REVIEW

2024新春に必見!ワタシの願いの叶え方【夢を叶えた実話】3選

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ただ空高く舞え』スーリヤ/クリシュナクマール・バラスブラマニアン/モヴィヴェーク・プラサンナ

2024年の幕開けに、特に仕事で気合いを入れたい方にオススメの作品を3つ厳選してご紹介します。

笑いのカイブツ

映画『笑いのカイブツ』岡山天音

2024年1月5日より全国公開
ショウゲート、アニモプロデュース
監督:滝本憲吾
出演:岡山天音/片岡礼子/松本穂香/前原滉/板橋駿谷/淡梨/前田旺志郎/管勇毅/松角洋平/菅田将暉/仲野太賀
公式サイト ムビチケ購入はこちら

映画『笑いのカイブツ』岡山天音/片岡礼子/松本穂香/菅田将暉/仲野太賀

REVIEW
視聴者参加型のテレビ番組やラジオ番組にネタを投稿し続け、圧倒的な投稿数と採用数で、ある番組では“伝説のハガキ職人”と呼ばれたツチヤタカユキの私小説を映画化。高校時代から無我夢中でネタを考え、アルバイト中もネタのことで頭がいっぱい。あまりの執着ぶりに周囲と馴染めず、アルバイトを転々としながら、やっとのことでラジオの構成作家の道を一歩踏み出すも、うまくいきません。本作はあまりに不器用なツチヤタカユキの苦行時代の奮闘ぶりを描いています。
「売れるまでは我慢しろ」「ちゃんと挨拶しろ」といった言葉もツチヤにとってはハードルが高く、絶望的に見えます。それでも何人かは彼の夢を応援していて、そこまで応援したい気持ちになるのは、やっぱりツチヤが並々ならぬ思いで笑いに全力投球しているからだと伝わってきます。本当に辛そうに見えるけれど、彼にとってはそういう次元を通り越しているのでしょうね。負けそうになりながらも、ネタを書くことで生気を取り戻す姿はどこか神がかっています。
クリエイティブ系ですごく狭き門に挑んでいる方は、いろいろな刺激を受けられると思います。効率良くやれるキャラクターも登場しつつ、不器用で頭打ちになっている方にぜひ観ていただきたい1作です。主演の岡山天音、脇を固める片岡礼子、松本穂香、前田旺志郎、菅田将暉、仲野太賀の演技も見ものです。

ただ空高く舞え

映画『ただ空高く舞え』スーリヤ/アパルナー・バーラムラリ

2024年1月6日より全国順次公開
インド映画同好会
監督:スダー・コーングラー
出演:スーリヤ/アパルナー・バーラムラリ
公式サイト  映画に隠された恋愛哲学とヒント集74:恋愛関係を保つパワーバランスとは

映画『ただ空高く舞え』スーリヤ

REVIEW
本作は、金持ちのためだけにあった空の旅を庶民でも格安で利用できるよう、インド初の格安航空会社を設立した男達の実話を映画化した作品です。物語は、ネドゥマーラン(スーリヤ)達が始めた飛行機が、とある空港への着陸を邪魔されているシーンから始まります。そして、時代を行き来して、彼等がどんな苦労を経て、格安航空会社をスタートさせることができたのかを描いています。
教師の息子として育ったネドゥマーランは、父からの教えで、時間はとても大切で、社会の発展に伴い生まれた科学技術、車や電車などの乗り物を金持ちが独占せずに庶民が使うようになれば庶民の生活が変わると教わっていました。でも、あることで父と大喧嘩をしたネドゥマーランは家を出て空軍に入ります。そして、ある悲しい出来事をきっかけに庶民も格安で飛行機に乗れるよう、航空会社を立ち上げることを決意します。
今では日本にも複数ある格安航空会社はどの国で設立するにも相当大変であろうと推測できますが、インドでは想像を遥かに越えて至難の業であることを本作を観て知ります。その背景には根深いカースト制があり、特権階級者達がことごとくネドゥマーラン達の邪魔をします。実話ベースということで、一部脚色している面はあるかもしれませんが、それにしても壮絶過ぎて、この状況でよくぞめげずに航空会社を立ち上げたと、尊敬しかありません。
また、成功の一端を握っているネドゥマーランの奥さんボンミ(アパルナー・バーラムラリ)もすごく素敵です。ボンミは時代に流されず、自立した女性で考え方が新しい。彼女の理解と支えがなければ、おそらくこの航空会社はできていなかったといっても過言ではないでしょう。
ビジネスを上手く進めるコツとして、売り手、買い手だけではなく、社会にとっても良いビジネスであることを説く「三方よし」の考え方があります。彼等はまさに「三方よし」からぶれない経営を貫きます。ここまで大きなビジネスでなくても、自営業の方、会社経営者の方、これから起業する方、経営者の家族、仲間である皆さん必見です。

スーパーパンプト/Uber -破壊的ビジネスを創った男-

海外ドラマ『スーパーパンプト/Uber -破壊的ビジネスを創った男-』ジョセフ・ゴードン=レヴィット

U-NEXTにて配信中
監督:アレン・コールター/ダニエル・グレイ・ロンジーノ/ジョン・ダール/ゼトナ・フエンテス
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/カイル・チャンドラー/ユマ・サーマン/エリザベス・シュー/クエンティン・タランティーノ(ナレーション)
U-NEXT概要ページ U-NEXTで観る ドラマ批評

海外ドラマ『スーパーパンプト/Uber -破壊的ビジネスを創った男-』ジョセフ・ゴードン=レヴィット/カイル・チャンドラー/ユマ・サーマン

数々の常識を打ち破り、わずか数年で”Uber”を一流IT企業に成長させた創業者でありCEOのトラビス・カラニック(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)の大きな成功と堕落を描いた海外ドラマ。怖い物知らずなトラビスの機転が最初は観ていて爽快なものの、だんだんとその無謀さと横暴さによって破滅へと向かっていく姿に胸が痛みます。どちらかというと悪いお手本が多く観られる作品です。

本ページには一部アフィリエイト広告のリンクが含まれます。
情報は2024年1月時点のものです。最新の販売状況や配信状況は各社サイトにてご確認ください。

TEXT by Myson

©2023「笑いのカイブツ」製作委員会
©2D Entertainment
Super Pumped: The Battle for Uber © 2022 Showtime Networks Inc. All Rights Reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波 映画レビュー&ドラマレビュー総合アクセスランキング【2024年1月】

映画レビュー&ドラマレビュー【2024年1月】のアクセスランキングを発表!

映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮 コットンテール【レビュー】

日本への留学経験があるイギリス人監督、パトリック・ディキンソンの長編劇映画デビュー作である本作は…

映画『コヴェナント/約束の救出』ジェイク・ギレンホール/ダール・サリム コヴェナント/約束の救出【レビュー】

スタイリッシュな作品が印象的なガイ・リッチー監督としては、今回珍しいジャンルに挑戦しています…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  2. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  3. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  4. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波
  5. 映画『コットンテール』リリー・フランキー/錦戸亮

PRESENT

  1. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  2. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
  3. 映画『パストライブス/再会』グレタ・リー/ユ・テオ
PAGE TOP