取材&インタビュー

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』マーティン・ロセテ監督インタビュー

2016年に初の長編映画『カネと詐欺師と男と女』を手掛け、 全米の映画祭を中心に16の賞を受賞したマーティン・ロセテ監督。最新作『43年後のアイ・ラヴ・ユー』では、43年越しに再会する男女のラブストーリーを描き上げました。今回のリモートインタビューでは、本作の軸となる愛の物語や、主演のブルース・ダーンとの仕事について伺いました。

<PROFILE>
マーティン・ロセテ:監督、脚本
1980年4月21日スペイン、マドリード生まれ。 スペインとキューバ共和国でオーディオ・ビジュアル・コミュニケーションと演出を学び、 奨学金を得てニューヨークフィルムアカデミーで映画の演出を学ぶ。 2002年から短編映画を撮り始め、4作目となる短編映画“Voice Over(原題)”(11)でゴヤ賞短編映画賞のノミネートをはじめ、世界中で100を超える賞に受賞&ノミネートされ、トライベッカ映画祭やサン・セバスチャン国際映画祭などのオフィシャルセレクション作品にも選出された。2016年には初めての長編映画『カネと詐欺師と男と女』を手掛け、 全米の映画祭を中心に16の賞を受賞した。

初恋は「誰かのために自分は何でもできるんだ」と思わせてくれる初めての体験

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル

シャミ:
本作の資料に「本作のアイデアを聞いた時は特別な何かを感じた。努力して作り上げるに値する、素晴らしい映画になると確信できた」とあったのですが、最初にこの企画で最も惹かれたのはどんな部分だったのでしょうか?

マーティン・ロセテ監督:
まず、すごいラブストーリーだと感じました。愛の力についての映画で、その物語を綴りたいと思いました。これは生涯をかけた愛ですよね。ずっと抱き続けていた永遠の愛という部分がすごく魅力的でした。最初本を読んだ時は深く感動して、泣いてしまったんです。また、声を出して笑ってしまったところもあり、それを考えるとこれは僕が作るべきだと思いました。

シャミ:
そのくらい感動された作品を実際にご自身で手掛ける上で気を付けた点や大切にしていた部分などはありますか?

マーティン・ロセテ監督:
やはりトピックがアルツハイマーなので、本当に大きなチャレンジでした。ロマンティックコメディでありながら、アルツハイマーという要素があるので、笑いをとるために踏み込んではいけないし、とにかく特別なリスペクトを持って気を付けて描きたいと思いました。実際のアルツハイマーの方や、そのご家族が決して失礼に感じないものにすること、だけどユーモアのある楽しい作品にしたかったんです。そして、僕にとっては最初から最後までラブストーリーだと感じたので、そこをしっかり守って描くことを大事にしていました。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン

シャミ:
監督のおっしゃる通り、アルツハイマーというテーマとロマンティックコメディのバランスがすごく良くて、最後まで楽しく観させていただきました。本作では、クロードの初恋の物語がメインにありつつ、娘セルマの夫婦関係や、孫タニアの恋愛も描かれていて、さまざまな恋愛模様が見られました。監督としては、本作の恋愛物語を通して1番伝えたかったのはどんな点でしょうか?

マーティン・ロセテ監督:
特にクロードと孫のタニアの物語はパラレルなんです。だからこそ2人の関係性を描くことも大事にしていました。この物語では、タニアも大きく変化していくんです。最初は少し距離を置いているというか、「真実の愛なんて」と思っていて、ちょっと猜疑心を持っているんです。一方でおじいちゃんのクロードは、自分の愛した女性に近づくためにクレイジーなことをしでかしてしまうわけですよね。クロードが最初にリリィに惚れた時はタニアくらいの年齢だったわけですし、タニアがおじいちゃんの姿を見ることで、真実の愛があるんだと感じるようになり、そして自分の恋愛も叶えることができるというストーリーになっているんです。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』

シャミ:
ブルース・ダーンさんの自然な演技がクロード役にとてもマッチしていました。監督からブルース・ダーンさんに対してこうして欲しいなど演出された部分はありますか?逆にブルース・ダーンさんから提案されたことなどもあれば教えてください。

マーティン・ロセテ監督:
今回の撮影はリハーサルをしなかったんです。というのも、ブルースはリハーサルを信じていないので、やらないんです。常にその場にいて演じるタイプの役者さんで、アドリブもたくさんしていました。例えば、ジョークのあるシーンを8テイク撮ると、8回全部違うジョークを言うんです。

シャミ:
すごい!!

マーティン・ロセテ監督:
だから相手も常にサプライズがあって嬉しそうでした。僕としてもたくさんの可能性があるので最高でした。でも、事前にキャラクターについてはかなり話し合いました。元々の脚本だとクロードはもっと優しいキャラクターだったんですが、それを気難しい頑固じじいというか、ちょっとクレーマータイプのキャラクターにしたのは、実はブルースなんです。親友と一緒にああだこうだ文句を言っている時と、初恋の女性リリィと一緒にいる時との対比が出てすごくおもしろくなるんじゃないかと思って、「それでいこう」となりました。おかげで作品がさらに良くなったと思います。

シャミ:
クロードのリリィに対する強い思いや、積極的な姿勢は見ていてすごく爽快でした。もし監督ご自身がクロードの立場だったら、リリィにアプローチされますか?

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/ブライアン・コックス

マーティン・ロセテ監督:
直感に従うタイプなので、たぶんすると思います(笑)。今回クロードと親友のシェーンが登場しましたが、クロードはどちらかというと夢を見る人物で、シェーンはお堅い真面目なタイプで、新しいことにチャレンジしないタイプなんです。でも、僕は映画作家なので、断然クロードと同じドリーマーなんです(笑)。

シャミ:
素敵ですね!もし監督がリリィにアプローチするのであれば、クロードと同じようにストレートにアプローチしますか?

マーティン・ロセテ監督:
シャイなので、僕はクロードほどストレートにアプローチできないと思います(笑)。でも1番大切なのは、「何があってもその人と一緒になりたい」「その思いを伝えたい」という気持ちがあるかどうかですよね。「何があっても伝えるんだ」って思えるかどうかだと思います。

シャミ:
本作を観ていると何年経っても初恋は美しいものだなと感じたのですが、監督が思う初恋の魅力はどんなところだと思いますか?

マーティン・ロセテ監督:
人を愛する初めての体験になるので、初恋はすべてを変えると思うんです。誰かのために自分は何でもできるんだと思わせてくれるし、それがこの作品のエンディングでもあって、映画の強さでもあると思います。昔まいた種が今もクロードの中で咲き続けていて、その情熱や記憶が未だにそこから生まれ続けているというのがすごく魅力的なんです。昔生まれた愛が人の心を動かすことができるのかと考えた時に、僕は答えが「イエス」だと思ったので、この映画を作る価値があると感じました。

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル

シャミ:
では最後の質問で、監督がこれまでで1番影響を受けた作品、もしくは人物がいらしたら教えてください。

マーティン・ロセテ監督:
いっぱいあるので悩みますね。ロベルト・ベニーニの『ライフ・イズ・ビューティフル』は、すごく感動する作品で、愛に関しても男女の愛、父と息子の愛が描かれている素晴らしい作品です。それからドゥニ・ヴィルヌーブの『メッセージ』。母と娘の関係性が、世界を動かすラブストーリーだと思いました。まさにこの『43年後のアイ・ラヴ・ユー』でもそういった愛を描きたいと感じていて、恐怖心よりも愛というものに目を向けることで、世界や人、時にクレイジーなことでさえ変えることができるんだと、そういう映画を作りたかったんです。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2020年11月25日取材 TEXT by Shamy

映画『43年後のアイ・ラヴ・ユー』ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル/ブライアン・コックス

『43年後のアイ・ラヴ・ユー』
2021年1月15日より全国公開
監督・脚本:マーティン・ロセテ
出演:ブルース・ダーン/カロリーヌ・シロル/ブライアン・コックス
配給:松竹

妻を亡くし、L.A.の郊外に1人で住む元演劇評論家のクロードは、近所に住む親友のシェーンと共に老後生活を謳歌していた。そんなある日、昔の恋人で人気舞台女優のリリィがアルツハイマーを患わせて施設に入ったことを知る。彼女にもう一度会いたいと願ったクロードはある嘘をついて施設に入所し…。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 CREATE ENTERTAINMENT, LAZONA, KAMEL FILMS, TORNADO FILMS AIE, FCOMME FILM . All rights reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

映画『死刑にいたる病』中山美穂 中山美穂(なかやま みほ)

1970年3月1日生まれ。1985年に俳優デビュー。同年歌手デビューも果たし…

映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの 神は見返りを求める

𠮷田恵輔監督作ということで、絶対心が掻き乱されるのだろうと思いながら観たら…

映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』リウ・ハオツン リウ・ハオツン

2000年5月生まれ。2022年『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』で俳優デビュー。本作には…

コラボインタビュー1:アーク・フィルムズ、ブエナワイカ 映画配給さんにインタビュー【アーク・フィルムズ】×【ブエナワイカ】

今回は、日本初上陸のマルタ製作映画を配給するアーク・フィルムズの相川さんと、ペルー映画を専門に配給するブエナワイカの長沢さんにインタビューをさせていただきました。なんと、相川さんも小学生の頃に6年間ほどペルーに在住していたそうで、ペルー繋がりもあり、不思議なご縁を感じるインタビューとなりました。どうやって作品を買い付けるのかといったことなど、普段は聞けないお話をたくさんしていただきました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  2. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  3. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  4. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  5. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  6. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  7. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  8. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
  9. 映画『PLAN 75』倍賞千恵子
    PLAN 75

  10. 映画『三姉妹』ムン・ソリ/チャン・ユンジュ
    三姉妹

PAGE TOP