REVIEW

47歳 人生のステータス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/オースティン・エイブラムス

個人的にむちゃくちゃ刺さりました〜。ベン・スティラーが演じた主人公ブラッドの気持ち、オースティン・エイブラムスが演じた息子トロイの言葉、その両方を私もこれまでに何度も感じたことがあります。若かりし頃に抱いていた理想は、大人になるとどんどん現実という結果となって自分の前に突きつけられます。最初は仕事の意義や意味に重きを置いていられたとしても、いろいろな経験を積んでいくと、それだけいろいろなことを考えてしまうようになります。これは誰にでもあることで、大人になるといつかは自分がやっていることに疑問や不安を抱いてしまう時期があると思います。そして、隣の芝生は青く見えて勝手に劣等感や敗北感を覚えてしまう。主人公のブラッドはまさにその状態です。本作には、大人が観てドキッとするくらい、子ども達、若者達は大人の汚い一面、みっともない一面を見ていて、一瞬にして尊敬は軽蔑に変わる様子も描かれています。私も身に覚えがありますが(苦笑)、いろいろな方にみっともない姿をたくさん見せてしまったなと、本作を観ていて辛くなりました。でも、この物語はそれだけで終わらないから素敵なのです。
彼が最終的にどうなるのかは本編でご覧いただくとして、私にはクライマックスのシーンで放たれるトロイの言葉にすべてが集約されているように感じました。私自身もトロイと同じ年頃に全く同じことを考えたことがあって、あの時あの価値観が持てたからこそ今までなんとか持ちこたえてこられたと思っています。だから、本作を観て改めて大切なことを思い出させてもらい、心にズシ〜ンときました。本作に登場する若者達の考え、大人のブラッドの考え、それぞれに頷けるものがあり、自分の人生を見つめ直すきっかけを与えてくれる作品です。若い方は自分の将来像に思いを巡らせることができるし、大人は疲れた心を癒されるので、幅広い層に観て欲しいです。

デート向き映画判定
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/ジェナ・フィッシャー

ブラッドの精神状態がかなり不安定で、彼の頭の中、心の中は乱れています。そんなブラッドの複雑な思いが独白となって飛び交うなかで夫婦関係にも話題が及ぶので、カップルで観ると微妙な空気が流れる時があるかもしれません(苦笑)。自分自身をじっくり振り返るのにオススメの作品なので、どちらかというと1人で観るほうが向いていると思います。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/マイケル・シーン

親に対する子どもの視線、若者が世の中の大人を見る視線がリアルに描かれていて、特にティーンの皆さんは主人公の息子のトロイに共感すると思います。本作を観ると、大人って大変だなと思ってしまうかもしれませんが、今は大人の気持ちや事情をわかろうとしなくても良いと思います。大人になれば嫌でもブラッドの気持ちはわかるはずなので、今は素直に感じる気持ちを大事にして、大人になっても忘れないでください。

映画『47歳 人生のステータス』ベン・スティラー/オースティン・エイブラムス

『47歳 人生のステータス』
2021年6月11日よりMIRAIL(ミレール)、Amazon Prime Video、U-NEXTにてオンライン上映
STAR CHANNEL MOVIES
公式サイト

© 2017 Amazon Content Services LLC and Kimmel Distribution LLC

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

映画『PLAN 75』倍賞千恵子 倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>『勝負をつけろ』 <ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

<ジャン=ポール・ベルモンド傑作選3>チケットプレゼント 3組6名様ご招待

映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ セイント・フランシス

34歳で独身のブリジットは、子どもを持つ友達の存在や親からのプレッシャーを…

映画『ゴーストブック おばけずかん』新垣結衣 新垣結衣(あらがき ゆい)

1988年6月11日生まれ。沖縄県出身。主な映画出演作に『恋空』『ミックス。』『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』などがあり…

映画『ストーリ・オブ・マイ・ワイフ』レア・セドゥ/ハイス・ナバー 映画に隠された恋愛哲学とヒント集67:「結婚に愛は不要」は通じない!?

始まりに愛は不要、でも結婚を続けるには…

Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング グレイマン

ライアン・ゴズリングとクリス・エヴァンスが共演する本作は、マーク・グリーニーの人気小説「暗殺者グレイマン」を原作に…

映画『L.A.コールドケース』フォレスト・ウィテカー フォレスト・ウィテカー

1961年7月15日アメリカ、テキサス州生まれ。テレビや舞台での活躍を経て1982年に映画デビュー。1988年に…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』来日記者会見、ディワンダ・ワイズ ディワンダ・ワイズ

1984年5月30日アメリカ、メリーランド州出身。2022年公開の映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』では…

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  2. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  3. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  4. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  5. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  6. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  7. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
  8. 映画『TANG タング』二宮和也
  9. 映画『L.A.コールドケース』ジョニー・デップ
  10. 映画『長崎の郵便配達』イザベル・タウンゼンド
PAGE TOP