REVIEW

47歳 人生のステータス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/オースティン・エイブラムス

個人的にむちゃくちゃ刺さりました〜。ベン・スティラーが演じた主人公ブラッドの気持ち、オースティン・エイブラムスが演じた息子トロイの言葉、その両方を私もこれまでに何度も感じたことがあります。若かりし頃に抱いていた理想は、大人になるとどんどん現実という結果となって自分の前に突きつけられます。最初は仕事の意義や意味に重きを置いていられたとしても、いろいろな経験を積んでいくと、それだけいろいろなことを考えてしまうようになります。これは誰にでもあることで、大人になるといつかは自分がやっていることに疑問や不安を抱いてしまう時期があると思います。そして、隣の芝生は青く見えて勝手に劣等感や敗北感を覚えてしまう。主人公のブラッドはまさにその状態です。本作には、大人が観てドキッとするくらい、子ども達、若者達は大人の汚い一面、みっともない一面を見ていて、一瞬にして尊敬は軽蔑に変わる様子も描かれています。私も身に覚えがありますが(苦笑)、いろいろな方にみっともない姿をたくさん見せてしまったなと、本作を観ていて辛くなりました。でも、この物語はそれだけで終わらないから素敵なのです。
彼が最終的にどうなるのかは本編でご覧いただくとして、私にはクライマックスのシーンで放たれるトロイの言葉にすべてが集約されているように感じました。私自身もトロイと同じ年頃に全く同じことを考えたことがあって、あの時あの価値観が持てたからこそ今までなんとか持ちこたえてこられたと思っています。だから、本作を観て改めて大切なことを思い出させてもらい、心にズシ〜ンときました。本作に登場する若者達の考え、大人のブラッドの考え、それぞれに頷けるものがあり、自分の人生を見つめ直すきっかけを与えてくれる作品です。若い方は自分の将来像に思いを巡らせることができるし、大人は疲れた心を癒されるので、幅広い層に観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/ジェナ・フィッシャー

ブラッドの精神状態がかなり不安定で、彼の頭の中、心の中は乱れています。そんなブラッドの複雑な思いが独白となって飛び交うなかで夫婦関係にも話題が及ぶので、カップルで観ると微妙な空気が流れる時があるかもしれません(苦笑)。自分自身をじっくり振り返るのにオススメの作品なので、どちらかというと1人で観るほうが向いていると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/マイケル・シーン

親に対する子どもの視線、若者が世の中の大人を見る視線がリアルに描かれていて、特にティーンの皆さんは主人公の息子のトロイに共感すると思います。本作を観ると、大人って大変だなと思ってしまうかもしれませんが、今は大人の気持ちや事情をわかろうとしなくても良いと思います。大人になれば嫌でもブラッドの気持ちはわかるはずなので、今は素直に感じる気持ちを大事にして、大人になっても忘れないでください。

映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/オースティン・エイブラムス

『47歳 人生のステータス』
2021年6月11日よりMIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXTにてオンライン上映
STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト

© 2017 Amazon Content Services LLC and Kimmel Distribution LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『あの夏のルカ』オリジナルノート&色鉛筆 『あの夏のルカ』オリジナルノートブック×色鉛筆セット 2名様プレゼント

映画『あの夏のルカ』オリジナルノートブック×色鉛筆セット 2名様プレゼント

Huluオリジナル『悪魔とラブソング』浅川梨奈さん&飯島寛騎さんインタビュー Huluオリジナル『悪魔とラブソング』浅川梨奈さん&飯島寛騎さんインタビュー

この度、桃森ミヨシ作「悪魔とラブソング」がオンライン動画配信サービスHuluにて実写ドラマ化されました。今回はW主演の浅川梨奈さんと飯島寛騎さんにインタビュー。悩み多き高校生達の葛藤を描いた本作に出演したお2人は高校生時代どんな風だったのか、今の中高生に向けて伝えたいことを聞いてみました。

映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』山﨑賢人/清原果耶 夏への扉 ―キミのいる未来へ―

例のごとく前情報を入れずに観たので原作のことは知らずに観ましたが、どこか洋画っぽいなと思ったら…

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ『ワンダヴィジョン』エリザベス・オルセン エリザベス・オルセン

1989年2月16日アメリカ、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。幼少期に2人の姉アシュレー・オルセンと…

映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン 心理学から観る映画31:気付かれづらい虐待【代理ミュンヒハウゼン症候群】

皆さんは、ミュンヒハウゼン症候群という言葉を聞いたことはありますか?これは、身体的または心理的な徴候や症状をねつ造したり…

映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』ジョージ・マッケイ トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング

本作を観ると、何が善で何が悪なのかを考えさせられます。真っ当に生きようとしても…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロブ・リグル ロブ・リグル

1970年4月21日アメリカ、ケンタッキー州ルイビル生まれ。元米海兵隊予備役で、現在は俳優…

映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀 リカ ~自称28歳の純愛モンスター~

思った以上にホラー感が満載で想像以上の…

映画『いとみち』横浜聡子監督&藪野麻矢さん(衣装担当)インタビュー 『いとみち』横浜聡子監督&藪野麻矢さん(衣装担当)インタビュー

青森県を舞台にした『いとみち』の横浜聡子監督と、衣装担当の藪野麻矢さんにインタビュー。本作では衣装も見どころの1つで衣装作りの過程や、お2人のお仕事現場で女性として働くことについてもお聞きしました

映画『グリード ファストファッション帝国の真実』スティーヴ・クーガン グリード ファストファッション帝国の真実

日本でも多くのファストファッション・ブランドの店があり、私達は安価に良質な洋服を買うことができます。でもそれと引き替えに…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

REVIEW

  1. 映画『夏への扉 ―キミのいる未来へ―』山﨑賢人/清原果耶
  2. 映画『トゥルー・ヒストリー・オブ・ザ・ケリー・ギャング』ジョージ・マッケイ
  3. 映画『リカ ~自称28歳の純愛モンスター~』高岡早紀
  4. 映画『グリード ファストファッション帝国の真実』スティーヴ・クーガン
  5. 映画『ももいろそらを』池田愛
  6. 映画『RUN/ラン』サラ・ポールソン/キーラ・アレン
    RUN/ラン

  7. 映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』岡田准一/木村文乃/平手友梨奈/安藤政信/黒瀬純/好井まさお/橋本マナミ/宮川大輔/山本美月/佐藤二朗/井之脇海/安田顕/佐藤浩市/堤真一
  8. 映画『クワイエット・プレイス 破られた沈黙』エミリー・ブラント/ノア・ジュプ
  9. 映画『逃げた女』キム・ミニ/ソン・ソンミ
    逃げた女

  10. 映画『漁港の肉子ちゃん』
PAGE TOP