取材&インタビュー

『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

今回は実際に日立鉱山で起きた出来事を映画化した『ある町の高い煙突』で、キーパーソンとなる加屋淳平役を演じた渡辺大さんにインタビューをさせて頂きました。今回の役柄についてや、俳優という職業について、お話を伺いました。

<PROFILE>
渡辺大(わたなべ だい):加屋淳平 役
1984年8月1日東京都生まれ。2002年に『新春ワイド時代劇壬生義士伝』で俳優デビュー後、テレビドラマ、映画で活躍。2018年には、映画『ウスケボーイズ』でマドリード国際映画祭、アムステルダム国際フィルムメーカー映画祭にて最優秀主演男優賞を受賞。さらに同年、ドラマ『中学聖日記』にも出演し、主人公を支える先生役を演じた。2020年には、司馬遼太郎原作、小泉堯史監督の映画『峠』にも出演予定。その他の主な映画出演作に『男たちの大和/YAMATO』『ラーメン侍』『相棒-劇場版III-巨大密室! 特命係 絶海の孤島へ』『るろうに剣心 京都大火編』『日本のいちばん長い日』『サブイボマスク』『覆面系ノイズ』『空飛ぶタイヤ』『散り椿』などがある。映画『ある町の高い煙突』では、農民と住民側の交渉役である企業、日立鉱山の庶務係、加屋淳平(実在の角弥太郎にあたる人物)役を好演。

己の内面を上げていくことが、役者としてのステージアップ

映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大

マイソン:
100年前の実話を映画化した作品とのことですが、脚本を読んだ時の純粋な印象はどうでしたか?

渡辺大さん:
企業と地域住民の方のストーリーは、作品にすると対立して相手を叩きのめそうっていうものが多いなかで、いかにお互いが共生して、理想を貫き通すかっていう理想を現実にした人達だなと思いました。それが現実にあるわけだから、理想も捨てたもんじゃないなって。僕としては希望を持ちながら、作品に参加させて頂きました。

マイソン:
演じられた役柄は、板挟みになる一番辛い立場でしたが、この役を演じることが決まった時はどんな心境でしたか?

渡辺大さん:
とにかく台本ができ過ぎているというか、僕の演じた淳平に関しては、人としてできているなって。この映画を観た人に、「淳平が良い人過ぎて、逆にあとで悪人になっちゃうのかと思った」と言われましたが、本当に筋のある一本気な人で、僕はなかなかああいう風には生きられないけど、板挟みになってもどこかで理想を描いて生きている人っていうのは、すごく良かったと思います。ただ、良い部分だけじゃなくて、その人の弱さみたいなものもピックアップされると、すごく人間臭くなって、良い人だなってなるんじゃないかと思っていて、そういうポイントポイントのアクセントを残しつつ演じました。

映画『ある町の高い煙突』渡辺大

マイソン:
私も、淳平は本当は悪役なのかなと思いながら観てました。すごく魅力的なキャラクターでしたよね。少し話題が逸れますが、関根というキャラクター(井手麻渡)については、進学を諦めて家を継ぐかどうかという展開も出てきました。渡辺さんも芸能界は身近にあったと思いますが、俳優になりたいと思ったきっかけになった作品や出来事はありますか?

渡辺大さん:
邦画と洋画で2つあって、洋画は『マトリックス』なんです。当時僕は6回くらい映画館で観たんです。それくらいおもしろくって。

マイソン:
1作目だけで6回も観たんですか?

渡辺大さん:
そうなんです。当時僕は小学生で、土曜日とかに友達と有楽町で待ち合わせをして映画館で映画を観るのがすごく好きだったんです。映画は身近な存在でしたけど、昔は洋画ばかりよく観ていて、遠い憧れみたいな存在でした。でも中学2年生くらいの時に、本広克行監督の『スペーストラベラーズ』という作品を観て、それにうちの父(渡辺謙)が出ていたんですけど、邦画のおもしろさがすごくわかって、映画に出る出ないとかじゃなくて、こういうエンタテインメントの世界はおもしろいなっていう風に思ったんですよね。それが俳優になりたいと思ったきっかけですね。

マイソン:
ジャンル的にはSFがお好きなんですか?

渡辺大さん:
エンタテインメント系は多かったですね。中学生の頃ってやっぱりそういうのが好きじゃないですか、カッコ良いし。そういうのを観て憧れてた世代でしたね。

映画『ある町の高い煙突』渡辺大/石井正則

マイソン:
では、実際に俳優のお仕事をされて、これはすごくおもしろいって思うのは、どんなところですか?

渡辺大さん:
いろいろありますよ。いろいろな人生を生きられるし、実生活でできないこともいっぱいできるし、違う人になれるし、いろいろな職業ができて、いろいろな感情も伝えられる。それはすごく良いことですよね。自分が演じたシーンが繋いだらこうなるんだとか、1〜2ヶ月で作ったものが、映画として完成した時に2時間くらいにまとまるわけじゃないですか。そういうのを観る楽しさってのはありますね。

マイソン:
1作品ずつできあがっていく達成感はあると思うんですが、例えば会社員のように、雑用係から位が上がっていくとかっていう、身の回りのわかりやすい変化がない点では、同じ職業を続けていくのはどんな感覚なんでしょう?

渡辺大さん:
役者は役者っていう役職しかないので、自分の中で上げていかないといけないですよね。いつまでも新人みたいなことばっかりやっていてもしょうがないし、自分の人生の重ね方が、役者としての役職になっていくと思うので、もちろん芝居をする技術というのは大事だと思うんですけど、己の内面を上げていくことが、役者としてのステージアップに繋がるんじゃないかなって思います。そこは忘れないようにしていきたいなと思います。

マイソン:
どんな役もそれなりに難しさはあると思うんですけど、壁を越えられたと思える瞬間を演技をしている時に体感することってあるんですか?

渡辺大さん:
常に暗中模索している感じがあって、だから到達した気分もないんです。全部が全部落ち込むことはないですけど、いろいろずっと考えてはいますね。終わった後でももちろん、ずっと宿題をしている感じです。でも、普通だったら宿題もA判定、B判定って、いろいろな人に評価されて返ってくるけど、演技は明確な答えが返ってこないので、難しいというか。そこで自分に折り合いを付けて、どういう風にやっていこうかって考えています。学生と違って卒業もないし、会社員と違って定年もないので、そこは自分で考えてやるしかないのかなっていうのはあります。

マイソン:
でもわからないからこそ、続けられるみたいなところもあるんでしょうかね。

渡辺大さん:
そうだと思います。何をやっていても全然答えが出ないんですよね。何となくこういうものかなって得るものはあるんですけど、はっきりこれだとは言えないというか。

映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大

マイソン:
たしかに正解は一つではなさそうですもんね。一つ計る部分で言うと、観客の反応だと思うんですが、今の時代だとすぐにSNSとかネットとかで検索できます。渡辺さんは、そういうネットの反応を見たりしますか?

渡辺大さん:
僕は見ますよ。やっぱりどういう感想を持っているのかっていうのは、そういうのを見るとわかりますよね。何となく気分で気に入らないって書く人もいるだろうし、ちゃんと冷静に書いている人もいるだろうし。そういう言葉は自分のお師匠さんみたいなもので、観てくれる人が一番のお師匠さんだと思います。

マイソン:
では最後に、映画をたくさん観ている方にとっては、こういう歴史が描かれた社会的な作品でも観るハードルは低いと思うんですけど、逆に年に2〜3回だけ話題になった作品を観るくらいの方には、この作品はどうやってオススメすると観やすいでしょうか?

渡辺大さん:
この作品は派手な映画じゃないですけど、僕は本当に良い意味で“地味で良い映画”だなって思えたんですよ。それがなぜかと考えた時に、究極の泥臭さと非合理的な部分があって、本当にわかりやすい他者との共生を描く作品で、かえってそれが僕は良いんじゃないかなって。いろいろな人との対立や、煙害と向き合うなかで、自分がどれだけ寛容に共生していけるかを考え、生きていく意味での定義みたいなものを考えられる作品だと思うので、そういう意味で言うと、やっぱりこの映画が良かったよって言ってくれる方を増やすのが一番かなって思いますね。

映画『ある町の高い煙突』渡辺大さんインタビュー

マイソン:
さっきおっしゃったみたいに、最近は対立してギャフンと言わせるものが多いなかで、ちょっと意外な展開だったので、新鮮でした。

渡辺大さん:
とはいえ、特定企業のイメージアップのための映像ではなく、泥臭い部分もちゃんと描いているんですよね。皆いろいろな社会に生きているなかで、自分が属しているグループとは一体どういうところで、どういう理想があって、自分もその理想を持っているのかっていうことを、大なり小なり考えてもらえれば、僕は良いかなと思います。

マイソン:
今日はありがとうございました!

2019年4月18日取材 PHOTO & TEXT by Myson

映画『ある町の高い煙突』井手麻渡/渡辺大

『ある町の高い煙突』
2019年6月14日(金)より、ユナイテッド・シネマ水戸、シネプレックスつくばにて先行公開中/6月22日より全国公開
監督・脚本:松村克弥
出演:井手麻渡/渡辺大/小島梨里杏/吉川晃司/仲代達矢/大和田伸也/小林綾子/渡辺裕之/六平直政/伊嵜充則/石井正則/螢雪次朗/斎藤洋介/遠山景織子/篠原篤/城之内正明/大和田健介/たくみ稜
配給:エレファントハウス、Kムーブ

1910年、日立鉱山から煙害が発生。隣村の茨城県久慈郡入四間の権力者である兵馬は、事態を重く見て鉱山会社へ掛け合うが、補償をする代わりに煙害を我慢するよう一方的に言われてしまう。そんな兵馬は孫の三郎に、30年前に村長として採掘権を許可したのは自分だと告げ、その5日後にこの世を去る。遺された三郎は祖父の遺志を継ぎ、進学も外交官になる夢も諦め、煙害と闘うと決意する。
JXTGグループ、日立製作所、日産自動車など春光グループの源流である日立鉱山(現・JX金属)におけるCSRの原点となった物語。

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© 2019 Kムーブ

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ジョー・マンテロ ジョー・マンテロ

1962年12月27日アメリカ生まれ。俳優、監督として活躍中。“ The Normal Heart(原題)”など…

映画『ミナリ』スティーヴン・ユァン 『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥 ターコイズの空の下で

裕福な家庭で甘やかされて育った日本人青年のタケシは、ある日、実業家の祖父により外モンゴルの草原へ送り込まれ…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ディラン・マクダーモット ディラン・マクダーモット

1961年10月26日アメリカ生まれ。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に…

映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー ステージ・マザー

テキサスの田舎町に住むごく普通の主婦メイベリンは、ある⽇、⻑らく疎遠だった息⼦のリッキーの訃報を受け…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ダレン・クリス ダレン・クリス

1987年2月5日アメリカ、カリフォルニア州サンフランシスコ生まれ。『glee/グリー』…

映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ ガンズ・アキンボ

ダニエル・ラドクリフが演じる主人公マイルズが、ある日、殺し合いを生配信する闇サイトで…

海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス 殺人を無罪にする方法

ヴィオラ・デイヴィス主演、『グレイズ・アナトミー』や『スキャンダル』を手掛けるションダ・ライムズが製作総指揮のドラマです。

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』デヴィッド・コレンスウェット デヴィッド・コレンスウェット

1993年7月8日アメリカ生まれ。俳優、脚本家として活躍中。2016年に…

映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール MISS ミス・フランスになりたい!

本作は、「ミス・フランスになりたい」という幼い頃からの夢を叶えるために…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

映画『ディープ・ブルー3』 怖い?笑える?映画好き女子的サメ映画の魅力特集

サメ映画の魅力を再発見するべく、編集部独断でサメ映画の代表作を選抜し、各作品の魅力やオススメポイントについて部員の皆さんに聞いてみました!

REVIEW

  1. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  2. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  3. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
  4. 海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
  5. 映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール
  6. 映画『あのこは貴族』門脇麦/水原希子
    あのこは貴族

  7. 映画『カポネ』トム・ハーディ
    カポネ

  8. 映画『モンテッソーリ 子どもの家』
  9. 映画『藁にもすがる獣たち』ペ・ソンウ
  10. 映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』ダニア・デ・ヴィラーズ
PAGE TOP