REVIEW

私ときどきレッサーパンダ【レビュー】

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『私ときどきレッサーパンダ』

ディズニー&ピクサー作品にはいろいろな国の文化の特徴を活かした作品が増えてきて楽しいですね。本作の舞台は1990年代のカナダ・トロントのチャイナタウン、主人公は中国系の13歳の女の子メイです。両親を敬うという伝統に忠実に従い、特に母親の期待に応えようと一生懸命なメイは、何事も真面目に取り組んでいます。友達の誘いも泣く泣く断り、家の手伝いを欠かさないメイでしたが、ある日なぜか突然レッサーパンダに変身してしまいます。メイは最初レッサーパンダに変身して困惑していましたが、やがて家族に伝わる秘密を知り、大きな選択を迫られることになります。
時々レッサーパンダになってしまう困った状況をどうにかするというお話なのかと思いきや、今まで抑えてきた“もう1人の自分”と向き合う機会に、それを受け止めるか手放すかを問う物語というところで見応えがあります。そして、だんだん親より友達を優先して自立し始める13歳という設定はすごく説得力があります。本作はメイと親友達との友情物語が軸にあり、家族も友達も大切にしたいのにどちらかを選ばなければいけないような状況で葛藤する切ない展開があります。この一連のくだりで私も高校生の頃に親友達と経験した似たような出来事を思い出し、すごく懐かしく思いました。私はメイの立場ではなく友達側の経験をしましたが、親が嫌いで反抗するのではなく、親も大事だけど自分達の意志を貫き通したいという意地みたいなものを勇気を出して親や大人達にぶつけたあの感覚は今でも忘れられません。本作には、そんな勇気を振り絞って行動した先には、お互いにもっと分かり合えるということが描かれていて、今子どもの皆さんも、もう大人になった皆さんもどちらも共感できるはずです。
レッサーパンダのモフモフ感や、メイの家の食卓に出てくる美味しそうな飲茶、そして友情、家族愛に溢れたストーリーは、観ていて本当に気持ちが良いです。飲茶といえば、本作のドミー・シー監督が第91回アカデミー賞®でアジア系女性として初めて短編アニメーション賞を受賞したピクサーの短編アニメーション『バオ』もぜひチェックしてみてください。

デート向き映画判定
映画『私ときどきレッサーパンダ』

恋愛感情の芽生えについて話題に出てきますが、初々しくて微笑ましく、気まずい要素はありません。思春期の子達のピュアな反応にもホッコリできるし、人の優しさに溢れたストーリーなので、デートのムードも和やかになるでしょう。観終わったら自分達の家族の話をしたくなると思うので、パートナーを家族に会わせたい方は本作鑑賞をきっかけに切り出してみてはいかがでしょうか。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『私ときどきレッサーパンダ』

小学校高学年以上の皆さんはメイ達の奮闘を等身大で観られると思います。子どもの成長を嬉しく思いながらも、心配になる親の姿も客観視できるので、どうやったら親の気持ちを汲みつつ自分の気持ちを伝えられるのか、参考にしてみるのも良いでしょう。友達と観ると友情が深まりそうですし、親子で観ても絆が深まりそうです。

映画『私ときどきレッサーパンダ』

『私ときどきレッサーパンダ』
2022年3月11日よりディズニープラスにて配信中
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

© 2022 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『蛇の道』柴咲コウ 蛇の道【レビュー】

本作は1998年に劇場公開された黒沢清監督の同名作品を、フランスを舞台にセルフリメイクした作品…

映画『オールド・フォックス 11歳の選択』バイ・ルンイン/リウ・グァンティン オールド・フォックス 11歳の選択【レビュー】

2023年に引退を表明したホウ・シャオシェンの最後のプロデュース作品といわれる本作は…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

REVIEW

  1. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  2. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  3. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  4. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス
  5. 映画『蛇の道』柴咲コウ

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP