NEWS

サム・メンデス監督、ジョージ・マッケイら主要キャストが全編ワンカット撮影の裏側を語る!『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、サム・メンデス監督

『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞監督賞を受賞、『007スペクター』を始め、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの007シリーズを手掛けたサム・メンデス監督の最新作『1917 命をかけた伝令』が、2020年2月14日より全国公開となります。本作は、サム・メンデス監督ら製作陣が“全編ワンカット”で作り上げた画期的な作品で、すでにいくつかの映画賞を受賞およびノミネートされているほか、Rotten Tomatoesでは93%フレッシュの高評価を得て、海外の映評でも絶賛されています。

そして先日、本作のロイヤル・プレミアがイギリス、ロンドンで開催されました!本イベントは、The Film and TV Charity団体が企画する「Royal Film Performance」にふさわしい作品として本作が選出され実現したもので、イギリス王室からチャールズ皇太子とカミラ夫人もゲストとして来場しました。さらに、本作のサム・メンデス監督、主演のジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、撮影監督のロジャー・ディーキンスらが来場し華やかにレッドカーペットを彩りました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、サム・メンデス監督
サム・メンデス監督

サム・メンデス監督は、今回のロイヤル・プレミアについて「才能あるイギリス人の仲間達と共に、イギリスで製作された映画を世に送り出すには最高の形だから、こんな嬉しいことはないよ。この旅には最高の始まりだね」と喜びを語り、全編ワンカットで撮影した本作については、「主人公のキャラクターと観客をしっかりと結びつけ、離れることがないようにしたいと思った。観客に過ぎていく毎秒毎秒、彼らが辿る一歩一歩、そして彼らの息遣いすべてを感じてもらいたかったわけだが、それこそがこの物語を伝えるのに最も相応しい手法だと思えたんだ」と、こだわりについて明かしました。さらに、日本のファンに向けて「日本の皆さん、こんにちは!皆さんにもうすぐ映画を観て頂けるのが楽しみだよ。大規模で没入体験ができるイメージ、サウンド、音楽となっており、心から誇りに思っているので、ぜひ皆さんにも観に来て頂きたい。映画館でご覧頂きたいです」とメッセージを寄せました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ジョージ・マッケイ
ジョージ・マッケイ

伝令という重要なミッションを強いられるスコフィールド役のジョージ・マッケイは、当時実際に戦場の過酷な体験した人について問われると、「彼らが体験したことを真に理解することはできないが、表現していけるように可能な限り見極め、理解しようとするというのが僕たちの仕事だ。だから本作を通して、それを心掛けた」と話し、日本のファンに向けて、「本作はとても物語に引き込まれるので、彼らと共に一歩一歩進んでいくんだ。だから可能であればぜひ映画館で観てもらいたい」とコメントしました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ディーン=チャールズ・チャップマン
ディーン=チャールズ・チャップマン

また、主人公スコフィールドと共にミッションに立ち向かっていくブレイク役のディーン=チャールズ・チャップマンは、全編ワンカットの撮影を振り返り「すべての機能を検証するため、撮影の半年前からリハーサルをしなければならなかった。とても精密なもので、映画全体がまるでコレオグラフィーのようだった。ワンカットによって俳優としてそのすべてに身を投じ、キャラクター、状況に自分を委ね、すべてを忘れることができる。それは僕がこれまでに経験したことがなかったことで、とても楽しかったよ」とコメント。サム・メンデス監督との仕事について問われると、「彼は最高だよ。サムにはすべてにおいてこだわりのビジョンがある。そして、一言や一行ですべてが全く違って感じられるようにする。素晴らしい監督だよ」と明かしました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ロジャー・ディーキンス撮影監督
ロジャー・ディーキンス撮影監督

本作を全編ワンカットとして仕上げるために腕を振るった撮影監督のロジャー・ディーキンスは、「本作はワンカットだったから、これまで撮ってきた他の作品とも違ったけど、最終的には“どこにカメラを配置するのか、そこに置くのはなぜか、そのカメラで何をしたいのか”ということに尽きるということに変わりはないんだ。本作ではずっと移動し続けていくので、そう決断するのは簡単なことだったけど、カメラは常に移動し続けなければならなかった。最も大きなチャレンジは天候で、天候が続かないと辻褄が合わなくなるから曇り空を望んでいたけど、それは本当にチャレンジだったんだ。時には撮影を再開するために午後遅い時間の雲を文字通り1日中待たなければならなかったこともあった」と、撮影の裏側を語りました。

早くも海外では大きな話題 となっている本作。監督やキャスト陣のコメントからますます期待が高まりますね!日本公開を楽しみに待ちましょう。

映画『1917 命をかけた伝令』

『1917 命をかけた伝令』
2020年2月14日より全国公開
東宝東和
公式サイト

©2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『思い、思われ、ふり、ふられ』実写&アニメーションポスター 『思い、思われ、ふり、ふられ』原作者:咲坂伊緒さんインタビュー

人気コミック「思い、思われ、ふり、ふられ」が、実写版、アニメ版となって劇場公開!今回は本作の原作者である咲坂伊緒にインタビューをさせて頂きました。若者を主人公にした数々の人気作を生み出した咲坂さんは普段どんな視点で社会を見ていらっしゃるのかなど、いろいろと質問をぶつけてみました。

映画『メカニカル・テレパシー』吉田龍一/白河奈々未/申芳夫/伊吹葵/青山雪菜/石田清志郎/時光陸/松井綾香/長尾理世/竹中博文 『メカニカル・テレパシー』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『メカニカル・テレパシー』5組10名様 一般試写会ご招待

映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』チャド・マイケル・コリンズ 山猫は眠らない8 暗殺者の終幕

人気シリーズである本作は今回で8作目。実はこのシリーズのことはもちろん知っていましたが、本編を観たのは今作で初めてでした。というわけでこれまでのいきさつは知らずに観ましたが…

映画『2分の1の魔法』オリジナルノート&ステッカー 『2分の1の魔法』3名様 オリジナルグッズ(ノート&ステッカー)プレゼント

映画『2分の1の魔法』3名様 オリジナルグッズ(ノート&ステッカー)プレゼント

映画『糸』菅田将暉/小松菜奈

13歳で出会った高橋漣と園田葵の運命が複雑に絡み合っていくのですが、2人の物語に特化しているわけではなく、それぞれにいろいろな経験を経て成長していくストーリーになっているので…

映画『私がモテてどうすんだ』神尾楓珠 神尾楓珠(かみお ふうじゅ)

1999年1月21日東京都生まれ。主な出演作は、テレビドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』『左ききのエレン』『鈍色の箱の中で』『いいね!光源氏くん』などがあり…

【映画館における換気実験】 映画館の空気の流れが一目瞭然!<映画館における換気実証実験>実施

「映画館は密閉空間ではない」ということをわかりやすく理解して頂くため、専門家の指導のもと映画館内での空気の流れを“可視化”する実験が実施されました。

映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ ハニーボーイ

本作は、シャイア・ラブーフが“トランスフォーマー”シリーズで一躍スターの仲間入りをした後、飲酒などのトラブルを起こし、リハビリ施設で治療の一環として書き上げたという自伝的脚本を映画化したもの…

映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン ジェームズ・ノートン

1985年7月18日イギリス、ロンドン生まれ。トルストイの『戦争と平和』をドラマ化したBBCのミニシリーズなどに出演して人気を博している。主な映画出演作に…

映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール 心理学から観る映画19:あなたも知らぬ間に使ってる!?戦術的な自己呈示

「私は私のことを1番わかってる」「あなたのことは私が1番わかってる」なんてことを言ったり、考えたりすることは誰にでもありますよね。どれも正解に思えるし、どれも間違えていると思えます。それは人には表に見せている面、隠している面があるからです。そこで今回は、自己呈示について考えます。

おすすめ記事

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』志尊淳 新世代スター期待度ランキング2020

毎年多くの若手俳優の中から新たなスターが誕生しますが、今回はこれからさらに人気が上昇しそうな俳優について、トーキョー女子映画部が独断で選出し、皆さんに投票して頂きました。

親子イメージ写真 皆様へ感謝!10周年記念特集:みんなの映画好きルーツ

トーキョー女子映画部10周年記念特集第2弾!トーキョー女子映画部には多くの映画好き女子が集まっていますが、皆さん何をきっかけに映画を好きになったのでしょうか?今回は皆さんが映画好きになったルーツについて聞いてみました。

トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年 皆様へ感謝!10周年記念特集:トーキョー女子映画部のまだまだ短い歴史

2020年7月で、トーキョー女子映画部は開設10周年を迎えました!ここまで続けてこられたのも皆さんのおかげです。本当に、本当にありがとうございます!他の多くの企業やWEBサイトに比べれば、10年なんてまだまだ若いですが、超マイペースでちゃらんぽらんな私からすると「10年ももった!」というのが本音です(笑)。そんなトーキョー女子映画部ですが、今回はこの機会にこの10年を振り返らせて頂きます。

映画『メン・イン・ブラック3』ウィル・スミス 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜コメディ俳優編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第2弾!今回は“コメディ俳優編”です。皆さんがもし1日だけコメディ俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想して頂きました!

映画『レヴェナント:蘇えりし者』レオナルド・ディカプリオ イイ男セレクションランキング2020<海外40代俳優 総合ランキング>

今回はついに総合ランキングを発表!各部門で接戦を繰り広げた海外40代俳優ですが、総合ランキングはどんな結果になったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査2イメージ 自粛期間中、映画生活スタイルはどう変わった?:コロナ禍のみんなの映画生活調査2

前回に引き続き、皆さんのコロナ禍の映画生活調査の後編をお送りします。自粛期間中は映画館が休業となっていましたが、皆さんの映画生活スタイルに変化はあったのでしょうか?

コロナ渦のみんなの映画生活調査1イメージ 映画館休業中、映画好き女子は何で映画を楽しむ?:コロナ禍のみんなの映画生活調査1

新型コロナウィルスの影響による緊急事態宣言が解除されつつありますが、まだまだ気を緩められませんね。そんな状況のなか、皆さんは映画をどう楽しんでいるのでしょうか?今回はコロナ禍の映画生活について、調査しました。

銃イメージ画像 あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『レオン』

「勝手にキャスティング企画!」第3回は『レオン』。まだ子役だったナタリー・ポートマンが、当時から可愛くて、演技も素晴らしく、虜になった方も多かったのではないでしょうか?今回はそんな本作をリメイクするとしたら、ジャン・レノが演じたレオン・モンタナ、ナタリー・ポートマンが演じたマチルダ・ランドーを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

映画『アトミック・ブロンド』シャーリーズ・セロン 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜アクション俳優編〜

楽しい妄想シリーズとして、新たに「1日あの人になってみたい!」企画をスタート。第1弾は“アクション俳優編”です。皆さんがもし1日だけアクション俳優になって映画に出られるとしたら、誰になってみたいですか?今回も楽しく妄想しながら回答頂きました!

映画『タイタニック』レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『タイタニック』

「勝手にキャスティング企画!」第2回は『タイタニック』。名作中の名作で、日本でも一大ムーブメントを起こしたあの頃が懐かしいですね。今回はそんな本作をリメイクするとしたら、レオナルド・ディカプリオが演じたジャック・ドーソン、ケイト・ウィンスレットが演じたローズ・デウィット・ブカターを、誰が演じるのが良いか、考えて頂きました!

REVIEW

  1. 映画『山猫は眠らない8 暗殺者の終幕』チャド・マイケル・コリンズ
  2. 映画『糸』菅田将暉/小松菜奈

  3. 映画『ハニーボーイ』ノア・ジュプ
  4. 映画『赤い闇 スターリンの冷たい大地で』ジェームズ・ノートン
  5. 映画『ジョーンの秘密』ジュディ・デンチ/ベン・マイルズ
  6. 映画『思い、思われ、ふり、ふられ』浜辺美波/北村匠海/福本莉子/赤楚衛二
  7. 映画『ブレスレット 鏡の中の私』メリッサ・ゲール
  8. 映画『ディック・ロングはなぜ死んだのか?』
  9. 映画『もったいないキッチン』ダーヴィド・グロス/塚本ニキ
  10. 映画『17歳のウィーン フロイト教授人生のレッスン』ジーモン・モルツェ/ブルーノ・ガンツ

部活・イベント

  1. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  2. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  3. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル
  4. 映画『ダウントン・アビー』ヒュー・ボネヴィル/エリザベス・マクガヴァーン/マギー・スミス/ミシェル・ドッカリー/ローラ・カーマイケル/アレン・リーチ/ブレンダン・コイル/ジョアン・フロガット/ロブ・ジェームス=コリアー/レスリー・ニコル/ソフィー・マックシェラ/マシュー・グード/ジム・カーター/イメルダ・スタウントン
  5. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
PAGE TOP