特集

映画に隠された恋愛哲学とヒント集74:恋愛関係を保つパワーバランスとは

  • follow us in feedly
  • RSS
Netflix映画『Fair Play/フェアプレー』フィービー・ディネヴァー/オールデン・エアエンライク

ネタバレ注意!

2人ともバリバリ仕事をしているカップルの場合、そのパワーバランスは恋愛に影響してしまうのでしょうか。今回は、そんな疑問に例を示すストーリー、Netflixオリジナル映画『Fair Play/フェアプレー』と、バランスのとれたカップルが登場する実話を基にしたストーリー『ただ空高く舞え』をご紹介します。

まだまだ世の中は男社会、じゃあお互いの頭の中は?

Netflix映画『Fair Play/フェアプレー』フィービー・ディネヴァー/オールデン・エアエンライク

『Fair Play/フェアプレー』の主人公エミリー(フィービー・ディネヴァー)とルーク(オールデン・エアエンライク)は、同じヘッジファンドで働く同僚です。でも、社内恋愛は禁止されていて、2人は職場ではよそよそしく振る舞っています。一方、プライベートでは婚約し、幸せ絶頂。そんななか、エミリーが昇進し、ルークの上司になります。

ルークが昇進するという噂に2人で喜んでいたばかりのところへ、エミリーは真夜中に上司(エディ・マーサン)に呼び出され、昇進を知らされます。この時点で既にほころびができはじめていて、2人の関係はどんどん不安定になっていきます。

Netflix映画『Fair Play/フェアプレー』フィービー・ディネヴァー

昇進に内心喜び、会社では男性陣に負けまいと強気な態度を取るエミリーと、エミリーが男性上司達と連み、自分に対して威圧的になっていく状況に卑屈になるルーク。この2人の状況をどう捉えるかはさまざまだと思います。

エミリーが調子に乗り過ぎで、ルークが可哀相に見えるかもしれません。でも、本当にそうでしょうか。本作は、「もし、これが男女逆なら、どう見える?」と問いかけているのでしょう。

Netflix映画『Fair Play/フェアプレー』フィービー・ディネヴァー/オールデン・エアエンライク

2人の関係はどんどん険悪になり、悲惨な状況に向かっていきます。あんなにラブラブだった2人がこうもお互いに傷つけ合うのかと衝撃を受けると同時に、“フェアプレー”というタイトルの意味を考えさせられます。

本作を観ると、カップルのパワーバランスの問題の背景に、男性社会で闘う女性にどんな足かせがあるかが伝わってきます。実力で這い上がっても、“女”を武器にしたかのように色眼鏡で見られ、“男達の流儀”に合わせようとすればイカれたといわれてしまう。つまり、何をやってもゴチャゴチャいわれ、なかなか正当に評価されません。そんな八方ふさがりな状況で、パートナーの信頼、支えもないのは、本当に空しいでしょう。

Netflix映画『Fair Play/フェアプレー』フィービー・ディネヴァー/オールデン・エアエンライク

エミリーもルークも最初はお互いを尊重しようと努力はします。でも2人の様子から、本質的なところで噛み合っていなければ、限界に達するのだとわかります。本作を観て、女性が一歩引くべきと思うのか、男性の頭が古いと思うのか。恋愛観は人それぞれなので、どういうバランスが自分に合っているのかは、自分で判断するしかありません。

残念ですが、根本的に社会の価値観が変わり、男性社会が終わるには、まだまだ時間がかかるでしょう。ただ、そのなかでも自分達が努力できるところはあるはずです。そこで、カップルのバランスが絶妙に保たれているケースとして、『ただ空高く舞え』をご紹介します。

映画『ただ空高く舞え』スーリヤ/アパルナー・バーラムラリ

『ただ空高く舞え』は、インドの格安航空会社エア・デカンの創業者、G・R・ゴーピナート大尉の自伝に着想を得て作られた映画です。男女共同参画局が発表した2023年の世界のジェンダー・ギャップ指数を見ると、日本は146ヵ国中125位、インドは127位で、両国ともかなり下位で近い位置にいます。『ただ空高く舞え』の物語の舞台は、20世紀の終わりから21世紀初頭のインドで、今よりさらに男性社会が色濃く残っていた時代です。それでも、本作の主人公ネドゥマーラン(スーリヤ)とボンミ(アパルナー・バーラムラリ)は、男女対等の関係を築きます。

ボンミは自立した女性で、ネドゥマーランとのお見合いの段階で既に自分でベーカリーを起業する構想を持ち、後に実現します。そして、後に夫となったネドゥマーランの事業が何度も頓挫するなか、精神的にも経済的にも支えます。

ボンミは始めからネドゥマーランに2人が対等な立場であることを条件で出していて、ネドゥマーランはそれを守ります。同時に、ボンミは肝っ玉母ちゃん的な頼もしさがありながら、夫の事業に余計な口を出すことはなく、夫がやることを黙って見守る包容力があります。2人の関係はまさに対等で、お互いを尊重し、お互いが自分が思うようにそれぞれの仕事を全うします。

映画『ただ空高く舞え』スーリヤ/アパルナー・バーラムラリ

前述の『Fair Play/フェアプレー』のエミリーとルークが被雇用者で同じ会社にいるという状況と、『ただ空高く舞え』の2人が別々の仕事をしていて、経営者であるという違いも、カップルの関係を保てるかどうかのポイントとなるかもしれません。まず、同じ職場、同業でもうまくいくカップル、そうでないカップルがいるでしょう。また、上司の一声でいつ立場が変わるかもしれない被雇用者という立場と、常に大きな責任がある代わりに自分で裁量を持つ経営者という立場でも、自分の人生のコントロール感が異なります。

2人でどうにか工夫できる点もあれば、社会の風潮に呑み込まれて関係が維持できなくなってしまうこともあるでしょう。置かれた状況のせいではなく、価値観がそもそも合っていないせいで関係が壊れることもありえます。その関係を何としても守るのか、離れるべきなのか、問題が起こった際に何が根底にあるのか考えることも必要なのかもしれません。

Netflix映画『Fair Play/フェアプレー』フィービー・ディネヴァー/オールデン・エアエンライク

『Fair Play/フェアプレー』
2023年10月6日よりNetflixにて配信中
R-18+相当
公式サイト 

映画『ただ空高く舞え』スーリヤ

『ただ空高く舞え』
2024年1月6日より全国順次公開中
インド映画同好会
公式サイト 2024新春に必見!ワタシの願いの叶え方【夢を叶えた実話】3選

©2D Entertainment

<参考・引用文献>
男女共同参画局「男女共同参画に関する国際的な指数—GGI ジェンダー・ギャップ指数(2023年)」

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『リバー、流れないでよ』藤谷理子/永野宗典/角田貴志/酒井善史/諏訪雅/石田剛太/中川晴樹/土佐和成/鳥越裕貴/本上まなみ/近藤芳正 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き】3〜MY 2023年ベスト10振り返り第2弾

「トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10」をもとに、4位から6位までの…

映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也 PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~【レビュー】

徳島の高等専門学校を舞台に描かれている本作は、個性がバラバラの3人の生徒がeスポーツの大会に出場した実話を…

映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド FEAST -狂宴-【レビュー】

本作を観た後の印象はもしかしたら真っ二つに分かれるのかも…

【東京コミコン2023】テムエラ・モリソン、ダニエル・ローガン テムエラ・モリソン【プロフィールと出演作一覧】

1960年12月26日ニュージーランド生まれ。1988年、“Never Say Die(原題)”に出演。1994年…

映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ ARGYLLE/アーガイル【レビュー】

どんだけ、どんでん返しがあるんだ!ってくらい、カラクリが施されていて…

映画『ストリートダンサー』 ストリートダンサー【レビュー】

歌とダンスが見せ場のインド映画で、ダンス映画となれば、どれだけダンスが盛り込まれるのだろうと思ったら…

映画『リトル・マーメイド』ハリー・ベイリー ハリー・ベイリー【プロフィールと出演作一覧】

2000年3月27日アメリカ、ジョージア州生まれ。3歳の頃から子役として活動を始め…

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 【18組×2名=36名】ご招待

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『PLAY! ~勝つとか負けるとかは、どーでもよくて~』奥平大兼/鈴鹿央士/小倉史也
  2. 映画『FEAST -狂宴-』ココ・マーティン/ジャクリン・ホセ/グラディス・レイエス/リト・ラピッド
  3. 映画『ARGYLLE/アーガイル』ヘンリー・カヴィル/デュア・リパ
  4. 映画『ストリートダンサー』
  5. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP