年4月9日生まれ。アメリカ、ジョージア州出身。姉は俳優のダコタ・ファニング。2歳の時に…

映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち

これはクリーチャーが登場する映画が好きな方にとってはワクワクしてたまらないドキュメンタリー…

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トム・クルーズ

1962年7月3日アメリカ生まれ。『トップガン』『ザ・エージェント』『卒業白書』『マイノリティ・リポート』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』…

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』 チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ

“チップとデール”というキャラクターは知っていましたが、映像で観るのは本作が初めてで、観る前のイメージと…

映画『ナイトメア・アリー』ケイト・ブランシェット ケイト・ブランシェット

1969年5月14日オーストラリア、メルボルン生まれ。マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』(2004)と…

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  2. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  3. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  4. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  5. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  6. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  7. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  8. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  9. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  10. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
PAGE TOP