イイ俳優セレクション

中川大志(なかがわ たいし)

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『砕け散るところを見せてあげる』中川大志

1998年6月14日、東京都生まれ。2009年にNHK BS-hiで放送された『わたしが子どもだったころ』の再現VTRで俳優デビュー。その後2010年に映画『半次郎』で映画デビューを果たし、TVドラマ『家政婦のミタ』の出演で一躍注目を集める。その後、『GTO』『夜行観覧車』『水球ヤンキース』『地獄先生ぬ~べ~』『南くんの恋人~my little lover』など、数々の人気ドラマやCMなどに出演。2015年の映画『青鬼 ver.2.0』では映画初主演を飾った。2016年には、NHK大河ドラマ『真田丸』にも出演。その他の主な映画出演作に『通学シリーズ 通学電車/通学途中』『四月は君の嘘』『きょうのキラ君』『ReLIFE リライフ』『坂道のアポロン』『虹色デイズ』『覚悟はいいかそこの女子。』『サムライマラソン』などがある。

イイ男セレクション/出演作

『半次郎』『青鬼 ver.2.0』『通学シリーズ 通学電車/通学途中』『四月は君の嘘』『きょうのキラ君』『ReLIFE リライフ』『坂道のアポロン』『虹色デイズ』『覚悟はいいかそこの女子。』『サムライマラソン』『砕け散るところを見せてあげる』など

声の出演:『ソニック・ザ・ムービー』(日本語吹き替え版)『ジョゼと虎と魚たち』など

イイ俳優セレクション/イイ俳優ポイント

初めて観たときは、福士蒼汰にそっくりだなと思っていたのですが、『四月は君の嘘』では、別人かなと思うくらい雰囲気が変わっていて、カッコ良さに磨きがかかったなと思いました。爽やかさは健在ながら、少し大人っぽくなったせいか、男らしさが増したんでしょうか。『きょうのキラ君』での彼は、カッコ良すぎて、劇中のシーンもキュンキュンが多かったので、好みのタイプじゃないのに(知らんがな・笑)、心を持っていかれました。『ReLIFE リライフ』では、高校生役と同時に、27歳のキャラクターを演じていて、撮影当時の実年齢よりも10歳ほど上の役柄ですが、もともと大人びて見えるせいか、違和感なく演じていました。『坂道のアポロン』では、金髪でマッチョな身体を披露していて、引き出しの多さを披露。このまま年を重ねていくとどうなるのか、楽しみです。

Recommended by Myson

出演作を観てみよう!

『砕け散るところを見せてあげる』
2021年4月9日より全国公開

映画『砕け散るところを見せてあげる』中川大志/石井杏奈/井之脇海/清原果耶/松井愛莉/北村匠海/矢田亜希子/木野花/原田知世/堤真一

下記の作品は、ブルーレイ&DVDレンタル・発売中、デジタル配信中です。
ジャケット写真をクリックすると、Amazonのデジタル配信もしくはパッケージ販売に飛びますので、ぜひご覧ください。
※一部、ブルーレイorDVDのレンタル、発売、デジタル配信がないものもございます。

『半次郎』

『青鬼 ver.2.0』

『通学シリーズ 通学途中』

『四月は君の嘘』

『きょうのキラ君』

『ReLIFE リライフ』

『坂道のアポロン』

『虹色デイズ』

『覚悟はいいかそこの女子。』

『サムライマラソン』

『ソニック・ザ・ムービー』(日本語吹き替え版声の出演)

『ジョゼと虎と魚たち』(声の出演)

©みゆ・エブリスタ
©2015「通学シリーズ」製作委員会
© 2016フジテレビジョン 講談社 東宝 © 新川直司/講談社
© 2017「きょうのキラ君」製作委員会
©2017 「ReLIFE」製作委員会 ©夜宵草/comico
©2018 映画「坂道のアポロン」製作委員会 ©2008 小玉ユキ/小学館
©2018『虹色デイズ』製作委員会 ©水野美波/集英社
©2018 映画「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
©椎葉ナナ/集英社
©“SAMURAI MARATHON 1855”Film Partners  GAGA.NE.JP/SAMURAIMARATHON
©2020 Seiko Tanabe/ KADOKAWA/ Josee Project
© 2020『砕け散るところを見せてあげる』製作委員会

関連記事

from 2015/7/3

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー 5月の花嫁学校

第2次世界大戦後の理想の良妻賢母を育成する家政学校を舞台にした物語。フランスを代表する名優ジュリエット・ビノシュが…

映画『グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告』クリストファー・ウォーケン クリストファー・ウォーケン

1943年3月31日、アメリカ生まれ。1978年『ディア・ハンター』で…

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ザ・スイッチ』ヴィンス・ヴォーン ヴィンス・ヴォーン

1970年3月28日アメリカ、ミネソタ州生まれ。1996年、カルトの傑作と称えられた『スウィンガーズ』に出演で…

映画『茜色に焼かれる』尾野真千子 茜色に焼かれる

本作は、7年前に理不尽な交通事故により夫を亡くした母と息子の物語。144分と長めの作品ではありますが…

映画『騙し絵の牙』松岡茉優 松岡茉優(まつおか まゆ)

1995年2月16日生まれ。東京都出身。2008年、『おはスタ』で“おはガール”として…

映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行 いのちの停車場

医師の仕事は、患者の病気や怪我を治すことというイメージはどうしてもありますが…

映画『ドリームランド』フィン・コール フィン・コール

1995年11月9日イギリス、ロンドン出身。俳優である兄ジョー・コールの後を追うように…

映画『ハチとパルマの物語』レオニド・バーソフ 『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『ハチとパルマの物語』10組20名様 キャスト登壇付き東京プレミア試写会ご招待

映画『テスラ エジソンが恐れた天才』カイル・マクラクラン カイル・マクラクラン

1959年2月22日アメリカ、ワシントン州ヤキマ生まれ。映画『デューン/砂の惑星』で…

部活・イベント

  1. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶
  2. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  3. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  4. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  5. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー

おすすめ記事

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』マイケル・J・フォックス/クリストファー・ロイド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画SF&ファンタジー&アドベンチャー編”

映画好き女子がシリーズ作品をどれくらい観ているのかという観点から、映画好きとして観ておきたい作品を検証。今回は、洋画のシリーズもので、SF、ファンタジー、アドベンチャー作品についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

映画『君の名は。』 【今さら観てないなんて言いづらい映画】映画好き女子の鑑賞実態調査

記録的な興行収入を叩き出した作品の中には社会的に大きなムーブメントを起こした作品もありますが、今回は映画好き女子がそういった作品をどのくらい観ているのか部員の皆さんに聞いてみました。

映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶 『まともじゃないのは君も一緒』を観た女子が到達した“まともな恋愛”の定義とは?

“普通(まとも)”がわからない予備校講師と、“普通”をわかったつもりの女子高生が、普通の恋愛とはどんなものかを探求していく『まともじゃないのは君も一緒』。本作を観ると答えに辿り着けるのか、映画好き女子の皆さんと座談会を行いました。「私だったら、あの選択はしない」「私も彼女と同じようにするかも」など、いろいろな意見、解釈が飛び交いました!

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

REVIEW

  1. 映画『5月の花嫁学校』ジュリエット・ビノシュ/ノエミ・ルヴォウスキー
  2. 映画『茜色に焼かれる』尾野真千子
  3. 映画『いのちの停車場』吉永小百合/松坂桃李/広瀬すず/西田敏行
  4. 映画『ペトルーニャに祝福を』ゾリツァ・ヌシェヴァ
  5. 映画『しあわせのマスカット』福本莉子
  6. 映画『地獄の花園』永野芽郁/広瀬アリス/菜々緒/川栄李奈/大島美幸/勝村政信/松尾諭/丸山智己/遠藤憲一/小池栄子
    地獄の花園

  7. 映画『ファーザー』アンソニー・ホプキンス/オリヴィア・コールマン
    ファーザー

  8. 映画『ジェントルメン』マシュー・マコノヒー/ミシェル・ドッカリー
  9. 映画『なんのちゃんの第二次世界大戦』西めぐみ
  10. 映画『大綱引の恋』三浦貴大/中村優一
    大綱引の恋

PAGE TOP