NEWS

サム・メンデス監督、ジョージ・マッケイら主要キャストが全編ワンカット撮影の裏側を語る!『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、サム・メンデス監督

『アメリカン・ビューティー』でアカデミー賞監督賞を受賞、『007スペクター』を始め、ダニエル・クレイグ版ジェームズ・ボンドの007シリーズを手掛けたサム・メンデス監督の最新作『1917 命をかけた伝令』が、2020年2月14日より全国公開となります。本作は、サム・メンデス監督ら製作陣が“全編ワンカット”で作り上げた画期的な作品で、すでにいくつかの映画賞を受賞およびノミネートされているほか、Rotten Tomatoesでは93%フレッシュの高評価を得て、海外の映評でも絶賛されています。

そして先日、本作のロイヤル・プレミアがイギリス、ロンドンで開催されました!本イベントは、The Film and TV Charity団体が企画する「Royal Film Performance」にふさわしい作品として本作が選出され実現したもので、イギリス王室からチャールズ皇太子とカミラ夫人もゲストとして来場しました。さらに、本作のサム・メンデス監督、主演のジョージ・マッケイ、ディーン=チャールズ・チャップマン、撮影監督のロジャー・ディーキンスらが来場し華やかにレッドカーペットを彩りました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、サム・メンデス監督
サム・メンデス監督

サム・メンデス監督は、今回のロイヤル・プレミアについて「才能あるイギリス人の仲間達と共に、イギリスで製作された映画を世に送り出すには最高の形だから、こんな嬉しいことはないよ。この旅には最高の始まりだね」と喜びを語り、全編ワンカットで撮影した本作については、「主人公のキャラクターと観客をしっかりと結びつけ、離れることがないようにしたいと思った。観客に過ぎていく毎秒毎秒、彼らが辿る一歩一歩、そして彼らの息遣いすべてを感じてもらいたかったわけだが、それこそがこの物語を伝えるのに最も相応しい手法だと思えたんだ」と、こだわりについて明かしました。さらに、日本のファンに向けて「日本の皆さん、こんにちは!皆さんにもうすぐ映画を観て頂けるのが楽しみだよ。大規模で没入体験ができるイメージ、サウンド、音楽となっており、心から誇りに思っているので、ぜひ皆さんにも観に来て頂きたい。映画館でご覧頂きたいです」とメッセージを寄せました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ジョージ・マッケイ
ジョージ・マッケイ

伝令という重要なミッションを強いられるスコフィールド役のジョージ・マッケイは、当時実際に戦場の過酷な体験した人について問われると、「彼らが体験したことを真に理解することはできないが、表現していけるように可能な限り見極め、理解しようとするというのが僕たちの仕事だ。だから本作を通して、それを心掛けた」と話し、日本のファンに向けて、「本作はとても物語に引き込まれるので、彼らと共に一歩一歩進んでいくんだ。だから可能であればぜひ映画館で観てもらいたい」とコメントしました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ディーン=チャールズ・チャップマン
ディーン=チャールズ・チャップマン

また、主人公スコフィールドと共にミッションに立ち向かっていくブレイク役のディーン=チャールズ・チャップマンは、全編ワンカットの撮影を振り返り「すべての機能を検証するため、撮影の半年前からリハーサルをしなければならなかった。とても精密なもので、映画全体がまるでコレオグラフィーのようだった。ワンカットによって俳優としてそのすべてに身を投じ、キャラクター、状況に自分を委ね、すべてを忘れることができる。それは僕がこれまでに経験したことがなかったことで、とても楽しかったよ」とコメント。サム・メンデス監督との仕事について問われると、「彼は最高だよ。サムにはすべてにおいてこだわりのビジョンがある。そして、一言や一行ですべてが全く違って感じられるようにする。素晴らしい監督だよ」と明かしました。

映画『1917 命をかけた伝令』ロイヤル・プレミア、ロジャー・ディーキンス撮影監督
ロジャー・ディーキンス撮影監督

本作を全編ワンカットとして仕上げるために腕を振るった撮影監督のロジャー・ディーキンスは、「本作はワンカットだったから、これまで撮ってきた他の作品とも違ったけど、最終的には“どこにカメラを配置するのか、そこに置くのはなぜか、そのカメラで何をしたいのか”ということに尽きるということに変わりはないんだ。本作ではずっと移動し続けていくので、そう決断するのは簡単なことだったけど、カメラは常に移動し続けなければならなかった。最も大きなチャレンジは天候で、天候が続かないと辻褄が合わなくなるから曇り空を望んでいたけど、それは本当にチャレンジだったんだ。時には撮影を再開するために午後遅い時間の雲を文字通り1日中待たなければならなかったこともあった」と、撮影の裏側を語りました。

早くも海外では大きな話題 となっている本作。監督やキャスト陣のコメントからますます期待が高まりますね!日本公開を楽しみに待ちましょう。

映画『1917 命をかけた伝令』

『1917 命をかけた伝令』
2020年2月14日より全国公開
東宝東和
公式サイト

©2019 Universal Pictures and Storyteller Distribution Co., LLC. All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ 「国内旅行についてしゃべろう」トーキョー女子映画部“リアル交流会”参加者募集

トーキョー女子映画部には“映画が好き”という共通項を持つ部員の方々が集まっています。その中でもさらに共通の関心事についておしゃべりすれば楽しいんじゃないかということで、今回のリアル交流会の話題は、「国内旅行」で実施します。国内旅行好きの皆さん、夏休みの計画を立てようとしている皆さん、この交流会で情報交換しませんか?

映画『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー 『私だけ聴こえる』松井至監督インタビュー

音のない世界と聴こえる世界の狭間で居場所を失ったコーダの子ども達の姿を追ったドキュメンタリー映画『私だけ聴こえる』。今回はその監督を務めた松井至さんに、本作制作の裏話や、監督が肌で感じたコーダの方々のリアルな意見について聞いてみました。

映画『アネット』マリオン・コティヤール マリオン・コティヤール

1975年9月30日生まれ。フランス、パリ出身。両親共に舞台俳優。幼少の頃から舞台に立ち…

映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎 冬薔薇(ふゆそうび)

ゼロからの再スタートといえる伊藤健太郎が主演の本作は、阪本順次監督が彼からじっくり話を聞き…

映画『トップガン マーヴェリック』マイルズ・テラー マイルズ・テラー

1987年2月20日アメリカ、ペンシルベニア州生まれ。2010年にジョン・キャメロン・ミッチェル監督作…

映画『トップガン マーヴェリック』来日記者会見:トム・クルーズ、ジェリー・ブラッカイマー(プロデューサー) 経験と知識と技術と誰にも負けない熱意でとことんリアルにこだわった傑作『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ&ジェリー・ブラッカイマー来日記者会見

36年もの間、多くのファンが待ち望んでいた『トップガン』の続編が遂に2022年5月27日より公開されます。公開を目前にして、主演のトム・クルーズ、製作のジェリー・ブラッカイマーが揃って来日を果たしました。

映画『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』 ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇

一言でいうと水産業の裏側が描かれたドキュメンタリー映画なのですが、その闇の深さには驚きの連続です。世界有数の水産大国であるタイには…

映画『ウェディング・ハイ』篠原涼子 篠原涼子(しのはら りょうこ)

1973年8月13日群馬県生まれ。1990年にデビューして以降、サスペンスからアクション、コメディからヒューマンドラマ…

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー 『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

映画『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア、ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン役)、フィン・ヴォルフハルト(マイク役)、ウィノナ・ライダー(ジョイス役)、ノア・シュナップ(ウィル役)他 ミリー・ボビー・ブラウン、ウィノナ・ライダーらお馴染みのメンバーが集結!『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン4は2部作となり、Vol.1が5月27日、Vol.2が7月1日よりNetflixにて配信開始!先日、NYにて本作のワールドプレミアが行われ、ミリー・ボビー・ブラウン、フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダーら豪華メンバーが集結しました。

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  5. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『冬薔薇(ふゆそうび)』伊藤健太郎
  2. 映画『ゴースト・フリート 知られざるシーフード産業の闇』
  3. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  4. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  5. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  6. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  7. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  8. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  9. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  10. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

PAGE TOP