取材&インタビュー

『アメリカン・アニマルズ』バート・レイトン監督インタビュー

『アメリカン・アニマルズ』バート・レイトン監督インタビュー

今回は『アメリカン・アニマルズ』の監督バート・レイトンさんにインタビューをさせて頂きました。本作はドキュメンタリーと、俳優によるドラマが融合した、ユニークな構成ですが、こんなにスタイリッシュで、センセーショナルで、エモーショナルな映画を作った監督はどんな方なのか、監督の映画作りへのこだわりなどをお聞きしました。

<PROFILE>
バート・レイトン
2012年に監督したドキュメンタリー映画 “The Imposter(原題)”は、英国歴代最高収益を上げたドキュメンタリーとして記録されているほか、オースティン映画批評家協会賞、英国アカデミー賞最優秀デビュー賞、英国インディペンデント映画賞(最優秀ドキュメンタリー賞ほか2部門)をはじめ、世界中の映画祭で30ノミネートされ、12受賞。斬新なスタイルとジャーナリスティックな手法、挑戦的なテーマに果敢に取り組む姿勢が高評価を得ている。イギリスの大手制作会社Rawの創作局長を12年間務め、賞に輝くドキュメンタリー作品やシリーズ物の数々を手掛けてきた実績もある。映画『アメリカン・アニマルズ』は、長編ドラマ初監督作品。

アイデンティティを探すプレッシャーは皆ある

映画『アメリカン・アニマルズ』バート・レイトン監督

マイソン:
犯人自らが登場して当時のことを語っていますが、ご本人達に依頼した時はすんなり受けて頂けたのでしょうか?

バート・レイトン監督:
彼らがまだ服役中に手紙でやり取りをしていたのですが、最初アプローチした時はまだどんな映画になるかわからなかったので、もちろん即答はしてくれませんでした。特に彼らの家族も苦しんでいたので、その過去を掘り起こすようなことにならないかということで、ためらっていた部分もありますし、ハリウッド的なコメディに寄せて、彼らのことを悪く見せるんじゃないかっていう心配もあり、最初は少しためらいがあったようです。ですが、どんなビジョン、どんなスタイルで描くかということ、こういう犯罪を犯すとこういう結果になるよっていうのを、誠実に知的な方法でリアルに見せるということをちゃんと説明して、時間をかけて理解してもらい、やっとインタビューまで漕ぎ着けることができました。

マイソン:
なるほど。本作を観て、今彼らはどう受け止めているのでしょうか?

バート・レイトン監督:
誠実に事実を描いているし、危惧していた部分も特になかったので、安心しているようです。

映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ジャレッド・アブラハムソン

マイソン:
演じられた俳優さんと役柄のご本人が交流することはありましたか?

バート・レイトン監督:
撮影前はできるだけ接触しないようにしてもらったんです。というのも、交流を深めてしまうと、役者が本物の人達のことを真似して忠実に描かなければいけないという義務感を抱いてしまうからです。

マイソン:
そうなんですね。世の中にはこの作品以外にも実話を実写化した映画がたくさんありますが、脚色されているものも多いと思います。本作では犯人自身が登場して語るという設定にした上で、事実について忠実さを守るところと、逆に映画的に描くところと、バランスの取り方に影響した部分はありますか?

バート・レイトン監督:
ドキュメンタリーの要素を含めたのは、これが事実だということが観客により重くのしかかるからです。フィクションの世界だと思って観ていると、「これは映画の世界なんだ」って意識が頭の片隅にあるので、何か大変な結末になってもあまり感情移入ができないんですね。だからドキュメンタリーの部分を入れることによって、観客の映画体験がさらに高まると思ったんです。最初に事実に基づいている作品というのがわかりますが、劇中で彼らは計画を企てて、いろいろな映画を調べて計画が上手くいくかも知れないという妄想を描き、実際に事件を起こすけれど、その瞬間に現実に戻される。観客は彼らの姿を観ながら、一緒に体験していける。ドキュメンタリー要素を入れることによって、彼らと同じ感情、呼吸で、映画を観ることができるっていう効果もあると思うんです。だからそこのバランスを上手く調整して今回の作品を作りました。

映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン

マイソン:
この映画の中で脚色している部分は、妄想している部分だけなのでしょうか?

バート・レイトン監督:
すべて彼ら(実際の犯人)の証言に基づいていて、脚色というより、多少伝え方を工夫したという感じですね。いろいろな映画を観て強盗の準備をするっていう部分ももちろん彼らがやったことです。

マイソン:
そうだったんですね。もし、私があの犯行の部分だけをニュースで知ったら、大学生がバカなことをやっちゃったなって思う程度だったかも知れませんが、映画としてその前後を観た時に、彼らがすごく不安を抱えている若者っていうところで、リアルに自分の学生時代の心情が蘇りました。監督はこの作品から何を一番観客に伝えたいと思いましたか?

バート・レイトン監督:
今この世の中で皆何か成し遂げたいという思いがあって、「有名にならなければいけない」「何か大きな足跡を残さなければいけない」っていうプレッシャーの中で生きているんですね。この事件はかなり前の話ではあるんですが、彼らもまさに同じ体験をしていて、犯罪という悪いことであっても、何かしら自分という存在をこの社会に示したいっていう願望があって、犯罪に踏み切ってしまうんです。ただ、そうすることによって、それなりの結果も伴ってきます。でも、アイデンティティを探すプレッシャーっていうのは皆あるんだよっていうことが伝えたかったメッセージです。

映画『アメリカン・アニマルズ』ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン

マイソン:
私もまさにそこに共感しました。あと監督が映画化しようとする題材を見つけるポイントは何ですか?

バート・レイトン監督:
まずストーリーですね。すごく心惹かれるストーリー、小説を読んでいて本当に手が止まらないようなストーリー、可能性を感じるストーリーに巡り逢った時、映画化したいと思います。さらに同じくらい大切なのが、そのストーリー自体により大きなメッセージとかテーマが潜んでいるか、観客に伝えたいことがあるかっていうところですね。エンタメ色の強い作品ももちろん楽しいんですけど、映画というのは本当に時間をかけて作るものなので、僕自身が作るのであれば、やっぱりそういう要素がないと作る意義がないかなと思っています。

マイソン:
このキービジュアルもそうなんですが、この作品にはすごくアーティスティックな要素がありますよね。監督のお父様とお母様も芸術関係のお仕事をされているとお伺いしたんですが、アーティスティックな要素を感じるかどうかも、作品選びに影響していますか?

映画『アメリカン・アニマルズ』

バート・レイトン監督:
僕が映画が好きな理由は、すべての芸術が含まれているというところなんです。演劇、写真、絵画、あとは照明とか音楽ももちろん芸術ですし、それらを1つにまとめて、さらにそれを使ってストーリーを伝えるっていう映画の形式がすごく好きなんですね。映画を作る時はまずストーリーを見つけてきて、それをいかに最もおもしろく伝えられるのかっていうのを探っていくんですけど、その中で自分のビジュアルのセンスとかを取り入れていくようにしています。ただ核となるのはストーリーなので、そこが1番大切ではあるんですけど。

マイソン:
あと今回メインキャラクターを演じた4人の俳優は皆魅力も実力も備えていて、日本でももっと人気が出てくると思うんですが、キャスティングでこだわった部分はどんなところですか?

映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン

バート・レイトン監督:
まず親近感があるか、リアルに見えるかっていうところです。多くの若手の役者がこの役のオーディションを受けて、ディズニー映画に出てきそうないわゆるアメリカの美男子はたくさんいましたが、今回はそういうのは特に求めていなかったんです。やっぱり親近感があって、信憑性のある普通の男子をキャスティングしたかったので、映画の世界にいそうな人ではなくて、現実世界で生きていそうな役者を求めてキャスティングをしました。彼ら4人が決まった後は特に心配もなく、演技をしてもらうだけだったので、良い役者が揃ったと思っています。

マイソン:
では最後の質問です。さっきもお話が出たんですけど、今SNSが流行っていて時代的にも何かすごいことをやり遂げないといけないと思っている若者はたくさんいると思います。バート監督のように芸術の世界で働いている人、映画監督になりたい人なら、よけいにそう思ってしまう人が多いと思うんですが、この映画の主人公達と同じ世代の若者達に向けて、監督からアドバイスがあったらお願いします。

映画『アメリカン・アニマルズ』バート・レイトン監督インタビュー

バート・レイトン監督:
僕がこんなアドバイスをして良いのかわからないんですけど、自分のやりたいことをやるべきです。他の人がこう反応するだろうと気にしてやるのではなく、本当に自分に正直に行動することが一番だと思います。映画の制作者に関して言うと、ストーリーを見つけて、そのストーリーを伝える楽しみを実感して欲しいです。どれだけフォロワー数が増えて、“いいね!”の数が増えて、どれだけ賞をもらえるかとか、そこを目指すのではなく、なぜこのストーリーを伝えたいのか、そこから湧き出る情熱を大切にして欲しいですね。そうすることによって、より充実感が得られると思います。難しい時代だと思いますが、今を生きることに集中する。写真を撮ってそれを公開して、周りの人に価値を与えてもらうんじゃなくて、実際に自分で行動して喜びを感じるべきだと思います。

マイソン:
ありがとうございました!

2019年5月9日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン

『アメリカン・アニマルズ』
2019年5月17日より全国公開
監督・脚本:バート・レイトン
出演:エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン/アン・ダウド
配給:ファントム・フィルム

2004年、アメリカのケンタッキー州でごく普通の大学生が起こした強盗事件を映画化。普通の大人になっていくことに焦りを感じていたウォーレンとスペンサーは、大学図書館に時価1200万ドル(およそ12億円相当)を超える画集「アメリカの鳥類」が保管されていることを知り、強奪計画を企てる。2人はエリックとチャズに声をかけ、『スナッチ』『レザボア・ドッグス』『オーシャンズ11』などの犯罪映画を参考に作戦を練っていく。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

関連記事

新着記事

映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良 僕はイエス様が嫌い

子どものピュアな気持ち、まっすぐなモノの見方を改めて実感させられるストーリーです。宗教を否定するわけではありませんが、祈ってもどうにもならないことが現実世界にはあることを、子どもが受け入れようとしているのに…

映画『居眠り磐音』柄本佑 柄本佑(えもと たすく)

1986年12月16日、東京都生まれ。2001年に、映画『美しい夏キリシマ』の主人公の少年役のオーディションを受け合格し…

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」(森岡毅 著/KADOKAWA) USJって、そうだったんだ!最近読んだ本のお話

あっという間に終わってしまった、10連休のゴールデンウィークでしたが、「映画もたくさん観たいし、本も読みたい」ということで、3冊の本を買いました。その中の1冊をご紹介します。

映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン 映画『ロケットマン』タロン・エガートン、エルトン・ジョンが、第72回カンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンタテインメント大作『ロケットマン』が、8月23日(金)より全国公開。タロン・エガートン、エルトン・ジョンらがカンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

映画『チア男子!!』岩谷翔吾 岩谷翔吾(いわや しょうご)

1997年、大阪府出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー。2016年『HiGH&LOW THE MOVIE』、2017年…

映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努 長いお別れ

本作は、認知症の家族にどう向き合うかを、妻、娘、孫の立場で描いており、長い期間におけるそれぞれのキャラクターの変化を綴っています。介護の大変さだけを描いているわけではなく…

映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦 さよならくちびる

主題歌の作詞、作曲は秦基博、挿入歌はあいみょんが担当しているとのことで、音楽性に気合いを感じる本作。彼らが書き下ろした楽曲は、小松菜奈と門脇麦が演じる、女性ギター・デュオ“ハルレオ”が劇中で何度も歌う…

おすすめ記事

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良
  2. 映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努
    長いお別れ

  3. 映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦
  4. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ
  5. 映画『バイオレンス・ボイジャー』
  6. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン
  7. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介
    空母いぶき

  8. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング
  9. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ
  10. 映画『居眠り磐音』松坂桃李
    居眠り磐音

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP