取材&インタビュー

是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン、是枝裕和監督

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

ソン・ガンホは「この物語は日本と韓国に限った特別な話ではなく、私達が生きているなかで感じうるさまざまなことを伝えている物語だと思います。この映画を皆様に届けることができて、本当に今日は意味のある1日になっていると思います。アリガトウゴザイマス」と挨拶。カン・ドンウォンは、「コンニチハ、オヒサシブリデス。カン・ドンウォン、デス。キテイタダイテ、アリガトウゴザイマス。久しぶりに日本に来られて嬉しく思っています。映画をどうぞお楽しみください」と半分日本語で挨拶しました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:是枝裕和監督

是枝監督は、「遡ると15年以上前に釜山の映画祭で、もし韓国で映画を撮るなら誰で撮りたいですかと聞かれた時にソン・ガンホさんのお名前を出させていただきました。そのインタビューを終えてエレベーターで帰ろうとしていたら、エレベーターが開いてソン・ガンホさんがいたんですよね。そんな偶然があって、何かご縁があるのだろうなと思っていたのですが、こういう形で作品に結実して、こんな素敵なキャストと日本の公開を迎えられたことを本当に嬉しく思っております。今日のこの日に集まっていただいた皆さん、ありがとうございます」と、エピソードを明かしました。15年も前の出来事というのが余計に運命を感じますね。

本作でオファーを受けた時の感想を聞かれたソン・ガンホは、「約6年前だったと思うんですが、釜山映画祭で初めてこのお話をうかがった時に、是枝監督の作品はすべて拝見していて、とてもファンでしたし尊敬している監督でしたので、是枝監督の新しい作品ということでとてもワクワクしてときめきました。そして、どんな役でもやらせていただきたい、光栄なことですとお話しました」と振り返りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ

是枝監督はどんな思いでオファーしたのかを聞かれると、「映画の中でソン・ガンホさんが初登場するシーンだけ最初に思い付いて、まずそこだけ書いたんですよね。その時はA4で3、4枚の短いショートストーリーだったんです。でも、その6年前のプロットにはソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんの名前は書いていたので、それが夢が叶ってこういう形になりました」と明かしました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:カン・ドンウォン

カン・ドンウォンは2年続けて是枝監督の誕生日に一緒に過ごした話が出て、「良いことなのか悪いことなのかわからないんですけど、監督が誕生日をお一人でお過ごしになると聞いて、ご飯に誘いました」とコメント。是枝監督は「(お祝いしてもらって)良かったです」と答え、2人から笑顔がこぼれました。カン・ドンウォンの気遣い、素敵ですね。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジウン

赤ん坊の母親を演じたイ・ジウンは、「私が演じたソヨンというキャラクターにはさまざまな設定があります。映画をご覧になるとわかると思いますが、ソヨンというキャラクターを説明する修飾語は本当にいっぱいあると思うんです。その1つの修飾語だけではなく、さまざまな設定を立体的に表現できるようにということで、監督ともさまざまな会話をしましたし、そういったところを気にしながら演技をしました」と役作りについて語りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジュヨン

ベイビー・ブローカーを追う刑事役を演じたイ・ジュヨンは「私も是枝監督の前作の大ファンです。是枝監督、先輩の皆さんと一緒に仕事をすることができ、現場でたくさんのことを学んで感じる姿勢で臨みたいと思いました。撮影が終わって、プロモーションの時も本当に素晴らしい思い出、経験を積めていると思います。なので私にとっては、長く忘れられない思い出になる作品だと思います」とコメントしました。

是枝監督は、「ソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんはこの作品を一緒にやる前から映画祭でご一緒したり、来日された時に僕が花束を渡す役をさせていただいたりという関係がもともとありました。ペ・ドゥナさんは前に1度映画を撮ってますし。なので、この3人に関してはアテ書きをしたのですが、イ・ジウンさんとイ・ジュヨンさんは、僕がコロナ禍で家で韓国ドラマにハマりまして、そこで観て本当に印象に残った2人なんです。韓国に渡ってオファーして夢が叶って、「本当にありがとうございます」という感じなんです(笑)。一番僕が幸せだった現場です。本当に理想的な思い描いた通りのキャスティングが実現しました。ありがとうございました(笑)」と照れながら語りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジウン

是枝監督のコメント受けてイ・ジウンは「監督は私の音楽や作品をご覧になってくださったとおっしゃっていただいたんですけど、私を知る前、実は韓国の食堂で監督を見かけたことがあるんです。その時から私は監督のファンでして、でも、監督は私のことを知らない状況だったので、挨拶したいなと思いながらもそのまま通り過ぎました。1年経った時に監督の映画に参加でき、監督が私の作品や音楽を知っているということで、すごく不思議な感じがしますし、とても気分が良いです」と監督との出会いを振り返りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジュヨン

また、イ・ジュヨンは「まだ映画について学んでいた大学生の頃、私は是枝監督の作品を釜山の国際映画祭とか韓国のシネキューブという映画館に観に行くような普通の学生でした。数年経って監督が私の作品を観たことがあるとおっしゃってくださって、私という俳優を知っていること自体、私にとっては本当に不思議な経験です。それだけでも幸せな気持ちになりますし、そのような気持ちで作品に参加することができました」と笑顔を見せました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:カン・ドンウォン

今回の来日についてソン・ガンホは、「昨日成田空港に着いたんですけど、イ・ジウンさんは日本でも有名で韓国でもスーパースターで、話に聞いたところ、今回の来日で実際に100人を超えるファンの皆さんが空港に集まっていました。でもカン・ドンウォンさんを見に来たのは3人でした。私は5人来てくださっていたんです。なので、とても気分の良い1日になりました(笑)」とカン・ドンウォンさんをいじり、会場の笑いを誘いました。これに対してカン・ドンウォンは「昨日、ソン・ガンホさんとこのことについてだいぶ長く話したんですが、ファンの皆さん、頑張ってください(笑)」と一言。さらにソン・ガンホは「ドンウォンさんはパリから来ていたんです。韓国からの飛行機ではなくパリからだったから、3人しかいらっしゃらなかったんだと言い訳を話していましたが、いずれにしても私は気分が良かったんです(笑)」と追い打ちをかけました。それに対してカン・ドンウォンは「初日の夕食の場で(ソン・ガンホに)“空港で何人のファンが待ってた?”と聞かれて、僕が3人ですと答えると、“俺は5人だったぞ!”と言われました」と返し、仲の良さを見せました。是枝監督によると、撮影現場でも2人はいつもこんな感じで、とても仲が良かったそうです。この空気感は映画の中でも滲み出ていますよ。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン

最後にソン・ガンホは、「日本の監督と韓国のキャストが一緒に作ったというのが大事だというよりは、この映画は日本人であっても韓国人であっても私達が生きているこの社会の私達の姿、隣人の姿、人生の価値が描かれた作品となっています。ですので国を超えて誰にとっても共有、共感できる暖かい物語だと思います。今日は貴重なお時間を割いて映画館に来て頂きましたが、皆さんにもその思いを受け取っていただいて共感していただける、そんな意味のある時間として記憶されて欲しいと願っています。今日はありがとうございました」とコメント。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ

是枝監督は「6年前に書いたプロットはとてもシンプルな話だったんですけど、実際にこの映画を作るためにソウルに渡って、ベビーボックスの周辺にいる方達の取材を重ねました。それがとても良かったと思っています。取材をすればするほど、この物語が人間の命をどういう風に考えるべきなのか、それを登場人物達が悩む話だなと、最初に自分が思い描いた話からちょっとずつ変わっていきました。撮影を始めてからも変わっていくプロセスを経て、今日これから皆さんに観ていただく作品になっています。いつも僕の映画はそうかもしれませんが、明快な答えが最後に待っているというよりは、登場人物達と同じように観た方達も旅を続けながら、1人の赤ちゃんの運命を一緒に考えていただけたら嬉しいです。楽しんでください」と締めました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督

本作は、一筋縄ではいかない問題を提起しており、さまざまなキャラクターのさまざまな面を通して、人の幸せにはいろいろな形があることを教えてくれます。今回の舞台挨拶で語られた通り、監督、キャスト皆の夢が叶った作品というところでも、ぜひ多くの方に観て欲しい1作です。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:
2022年6月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/ ペ・ドゥナ/イ・ジウン/イ・ジュヨン

『ベイビー・ブローカー』
2022年6月24日より全国公開中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『もっと超越した所へ。』前田敦子/菊池風磨 『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『もっと超越した所へ。』キャスト&スタッフ登壇・完成披露試写会 5組10名様ご招待

映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史 バイオレンスアクション

小学館「やわらかスピリッツ」で連載の浅井蓮次と沢田新による人気コミックを…

映画『TANG タング』二宮和也 二宮和也(にのみや かずなり)

1983年6月17日東京都生まれ。主な出演作に『青の炎』『大奥』『GANTZ』『プラチナデータ』などがあり…

韓流ドラマ(バラエティ番組)『エラー夫婦~永遠の愛を誓ったはずなのに!?~』 ここだけの話26:“直感的に観たい韓流ドラマ”2人座談会 by マイソン&シャミ

今回は、U-NEXT、ディズニープラス、Netflix、Hulu、AmazonプライムのTOP画面を2人で見ながら、直感的に観たいと思う韓流ドラマを物色しました。タイトルやあらすじなどだけ見て自由気ままに想像を膨らませて話しています。

Netflix映画『呪詛』 呪詛

ものすごく怖いと話題になっていたので、かなり身構えて観ましたが…

映画『1640日の家族』ガブリエル・パヴィ ガブリエル・パヴィ

2014年、フランス生まれ。公園で遊んでいたところを…

映画『ハウ』田中圭 ハウ

本作は、辛い体験をしたばかりの民夫(田中圭)と、ワンと鳴けない犬ハウが、お互いの存在を支えにして…

映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ローラ・ダーン ローラ・ダーン

1967年2月10日アメリカ、カリフォルニア州生まれ。1991年『ランブリング・ローズ』で…

映画『PLAN 75』倍賞千恵子 倍賞千恵子(ばいしょう ちえこ)

1941年6月29日生まれ、東京都出身。松竹音楽舞踊学校を卒業後…

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

部活・イベント

  1. 記事作成部活20220720:初秋最新作
  2. Pixabayによる写真:大人の女性2人おしゃべりイメージ
  3. Pixabayによる写真:若いビジネスウーマン2人おしゃべりイメージ
  4. Pixabayによる写真:若い女性2人おしゃべりイメージ
  5. Pixabayによる写真:3人女性おしゃべりイメージ2

おすすめ記事

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

映画『ブレット・トレイン』ブラッド・ピット/アーロン・テイラー=ジョンソン 映画好き目線でそそる2022年初秋公開映画を紹介

今回は一足お先に初秋の映画をご紹介。正式部員から立候補してくださった皆さんと「映画好き目線でそそる初秋公開映画」を選びました。そそる項目も皆で決めてチャートも作ってみました。参考にしてみてください。

映画『なまず』イ・ジュヨン キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年7月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッ…

記事作成部活20220720:初秋最新作 一緒に記事を作りませんか?【記事作成部活】2022年8月度参加者募集

2022年8月は4回開催します。オンラインとリアル、それぞれテーマを変えて行います。

映画『ショーシャンクの空に』ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『ショーシャンクの空に』

今回は『ショーシャンクの空に』4Kデジタルリマスター版の劇場公開にちなんで、「勝手にキャスティング企画!」としてアンディ(アンドリュー・デュフレーン)役のティム・ロビンスとレッド(エリス・ボイド・レディング)役のモーガン・フリーマンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに考えていただきました。

映画『ワンダーウーマン 1984』ガル・ガドット 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜SF作品のキャラクター編〜

楽しい妄想シリーズ「1日あの人になってみたい!」企画第5弾は、“SF作品のキャラクター編”です。も…

映画『オードリー・ヘプバーン』オードリー・ヘプバーン オードリー・ヘプバーン人気作品ランキング

『ローマの休日』『シャレード』『マイ・フェア・レディ』など、数々の名作に出演し、今でも世界中の人々に愛される大スター、オードリー・ヘプバーン。今回は、ドキュメンタリー映画『オードリー・ヘプバーン』(2022年5月6日より全国公開)の公開を記念し、オードリー・ヘプバーンの出演作品(日本未公開作品を除く)でどれが好きか正式部員の皆さんに投票していただきました。

MeTooロゴのみ 【映画業界のハラスメント問題における映画ファンの本音】アンケート結果

トーキョー女子映画部としてこの問題にどう向き合っていくかを考える上で、当部を支えてくださっている正式部員の皆さんのご意見を知りたいと思い、今回アンケートを実施しました。選択肢に答えるだけで終わらず、多くの方がコメントを書いてくださったことからも、皆さんがこの問題にとても深い関心を持ち、映画業界、ひいては社会全体の改善を願ってくださっていることが伝わってきました。今回はそのアンケートの結果を掲載します。

Huluオリジナルドラマ『神様のえこひいき』藤原大祐/桜田ひより/窪塚愛流/新井舞良/古川雄輝 生まれ変わったら、どんな恋がしたい?『神様のえこひいき』アンケート特集

Huluオリジナル『神様のえこひいき』は、想いを寄せる親友との恋を成就させるために女の子に生まれ変わった少年の物語です。彼が生まれ変わったことで、彼自身や周囲の人間達も自分のアイデンティティやジェンダーについて考え、今まで見えていなかった大切なことに気付いていきます。今回は、そんな本作のテーマにちなんだアンケートを実施しました。

REVIEW

  1. 映画『バイオレンスアクション』橋本環奈/杉野遥亮/鈴鹿央士/馬場ふみか/森崎ウィン/大東駿介/太田夢莉/佐藤二朗/城田優/高橋克典/岡村隆史
  2. Netflix映画『呪詛』
    呪詛

  3. 映画『ハウ』田中圭
    ハウ

  4. 映画『セイント・フランシス』ケリー・オサリヴァン/ラモーナ・エディス・ウィリアムズ
  5. Netflix映画『グレイマン』ライアン・ゴズリング
    グレイマン

  6. Amazon Prime Video映画『ムーンフォール』ハル・ベリー/パトリック・ウィルソン/ジョン・ブラッドリー
  7. 海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ <シーズン2>』ニコール・キッドマン/リース・ウィザースプーン /シェイリーン・ウッドリー/ローラ・ダーン/ゾーイ・クラビッツ
  8. 映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』
  9. 映画『コンビニエンス・ストーリー』成田凌/前田敦子
  10. ディズニープラス映画『プレデター:ザ・プレイ』
PAGE TOP