イイ俳優セレクション

松山ケンイチ(まつやま けんいち)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ロストケア』松山ケンイチ

1985年3月5日、青森県生まれ。「New Style Audition」でグランプリを受賞したのを機にモデルデビューし、2003年『アカルイミライ』で映画デビューを果たす。2005年『男たちの大和/YAMATO』で少年兵役を演じ、注目を浴びる。その後『デスノート』『デスノート the Last name』『デトロイト・メタル・シティ』などヒット作への出演が続きブレイク。2012年にはNHK大河ドラマ『平清盛』で主演を飾る。そのほか主な出演作に『カムイ外伝』『ノルウェイの森』『GANTZ』『GANTZ PERFECT ANSWER』『の・ようなもの のようなもの』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『アカルイミライ』『ウィニグ・パス』『NANA』『不良少年(ヤンキー)の夢』『男たちの大和/YAMATO』『デスノート』『デスノート the Last name』『蒼き狼~地果て海尽きるまで~』『神童』『ドルフィンブル−~フジ、もういちど宙へ~』『椿三十郎』『人のセックスを笑うな』『デトロイト・メタル・シティ』『L change the World』『ウルトラミラクルラブストーリー』『カムイ外伝』『カイジ 人生逆転ゲーム』『笑う警官』『誰かが私にキスをした』『ノルウェイの森』『GANTZ』『GANTZ PERFECT ANSWER』『マイ・バック・ページ』『うさぎドロップ』『僕達急行 A列車で行こう』『家路』『天の茶助』『珍遊記』『の・ようなもの のようなもの』『怒り』『聖の青春』『関ヶ原』『ユリゴコロ』『宮本から君へ』『ホテルローヤル』『ブレイブ ‐群青戦記-』『BLUE/ブルー』『ノイズ』『大河への道』『川っぺりムコリッタ』『ロストケア』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

すごくイケメンでも、個性的でもないのに、とにかく気になって仕方がない俳優さん。映画のなかで鬼気迫る演技を見せたかと思えば、舞台挨拶では青森訛りでマイペースに話す姿にほっこりさせられます。大河ドラマの主役からアニメやコミックの実写キャラクターまで、どんな役も自然体で演じられるのが彼の最大の魅力。“カメレオン俳優”なんて呼ばれたりもしていますが、まさにその通りだと思います。これから、どんな演技を見せてくれるのか楽しみで仕方がありません!

Recommended by min

出演作を観てみよう!

『ロストケア』
2023年3月24日より全国公開

映画『ロストケア』松山ケンイチ/長澤まさみ

『川っぺりムコリッタ』
2022年9月16日より全国公開

映画『川っぺりムコリッタ』松山ケンイチ/ムロツヨシ/満島ひかり/吉岡秀隆

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『アカルイミライ』

『男たちの大和/YAMATO』

『デスノート』

『神童』

『人のセックスを笑うな』

『デトロイト・メタル・シティ』

『L change the World』

『カムイ外伝』

『笑う警官』

『ノルウェイの森』

『GANTZ』

『GANTZ PERFECT ANSWER』

『マイ・バック・ページ』

『うさぎドロップ』

『僕達急行 A列車で行こう』

『家路』

『天の茶助』

『珍遊記』

『の・ようなもの のようなもの』

『怒り』

『聖の青春』

『関ヶ原』

『ユリゴコロ』

『宮本から君へ』

『ホテルローヤル』

『ブレイブ ‐群青戦記-』

『BLUE/ブルー』

『ノイズ』

『大河への道』

©2010「ノルウェイの森」村上春樹/アスミック・エース、フジテレビジョン
©2011うさぎドロップ製作委員会
©2012『僕達急行』製作委員会
©2014『家路』製作委員会
©2015『天の茶助』製作委員会
©漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会
©2016映画「怒り」製作委員会
©2016「聖の青春」製作委員会
©2017「関ヶ原」製作委員
©沼田まほかる/双葉社 ©2017「ユリゴコロ」製作委員会
© 2019「宮本から君へ」製作委員会
©桜木紫乃/集英社 ©2020映画「ホテルローヤル」製作委員会
©2021「ブレイブ -群青戦記-」製作委員会 ©笠原真樹/集英社
©2021『BLUE/ブルー』製作委員会
©筒井哲也/集英社 ©2022映画「ノイズ」製作委員会
© 2021「川っぺりムコリッタ」製作委員会
©2023「ロストケア」製作委員会

関連記事

from 2012/12/10

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ プリシラ【レビュー】

REVIEWソフィア・コッポラ監督は、1985年に出版されたプリシラ・プレスリー著「私のエ…

映画『毒親<ドクチン>』チャン・ソヒ/カン・アンナ 絆を生むのか、壊すのか【家族のヒミツ】特集

強いインパクトを放つ家族の物語を描いた作品が続々と公開されるのにちなんで、今回は家族の秘密が鍵となる作品をご紹介します。

海外ドラマ『グレイズ・アナトミー シーズン19』スコット・スピードマン スコット・スピードマン【プロフィールと出演作一覧】

1975年9月1日生まれ。イギリス、ロンドン出身。 主な出演作に…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『ザ・タワー』
  2. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン
  3. 映画『プリシラ』ケイリー・スピーニー/ジェイコブ・エロルディ
  4. 映画『オーメン:ザ・ファースト』ネル・タイガー・フリー
  5. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP