REVIEW

47歳 人生のステータス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/オースティン・エイブラムス

個人的にむちゃくちゃ刺さりました〜。ベン・スティラーが演じた主人公ブラッドの気持ち、オースティン・エイブラムスが演じた息子トロイの言葉、その両方を私もこれまでに何度も感じたことがあります。若かりし頃に抱いていた理想は、大人になるとどんどん現実という結果となって自分の前に突きつけられます。最初は仕事の意義や意味に重きを置いていられたとしても、いろいろな経験を積んでいくと、それだけいろいろなことを考えてしまうようになります。これは誰にでもあることで、大人になるといつかは自分がやっていることに疑問や不安を抱いてしまう時期があると思います。そして、隣の芝生は青く見えて勝手に劣等感や敗北感を覚えてしまう。主人公のブラッドはまさにその状態です。本作には、大人が観てドキッとするくらい、子ども達、若者達は大人の汚い一面、みっともない一面を見ていて、一瞬にして尊敬は軽蔑に変わる様子も描かれています。私も身に覚えがありますが(苦笑)、いろいろな方にみっともない姿をたくさん見せてしまったなと、本作を観ていて辛くなりました。でも、この物語はそれだけで終わらないから素敵なのです。
彼が最終的にどうなるのかは本編でご覧いただくとして、私にはクライマックスのシーンで放たれるトロイの言葉にすべてが集約されているように感じました。私自身もトロイと同じ年頃に全く同じことを考えたことがあって、あの時あの価値観が持てたからこそ今までなんとか持ちこたえてこられたと思っています。だから、本作を観て改めて大切なことを思い出させてもらい、心にズシ〜ンときました。本作に登場する若者達の考え、大人のブラッドの考え、それぞれに頷けるものがあり、自分の人生を見つめ直すきっかけを与えてくれる作品です。若い方は自分の将来像に思いを巡らせることができるし、大人は疲れた心を癒されるので、幅広い層に観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/ジェナ・フィッシャー

ブラッドの精神状態がかなり不安定で、彼の頭の中、心の中は乱れています。そんなブラッドの複雑な思いが独白となって飛び交うなかで夫婦関係にも話題が及ぶので、カップルで観ると微妙な空気が流れる時があるかもしれません(苦笑)。自分自身をじっくり振り返るのにオススメの作品なので、どちらかというと1人で観るほうが向いていると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/マイケル・シーン

親に対する子どもの視線、若者が世の中の大人を見る視線がリアルに描かれていて、特にティーンの皆さんは主人公の息子のトロイに共感すると思います。本作を観ると、大人って大変だなと思ってしまうかもしれませんが、今は大人の気持ちや事情をわかろうとしなくても良いと思います。大人になれば嫌でもブラッドの気持ちはわかるはずなので、今は素直に感じる気持ちを大事にして、大人になっても忘れないでください。

映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/オースティン・エイブラムス

『47歳 人生のステータス』
2021年6月11日よりMIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXTにてオンライン上映
STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト

© 2017 Amazon Content Services LLC and Kimmel Distribution LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  2. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
  3. 映画『赤羽骨子のボディガード』ラウール
PAGE TOP