取材&インタビュー

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー

2016年に初の長編映画『カネと詐欺師と男と女』を手掛け、 全米の映画祭を中心に16の賞を受賞したマーティン・ロセテ監督。最新作『43年後のアイ・ラヴ・ユー』では、43年越しに再会する男女のラブストーリーを描き上げました。今回のリモートインタビューでは、本作の軸となる愛の物語や、主演のブルース・ダーンとの仕事について伺いました。

<PROFILE>
マーティン・ロセテ:監督、脚本
1980年4月21日スペイン、マドリード生まれ。 スペインとキューバ共和国でオーディオ・ビジュアル・コミュニケーションと演出を学び、 奨学金を得てニューヨークフィルムアカデミーで映画の演出を学ぶ。 2002年から短編映画を撮り始め、4作目となる短編映画“Voice Over(原題)”(11)でゴヤ賞短編映画賞のノミネートをはじめ、世界中で100を超える賞に受賞&ノミネートされ、トライベッカ映画祭やサン・セバスチャン国際映画祭などのオフィシャルセレクション作品にも選出された。2016年には初めての長編映画『カネと詐欺師と男と女』を手掛け、 全米の映画祭を中心に16の賞を受賞した。

初恋は「誰かのために自分は何でもできるんだ」と思わせてくれる初めての体験

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル

シャミ:
本作の資料に「本作のアイデアを聞いた時は特別な何かを感じた。努力して作り上げるに値する、素晴らしい映画になると確信できた」とあったのですが、最初にこの企画で最も惹かれたのはどんな部分だったのでしょうか?

マーティン・ロセテ監督:
まず、すごいラブストーリーだと感じました。愛の力についての映画で、その物語を綴りたいと思いました。これは生涯をかけた愛ですよね。ずっと抱き続けていた永遠の愛という部分がすごく魅力的でした。最初本を読んだ時は深く感動して、泣いてしまったんです。また、声を出して笑ってしまったところもあり、それを考えるとこれは僕が作るべきだと思いました。

シャミ:
そのくらい感動された作品を実際にご自身で手掛ける上で気を付けた点や大切にしていた部分などはありますか?

マーティン・ロセテ監督:
やはりトピックがアルツハイマーなので、本当に大きなチャレンジでした。ロマンティックコメディでありながら、アルツハイマーという要素があるので、笑いをとるために踏み込んではいけないし、とにかく特別なリスペクトを持って気を付けて描きたいと思いました。実際のアルツハイマーの方や、そのご家族が決して失礼に感じないものにすること、だけどユーモアのある楽しい作品にしたかったんです。そして、僕にとっては最初から最後までラブストーリーだと感じたので、そこをしっかり守って描くことを大事にしていました。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン

シャミ:
監督のおっしゃる通り、アルツハイマーというテーマとロマンティックコメディのバランスがすごく良くて、最後まで楽しく観させていただきました。本作では、クロードの初恋の物語がメインにありつつ、娘セルマの夫婦関係や、孫タニアの恋愛も描かれていて、さまざまな恋愛模様が見られました。監督としては、本作の恋愛物語を通して1番伝えたかったのはどんな点でしょうか?

マーティン・ロセテ監督:
特にクロードと孫のタニアの物語はパラレルなんです。だからこそ2人の関係性を描くことも大事にしていました。この物語では、タニアも大きく変化していくんです。最初は少し距離を置いているというか、「真実の愛なんて」と思っていて、ちょっと猜疑心を持っているんです。一方でおじいちゃんのクロードは、自分の愛した女性に近づくためにクレイジーなことをしでかしてしまうわけですよね。クロードが最初にリリィに惚れた時はタニアくらいの年齢だったわけですし、タニアがおじいちゃんの姿を見ることで、真実の愛があるんだと感じるようになり、そして自分の恋愛も叶えることができるというストーリーになっているんです。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』

シャミ:
ブルース・ダーンさんの自然な演技がクロード役にとてもマッチしていました。監督からブルース・ダーンさんに対してこうして欲しいなど演出された部分はありますか?逆にブルース・ダーンさんから提案されたことなどもあれば教えてください。

マーティン・ロセテ監督:
今回の撮影はリハーサルをしなかったんです。というのも、ブルースはリハーサルを信じていないので、やらないんです。常にその場にいて演じるタイプの役者さんで、アドリブもたくさんしていました。例えば、ジョークのあるシーンを8テイク撮ると、8回全部違うジョークを言うんです。

シャミ:
すごい!!

マーティン・ロセテ監督:
だから相手も常にサプライズがあって嬉しそうでした。僕としてもたくさんの可能性があるので最高でした。でも、事前にキャラクターについてはかなり話し合いました。元々の脚本だとクロードはもっと優しいキャラクターだったんですが、それを気難しい頑固じじいというか、ちょっとクレーマータイプのキャラクターにしたのは、実はブルースなんです。親友と一緒にああだこうだ文句を言っている時と、初恋の女性リリィと一緒にいる時との対比が出てすごくおもしろくなるんじゃないかと思って、「それでいこう」となりました。おかげで作品がさらに良くなったと思います。

シャミ:
クロードのリリィに対する強い思いや、積極的な姿勢は見ていてすごく爽快でした。もし監督ご自身がクロードの立場だったら、リリィにアプローチされますか?

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/ブライアン・コックス

マーティン・ロセテ監督:
直感に従うタイプなので、たぶんすると思います(笑)。今回クロードと親友のシェーンが登場しましたが、クロードはどちらかというと夢を見る人物で、シェーンはお堅い真面目なタイプで、新しいことにチャレンジしないタイプなんです。でも、僕は映画作家なので、断然クロードと同じドリーマーなんです(笑)。

シャミ:
素敵ですね!もし監督がリリィにアプローチするのであれば、クロードと同じようにストレートにアプローチしますか?

マーティン・ロセテ監督:
シャイなので、僕はクロードほどストレートにアプローチできないと思います(笑)。でも1番大切なのは、「何があってもその人と一緒になりたい」「その思いを伝えたい」という気持ちがあるかどうかですよね。「何があっても伝えるんだ」って思えるかどうかだと思います。

シャミ:
本作を観ていると何年経っても初恋は美しいものだなと感じたのですが、監督が思う初恋の魅力はどんなところだと思いますか?

マーティン・ロセテ監督:
人を愛する初めての体験になるので、初恋はすべてを変えると思うんです。誰かのために自分は何でもできるんだと思わせてくれるし、それがこの作品のエンディングでもあって、映画の強さでもあると思います。昔まいた種が今もクロードの中で咲き続けていて、その情熱や記憶が未だにそこから生まれ続けているというのがすごく魅力的なんです。昔生まれた愛が人の心を動かすことができるのかと考えた時に、僕は答えが「イエス」だと思ったので、この映画を作る価値があると感じました。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル

シャミ:
では最後の質問で、監督がこれまでで1番影響を受けた作品、もしくは人物がいらしたら教えてください。

マーティン・ロセテ監督:
いっぱいあるので悩みますね。ロベルト・ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』は、すごく感動する作品で、愛に関しても男女の愛、父と息子の愛が描かれている素晴らしい作品です。それからドゥニ・ヴィルヌーブの『メッセージ』。母と娘の関係性が、世界を動かすラブストーリーだと思いました。まさにこの『43年後のアイ・ラヴ・ユー』でもそういった愛を描きたいと感じていて、恐怖心よりも愛というものに目を向けることで、世界や人、時にクレイジーなことでさえ変えることができるんだと、そういう映画を作りたかったんです。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2020年11月25日取材 TEXT by Shamy

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル/ブライアン・コックス

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』
2021年1月15日より全国公開
監督・脚本:マーティン・ロセテ
出演:ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル/ブライアン・コックス
配給:松竹

妻を亡くし、L.A.の郊外に1人で住む元演劇評論家のクロードは、近所に住む親友のシェーンと共に老後生活を謳歌していた。そんなある日、昔の恋人で人気舞台女優のリリィがアルツハイマーを患わせて施設に入ったことを知る。彼女にもう一度会いたいと願ったクロードはある嘘をついて施設に入所し…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 CREATE ENTERTAINMENT, LAZONA, KAMEL FILMS, TORNADO FILMS AIE, FCOMME FILM . All rights reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル どん底作家の人生に幸あれ!

本作は、イギリスの国民的作家チャールズ・ディケンズの半自伝的小説「デイヴィッド・コパフィールド」を映画化…

映画『滑走路』寄川歌太 寄川歌太(よりかわ うた)

2004年3月11日生まれ、大阪府出身。2010年、歌舞伎平成中村座で…

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ 天空の結婚式

2016年にイタリアの下院議会で同性カップルの結婚に準ずる権利を認めるシビル・ユニオン法が…

映画『滑走路』吉村界人 吉村界人

1993年2月2日、東京都生まれ。2014年、『PORTRAIT -ポルトレ-』で…

映画『Merry Christmas! ~ロンドンに奇跡を起こした男~』ダン・スティーヴンス 小説家で観る映画特集Vol.1

この特集では実在の小説家自身の物語や、その小説家に影響を受けた人物が主人公の作品、またはその作家の小説の映画化作品にフォーカスを当ててご紹介します。一度ではご紹介しきれないので、最初からシリーズ化し、今回は第1弾としてお届けします。

映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳 さんかく窓の外側は夜

霊が見える男と、霊を祓える男が主人公ということで、ホラーだなとは予測…

映画『野球少女』イ・ジュヨン 『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『野球少女』10名様 日本最速オンライン試写会ご招待

映画『トルーマン・カポーティ 真実のテープ』トルーマン・カポーティ トルーマン・カポーティ

1924年9月30日アメリカ、ルイジアナ州ニューオーリンズ生まれ。19歳のときに執筆した…

映画『Swallow/スワロウ』ヘイリー・ベネット 心理学から観る映画26:異食症はなぜ起こる?

幼児に多く見られると言われる異食症ですが、大人にもその症状がある場合、どんなことが起こっているのでしょうか?今回は映画『Swallow/スワロウ』を題材に考えてみます。

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

映画『プラダを着た悪魔』アン・ハサウェイ/メリル・ストリープ あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『プラダを着た悪魔』

「勝手にキャスティング企画!」第4回は『プラダを着た悪魔』。リメイクするとしたら、アン・ハサウェイが演じたアンドレア・サックス(=アンディ)、メリル・ストリープが演じたミランダ・プリーストリーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『どん底作家の人生に幸あれ!』デヴ・パテル
  2. 映画『天空の結婚式』サルヴァトーレ・エスポジト/クリスティアーノ・カッカモ
    天空の結婚式

  3. 映画『さんかく窓の外側は夜』岡田将生/志尊淳
  4. Netflix映画『ボーイズ・イン・ザ・バンド』ジム・パーソンズ/ザカリー・クイント(ザッカリー・クイント)/マット・ボマー/アンドリュー・ラネルズ/チャーリー・カーヴァー/ロビン・デ・ヘスス/ブライアン・ハッチソン/マイケル・ベンジャミン・ワシントン/タック・ワトキンス
  5. 映画『パリの調香師 しあわせの香りを探して』エマニュエル・ドゥヴォス
  6. 映画『キング・オブ・シーヴズ』マイケル・ケイン/ジム・ブロードベント/トム・コートネイ/チャーリー・コックス/ポール・ホワイトハウス/レイ・ウィンストン/マイケル・ガンボン
  7. 映画『聖なる犯罪者』バルトシュ・ビィエレニア
    聖なる犯罪者

  8. 映画『エマの秘密に恋したら』アレクサンドラ・ダダリオ/タイラー・ホークリン
  9. Netflixドラマ『ザ・ポリティシャン シーズン1』ベン・プラット
  10. 映画『スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち』ミシェル・ロドリゲス
PAGE TOP