NEWS

サム・メンデス監督、ジョージ・マッケイら主要キャストが全編ワンカット撮影の裏側を語る!『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、サム・メンデス監督

『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞監督賞を受賞、『007スペクター』を始め、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの007シリーズを手掛けたサム・メンデス監督の最新作『1917 命をかけた伝令』が、2020年2月14日より全国公開となります。本作は、サム・メンデス監督ら製作陣が“全編ワンカット”で作り上げた画期的な作品で、すでにいくつかの映画賞を受賞およびノミネートされているほか、Rotten Tomatoesでは93%フレッシュの高評価を得て、海外の映評でも絶賛されています。

そして先日、本作のロイヤル・プレミアがイギリス、ロンドンで開催されました!本イベントは、The Film and TV Charity団体が企画する「Royal Film Performance」にふさわしい作品として本作が選出され実現したもので、イギリス王室からチャールズ皇太子とカミラ夫人もゲストとして来場しました。さらに、本作のサム・メンデス監督、主演のジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、撮影監督のロジャー・ディーキンスらが来場し華やかにレッドカーペットを彩りました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、サム・メンデス監督
サム・メンデス監督

サム・メンデス監督は、今回のロイヤル・プレミアについて「才能あるイギリス人の仲間達と共に、イギリスで製作された映画を世に送り出すには最高の形だから、こんな嬉しいことはないよ。この旅には最高の始まりだね」と喜びを語り、全編ワンカットで撮影した本作については、「主人公のキャラクターと観客をしっかりと結びつけ、離れることがないようにしたいと思った。観客に過ぎていく毎秒毎秒、彼らが辿る一歩一歩、そして彼らの息遣いすべてを感じてもらいたかったわけだが、それこそがこの物語を伝えるのに最も相応しい手法だと思えたんだ」と、こだわりについて明かしました。さらに、日本のファンに向けて「日本の皆さん、こんにちは!皆さんにもうすぐ映画を観て頂けるのが楽しみだよ。大規模で没入体験ができるイメージ、サウンド、音楽となっており、心から誇りに思っているので、ぜひ皆さんにも観に来て頂きたい。映画館でご覧頂きたいです」とメッセージを寄せました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ジョージ・マッケイ
ジョージ・マッケイ

伝令という重要なミッションを強いられるスコフィールド役のジョージ・マッケイは、当時実際に戦場の過酷な体験した人について問われると、「彼らが体験したことを真に理解することはできないが、表現していけるように可能な限り見極め、理解しようとするというのが僕たちの仕事だ。だから本作を通して、それを心掛けた」と話し、日本のファンに向けて、「本作はとても物語に引き込まれるので、彼らと共に一歩一歩進んでいくんだ。だから可能であればぜひ映画館で観てもらいたい」とコメントしました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ディーン=チャールズ・チャップマン
ディーン=チャールズ・チャップマン

また、主人公スコフィールドと共にミッションに立ち向かっていくブレイク役のディーン=チャールズ・チャップマンは、全編ワンカットの撮影を振り返り「すべての機能を検証するため、撮影の半年前からリハーサルをしなければならなかった。とても精密なもので、映画全体がまるでコレオグラフィーのようだった。ワンカットによって俳優としてそのすべてに身を投じ、キャラクター、状況に自分を委ね、すべてを忘れることができる。それは僕がこれまでに経験したことがなかったことで、とても楽しかったよ」とコメント。サム・メンデス監督との仕事について問われると、「彼は最高だよ。サムにはすべてにおいてこだわりのビジョンがある。そして、一言や一行ですべてが全く違って感じられるようにする。素晴らしい監督だよ」と明かしました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ロジャー・ディーキンス撮影監督
ロジャー・ディーキンス撮影監督

本作を全編ワンカットとして仕上げるために腕を振るった撮影監督のロジャー・ディーキンスは、「本作はワンカットだったから、これまで撮ってきた他の作品とも違ったけど、最終的には“どこにカメラを配置するのか、そこに置くのはなぜか、そのカメラで何をしたいのか”ということに尽きるということに変わりはないんだ。本作ではずっと移動し続けていくので、そう決断するのは簡単なことだったけど、カメラは常に移動し続けなければならなかった。最も大きなチャレンジは天候で、天候が続かないと辻褄が合わなくなるから曇り空を望んでいたけど、それは本当にチャレンジだったんだ。時には撮影を再開するために午後遅い時間の雲を文字通り1日中待たなければならなかったこともあった」と、撮影の裏側を語りました。

早くも海外では大きな話題 となっている本作。監督やキャスト陣のコメントからますます期待が高まりますね!日本公開を楽しみに待ちましょう。

映画『1917 命をかけた伝令』

『1917 命をかけた伝令』
2020年2月14日より全国公開
東宝東和
公式サイト

©2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP