取材&インタビュー

『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

音のない世界と聴こえる世界の狭間で居場所を失ったコーダの子ども達の姿を追ったドキュメンタリー映画『私だけ聴こえる』。今回はその監督を務めた松井至さんに、本作制作の裏話や、監督が肌で感じたコーダの方々のリアルな意見について聞いてみました。

※コーダとは:耳の聴こえない親を持つ耳の聴こえる子どものこと。

<PROFILE>
松井至(まつい いたる):監督・企画・撮影
1984年、東京都生まれ。リトルネロフィルムズ合同会社の代表。「聴きとりづらい声を聴くこと」をモットーにドキュメンタリーを制作。コロナ禍の東京を映した『東京リトルネロ』では、貧困ジャーナリスト賞・ギャラクシー賞(奨励賞)、ATP賞(奨励賞)、TOKYODOCS優秀企画賞を受賞。コロナ禍をきっかけに行動を促すメディア“ドキュミーム”を立ち上げ、無名の人達が知られざる物語を語る映像祭<ドキュメメント>を主催。

コーダだからこうなったというテーマを撮るのではなく、一人ひとりの人間を撮りました

映画『私だけ聴こえる』ASHLEY RYAN

シャミ:
本作に登場するコーダの方の多くが海外の方でしたが、海外の方に取材することになったきっかけを教えてください。

松井至監督:
2015年にNHKワールドの『TOMORROW』という番組があり、東日本大震災の時に沿岸部に住んでいたろう者がどうやって津波から逃げたのかという企画を書きました。それで、『あの日、音のない世界で』というドキュメンタリーを制作しようとした時に、日本の手話に通じ、且つ英語で被災地の復興を語ってもらうことができるリポーターとしてアシュリーさんをお呼びしました。ろうの方達は、耳の聴こえる息子や娘が自宅に駆けつけてくれたことで、津波から逃れられたそうです。
僕はアシュリーさんと一緒にそのお子さん達に会いに行ったのですが、いろいろな方に会うに連れてアシュリーさんが落ち込んでいるように見えたんです。最初はロケで疲れたのかと思ったのですが、よくよく聞いてみると「これまで会ってきた人達は、耳の聴こえない親を持つ、耳の聴こえる子ども達で、その人達のことを“コーダ”というんです。そして、私もコーダなんです」と教えてくれました。それを聞いてから、1980年代にアメリカでコーダという概念ができて、キャンプや国際的な会議など、コーダが自分の仲間を見つけられるようにコミュニティが作られているということを知りました。
当時の日本ではコーダが知られていなくて、コーダという言葉を使って発信している人もあまりいませんでした。アシュリーさんがアメリカのコーダ・コミュニティについて教えてくれたので、アメリカで取材をすればコーダのアイデンティティやコミュニティについての最新の状況がわかると思い、アメリカで取材することになりました。

映画『私だけ聴こえる』

シャミ:
日本でのコーダの認知度は一般的にはまだまだ低いと思うのですが、東日本大震災当時から現在に至るまでで変化したことや現状はいかがでしょうか?

松井至監督:
コミュニティが増えているというよりは、コーダの人達が自分で発信しようという気風になってきているように感じます。五十嵐大さんというライターの方が自分の経験をHuffPostに書いたり、J-CODAの代表の中津真美さんという方が「コーダとは何か」を地道に伝える活動をしていたり、若いコーダのYouTuberで“コーダTV”をやっている方や、いろいろな方が「コーダとは何か」について語れる状況ができてきているのではないでしょうか。

シャミ:
監督がアメリカで初めてコーダの方と会った時はどんな印象でしたか?

松井至監督:
アシュリーさんと共にSNSを通してアンケートを行い、コーダのドキュメンタリーを作りたいという話をしました。そのアンケートに答えてくれた方が50人くらいいて、その中にナイラがいて繋がりました。ナイラとSkypeをした時は、この子を主役にドキュメンタリーを撮ろうと思いました。実際にナイラの自宅に行った時に、ナイラはコーダの友達を5、6人連れてきてくれました。劇中にはありませんが、家の中や庭でコーダの方達が話しているのをずっと聞いていて、一人ひとりにインタビューを行い、それでコーダとは何か少しずつ糸口を掴んでいきました。
ナイラは、「私はろうになりたい」と言ったわけですが、そのセリフは僕ら耳の聴こえる人間からすると、「なぜ障がいのある人になりたいんだろう?」とか「なぜ聴力を捨てたがっているんだろう?」と思いますよね。でも、実際にアメリカのコーダ達と会って話を聞いていると、彼女達にとっては手話が母語なんです。生まれた時からろう文化の中で手話を自分の言葉としてコミュニケーションをとっていて、お互い見つめ合い、顔の表情ひとつで喜怒哀楽を表現したり、全身を動かして自分のことを伝えていく、その表現はすごく親密なコミュニケーションに思えます。口話に比べて手話の情報量はすごいもので、その人の人格が滲み出るという印象を持ちました。
でも、彼女達が小学校に入り聴者の環境に行くと、周りの子達が目を合わさずに口だけ動かして話していることがすごく冷たく感じるというのです。だから、「聴者の世界は冷たい。ろうの世界は温かい」「私はろうの世界にいてそこで育ったのに、何で聴こえるんだろう。ろうになりたかった」ということだったんです。自分の生まれた文化に愛着を感じて、その栄養で育ったということは、その土で育った植物みたいに一体なものですよね。だからそこに帰りたくなるのは当たり前のことだなと思いました。

シャミ:
なるほど〜。ナイラの姿は特に印象的でしたが、監督がコーダの子と接するなかで他に思い出に残っている出来事はありますか?

映画『私だけ聴こえる』NYLA ROBERTS

松井至監督:
最初に3分くらいの短い映像を作ったのですが、それを観たナイラが「私の物語は私のもの」と言ったんです。「あなたはコーダのことを理解できないのだから、そのことを認識して欲しい」と言われました。つまり僕は、取材者として誰かの代弁をしようとしてしまっていたわけです。マジョリティの側にいる僕が彼女達の世界に出かけて行って、コーダのことを語ってしまったということ自体がすごく傲慢なことだったんです。
ナイラからそう言われた時は、これからどう撮れば良いのかわからなくなってしまいました。僕の職能はストーリーテリングであり、それまではそこを鍛えてきたわけですが、その方法ではダメだということなんです。これまでのやり方が全部通用しないということで、どうするか1年くらい悩みました。ナイラの発言の原因は、僕の非常にマジョリティ的な無自覚だったと思うので、そこに気づけたことは1番大きな学びでした。

シャミ:
1年くらい悩んだ上でどういう風に方向性を変えていったのでしょうか?

松井至監督:
ずっと悩み続けて、もう1回ロケが再開するという時にナイラの家に向かったのですが、何かできるとは全く思えませんでした。だから、正直に話す他ないと思い、カメラも回さずに4、5時間話したんです。その時にナイラに「僕はコーダのことがわからないから、あなたがドキュメンタリーのディレクターになってください」と話し、そこでプロジェクトの主体がどこにあるのかが変わりました。ナイラとしては一体何を撮られているのかわからず、ずっと怖かったと思うんです。マイノリティの話ですし、この作品が「コーダはこういうものだ」と定義してしまうことになるわけですから、そういうプレッシャーを負わせて取材をしてしまっていたと思います。
でも、そういうことが徐々になくなり、ナイラが「自分だったらコーダをこう表現する」とか、「ヒアリングの世界にいる時はこう」「ろうの世界にいる時はこう」とか、自分のことをたくさん教えてくれるようになったんです。そのやり取りの中で、「僕らはこういうシーンが作れると思う」「映像で作るとこうなるよ」と答えていき、一緒にコーダとは何かを考えてみようという意識に変わっていきました。

シャミ:
完成した作品はナイラさんや他の出演者の方はご覧になりましたか?

松井至監督:
はい、それぞれの家族と上映会をして、皆喜んでくれたので本当にホッとしました。

映画『私だけ聴こえる』JESSICA WEIS

シャミ:
ナイラや他の子達も含め、コーダであることの悩み以外に、ティーンだからこその悩みも混在しているように見えたのですが、監督は近くで見ていていかがでしたか?

松井至監督:
そうですね、すべてのティーンに起こる問題や心の揺れ動きと重なる部分があったと思います。コーダだから何か特別な生き物であるということは全くなくて、コーダというレイヤーのようなものがあるということなんです。それが全体の何割かはわかりませんが、コーダという属性が100%の人間はいないわけです。だから、コーダだからこうなったというテーマを撮るのではなくて、一人ひとりの人間を撮るんだと捉えました。そうすることでナイラ達も「コーダって何だろう?」「どうやったらコーダを表現できるんだろう?」というところに意識が集まっていったと思います。だからこそ映画の中で起きていることの多くは、僕らが10代だった頃とも重なる部分があるのだと思います。

シャミ:
ナイラ達が自分のアイデンティティに悩む姿も映されていましたが、監督はご自身のアイデンティティや自分の居場所についてどのような考えをお持ちですか?

松井至監督:
僕は昔から学校や社会に馴染めないタイプで、小学校の時にいじめを受けたり、義務教育がストレスだったので自由教育のほうに行ったりして、とにかく誰かにジャッジメントされることが嫌でした。ナイラも同じように「誰にもジャッジメントされたくない」といつも言っていて、そういう感覚は僕も覚えがあったので親近感を持ちました。
僕自身のアイデンティティを形成したものは、何かを作って表現することだったと思います。何かを作ることで精神を保ち、不安定ながらも何とか生きてこられました。それは今も変わっていませんが、そういう意味では社会に居場所がないということは、僕自身もずっと感じていましたし、本当は多くの人もそうなんじゃないかと思うんです。社会の真ん中に“普通”というものが生まれて、そこに当てはまらない人達が“普通”じゃないということになるわけですよね。そして、そういう人達がマイノリティとされ、集団とのズレが生じ、生きづらさが生じるわけです。でも、例えば発達障害の人がアフリカに行ったら何も気にしなくて良かったとか、江戸時代に発達障害があったのかといったらそういう概念はなかっただろうし、社会とか時代によって“普通”という円が広くなったり狭くなったりして、その周縁の人を問題化しているわけです。今の日本はその円が非常に狭くなっていると思いますが、その円に入れないタイプだったからといって、人生を諦めないといけないのかとか、社会からのネガティブなダメージを受け続けないといけないのかというと、そうではないですよね。
コーダの人達の場合なら、社会の側の認知が足りないことからアイデンティティを作っていく必要があり、「自分達はこういう存在なんだ」「仲間と繋がることができるんだ」「自分達が何者か考えて良いんだ」ということですよね。それは、何かしらの理由で生きづらさを感じていて、まだその正体が掴めていない人を励ますものだと思います。コーダが揺れ動いて、自分自身を見つけていく軌道は、鏡のように多くの人の経験を映し出すものなのかなと思います。だから僕は、聴者である自分の無自覚を醜く感じたし、おもいっきり悩んだり仲間を必要として繋がることができるコーダ達を羨ましいなと思ったこともありました。

映画『私だけ聴こえる』MJ

シャミ:
先ほど昔から何かを作ることが好きだったというお話がありましたが、映画などの映像作品も昔から好きでしたか?

松井至監督:
映像は好きでずっと観ていました。高校生の時はビデオをレンタルして1日4本くらい観て、また寝てみたいなカビが生えそうな生活をしていました(笑)。あとは美術が好きだったので、絵を描いたりもしていましたし、大学の時には舞踏をやっていて、自分で振付をして踊ることに夢中になっていました。身体表現というのが原点にある気がしていて、それでろう文化に触れて体が言葉なんだということに改めて気づいたのかもしれません。

シャミ:
その後はどうやって映画や映像の仕事に興味を持っていったのでしょうか?

松井至監督:
身体表現には、自分が気づく前に体が動いていないと到達できない領域があり、僕はそこには行けなかったので無理だと思いました。でも、目で見ることでなら何かできると思い、最後の最後に映像表現しか残らなかったので、それをやりました。

シャミ:
では最後の質問で、これまでで1番影響を受けた作品、もしくは俳優や監督など人物がいらっしゃったら教えてください。

松井至監督:
いろいろありますが、最初に観た映像の記憶は、祖父が見せてくれた『戦ふ兵隊』という亀井文夫監督のドキュメンタリーです。当時日本の陸軍が日中戦争に従軍する形で、戦意高揚の映像を作らせようと亀井監督を連れていったそうです。映像は、日本軍が中国人の農夫を捕まえていて、彼が「帰りたい」と言うシーンから始まるのですが、それは日本兵が思っていることとして撮っているんです。ほとんどの兵士は日本に帰れば農民など一般人なわけで、戦争に巻き込まれれば皆こう思うだろうなということが表現されています。でも、それを直接撮ることはできないので、捕虜にした中国人達の叫びを日本兵の声として扱っているんです。モンタージュが社会の狂気を淡々と映し出している。
その作品の中で日本軍の馬が病気になって倒れて死ぬという場面があり、その映像は特に印象に残っています。子どもながらに「なぜ死んだのだろう」「どうして撮ったんだろう」と不思議に感じましたし、そこに戦争の悲惨さや人間の愚かさが全部表現されている気がして、自分の中に異物感みたいなものが残りました。

映画『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

シャミ:
子どもの頃に観たら衝撃的な映像な気もしますが、いかがでしたか?

松井至監督:
他とはまるで違う映像のように感じて、子どもながらに記憶に残ったんだと思います。まさか当時は自分がドキュメンタリーを作るとは思ってもみませんでしたけど(笑)。その後にいろいろな映画を観て影響を受けたのですが、最初の映像の記憶というと亀井文夫監督の『戦ふ兵隊』だと思います。

シャミ:
本日はありがとうございました!

2022年5月13日取材 TEXT by Shamy

映画『私だけ聴こえる』NYLA ROBERTS

『私だけ聴こえる』
2022年5月28日より全国順次公開
監督:松井至
出演:ASHLEY RYAN/NYLA ROBERTS/JESSICA WEIS/MJ/那須英彰
配給:太秦

耳の聴こえない親から生まれた、耳の聴こえる子ども達を“コーダ(CODA:Children Of Deaf Adults)”という。本作は、“コーダ”という言葉が生まれたアメリカのコーダ・コミュニティを初めて取材した長編ドキュメンタリー。聴こえる世界にも、ろうの世界にも居場所のないコーダの子ども達の3年間を追っている。

公式サイト

© TEMJIN / RITORNELLO FILMS

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』来日記念ワールドツアーフィナーレイベント:オースティン・バトラー、バズ・ラーマン監督 エルヴィスの魂を見つけることがとても大事だった『エルヴィス』オースティン・バトラー&バズ・ラーマン監督来日

日本での劇場公開を目前に控え、主演のオースティン・バトラーと、バズ・ラーマン監督が来日しました。

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー エルヴィス

エルヴィス・プレスリーが伝説の大スターであることは知られていますが…

映画『バズ・ライトイヤー』 バズ・ライトイヤー

“トイ・ストーリー”シリーズで、アンディ少年のお気に入りのおもちゃとして登場する“バズ・ライトイヤー”は、実は…

映画『三姉妹』ムン・ソリ ムン・ソリ

1974年7月2日韓国、プサン生まれ。成均館大学在学中に演劇活動を始め…

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督 是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

映画『ONE PIECE FILM RED』試写会ビジュアル 『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『ONE PIECE FILM RED』一般試写会 10組20名様ご招待

映画『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』シガニー・ウィーバー シガニー・ウィーバー

1949年10月8日アメリカ、ニューヨーク州マンハッタン出身。父親はテレビ局の重役でプロデューサーの…

映画『バズ・ライトイヤー』ノート&ステッカー 『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『バズ・ライトイヤー』オリジナルグッズ(ノートブック&ステッカー) 3名様プレゼント

映画『1640日の家族』メラニー・ティエリー/ガブリエル・パヴィ 『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『1640日の家族』“感涙”試写会 10組20名様ご招待

映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ ブラック・フォン

公式サイトでは「恐怖が同時進行する」という表現を使っている点はまさにその通りで…

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

Pixabayによる写真:ミーティング by Klas_lu 編集部にカモン!【記事作成部活】2022年7月度参加者募集

【記事作成部活】では、トーキョー女子映画部WEBサイト内の記事作成に参加できます!

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『エルヴィス』オースティン・バトラー
    エルヴィス

  2. 映画『バズ・ライトイヤー』
  3. 映画『ブラック・フォン』メイソン・テムズ
  4. 映画『神は見返りを求める』ムロツヨシ/岸井ゆきの
  5. 映画『彼女たちの革命前夜』キーラ・ナイトレイ/ジェシー・バックリー
  6. 映画『ルッツ 海に生きる』ジェスマーク・シクルーナ
  7. 映画『わたしは最悪。』レナーテ・レインスヴェ
  8. 映画『リコリス・ピザ』アラナ・ハイム/クーパー・ホフマン
  9. 映画『炎の少女チャーリー』ライアン・キーラ・アームストロング
  10. 映画『ザ・ロストシティ』サンドラ・ブロック/チャニング・テイタム
PAGE TOP