REVIEW

アメリカン・アニマルズ

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン

本作は2004年、ケンタッキー州トランシルヴァニア大学の図書館で実際に起きた窃盗事件を映画化。なんと実際の犯人も劇中に登場して当時について語るというドキュメンタリーと、俳優によるドラマが融合した、ユニークな構成で作られています。事件は、ごく普通の中流階級出身の大学生が起こしたものですが、一見犯罪を起こす必要性を感じない彼らが、なぜ犯行に踏み切ったのか、本作を観るととてもしっくりくるところがあります。
例えば、歴史上の偉人は皆、壮絶な人生を歩んだ経験からすごいアイデアや作品を生み出しているというイメージがありますよね。美術家を目指していたスペンサー(本人)が、“何かすごいことを起こさないと、何かすごい体験をしないと、すごいものは作れない”といった考えを当時もっていたと語るシーンがありましたが、この発想って誰でも持っているのではないでしょうか。何かにチャレンジしようとしても、自分は人並みの人生しか送ってきていないから大したものが生み出せないと、自信を持てない人はたくさんいます。大学生の頃って、大人の一歩手前でアイデンティティが形成されようとしている時期で、自分は何者かという自覚や、進むべき方向を模索しているモラトリアムの期間に当てはまります。まだ自分自身に可能性は感じているけれど、自分は特別ではない、何者でもないことに薄々気付き始める時期でもあって、うまくいかないことが続くと、焦りは相当感じるはずです。あくまで私の解釈ですが、本作で出てくる4人の青年達は、本心ではお金を欲しかったというよりは、危ない方法で自分達を試したかったのではないでしょうか。本作を観て、若者のバカな犯罪と笑う人もいるかも知れませんが、私には他人事に思えませんでした。他人は傷つけたくないけど、自分達の欲望は果たしたいという身勝手さだって、誰でも持っているはずで、若い頃はなおさら制御が効かない。彼らは冒険する方法を間違えたに過ぎないと思うと、共感せざるを得ない部分があります。主人公達と同世代の人はもちろん、大人が観ても昔を振り返るきっかけになる作品です。エヴァン・ピーターズ、バリー・コーガン、ブレイク・ジェナー、ジャレッド・アブラハムソンの4人の俳優達のリアルな演技、そして本作が長編ドラマ初監督のバート・レイトン監督が手腕をふるった演出もぜひ堪能してください。

デート向き映画判定
映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ジャレッド・アブラハムソン

とてもスタイリッシュでセンスを感じる作品なので、デートで観るのもアリだと思います。実話ベースという点でも興味が一層わくと思います。ロマンチックなムードになるタイプの映画ではありませんが、誰にでもどこか共感できるところがあるストーリーなので、学生カップルは今の自分達と照らし合わせるのも良し、大人は昔どんな若者だったか話すきっかけにするも良しです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン

主人公達が勢いでとんでもないことをやってしまう心理は、皆さんは等身大で通じるものを感じ取れるのではないでしょうか。もちろん絶対に真似をしてはいけませんが、もうすぐ社会に出ようとしていて、何者かにならなければいけないと勝手に焦ってしまう状況のなかで、無茶をしたくなる気持ちを持ったことがある人は、そんな衝動を冷静に客観視するきっかけになるはずです。もちろん純粋にエンタテインメントとしても楽しめる作品なので、アーティスティックな描写などにも注目してください。

映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン

『アメリカン・アニマルズ』
2019年5月17日より全国公開
ファントム・フィルム
公式サイト

© AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー ヤング・ウーマン・アンド・シー【レビュー】

1926年、女性で初めて遠泳による英仏海峡横断を達成した水泳選手トゥルーディー・イーダリーの実話を、デイジー・リドリー主演で…

映画『あまろっく』中条あやみ 中条あやみ【プロフィールと出演作一覧】

1997年2月4日生まれ。大阪府出身。14歳で芸能界に入り…

映画『SALAAR/サラール』プラバース ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き13】2024年7月の「気になる映画とオススメ映画」

2024年6月後半から7月にかけて劇場公開される作品や、既に公開中の作品でオススメや、未見だけれど気になる作品について…

映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート 墓泥棒と失われた女神【レビュー】

『幸福なラザロ』を観てアリーチェ・ロルヴァケル監督作に魅了された者として、本作にも大いに期待し…

映画『サユリ』 『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『サユリ』キャスト&スタッフ登壇!完成披露試写会 10組20名様ご招待

映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース HOW TO HAVE SEX【レビュー】

本作は性的同意について問う内容となっています…

映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン【レビュー】

ジョン・F・ケネディ大統領が人類初の月面着陸を1960年代のうちに実現すると宣言してから8年が経った1969年、NASAでの宇宙開発は…

映画『呪葬』セリーナ・レン 2024夏、ひんやりしたいアナタにおくる、スリラー&ホラー映画特集

今年もホラーの夏がやってきました!“呪い”系がひしめくこの夏、存分にひんやりしてください。…

映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン 『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『ボストン1947』カン・ジェギュ監督舞台挨拶付き特別試写会 20組40名様ご招待

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波/赤楚衛二/GACKT/ 髙嶋政宏/江口のりこ/池田鉄洋/音尾琢真/小手伸也/長井短/観月ありさ/竹中直人/野村萬斎 もしも徳川家康が総理大臣になったら【レビュー】

タイトルを聞いただけでも興味をそそりつつ、どうやって徳川家康が現代の総理大臣になるのかなと…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

Netflix映画『悪魔はいつもそこに』トム・ホランド 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。演技派揃いのなか、どのような結果になったのでしょうか。

海外ドラマ『THE GREAT 〜エカチェリーナの時々真実の物語〜』エル・ファニング 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】番外編として、今回は<雰囲気部門>のランキングを発表します。雰囲気の良さが特に評価されているのは、どの俳優でしょうか。

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『ヤング・ウーマン・アンド・シー』デイジー・リドリー
  2. 映画『墓泥棒と失われた女神』ジョシュ・オコナー/イザベラ・ロッセリーニ/アルバ・ロルヴァケル/カロル・ドゥアルテ/ヴィンチェンツォ・ネモラート
  3. 映画『HOW TO HAVE SEX』ミア・マッケンナ=ブルース
  4. 映画『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』スカーレット・ヨハンソン/チャニング・テイタム
  5. 映画『呪葬』セリーナ・レン

PRESENT

  1. 映画『サユリ』
  2. 映画『ボストン1947』ハ・ジョンウ/イム・シワン
  3. 中国ドラマ『恋心が芽吹く頃~Blooming Days~』QUOカード、ピーター・ホー/ハー・ホンシャン
PAGE TOP