REVIEW

アメリカン・アニマルズ

映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン

本作は2004年、ケンタッキー州トランシルヴァニア大学の図書館で実際に起きた窃盗事件を映画化。なんと実際の犯人も劇中に登場して当時について語るというドキュメンタリーと、俳優によるドラマが融合した、ユニークな構成で作られています。事件は、ごく普通の中流階級出身の大学生が起こしたものですが、一見犯罪を起こす必要性を感じない彼らが、なぜ犯行に踏み切ったのか、本作を観るととてもしっくりくるところがあります。
例えば、歴史上の偉人は皆、壮絶な人生を歩んだ経験からすごいアイデアや作品を生み出しているというイメージがありますよね。美術家を目指していたスペンサー(本人)が、“何かすごいことを起こさないと、何かすごい体験をしないと、すごいものは作れない”といった考えを当時もっていたと語るシーンがありましたが、この発想って誰でも持っているのではないでしょうか。何かにチャレンジしようとしても、自分は人並みの人生しか送ってきていないから大したものが生み出せないと、自信を持てない人はたくさんいます。大学生の頃って、大人の一歩手前でアイデンティティが形成されようとしている時期で、自分は何者かという自覚や、進むべき方向を模索しているモラトリアムの期間に当てはまります。まだ自分自身に可能性は感じているけれど、自分は特別ではない、何者でもないことに薄々気付き始める時期でもあって、うまくいかないことが続くと、焦りは相当感じるはずです。あくまで私の解釈ですが、本作で出てくる4人の青年達は、本心ではお金を欲しかったというよりは、危ない方法で自分達を試したかったのではないでしょうか。本作を観て、若者のバカな犯罪と笑う人もいるかも知れませんが、私には他人事に思えませんでした。他人は傷つけたくないけど、自分達の欲望は果たしたいという身勝手さだって、誰でも持っているはずで、若い頃はなおさら制御が効かない。彼らは冒険する方法を間違えたに過ぎないと思うと、共感せざるを得ない部分があります。主人公達と同世代の人はもちろん、大人が観ても昔を振り返るきっかけになる作品です。エヴァン・ピーターズ、バリー・コーガン、ブレイク・ジェナー、ジャレッド・アブラハムソンの4人の俳優達のリアルな演技、そして本作が長編ドラマ初監督のバート・レイトン監督が手腕をふるった演出もぜひ堪能してください。

デート向き映画判定
映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ジャレッド・アブラハムソン

とてもスタイリッシュでセンスを感じる作品なので、デートで観るのもアリだと思います。実話ベースという点でも興味が一層わくと思います。ロマンチックなムードになるタイプの映画ではありませんが、誰にでもどこか共感できるところがあるストーリーなので、学生カップルは今の自分達と照らし合わせるのも良し、大人は昔どんな若者だったか話すきっかけにするも良しです。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン

主人公達が勢いでとんでもないことをやってしまう心理は、皆さんは等身大で通じるものを感じ取れるのではないでしょうか。もちろん絶対に真似をしてはいけませんが、もうすぐ社会に出ようとしていて、何者かにならなければいけないと勝手に焦ってしまう状況のなかで、無茶をしたくなる気持ちを持ったことがある人は、そんな衝動を冷静に客観視するきっかけになるはずです。もちろん純粋にエンタテインメントとしても楽しめる作品なので、アーティスティックな描写などにも注目してください。

映画『アメリカン・アニマルズ』エヴァン・ピーターズ/バリー・コーガン/ブレイク・ジェナー/ジャレッド・アブラハムソン

『アメリカン・アニマルズ』
2019年5月17日より全国公開
ファントム・フィルム
公式サイト

© AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018

TEXT by Myson

関連記事

新着記事

映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良 僕はイエス様が嫌い

子どものピュアな気持ち、まっすぐなモノの見方を改めて実感させられるストーリーです。宗教を否定するわけではありませんが、祈ってもどうにもならないことが現実世界にはあることを、子どもが受け入れようとしているのに…

映画『居眠り磐音』柄本佑 柄本佑(えもと たすく)

1986年12月16日、東京都生まれ。2001年に、映画『美しい夏キリシマ』の主人公の少年役のオーディションを受け合格し…

「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」(森岡毅 著/KADOKAWA) USJって、そうだったんだ!最近読んだ本のお話

あっという間に終わってしまった、10連休のゴールデンウィークでしたが、「映画もたくさん観たいし、本も読みたい」ということで、3冊の本を買いました。その中の1冊をご紹介します。

映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン 映画『ロケットマン』タロン・エガートン、エルトン・ジョンが、第72回カンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンタテインメント大作『ロケットマン』が、8月23日(金)より全国公開。タロン・エガートン、エルトン・ジョンらがカンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

映画『チア男子!!』岩谷翔吾 岩谷翔吾(いわや しょうご)

1997年、大阪府出身。THE RAMPAGE from EXILE TRIBEのメンバー。2016年『HiGH&LOW THE MOVIE』、2017年…

映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努 長いお別れ

本作は、認知症の家族にどう向き合うかを、妻、娘、孫の立場で描いており、長い期間におけるそれぞれのキャラクターの変化を綴っています。介護の大変さだけを描いているわけではなく…

映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦 さよならくちびる

主題歌の作詞、作曲は秦基博、挿入歌はあいみょんが担当しているとのことで、音楽性に気合いを感じる本作。彼らが書き下ろした楽曲は、小松菜奈と門脇麦が演じる、女性ギター・デュオ“ハルレオ”が劇中で何度も歌う…

おすすめ記事

東京国際映画祭レッドカーペット『カメラを止めるな!』 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【国内編】

カンヌ国際映画祭の時期にちなんだアンケート特集第2弾!今回は映画好き女子が信頼を寄せる日本の映画賞と映画祭について、結果を発表します!

第72回カンヌ国際映画祭2019:映画『初恋』窪田正孝、小西桜子、三池崇史監督 女子の本音調査:映画好き女子が信頼を寄せる映画賞・映画祭ランキング【世界編】

今回はカンヌ国際映画祭の時期にちなんで、国内、海外で開催される数々の映画祭・映画賞についてのアンケートを行いました。今回はその第1弾として、映画好き女子が信頼を寄せる映画祭やアメリカの映画賞についての結果を発表します!

映画『ボヘミアン・ラプソディ』ラミ・マレック/グウィリム・リー/ジョー・マッゼロ/ベン・ハーディ 映画好き女子のお気に入りは?本作俳優&クイーンのメンバーについて調査『ボヘミアン・ラプソディ』

伝説のバンド“クイーン”の知られざる姿を描き、国内では興行収入128.5億円(2019年4月12日現在)を突破し、社会現象を巻き起こした『ボヘミアン・ラプソディ』。今回のアンケートでは、本作の出演俳優やクイーンのメンバーについて映画好き女子の反応を探ってみました!

映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ 鑑賞後に答え合わせがしたくなる!『マローボーン家の掟』

映画『マローボーン家の掟』スニークプレビュー部活今回は当部初の“男女ペア限定部活”として、さらにこれまた初の“スニークプレビュー”として、部活を行いました。タイトルや内容などは一切伏せて、“震撼スリラー”というヒントだけを出して募集をかけましたが、皆さんドキドキしながら参加して頂いたようで…

REVIEW

  1. 映画『僕はイエス様が嫌い』佐藤結良
  2. 映画『長いお別れ』蒼井優/竹内結子/松原智恵子/山﨑努
    長いお別れ

  3. 映画『さよならくちびる』小松菜奈/門脇麦
  4. 映画『僕たちは希望という名の列車に乗った』レオナルド・シャイヒャー/トム・グラメンツ/ヨナス・ダスラ―/レナ・クレンク/イザイア・ミカルスキ
  5. 映画『バイオレンス・ボイジャー』
  6. 映画『神と共に 第一章:罪と罰』ハ・ジョンウ/チュ・ジフン/キム・ヒャンギ/チャ・テヒョン
  7. 映画『空母いぶき』西島秀俊/佐々木蔵之介
    空母いぶき

  8. 映画『ガルヴェストン』エル・ファニング
  9. 映画『ベン・イズ・バック』ジュリア・ロバーツ/ルーカス・ヘッジズ
  10. 映画『居眠り磐音』松坂桃李
    居眠り磐音

部活・イベント

  1. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
PAGE TOP