取材&インタビュー

『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督

手紙の代読をきっかけに、老人と若者の心の触れ合いと変化を描いた映画『ぶあいそうな手紙』。今回は、本作で監督と脚本を務めたアナ・ルイーザ・アゼヴェードさんにリモート取材をさせて頂きました。大きな年齢差のある登場人物のキャラクター設定や、理想の老後、さらに手紙の良さについて伺いました。

<PROFILE>
アナ・ルイーザ・アゼヴェード:監督・脚本
1959年ブラジル、ポルトアレグレ生まれ。UFRGS大学ブラジル美術学科卒業。制作会社カサ・ジ・シネマ・ジ・ポルトアレグレの創設メンバー。1984年から映画界で働き始める。1994年にドキュメンタリー映画“Ventre Livre(自由な子宮)”で注目され、2000年の短編劇映画“3 Minutos(3分間)”でカンヌ国際映画祭短編映画部門に選ばれた。2002年、自ら脚本を手がけた“Dona Cristina Perdeu a Memória(記憶をなくしたクリスティーナ夫人)”では、ブラジリア映画祭、グラマード映画祭などでグランプリを受賞。同じく自身の脚本による初の長編作品『世界が終わりを告げる前に』(2010)では、ポルトアレグレ郊外の田舎町に暮らす高校生達を主役に多感な時期の心の変化を丁寧に描き、2009年サンパウロ国際映画祭優秀長編ブラジル映画賞はじめ、国内外の数々の賞に輝いた。2020年日本公開の映画『ぶあいそうな手紙』では監督と脚本を務め、サンパウロ国際映画祭批評家賞、プンタデルエステ国際映画祭観客賞を受賞した。

手紙は、その人の時間を使ってわざわざ書いて送るからこそ価値がある

映画『ぶあいそうな手紙』ホルヘ・ボラーニ/ガブリエラ・ポエステル

シャミ:
78歳のエルネストと、23歳のビアのやり取りがすごく素敵だったのですが、年の差のある2人の関係性を通して、監督が1番伝えたかったのはどんなところだったのでしょうか?

アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督:
自分と違う人達と共生することは、非常に重要なことだと思うんです。高齢者が若者と一緒にいると、もっとアクティブになることができると思っていて、例えば、映画の現場のスタッフも若い人が多いのですが、私自身若い人達と一緒にいることで、彼らの考えを知ることができたり、刺激を受けることがたくさんあります。つまり、魂が若返るというか、そういうことがあると思うんです。もし、高齢者同士だけで付き合うとなると、どこが痛いとか、病気の話ばかりになってしまうじゃないですか(笑)。でも若い人と一緒にいたら全然違う話になると思いました。

シャミ:
なるほど〜。最初ビアはエルネストに付け入ろうとしているようにも見えましたが、キャラクター設定でこだわった点などありますか?

アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督:
ビアはその日暮らしをしていて、あまり未来のことを考えていない人で、非常に孤独なんです。でも、実はエルネストも孤独なんですよね。ビアは生活上の困難をいつも1番簡単な方法で解決しようとしていて、例えば、エルネストからお金を盗むことで、その日の問題を解決するんです。一方エルネストは、人生の終盤で、視力を失いつつもあり、決まり切った規則正しい生活を送っていて、ただ時間が経つのを待っているんです。でも、ビアが現れたことで、彼は全然別の世界を知るわけです。そこからエルネストは、ただ時が経つのを待つだけでなく、もっと積極的に生きても良いんじゃないかという可能性を感じ、ビアにももっと明日のことを考えないといけないということを見せていくんです。それが文学的なやり取りとか、手紙の代読や代筆のやり取りを介して双方に芽生えていきます。エルネストは、自分の思っていることを言葉にすることができない人でしたが、ビアがそれをできるようにする。一方、ビアはお金がないし、先々のことを考えない自由な人でしたが、エルネストと交流することで、他の人のことも考えることができるようになり、だんだんと変わっていくわけです。そういう意味で2人の間には大きな心の交流があったということだと思います。

映画『ぶあいそうな手紙』ホルヘ・ボラーニ/ホルヘ・デリア

シャミ:
エルネストは、1人暮らしをしていましたが、日本でも高齢化が進んでいて、1人暮らしの高齢者が多い現状があります。ブラジルでも1人暮らしの高齢者は多いのでしょうか?

アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督:
そうですね。ブラジルでも高齢者の数は、今すごく増えていて、1人暮らしも増えいます。高齢者の1人暮らしはだんだんと肉体的な制約が出てきて、難しくなりますよね。そうすると、どこでどうやって暮らすのかが非常に大きな問題になります。それと同時にブラジルは、年金がものすごい勢いで減額されていて、経済的にも生活するのが困難になってきている人達が多いんです。だからといって、高齢者向けの施設に入るのもなかなか難しいし、環境にもよりますよね。

シャミ:
エルネストが息子から同居を提案される場面もありましたが、エルネストの考えや最終的な選択はすごく新鮮で素敵だなと思いました。監督ご自身は、どんな老後が理想ですか?

アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督:
高齢者にとって1番良いのは、自分の若い時の記憶、もしくは愛着がある場所に暮らすことだと思います。最近出てきた可能性としては、いわゆるグループホームで、高齢者の人達がプライバシーを確保しながら暮らすというのも良いなと思いました。また、釜山での上映時に、韓国では高齢者が自分の家の部屋を若い人に間借りさせるというのがトレンドだと聞いて、それもおもしろいなと思いました。やっぱり同じ家で子どもの家族と同居するのは、なかなか難しいことだと思うんです。でも高齢者が1人暮らしをずっと続けるのも限界があるので、近居という形がまだ望ましいのかなと思います。もしくはエルネストのような決断をすることもアリですよね。

映画『ぶあいそうな手紙』ホルヘ・ボラーニ/ジュリオ・アンドラーヂ

シャミ:
それも良さそうですね!エルネストはルシアと手紙のやり取りをしていましたが、現代では携帯電話やパソコンを使ってのメールのやり取りが主流になっていて、監督が思う手紙の良さとはどんなところでしょうか?

アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督:
私は、80年代にしばらく海外に住んでいたことがあって、当時はインターネットがなかったので、友達や家族にいつも手紙を書いていました。また、別の国にいる友達にも手紙を書いていたことがあって、私自身、手紙での交流経験が結構あるんです。家に帰って、誰かから手紙が来ていないかポストを確認するのがすごく楽しみで、送る時は、手紙の内容を考えるのはもちろん、封筒を手作りしたり、手紙以外に何を入れるのか考えたりもしました。それは自分だけでなく、手紙をやり取りする相手もそうやっていろいろ考えながら送ってくれるんですよね。手紙というのは、その人の時間を使ってわざわざ書いて送るものなんです。なかには、本当に分厚い手紙が来て、いっぱい切り抜きが貼ってあったこともありました(笑)。そういった手紙の価値をこの作品にも少し反映したいなという思いがあったんです。手紙に関して言うと、今は書簡集というものがありますよね。例えばプラトンの書簡集とか、ゴッホが弟と交わした書簡集とか、若い詩人達や作家がどういう手紙を書いていたのかというのが本になって出ている時代でもあるわけです。同時にインターネットが私達のさまざまな扉をあっという間に開いてくれ、一方で記憶というものが簡単に失われてしまう時代でもあると思います。ハードディスクが壊れてしまうと、その場でデータがなくなってしまって、もう後を辿ることができなくなりますよね。それに対して手紙というのは、「この人にはこの便箋で送りたいな」と、わざわざ買いに行って送るという手間があって、そこにはやはり心がこもっているなと感じます。

映画『ぶあいそうな手紙』アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督

シャミ:
では、最後の質問です。今の手紙のお話とも通ずるものがあるかも知れませんが、映画も映画館だけでなく、スマホやタブレットでも観られるようになりましたが、監督の思いとしては映画をどう観て欲しいですか?

アナ・ルイーザ・アゼヴェード監督:
個人的には映画館に行って映画を観るのがすごく好きです。やはり映画館に行くのと、テレビや携帯などの小さい画面で観るのとでは、観客が映画に入り込む没入感や集中力が全然違うと思うんです。でも映画の作り手としては、観客が自分の作品をどこでも観られるということをいつも頭に置いておく必要があると思っています。作り手としては、ディテールを描くことにこだわりたくて、表の場面ではこういう風に出ているけど、裏にはこういうことがあるよっていうのを画面の中で表現したいという思いもあって、そうするとやはり細かい部分は小さい画面だと見えないんです。だから、できれば私の映画は大きな画面で観て欲しいなと思います。

シャミ: ありがとうございました!

2020年6月15日取材 TEXT by Shamy

映画『ぶあいそうな手紙』ホルヘ・ボラーニ/ガブリエラ・ポエステル

『ぶあいそうな手紙 』
2020年7月18日(土)シネスイッチ銀座、7月31日(金)シネ・リーブル梅田、伏見ミリオン座ほか全国順次公開
監督・脚本:アナ・ルイーザ・アゼヴェード
出演:ホルヘ・ボラーニ/ガブリエラ・ポエステル/ホルヘ・デリア/ジュリオ・アンドラーヂ
配給:ムヴィオラ

ブラジル南部ポルトアレグレの街。78歳のエルネストは1人暮らしをしていた。高齢で視力を失いつつあり、このまま人生は終わるだけだと思っていたある日、1通の手紙が届く。差出人はウルグアイ時代の友人の妻だった。エルネストは、偶然知り合った若いブラジル人女性ビアに手紙を読むように頼む。それを機に、エルネストの部屋にビアが出入りするようになる。しかし、それは彼の人生を変える始まりだった…!?

公式サイト 映画批評&デート向き映画判定

© CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾 くれなずめ

高校時代につるんでいた6人の仲間達は、友人の結婚披露宴の余興で赤いフンドシを付けて踊る…

映画『モンスターハンター』トニー・ジャー トニー・ジャー

1976年2月5日、タイのスリン県生まれ。15歳の時、タイ・アクション界の巨匠パンナー・リットグライのもとで…

映画『ブックセラーズ』 ブックセラーズ

文化的な歴史のなかで、本には長い歴史があります。今では…

映画『モンスターハンター』ミラ・ジョヴォヴィッチ ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国生まれ。1998年に『トゥー・ムーン』で…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告

本作は、とある事情で娘一家の家に移り住むことになったおじいちゃん(ロバート・デ・ニーロ)と、おじいちゃんに部屋を取られ…

映画『スプリー』ジョー・キーリー スプリー

SNSでバズろうと躍起になり、我を失う若者を描いた本作は、サンダンス映画祭で話題を呼び、全米では33館という小規模の公開ながら…

映画『すばらしき世界』六角精児 六角精児(ろっかく せいじ)

1962年6月24日生まれ。兵庫県出身。1982年に劇団”善人会議(現・扉座)”の旗揚げに参加し、…

Netflix映画『彼女』インタビュー:廣木隆一監督&さとうほなみさん Netflix映画『彼女』廣木隆一監督、さとうほなみさんインタビュー

Netflix映画『彼女』の廣木隆一監督、さとうほなみさんにインタビュー。監督、主演の立場から、本作の魅力をいろいろと語っていただきました。お2人の楽しい掛け合いから、撮影現場でも和気あいあいとされていたのかなというのが伝わってきました。

映画『SNS-少女たちの10日間-』 SNS-少女たちの10日間-

SNSが普及した昨今、ネット上で子ども達が危険な目に遭っていることが問題視されています。これは…

映画『るろうに剣心 最終章 The Beginning』安藤政信 安藤政信(あんどう まさのぶ)

1975年5月19日、神奈川県生まれ。1996年、北野武監督&脚本作…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

REVIEW

  1. 映画『くれなずめ』成田凌/若葉竜也/浜野謙太/藤原季節/目次立樹/高良健吾
    くれなずめ

  2. 映画『ブックセラーズ』
  3. 映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』ロバート・デ・ニーロ/オークス・フェグリー
  4. 映画『スプリー』ジョー・キーリー
    スプリー

  5. 映画『SNS-少女たちの10日間-』
  6. 映画『るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning』佐藤健/武井咲/新田真剣佑/青木崇高/蒼井優/有村架純/江口洋介
  7. Netflix映画『マ・レイニーのブラックボトム』ヴィオラ・デイヴィス/
  8. Netflix映画『私というパズル』ヴァネッサ・カービー/シャイア・ラブーフ
  9. 映画『AVA/エヴァ』ジェシカ・チャステイン
    AVA/エヴァ

  10. Netflix映画『彼女』水原希子/さとうほなみ
    彼女

PAGE TOP