REVIEW

トルーマン・カポーティ 真実のテープ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ

天才作家トルーマン・カポーティの半生を振り返るドキュメンタリー。映画『ティファニーで朝食を』『冷血』などの原作者として、また「冷血」を書き上げるまでを描いた、フィリップ・シーモア・ホフマン主演の映画『カポーティ』で彼を知った映画ファンも多いのではないでしょうか。
本ドキュメンタリーでは、彼の養女や友人、セレブ界に詳しい人物などが、あらゆる角度で彼について語っていて、彼の陰と陽の激しいコントラストが浮かび上がってきます。カポーティは、20世紀最高のパーティとして伝説となっている“黒と白の舞踏会”を主催したり、その突出したセンスの良さでファッションやアートの分野にも大きな影響を与えてきました。一方で、未完の小説「叶えられた祈り」の裏側で何が起こっていたかにフォーカスされると、不遇な人生を送ってきたカポーティが、華々しい社交界でたくさんのセレブに囲まれながら、実際はとても孤独で愛に飢えていた様子が伝わってきます。最終的に「叶えられた祈り」の一部を発表したことでセレブ界の多くの友人を失うのですが、他者から見て、成功に見えること、喜ばしいことがあっても、何も彼を満たすことができず、自分を絶対に裏切らない何かを探し続けるために、無謀なことに敢えて身を投じていたのかもしれないと、本作を観ていて感じました。だからこそ自虐的で、それが堂々たる態度として功を奏することもあれば、いきすぎて人を傷つけることになったのだと思いますが、いずれにしてもそれが彼の魅力を一層引き立てるものになっているのに、彼自身は愛として受け取れない点で、皮肉な運命に切なくなります。とにかく本作を観ると、もっとトルーマン・カポーティを知りたくなりますよ。

デート向き映画判定
映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ

ロマンチックなムードになる要素はありませんが、カルチャーや社交界の話題など誰でも興味を持って観られる要素があります。小説が好きなカップルなら特に歴史に名を残す文豪の素顔を描いた本作を観ると、鑑賞後の会話でも盛り上がれるのではないでしょうか。トルーマン・カポーティのことをよく知らなくても、『ティファニーで朝食を』の原作者のドキュメンタリーというと、誘った相手も興味を持ってくれそうですよね。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ

トルーマン・カポーティのことを知らずに観ても、本作がきっかけで彼に興味を持つこともありそうですが、ある程度社会的背景や文化的な話題が頭に入っていたほうが興味が増すので、高校生、大学生以上向けかなと思います。人の心理についていろいろと考えさせられるところも魅力の一つなので、自分のアイデンティティについて考え始めるお年頃になると、より感情移入できるのではないでしょうか。

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ

『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』
2020年11月6日より全国順次公開
ミモザフィルムズ
公式サイト

© 2019, Hatch House Media Ltd.

TEXT by Myson


合わせて観たい関連作

『ティファニーで朝食を』

ティファニーで朝食を (字幕版)

『冷血』

冷血 (字幕版)

『カポーティ』

カポーティ コレクターズ・エディション [DVD]

『名探偵登場』

トルーマン・カポーティが出演。

名探偵登場 (字幕版)

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス マンティコア 怪物【レビュー】

何とも見事なストーリー!本作は、マンティコアという神話上の生き物をテーマに用いて…

映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン リバウンド【レビュー】

なんて素敵な映画なんでしょう!もう、笑ったりウルウルしたり忙しく、観終わった後は…

映画『陰陽師0』山﨑賢人 陰陽師0【レビュー】

陰陽師、安倍晴明の映画は以前にも作られていたのでそのイメージは強く残りながら観たものの、本作はまったく新しい…

映画『ザ・タワー』 ザ・タワー【レビュー】

これまでも建物内を舞台に、孤立無援となり生存が困難になった世界を描いた作品は…

中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン 中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

中国ドラマ『消せない初恋』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン 三体【レビュー】

“三体”ってどういうことなのか、タイトルだけ見ても想像がつきませんね。でも…

映画『52ヘルツのクジラたち』余貴美子 余貴美子【プロフィールと出演作一覧】

1956年5月12日生まれ。神奈川県出身。『あ、春』(1998)と『学校Ⅲ』(1998)で、日本ア…

映画『東京リベンジャーズ』吉沢亮/山田裕貴 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】6〜ヤンキー映画の話

“東京リベンジャーズ”“今日から俺は!!”“ROOKIES”など、ヤンキー映画の魅力って何だろねって話から、中学生時代の映画鑑賞について話しています。

映画『ゴジラ-1.0』 傾向が似ている映画は?2023年の邦画人気作の相関分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖17

今回は、2023年邦画ベストの投票で得たデータをもとに、映画鑑賞頻度と作品の相関分析、作品同士の相関分析を行いました。

映画『不死身ラヴァーズ』見上愛 『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『不死身ラヴァーズ』監督登壇!トークイベント付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

REVIEW

  1. 映画『マンティコア 怪物』ナチョ・サンチェス
  2. 映画『リバウンド』アン・ジェホン/イ・シニョン/チョン・ジヌン(2AM)/チョン・ゴンジュ/キム・テク/キム・ミン
  3. 映画『陰陽師0』山﨑賢人
  4. 映画『ザ・タワー』
  5. 海外ドラマ『三体』リーアム・カニンガム/ジェス・ホン

PRESENT

  1. 中国ドラマ『消せない初恋』ヤン・ヤン/ワン・チューラン
  2. 映画『不死身ラヴァーズ』見上愛
  3. ドラマ特区『ゴーストヤンキー』
PAGE TOP