NEWS

ソン・ガンホ、カン・ドンウォンら登壇&是枝裕和監督がリモートで参加!『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、 イ・ジュヨン

“赤ちゃんポスト”をきっかけに出会った、赤ん坊の母親、ベイビー・ブローカーの男達、そして彼らを現行犯逮しようと静かに追いかける刑事らが絡み合いながら繰り広げる一風変わった旅路を描いた是枝裕和監督の最新作 『ベイビー・ブローカー』が、2022年6月24日より全国公開となります。先日、5月10日(火)に本作の撮影が行われた韓国にて制作報告会が開催され、主演のソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨンといった豪華キャスト陣、さらに日本からリモートで是枝裕和監督も参加しました。

マスコミ陣から大きな拍手とフラッシュの嵐とともに出迎えられた面々。まず、ベイビー・ブローカーのサンヒョンを演じたソン・ガンホは、「個人的に3年ぶりのこういう場で、是枝監督の新作と共にご挨拶でき嬉しいです。ありがとうございます」と挨拶。そして、日本からリモートでイベントに参加した是枝裕和監督もモニター越しに「長年の夢が叶い、映画が完成してこの日を迎えられたことを嬉しく思います」とコメントしました。

映画『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン

本作の企画の始まりについて問われた是枝監督は、「ペ・ドゥナさんは一度映画をご一緒させていただきましたし、ソン・ガンホさんとカン・ドンウォンさんは映画祭でお会いさせていただいたり、日本へ新作のPRイベントで来日された際に上映に花束を持って参加させていただいたりというような交流をさせていただいており、“いつか映画でご一緒しましょう”という漠然とした言葉を交わしていました。2016年頃にふと思いついたプロットがありまして、これなら自分の頭の中にいる韓国の役者の方々と一緒に映画が作れるのではないかという思いつきがきっかけでした。神父の格好をしたソン・ガンホさんが赤ん坊を抱き上げて、すごく良い人に見えるんだけど実は…、そんな1シーンが最初に思い浮かびました」と明かしました。さらに、ソン・ガンホについて「演じる人物像の中に善悪の両方が入っていて、それがシーンやセリフによって微妙に入れ替わる。色が単色ではない人物描写というのが、とても深くて見事で本当に素晴らしいと思って拝見していました。今回のサンヒョンの役も、悪人なのか善人なのか、観ている人達が探っていけるような、そういう人物描写にしたいと思いました」と語りました。

映画『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国、ソン・ガンホ

ソン・ガンホは是枝監督からオファーがあった当時のことを尋ねられ、「正確な年度は覚えてないですが、6、7年前に釜山映画祭で初めてミーティングをしました。昔から是枝監督の作品世界のファンでしたし、尊敬する芸術家ですので、とても光栄でした。先入観かもしれませんが、監督の映画を観ていると、冷たい話の中に温かいヒューマニズムが描かれて終わる印象でしたが、この作品を経験したら、監督の冷徹な現実直視により、温かいストーリーの中でも冷静な視線で社会を俯瞰している感じがしてとても感動しました。新しい挑戦でもあり、ワクワクする作業でした」と話しました。
そして、サンヒョンを演じるにあたってのこだわりについて、「カン・ドンウォンよりもっとカッコ良く映りたいなと思いました(笑)。劇中ではちょっとカッコよく撮れたと思ったんですけど、今日の彼の衣装を見て、そういう期待はやめることにしました(笑)」と会場の笑いを誘いました。そんなカン・ドンウォンとの共演については、「12年前の『義兄弟』で実の兄弟のように演技の相性が良いと感じたので、今回も自然に演じることができました。末っ子の弟と共演する感じで、分析的ではなく本能的なケミストリーを作れたと思います」とコメントすると、カン・ドンウォンが「個人的には12年前よりももっと相性が良かったと思います。私もだいぶ成長しましたし(笑)。私も年を取ったので会話ももっとスムーズにできました」と明かし、ソン・ガンホが「成長しましたね。背も伸びたし(笑)」とジョークを飛ばしました。

映画『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国、カン・ドンウォン

カン・ドンウォンは是枝監督との出会いについて、「私も6、7年前に東京で監督に初めて会いました。その後、映画化されるまでかなり時間がかかったのですが、やっと去年撮影をすることになり、こうして公開を控えていて感慨深いです」と振り返りました。続いて、ドンスというキャラクターについて問われると、「ドンスは少し頑固な面があるんです。ドンス自身が児童養護施設で育ち、使命感を持って子どもを養子縁組させる人物で、子どもは児童養護施設で育つより家庭で育ったほうが良いという考えを持ってる人物です。実際、児童養護施設を何度か訪ねて、そこの出身の方々とお話をして、その気持ちを演技に込めようと努力しました。その会話で感じた感情とその方々の悲しみを表現しようとしました」と役作りについて明かしました。

映画『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国、イ・ジウン(IU)

本作が劇場公開映画への初出演となるイ・ジウン(IU)は、「もらったシナリオを読む前に、短編映画の撮影で共演したことのあるペ・ドゥナさんに電話をしたんです。そしたら“とてもハマり役だ”と言ってくれたんです。好きな先輩からそう言われて、私も確信を持って台本を読んだ覚えがあります」と明かしました。今回演じた役については、「母親役は初めてなので、子どもの抱き方や遊んであげるときの振る舞いなど、小さな習慣を自然に見せようとしました。外見的にもあまりやったことがなかったスモーキーメイクやブリーチヘアなど、メイクチームからアイデアをもらいながら役作りをしました」と語りました。

映画『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国、イ・ジュヨン

シナリオを読んだときに涙を流したというイ・ジュヨンは、「ネタバレにならない範囲で言いますと、登場人物達がお互いの心を理解しながら会話するシーンがありますが、ソヨンがあの3人に言ってあげる言葉があるんです。その言葉をじっくり考えたら、とても心に響きました。人物達の感情をきちんと積み上げていくシナリオでした。監督の作品がとても好きで、この映画の中に自分が存在できて光栄です。そして、とても楽しくお仕事ができました」と話しました。さらに、ペ・ドゥナと共に挑んだ刑事役について、「映画に登場する刑事ってステレオタイプを思い浮かべますが、是枝監督の描く人物には、皆発見されていない人間性があると感じました。イ刑事がサンヒョン達を追う時も捜査目的ではなくて、ソヨンが赤ちゃんを捨てなければならなかった事情を知りたがったり、理解してあげたいという感情がありました。そのような部分をもっと引っ張り出そうとしてくれました。ペ・ドゥナさんとは車内シーンが多かったのですが、とても上手にリードしてくれました。漫才コンビのような愉快な雰囲気が出せるように2人でたくさん話しました」と撮影を振り返りました。

映画『ベイビー・ブローカー』制作報告会in韓国、ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、 イ・ジュヨン

また、イベントでは是枝監督が撮影中にスタッフに書いたという手紙の写真がスクリーンに映し出される場面もありました。手紙を書いた経緯について尋ねられた是枝監督は、「言葉が通じない関係なので、撮影が進んでいく中で感じたことなどをできるだけ文字にして伝えていくことで、自分が何を感じているのか、悩んでいることも含めて共有したほうが良いなと思ったので、このような形でスタッフやキャストの皆さんにお手紙を渡しました」と明かしました。最後に監督は、「本当にここに並んでいただいている方、ペ・ドゥナさんも含めて韓国映画界の宝物のような役者さん達と、韓国映画界を代表するスタッフの方達に集まっていただいて、自分自身も納得ができる大好きな作品になりました。そして、カンヌ国際映画祭でのお披露目という素晴らしいスタートを切ることができ、この後韓国での公開を控えて、映画ファンの方に作品を届けられることを本当に嬉しく心待ちにしています。公開時期にはオンラインではなく、韓国にお伺いして直接この映画を届けられたらと思いますので、楽しみに映画の公開を待っていてください。ありがとうございました」と挨拶しました。

キャスト同士の和気あいあいとした雰囲気や監督との信頼関係も伝わってくるイベントでしたね。本編ではどんな化学反応が観られるのか、とても楽しみです!

映画『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/ ペ・ドゥナ/イ・ジウン/イ・ジュヨン

『ベイビー・ブローカー』
2022年6月24日より全国公開
ギャガ
公式サイト

©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『エルヴィス』オースティン・バトラー 『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

映画『エルヴィス』ジャパンプレミアイベント 20組40名様ご招待

Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア、ミリー・ボビー・ブラウン(イレブン役)、フィン・ヴォルフハルト(マイク役)、ウィノナ・ライダー(ジョイス役)、ノア・シュナップ(ウィル役)他 ミリー・ボビー・ブラウン、ウィノナ・ライダーらお馴染みのメンバーが集結!『ストレンジャー・シングス 未知の世界 シーズン4』ワールドプレミア

『ストレンジャー・シングス 未知の世界』待望のシーズン4は2部作となり、Vol.1が5月27日、Vol.2が7月1日よりNetflixにて配信開始!先日、NYにて本作のワールドプレミアが行われ、ミリー・ボビー・ブラウン、フィン・ヴォルフハルト、ウィノナ・ライダーら豪華メンバーが集結しました。

映画『20歳のソウル』神尾楓珠 20歳のソウル

千葉県船橋市立船橋高等学校に代々受け継がれている応援曲“市船soul“を作曲した青年と、彼を取り巻く人々の実話が映画化された本作。前半は…

映画『選ばなかったみち』エル・ファニング エル・ファニング

1998年4月9日生まれ。アメリカ、ジョージア州出身。姉は俳優のダコタ・ファニング。2歳の時に…

映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち

これはクリーチャーが登場する映画が好きな方にとってはワクワクしてたまらないドキュメンタリー…

映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ トム・クルーズ

1962年7月3日アメリカ生まれ。『トップガン』『ザ・エージェント』『卒業白書』『マイノリティ・リポート』『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』…

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』 チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ

“チップとデール”というキャラクターは知っていましたが、映像で観るのは本作が初めてで、観る前のイメージと…

映画『ナイトメア・アリー』ケイト・ブランシェット ケイト・ブランシェット

1969年5月14日オーストラリア、メルボルン生まれ。マーティン・スコセッシ監督の『アビエイター』(2004)と…

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』トム・シリング 『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

映画『さよなら、ベルリン またはファビアンの選択について』キャストによるオンライントーク付き一般試写会 10組20名様ご招待

部活・イベント

  1. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  2. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2
  4. MOPIE PARK4『ガール・オン・ザ・サード・フロア』参加者集合写真
  5. 映画『ボス・ベイビー ファミリー・ミッション』

おすすめ記事

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ 働く20代部員限定「仕事とキャリアについて話そう」“リアル交流会”vol.2参加者募集

トーキョー女子映画部では部員さん同士の交流機会を増やすべく、さまざまな交流会を企画しています。そして、この度【働く20代部員限定】で“仕事”“キャリア”をテーマにした交流会を開催します。

Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ 24歳以下部員限定「就職について話そう」“リアル交流会”vol.1参加者募集

今回は新たな交流会企画の第1弾として、【24歳以下の部員の方限定】で“就職”をテーマにした交流会を開催します。

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより 『神様のえこひいき』みんなのレビュー

今回は、Huluオリジナル『神様のえこひいき』3話までを正式部員の皆さんに観ていただきました。ジェンダー、性指向、アイデンティティがテーマとなっており、表現について奇譚のないご意見もいただきました。さまざまな感想があがっていて、本作の見どころが伝わってきます。

映画『ゴッドファーザー』マーロン・ブランド あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ゴッドファーザー』

掟を重んじるマフィア一族の盛衰を、家族愛と壮絶なバイオレンスで描き、2度のアカデミー賞作品賞を受賞した名作“ゴッドファーザー”。今回は『ゴッドファーザー トリロジー 50th アニバーサリー 4K Ultra HD+ブルーレイセット』の発売にちなんで「勝手にキャスティング企画!」として、ドン・コルレオーネ役のマーロン・ブランドとマイケル・コルレオーネ役のアル・パチーノをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに俳優名を挙げていただきました。

映画『花束みたいな恋をした』菅田将暉/有村架純 映画好きが選んだ2021邦画ベスト

今回は、日本アカデミー賞(2022年は3月11日に発表)の時期にちなんで、私達も2021年の邦画ベストを選んでみました。候補作品は2021年に劇場公開した邦画(実写)の中から編集部独断で選抜したほか、日本アカデミー賞ノミネート作品も含め、正式部員の皆さんに好きな作品へ投票していただきました。どの作品が2021年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングでご確認ください!

映画『フォレスト・ガンプ/一期一会 4Kニューマスター版』トム・ハンクス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『フォレスト・ガンプ/一期一会』

ロバート・ゼメキス監督と名優トム・ハンクスがタッグを組み、米アカデミー賞で作品賞を含む6部門を受賞した不朽の名作『フォレスト・ガンプ/一期一会』。今回は本作4Kニューマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてフォレスト・ガンプ役のトム・ハンクス、ジェニー・カラン役のロビン・ライトをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

REVIEW

  1. 映画『20歳のソウル』神尾楓珠
    20歳のソウル

  2. 映画『クリーチャー・デザイナーズ ハリウッド特殊効果の魔術師たち』フィル・ティペット
  3. 映画『チップとデールの大作戦 レスキュー・レンジャーズ』
  4. 映画『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』チャン・イー/リウ・ハオツン
  5. 映画『トップガン マーヴェリック』トム・クルーズ
  6. 映画『大河への道』中井貴⼀/松⼭ケンイチ/北川景⼦
    大河への道

  7. 映画『ハケンアニメ!』吉岡里帆/中村倫也/柄本佑/尾野真千子
  8. 映画『流浪の月』広瀬すず/松坂桃李
    流浪の月

  9. 映画『シング・ア・ソング!~笑顔を咲かす歌声~』クリスティン・スコット・トーマス
  10. 映画『グロリアス 世界を動かした女たち』ジュリアン・ムーア
PAGE TOP