取材&インタビュー

『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

シングルマザーや無戸籍者といった現代社会にも通ずるテーマが描かれた映画『空のない世界から』。今回は本作で主人公の麻衣香役を演じた兒玉遥さんにインタビューさせていただきました。本作で初挑戦した母親役のお話や、元HKT48ということでアイドル経験が俳優活動に活かされている点について直撃しました。

<PROFILE>
兒玉遥(こだま はるか):藤井麻衣香 役
1996年9月19日生まれ。福岡県出身。2011年、HKT48の第1期生オーディションに合格し、活動を開始。HKT48ではセンターポジションを務め、2016年開催の第8回AKB48選抜総選挙では、自身最高の第9位に輝いた。その後、2019年6月にHKT48を卒業し、俳優活動を本格始動する。2019年、舞台“私に会いに来て”に出演。その他にも舞台、映画など、さまざまな分野で活躍中。映画『空のない世界から』では、主演を飾り、夫のDVが原因で妊娠中に家を出たシングルマザー役を好演。


自分が思っている以上に他人は優しくて、助けてくれる人がたくさんいるはず

映画『空のない世界から』兒玉遥/つむぎ

シャミ:
最初に本作の脚本を読んだ時、麻衣香というキャラクターにどんな印象を受けましたか?

兒玉遥さん:
麻衣香は本当に極限状態にいる女性だと感じました。夫から逃げて生きることはすごく辛いと思いますし、社会的に弱い立場にいて、それを自分でもわかっているからこそさらに隠れようとする意識が強くなっているのかなと思いました。

シャミ:
麻衣香を演じる上で難しいと感じた点や、挑戦だった部分はどんなところですか?

兒玉遥さん:
まず母親役が初めてだったので、それが1番の挑戦でした。私にとって母親は偉大で尊敬できて、明るくて元気なイメージが強かったのですが、麻衣香はシングルマザーで、厳しい状況にいる人物だったので、私に演じられるのか半信半疑でした。

映画『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

シャミ:
本編を観ていても麻衣香の苦しい心境が伝わってきました。なので、演じるのもすごく大変そうだなと感じました。

兒玉遥さん:
そうですね。麻衣香にとって娘のさくらがいることが1番の原動力になっていて、どんなに辛くても娘のために頑張りたいという気持ちが大きかったと思います。だからこそ演じる上でもそこはしっかり表現したいと思いました。

シャミ:
役づくりはどのようにしていったのでしょうか?

兒玉遥さん:
役のイメージは、小澤監督が何度もディスカッションをする機会を作ってくださったので、そこで自分のわからないことや、ここはどう表現したら良いのかということを話してイメージを擦り合わせました。そういった話し合いのおかげもあり、不安なく自信を持って撮影本番を迎えることができました。どうやって役作りをしたのかというと少し難しいですが、無戸籍やシングルマザーをテーマにした作品を観たりして、イメージを深めていきました。

映画『空のない世界から』兒玉遥

シャミ:
なるほど〜。無戸籍やシングルマザーといった社会的なテーマについても監督と話し合いをされましたか?

兒玉遥さん:
最初に周りにそういった方がいるかどうかの確認がありました。私の周りには、結婚や出産をしたことがある方、シングルマザーもいますが、麻衣香ほど辛い状況ではありません。結婚や出産は、本来ハッピーなイメージが強いと思いますが、なかなか現実で麻衣香のような人に目を向けたり、考える機会がなかったので、だいぶ苦戦しました。麻衣香になりきれたかどうかは自分ではわからないので、観た方にしか正解がわからないのかなと思います。

シャミ:
本編を観ていてもしっかり伝わってくるものがありました。

兒玉遥さん:
ありがとうございます!

シャミ:
この作品に出る前と後とで母親像やシングルマザーに対する見方で変わったところはありますか?

映画『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

兒玉遥さん:
私は元からお母さんのことが大好きで尊敬していましたが、この作品を経てそれ以上に偉大だということを感じました。今まで以上にお母さんに感謝して生きよう、親孝行しようという気持ちが強くなりました。それと正直、今までは結婚や出産にあまり興味がなかったんです。自分の人生を謳歌したいという気持ちが強くて、結婚も出産もまだまだ考えられないと思っていました。でも、この作品に参加して、少しずつ価値観や考え方が変わり、子どもを持つことの素晴らしさを感じました。子どもの存在自体が尊くて、本当に愛でしかないし、私がお母さんに対して感謝しているのと同じように、その気持ちを母として受け取ることができるのであれば、子どもを持つことも良いのかもしれないと感じました。

シャミ:
麻衣香とご自身とで似ているところや共感できた部分はありますか?

兒玉遥さん:
似ているところは素直に助けを求められないところです。本当は困っているけど、声を上げて助けを求められないことは、私もそうですが、どんな人でも共感できる部分があるのかなと思います。困った状況になった時、本当は誰かに助けてもらったほうが楽なのに、どうしても「迷惑をかけてしまうかもしれない」と、他人のことを考えてしまい、1人で解決しようとするところがあると思います。でも、自分が思っている以上に他人は優しくて、助けてくれる人がたくさんいるはずですし、1人で抱え込んで辛い想いをするくらいなら、皆で助け合って生きていくほうが良いと思うんです。そういったメッセージがこの作品を通して伝わったら良いなと思います。

映画『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

シャミ:
ありがとうございます。では、兒玉さんご自身のことも伺わせていただきたいのですが、映画は子どもの頃からご覧になっていましたか?

兒玉遥さん:
子どもの頃は好きな作品ばかりを繰り返し観ていました。ディズニー作品をよく観ていて、特に『くまのプーさん』はすり切れるくらい観ていました。

シャミ:
アイドルや俳優のお仕事に興味を持ったのはいつ頃だったのでしょうか?

兒玉遥さん:
芸能界に興味を持ち始めたのは中学生くらいです。最初はファッションのキラキラした世界に憧れて、読者モデルのオーディションに応募していました。だけど、当時は福岡を出てまで活動をする気合いがありませんでした。それで諦めていたら、博多で活動するアイドルグループができるという情報が入ったので迷わず応募しました。

シャミ:
HKT48ではグループ活動が主でしたが、卒業を経てお1人になって、グループでの経験が個人の活動に活かされていると感じる部分はありますか?

映画『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

兒玉遥さん:
アイドル時代のスケジュールや仕事のスピードが本当に目まぐるしかったので、あの時に鍛えられたからこそ1人になってどんなに過酷なことを要求されたとしてもへっちゃらです。例えば、ダンスを即興で覚えないといけない時や生写真撮影など、アイドルだった時の経験があるので、あれ以上のことはないだろうと無敵な気分です(笑)。

シャミ:
アイドル時代にかなり鍛えられたんですね。今はYouTubeチャンネルもお持ちで、本当にいろいろなことに挑戦されていて驚きました。激辛ペヤングにも挑戦していて、すごいなと思いました。

兒玉遥さん:
完食するんだって感じですよね(笑)。余裕で食べてしまいました。

シャミ:
普通の人だと一口二口でリタイアしますよね。企画もご自身でされているのでしょうか?

兒玉遥さん:
はい。辛い物は元々好きなのでやっています。YouTubeは本当に好きでやっていることが多いんです。制約なしに伸び伸びと自分の好きなことができるので、仕事とはまた違った楽しさがあります。編集はすごく大変ですが、自由に表現できる場所があることはありがたいので、これからも続けていきたいと思っています。

映画『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

シャミ:
今後も楽しみにしています!あと、プロフィールにヨガインストラクターや温泉ソムリエ、臨床心理カウンセラーなどの資格が書いてあったのですが、勉強は元々得意なのでしょうか?

兒玉遥さん:
勉強は好きです。学校の勉強も好きで、結構優等生でした。好きなことを見つけると、一旦極めたくなる癖があるんです。ヨガも最初は趣味でやっていたのですが、教えられるくらいになりたいと思って資格を取りました。でも、実は熱しやすく冷めやすいんです。熱がずっと続くのは俳優業とか芸能のお仕事で、本当に好きなことだからこそずっとやれるんだと思います。

シャミ:
では、俳優として今後挑戦してみたいジャンルの作品や役などはありますか?

兒玉遥さん:
アクションをやってみたいです。女性が強くてカッコ良い作品がすごく好きで、最近だとNetflixの『マイネーム:偽りと復讐』という作品を観ました。ハン・ソヒさんがナイフを使ったり、アクションをやっているのを観て、私もやってみたいと思いました。

映画『空のない世界から』兒玉遥さんインタビュー

シャミ:
カッコ良いですね!では最後の質問で、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

兒玉遥さん:
すばらしき世界』を観て、主演の役所広司さんのお芝居にすごく感動しました。かんしゃく持ちの主人公の役がすごく自然に見えて、役者として影響を受けました。ああいう芝居はちょっとやそっとの研究では出せないと思うので、大尊敬しています。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2022年8月26日取材 PHOTO&TEXT by Shamy

映画『空のない世界から』兒玉遥/つむぎ/佐藤江梨子/上村侑/根岸季衣/窪塚俊介/本宮泰風/小沢仁志

『空のない世界から』
2022年10月21日より全国順次公開
監督:小澤和義
出演:兒玉遥/つむぎ/佐藤江梨子/上村侑/根岸季衣/窪塚俊介/本宮泰風/小沢仁志
配給:ライツキューブ

妊娠中に夫からDVを受け、逃げ出した麻衣香は郊外にあるラブホテルに辿り着いた。そこで北岡に助けられたことをきっかけに、住み込みで働かせてもらうことになった。そして月日が経ち、麻衣香は娘のさくらの存在を誰にも知られないようひっそりと暮らしていた。しかし、さくらが小学校に通う年齢になり…。

公式サイト

©2021 ライツキューブ

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

海外ドラマ『ウィロー』ワールドプレミア、ワーウィック・デイヴィス、エリー・バンバー、ルビー・クルス、エリン・ケリーマン、トニー・レヴォロリ、アマール・チャーダ・パテル、デンプシー・ブリク、ジョアンヌ・ウォーリー他 グリーンカーペットにワーウィック・デイヴィスら豪華キャスト&スタッフが集結!『ウィロー』ワールドプレミア

ジョージ・ルーカスが原案と製作総指揮を務め、アロン・ハワードが監督を務めた映画『ウィロー』(1988)が、34年の時を経て蘇り、新作オリジナルシリーズ『ウィロー』として、現在ディズニープラス「スター」にて好評配信中です。先日、本作のワールドプレミアが開催され、主演のワーウィック・デイヴィスをはじめ豪華キャスト&スタッフが登場しました。

30周年を迎えたフランス映画祭にロマン・デュリス、バンジャマン・ヴォワザンなどフランス映画界の実力派が揃って来日

今回で30周年を迎える【フランス映画祭2022横浜】には3年ぶりに来日ゲストが大勢詰めかけました。

映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ あのこと

中絶が違法だった1960年代のフランスが舞台の本作では、予期せず妊娠した大学生のアンヌの…

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック 『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック&ステッカーセット 3名様プレゼント

映画『夜明けの詩』キム・サンホ キム・サンホ

1970年7月24日生まれ。1994年、舞台“鍾路の猫”で俳優デビュー。2007年…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン 心理学から観る映画40:『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』で求められるリーダーシップの違い

2022年冬の超大作として注目される『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』と『ブラックアダム』。両作には共通点があります。それは、リーダー不在の状況が物語の鍵となっている点です…

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー 『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』鑑賞券(ムビチケカード) 3組6名様プレゼント

映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ 泣いたり笑ったり

監督及び共同原案を手掛けたのは、注目の気鋭シモーネ・ゴーダノで…

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  2. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  3. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  4. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  5. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  6. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  7. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  8. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  9. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  10. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ

PRESENT

  1. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  2. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  3. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
PAGE TOP