取材&インタビュー

『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュさんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュさんインタビュー

フランス人作家アニー・エルノーによるベストセラー恋愛小説の映画化『シンプルな情熱』。今回はその主人公エレーヌ役を演じたレティシア・ドッシュさんにリモートインタビューをさせていただきました。エレーヌのように既婚男性と恋愛をすることについてや、ベッドシーンの撮影について伺いました。

<PROFILE>
レティシア・ドッシュ:エレーヌ 役
1980年9月1日フランス、パリ生まれ。俳優、ダンサー、作家、演劇監督として才能を発揮している実力派。パリの演劇学校を経て、スイス・ローザンヌの舞台芸術高等教育学校にて学ぶ。2009年、“Complices(原題)”で長編映画デビュー。2012年、短編映画“Vilaine fille, mauvais garcon(原題)”に出演し、フランス国内の映画祭で多くの賞を受賞。2017年には、カンヌ国際映画祭のカメラ・ドール受賞作『若い女』で主人公を演じ、2018年のリュミエール賞有望女優賞を受賞した。その他の主な出演作に、ジュスティーヌ・トリエ監督作『ソルフェリーノの戦い』、クリストフ・オノレ監督作“Les Malheures de Sophie(原題)”、ギヨーム・セネズ監督作『パパは奮闘中!』などがある。『シンプルな情熱』では、主人公のエレーヌ役を好演。

肉体の交流があるからこそ、恋愛に光が差す

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ/セルゲイ・ポルーニン

シャミ:
原作は、作家のアニー・エルノーさんによる自身の実体験が綴られた作品ということですが、初めて原作を読んだ時に1番魅力を感じたのはどんな点でしたか?

レティシア・ドッシュさん:
実はこの映画が決まる前から、ずっとアニー・エルノーの作品を読んでいました。毎回やらしい作品だなと思うのですが、ちょっと胸が傷むような感覚もあるんです。彼女の作品には、恋人や両親との関係、それから中絶の話を描いた作品もあり、今回は男性との恋愛関係について描かれていましたが、私達が普段意識していないものが目の前に突きつけられるので、困惑しつつも毎回すごく感動します。

シャミ:
本作は原作者の経験が映画化されているということですが、エレーヌを演じる上で、難しかった点はありますか?

レティシア・ドッシュさん:
簡単でもあり、難しくもありました。簡単だというのは、脚本自体が使用説明書のようにすごく明確に主人公の行動が書かれていて、その通りにやれば良かったので、体現すること自体はあまり難しくありませんでした。難しかったのは、それが実在するアニー・エルノーの話であることはもちろん、女性としての感情表現に苦労しました。エレーヌの経験は、私の人生にも思い当たる部分があるので、それをもう一度追体験するように演じるということは、とてもキツかったです。でも、とても大切なことだと思って演じました。

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ/セルゲイ・ポルーニン

シャミ:
今回はベッドシーンも多くありましたが、どれもとても美しいシーンばかりでした。ベッドシーンを撮影するにあたって、意識したことや監督と話し合ったことがあれば教えてください。

レティシア・ドッシュさん:
ベッドシーンというのは、恋愛の一部なわけですから、あって良かったと思います。男性と女性に肉体の交流があるからこそ、恋愛に光が差すと思うんです。実は原作だと、あまりベッドシーンの描写はなかったのですが、脚本にはしっかりと描かれていたんです。監督は私の前にもキャスティングでたくさんの俳優と会ったそうですが、皆さんベッドシーンに躊躇して受けるのを嫌がる人もたくさんいたようです。私が受けた時も、単刀直入に「ベッドシーンがいっぱいあります」と言われたのですが、私は「それはとても素晴らしいことだわ」とストレートに返しました。ベッドシーンは8シーンくらいあるのですが、エレーヌとアレクサンドルの状況がその時々で変化する様子が描かれていて、2人の関係性が明確に示唆されていたのが本当に素晴らしくて、重要なシーンだったと感じます。

シャミ:
なるほど〜。レティシアさん自身の思い切りの良さもすごく映画にも反映されていたように感じました。

レティシア・ドッシュさん:
特に思い切りや勇気が必要だったのは、エレーヌの思いを表現する部分だったと思います。あの人が恋しい、寂しいという部分です。ベッドシーン自体は、それほど難しくなかったのですが、原作ではアニー・エルノー自身が自分のことをすごく正直に描いていたので、私がエレーヌを演じる上でもその正直さを出す必要がありました。だから、彼女が苦しんでいることを自分でも実感して出すことのほうが勇気のいることだったんです。それから、愛の狂気性という部分と、少し妄想するような彼女の頭の中で起きていることを体現することが大変でした。

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ

シャミ:
エレーヌがアレクサンドルにハマっていく様子は、まさに恋は盲目という感じで、共感できる部分もありつつ、客観的に観ると「そんなにハマらないほうが良いのに」と思ったのですが、レティシアさんご自身はエレーヌに共感できた部分はありますか?

レティシア・ドッシュさん:
彼女のように激しい情熱がやってきたら、選別するのではなく、パッケージのように全部受け取らないといけないと思うんです。だから、幸せな瞬間もあれば、リスクを取らないといけない時もあります。でも、いつか必ずリスクから抜け出すことができると思うので、やっぱりどんな時でもリスクは取るべきだと思います。

シャミ:
セルゲイ・ポルーニンさんが演じたアレクサンドルは、ルックスはもちろん、どこかミステリアスな雰囲気もある魅力的な男性でした。レティシアさんご自身は彼のような既婚男性をどう思いますか?

レティシア・ドッシュさん:
やっぱりそれぞれ責任を持たないといけないと思います。奧さんと別れるor別れないというのは、男性の責任で私の責任ではありません。私はその相手を愛することでリスクを取っているわけです。実は私もエレーヌと同じような経験をしたことがあります。もちろん誰にも辛い思いをさせたくないという気持ちはありましたが、それがたまたま既婚の男性だったらそれも仕方ないと思います(笑)。

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ/セルゲイ・ポルーニン

シャミ:
エレーヌには、母親、教師、友人、恋人としてのさまざまな面があり、だんだんとそのバランスが恋人に傾いていく様子が映し出されていました。どんな人にもいろいろな側面がありますが、レティシアさんご自身はそういったバランスを保つために気を付けていることなどありますか?

レティシア・ドッシュさん:
私自身はすごく仕事人間なので、バランスを取るのがすごく下手だと思います。だけど、男性より女性のほうが、その時々によってバランスの取り方が変化しますよね。一時期は家庭のこと、あるいはキャリアのことを一生懸命やる時もありますが、突然他のことにエネルギーを向けたい時も来ることがあります。だから、すべてをバランス良くではなく、今はこれ、今度はあっちと一生懸命やって、人生全体の中でバランスを取っていくことが大切だと思います。

シャミ:
すごく勉強になります。

レティシア・ドッシュさん:
これも経験よ(笑)!

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ/セルゲイ・ポルーニン

シャミ:
本作では、パリやフィレンツェ、モスクワなどの場所が映し出されていましたが、お気に入りの場所や、旅行する時のオススメスポットがあれば教えてください。

レティシア・ドッシュさん:
アルプス山脈はご存知ですよね。フランスには、“アルプスが2つある”という意味のレドゥザルプという村があるんです。以前そこで映画を撮ったことがあるのですが、冬は雪山でスキーもできて、雪がない時は、散策するのに最適なんです。森も川もあって、素晴らしい景色が目の前に広がるので、そこがオススメです。

シャミ:
大自然も素敵ですね!

レティシア・ドッシュさん:
日本にもたくさん山がありますし、レドゥザルプのような景色の山がいっぱいありそうですね。

シャミ:
国が違うとまた雰囲気も変わると思いますし、ぜひいつか日本の山にも来てみてください。

レティシア・ドッシュさん:
ぜひ行ってみたいです。

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュさんインタビュー

シャミ:
では最後の質問で、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

レティシア・ドッシュさん:
最近の映画ですが、『アナザーラウンド』というトマス・ビンターベア監督の作品がおもしろかったです。大学の教授があるデンマーク人の理論を発見するのですが、その理論は、人間の体内の血中濃度でアルコールが足りていないと幸せになれない、アルコール濃度が高くなると幸せになれるというもので、それを知った大学教授は、「僕ももっとハッピーになりたい」とアルコールを飲んで幸せになろうとするんです。この監督は、いつも悲劇と喜劇が同居するような物語を映画化していて、今回も1つのテーマというより、主人公の家族や教育を問うようないろいろなテーマを扱っているんです。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2021年6月15日取材 TEXT by Shamy

映画『シンプルな情熱』レティシア・ドッシュ/セルゲイ・ポルーニン

『シンプルな情熱』
2021年7月2日より全国公開
R-18+
監督:ダニエル・アービッド
出演:レティシア・ドッシュ/セルゲイ・ポルーニン/ルー=テモー・シオン/キャロリーヌ・デュセイ/グレゴワール・コラン
配給:セテラ・インターナショナル

パリの大学で文学を教えるエレーヌは、ミステリアスな魅力を持つアレクサンドルと出会い、恋に落ちる。今まで通り大学での授業をこなし、読書も続け、友人とも会っていたエレーヌだったが、彼と関係を重ねるたびにどんどんのめり込み、心はすべてアレクサンドルで占められていく。そんな状況下で彼からの電話をひたすら待ち続けるなか、エレーヌが最も恐れていたことが起きてしまう…。

公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©Photo by Carlos Alvarez
©2019 L.FP. Les Films Pelléas – Auvergne – Rhône-Alpes Cinéma – Versus production

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エターナルズ』オリジナルグッズ 『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『エターナルズ』オリジナルスマホリング&Tシャツ 2名様プレゼント

映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ アレックス STRAIGHT CUT

オリジナルの公開当時1人で映画館で観て、強烈な内容だったので今まで忘れることは…

映画『凜‐りん‐』佐野勇斗 佐野勇斗(さの はやと)

1998年3月23日愛知県生まれ。2015年に映画『くちびるに歌を』で俳優デビューし…

映画『CUBE 一度入ったら、最後』 CUBE 一度入ったら、最後

この映画を日本で作るとはちょっと意外に感じましたが、一方でオリジナルがすごくおもしろくて個性的なので、もっと早く…

映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン ビルド・ア・ガール

本作は、原作者であり本作の脚本も担当しているキャトリン・モランの半自伝的小説“How To Build A Girl”を映画化したものです。キャトリン・モラン自身、15歳で…

映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』ラシャーナ・リンチ ラシャーナ・リンチ

1987年11月27日イングランド生まれ。『キャプテン・マーベル』に出演し…

映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ グレタ ひとりぼっちの挑戦

環境保護の活動家グレタさんのことは知っていましたが、彼女の詳しい背景について本作を観て知り、驚かされました…

映画『にがくてあまい』川口春奈/林遣都 映画で“食”について考えてみよう16:夏の疲れを癒やす秋の食材

いよいよ“食欲の秋”が到来ということで、今回は今が旬の秋の食材について特徴や栄養を紹介したいと思います。

映画『最後の決闘裁判』ベン・アフレック ベン・アフレック

1972年8月15日アメリカ生まれ。監督、俳優、脚本家、プロデューサーとして活躍し…

映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』 ロン 僕のポンコツ・ボット

スマホよりも高性能で友達まで探してくれる最新式ロボット型デバイス“Bボット”。主人公バーニーが通う中学校では皆持っているような状況…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん
  2. 映画『おとなの事情』
  3. MOPIE PARK(ムーピー・パーク)zoom開催イメージ
  4. 映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬
  5. 映画『まともじゃないのは君も一緒』成田凌/清原果耶

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ママと赤ちゃん 子育てと映画生活について語ろう!トーキョー女子映画部“交流会”vol.4参加者募集

交流会第4回は時間帯を変えて実施します。テーマは「子育てと映画生活」ということで、子育て中の皆さんは今どんな風に映画と触れあっていらっしゃるのか、子育てを終えられた方は当時どんな風に映画と接してらっしゃったか、これから出産予定の方は先輩ママから教えて欲しいことなど、情報交換の場となれば嬉しいです。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン お気に入りのスパイ映画はどれ?スパイ映画人気ランキング

シリアスな展開やハラハラドキドキするアクションシーンも楽しめるスパイ映画。今年は、『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』『キングスマン:ファースト・エージェント』など超目玉作品の公開が続きます。そこで今回は、編集部独断でスパイ映画の代表作を選抜し、皆さんのお気に入りの作品を聞いてみました!

映画『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』ダン・スティーヴンス/レスリー・マン/アイラ・フィッシャー 好きな人が付き合っていた人ってどんな存在?『ブライズ・スピリット〜夫をシェアしたくはありません!』アンケート特集

驚異の2000回上演を果たしたノエル・カワードの名作戯曲「陽気な幽霊」を原案とし、『ダウントン・アビー』のスタッフとキャストが作った本作。今回は副題にある「夫をシェアしたくはありません!」というテーマにそったアンケートを実施し、映画好きの皆さんの本音を調査しました。

映画『真夜中の五分前』三浦春馬/リウ・シーシー(中国) 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集4:ドラマ、サスペンス、ホラー編

本特集はついに最終回!今回は、ドラマ、サスペンス、ホラー編を紹介します。

映画『映画 太陽の子』柳楽優弥/有村架純/三浦春馬 今の私達と変わらない若者達の本音に共感『映画 太陽の子』部活リポート

今回は、太平洋戦争末期に行われていたとされる“F研究”と呼ばれる日本の原爆開発の事実を基に、その研究に関わった若者達やその家族達の葛藤を描いた青春群像劇『映画 太陽の子』を観て、座談会を行いました。当時の若者達がどんなことを思っていたのか、本心はどうだったのかと想像しながら、自分達ならどうしていたか、いろいろな視点で語っていただきました。

映画『ナイト ミュージアム/エジプト王の秘密』ベン・スティラー/ロビン・ウィリアムズ/ベン・キングズレー他 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、恋愛、コメディ、ドラマ、クライム編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。映画好き女子による思い入れあるコメントにも注目です!

映画『レイダース失われたアーク《聖櫃》』ハリソン・フォード あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『インディ・ジョーンズ』

「勝手にキャスティング企画!」第5弾は、『インディ・ジョーンズ』。ハリソン・フォードが演じたインディ・ジョーンズ役、ショーン・コネリーが演じたヘンリー・ジョーンズ(インディの父親)役を新たに演じるとしたら誰が良いか挙げていただきました。

映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』ビル・スカルスガルド 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジー編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズ、ホラー、スリラー、サスペンス、ダークファンタジーについてアンケートを実施し、ランキングを出しました。ぜひ参考にしてみてください!

映画『インターステラー』マシュー・マコノヒー 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集3:SF&ファンタジー編

今回は、SF&ファンタジー編!迫力あるシーンや美しい映像がたくさん登場するSF&ファンタジー作品ですが、今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

映画『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』トム・クルーズ 映画好きとして観ておきたい映画ランキング:シリーズもの“洋画アクション編”

今回は、編集部独断で選抜した洋画シリーズアクション編(アニメーションを除く)についてアンケートを実施し、ランキングを出しました。

REVIEW

  1. 映画『アレックス STRAIGHT CUT』モニカ・ベルッチ
  2. 映画『CUBE 一度入ったら、最後』
  3. 映画『ビルド・ア・ガール』ビーニー・フェルドスタイン
  4. 映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』グレタ・トゥーンベリ
  5. 映画『ロン 僕のポンコツ・ボット』
  6. 映画『ひらいて』山田杏奈
    ひらいて

  7. 映画『G.I.ジョー:漆黒のスネークアイズ』ヘンリー・ゴールディング
  8. 映画『アミューズメント・パーク』リンカーン・マーゼル
  9. 映画『THE MOLE(ザ・モール)』ウルリク・ラーセン
  10. 映画『〈主婦〉の学校』
PAGE TOP