取材&インタビュー

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー

2016年に初の長編映画『カネと詐欺師と男と女』を手掛け、 全米の映画祭を中心に16の賞を受賞したマーティン・ロセテ監督。最新作『43年後のアイ・ラヴ・ユー』では、43年越しに再会する男女のラブストーリーを描き上げました。今回のリモートインタビューでは、本作の軸となる愛の物語や、主演のブルース・ダーンとの仕事について伺いました。

<PROFILE>
マーティン・ロセテ:監督、脚本
1980年4月21日スペイン、マドリード生まれ。 スペインとキューバ共和国でオーディオ・ビジュアル・コミュニケーションと演出を学び、 奨学金を得てニューヨークフィルムアカデミーで映画の演出を学ぶ。 2002年から短編映画を撮り始め、4作目となる短編映画“Voice Over(原題)”(11)でゴヤ賞短編映画賞のノミネートをはじめ、世界中で100を超える賞に受賞&ノミネートされ、トライベッカ映画祭やサン・セバスチャン国際映画祭などのオフィシャルセレクション作品にも選出された。2016年には初めての長編映画『カネと詐欺師と男と女』を手掛け、 全米の映画祭を中心に16の賞を受賞した。

初恋は「誰かのために自分は何でもできるんだ」と思わせてくれる初めての体験

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル

シャミ:
本作の資料に「本作のアイデアを聞いた時は特別な何かを感じた。努力して作り上げるに値する、素晴らしい映画になると確信できた」とあったのですが、最初にこの企画で最も惹かれたのはどんな部分だったのでしょうか?

マーティン・ロセテ監督:
まず、すごいラブストーリーだと感じました。愛の力についての映画で、その物語を綴りたいと思いました。これは生涯をかけた愛ですよね。ずっと抱き続けていた永遠の愛という部分がすごく魅力的でした。最初本を読んだ時は深く感動して、泣いてしまったんです。また、声を出して笑ってしまったところもあり、それを考えるとこれは僕が作るべきだと思いました。

シャミ:
そのくらい感動された作品を実際にご自身で手掛ける上で気を付けた点や大切にしていた部分などはありますか?

マーティン・ロセテ監督:
やはりトピックがアルツハイマーなので、本当に大きなチャレンジでした。ロマンティックコメディでありながら、アルツハイマーという要素があるので、笑いをとるために踏み込んではいけないし、とにかく特別なリスペクトを持って気を付けて描きたいと思いました。実際のアルツハイマーの方や、そのご家族が決して失礼に感じないものにすること、だけどユーモアのある楽しい作品にしたかったんです。そして、僕にとっては最初から最後までラブストーリーだと感じたので、そこをしっかり守って描くことを大事にしていました。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン

シャミ:
監督のおっしゃる通り、アルツハイマーというテーマとロマンティックコメディのバランスがすごく良くて、最後まで楽しく観させていただきました。本作では、クロードの初恋の物語がメインにありつつ、娘セルマの夫婦関係や、孫タニアの恋愛も描かれていて、さまざまな恋愛模様が見られました。監督としては、本作の恋愛物語を通して1番伝えたかったのはどんな点でしょうか?

マーティン・ロセテ監督:
特にクロードと孫のタニアの物語はパラレルなんです。だからこそ2人の関係性を描くことも大事にしていました。この物語では、タニアも大きく変化していくんです。最初は少し距離を置いているというか、「真実の愛なんて」と思っていて、ちょっと猜疑心を持っているんです。一方でおじいちゃんのクロードは、自分の愛した女性に近づくためにクレイジーなことをしでかしてしまうわけですよね。クロードが最初にリリィに惚れた時はタニアくらいの年齢だったわけですし、タニアがおじいちゃんの姿を見ることで、真実の愛があるんだと感じるようになり、そして自分の恋愛も叶えることができるというストーリーになっているんです。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』

シャミ:
ブルース・ダーンさんの自然な演技がクロード役にとてもマッチしていました。監督からブルース・ダーンさんに対してこうして欲しいなど演出された部分はありますか?逆にブルース・ダーンさんから提案されたことなどもあれば教えてください。

マーティン・ロセテ監督:
今回の撮影はリハーサルをしなかったんです。というのも、ブルースはリハーサルを信じていないので、やらないんです。常にその場にいて演じるタイプの役者さんで、アドリブもたくさんしていました。例えば、ジョークのあるシーンを8テイク撮ると、8回全部違うジョークを言うんです。

シャミ:
すごい!!

マーティン・ロセテ監督:
だから相手も常にサプライズがあって嬉しそうでした。僕としてもたくさんの可能性があるので最高でした。でも、事前にキャラクターについてはかなり話し合いました。元々の脚本だとクロードはもっと優しいキャラクターだったんですが、それを気難しい頑固じじいというか、ちょっとクレーマータイプのキャラクターにしたのは、実はブルースなんです。親友と一緒にああだこうだ文句を言っている時と、初恋の女性リリィと一緒にいる時との対比が出てすごくおもしろくなるんじゃないかと思って、「それでいこう」となりました。おかげで作品がさらに良くなったと思います。

シャミ:
クロードのリリィに対する強い思いや、積極的な姿勢は見ていてすごく爽快でした。もし監督ご自身がクロードの立場だったら、リリィにアプローチされますか?

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/ブライアン・コックス

マーティン・ロセテ監督:
直感に従うタイプなので、たぶんすると思います(笑)。今回クロードと親友のシェーンが登場しましたが、クロードはどちらかというと夢を見る人物で、シェーンはお堅い真面目なタイプで、新しいことにチャレンジしないタイプなんです。でも、僕は映画作家なので、断然クロードと同じドリーマーなんです(笑)。

シャミ:
素敵ですね!もし監督がリリィにアプローチするのであれば、クロードと同じようにストレートにアプローチしますか?

マーティン・ロセテ監督:
シャイなので、僕はクロードほどストレートにアプローチできないと思います(笑)。でも1番大切なのは、「何があってもその人と一緒になりたい」「その思いを伝えたい」という気持ちがあるかどうかですよね。「何があっても伝えるんだ」って思えるかどうかだと思います。

シャミ:
本作を観ていると何年経っても初恋は美しいものだなと感じたのですが、監督が思う初恋の魅力はどんなところだと思いますか?

マーティン・ロセテ監督:
人を愛する初めての体験になるので、初恋はすべてを変えると思うんです。誰かのために自分は何でもできるんだと思わせてくれるし、それがこの作品のエンディングでもあって、映画の強さでもあると思います。昔まいた種が今もクロードの中で咲き続けていて、その情熱や記憶が未だにそこから生まれ続けているというのがすごく魅力的なんです。昔生まれた愛が人の心を動かすことができるのかと考えた時に、僕は答えが「イエス」だと思ったので、この映画を作る価値があると感じました。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル

シャミ:
では最後の質問で、監督がこれまでで1番影響を受けた作品、もしくは人物がいらしたら教えてください。

マーティン・ロセテ監督:
いっぱいあるので悩みますね。ロベルト・ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』は、すごく感動する作品で、愛に関しても男女の愛、父と息子の愛が描かれている素晴らしい作品です。それからドゥニ・ヴィルヌーブの『メッセージ』。母と娘の関係性が、世界を動かすラブストーリーだと思いました。まさにこの『43年後のアイ・ラヴ・ユー』でもそういった愛を描きたいと感じていて、恐怖心よりも愛というものに目を向けることで、世界や人、時にクレイジーなことでさえ変えることができるんだと、そういう映画を作りたかったんです。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2020年11月25日取材 TEXT by Shamy

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル/ブライアン・コックス

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』
2021年1月15日より全国公開
監督・脚本:マーティン・ロセテ
出演:ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル/ブライアン・コックス
配給:松竹

妻を亡くし、L.A.の郊外に1人で住む元演劇評論家のクロードは、近所に住む親友のシェーンと共に老後生活を謳歌していた。そんなある日、昔の恋人で人気舞台女優のリリィがアルツハイマーを患わせて施設に入ったことを知る。彼女にもう一度会いたいと願ったクロードはある嘘をついて施設に入所し…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 CREATE ENTERTAINMENT, LAZONA, KAMEL FILMS, TORNADO FILMS AIE, FCOMME FILM . All rights reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『フリー・ガイ』ワールドプレミア、ライアン・レイノルズ/ジョー・キーリー/ショーン・レヴィ監督他 ライアン・レイノルズ、ジョー・キーリーら豪華キャスト&スタッフ集結!『フリー・ガイ』ワールドプレミア開催

ライアン・レイノルズ主演最新作『フリー・ガイ』が、8月13日より全国公開。公開を目前に控えた8月3日(※日本時間8月4日)、ニューヨークにてワールドプレミアが開催されました!主演のライアン・レイノルズをはじめ、ジョー・キーリー、ショーン・レヴィ監督ら超豪華メンバーが集結し、本作について語りました。

映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結

前作から一気にキャラクターが増えて、最初から賑やかなムードが漂う今作は、最初から容赦なくどんどんキ…

映画『キネマの神様』菅田将暉/野田洋次郎 野田洋次郎(のだ ようじろう)

1985年7月5日東京都生まれ。ロックバンドRADWIMPSのヴォーカル、ギター、ピアノを担当。2016年の映画『君の名は。』では…

【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】ジム・ジャームッシュ監督 ジム・ジャームッシュ監督初となる大規模特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】全国で拡大上映!

現在、好評開催中のジム・ジャームッシュ監督の特集上映【JIM JARMUSCH Retrospective 2021】。8月6日より、新たにヒューマントラストシネマ渋谷、アップリンク吉祥寺、8月13日より池袋シネマ・ロサでの拡大上映が決定。さらに、全国各地の劇場で続々と上映開始!

映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー すべてが変わった日

物語の舞台は1963年。冒頭では主人公のマーガレット(ダイアン・レイン)とジョージ(ケビン・コスナー)が、息子夫婦と孫と共にモンタナ州の牧場でのどかに暮らす姿が映し出されます。でも…

海外ドラマ『ファルコン&ウィンター・ソルジャー シーズン1』ワイアット・ラッセル ワイアット・ラッセル

1986年7月10日アメリカ生まれ。俳優のカート・ラッセルとゴールディ・ホーンを両親に持つ。ドラマ…

映画『オールド』NYプレミア、M.ナイト・シャマラン/ガエル・ガルシア・ベルナル/ヴィッキー・クリープス/アレックス・ウルフ/トーマシン・マッケンジー M.ナイト・シャマラン監督、ガエル・ガルシア・ベルナルらが登場!『オールド』NYプレミア開催

M.ナイト・シャマラン監督の最新作『オールド』が、8月27日より全国公開となります。先日本作のNYプレミアが開催され、M.ナイト・シャマラン監督をはじめ、ガエル・ガルシア・ベルナル、アレックス・ウルフ、エリザ・スカンレン、トーマシン・マッケンジーらが登場しました。

映画『スペース・プレイヤーズ』レブロン・ジェームズ 『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『スペース・プレイヤーズ』5組10名様 試写会ご招待

映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス 明日に向かって笑え!

舞台は2001年のアルゼンチンの田舎町で、主人公のフェルミン(リカルド・ダリン)と町民達は…

映画『ファーザー』イモージェン・プーツ イモージェン・プーツ

1989年6月3日イギリス、ロンドン生まれ。2007年、傑作ホラー『28週後…』の演技で…

部活・イベント

  1. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  2. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  3. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  4. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  5. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年

おすすめ記事

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

REVIEW

  1. 映画『ザ・スーサイド・スクワッド “極“悪党、集結』マーゴット・ロビー/イドリス・エルバ/ジョン・シナ/ジョエル・キナマン
  2. 映画『すべてが変わった日』ダイアン・レイン/ケビン・コスナー
  3. 映画『明日に向かって笑え!』リカルド・ダリン/ルイス・ブランドーニ/ベロニカ・ジナス
  4. 映画『サマーフィルムにのって』伊藤万理華/河合優実/祷キララ
  5. 映画『キネマの神様』沢田研二/菅田将暉
  6. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  7. 映画『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル/ミシェル・ロドリゲス
  8. 映画『ジャングル・クルーズ』ドウェイン・ジョンソン/エミリー・ブラント/ジャック・ホワイトホール
  9. 映画『返校 言葉が消えた日』ワン・ジン
  10. 映画『アウシュヴィッツ・レポート』ノエル・ツツォル/ペテル・オンドレイチカ
PAGE TOP