取材&インタビュー

是枝監督をはじめ皆の夢が1度に叶った『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン、イ・ジュヨン来日記念舞台挨拶

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ、カン・ドンウォン、イ・ジウン(IU)、イ・ジュヨン、是枝裕和監督

第75回カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(ソン・ガンホ)、エキュメニカル審査員賞を受賞した『ベイビー・ブローカー』のキャスト、スタッフが、劇場公開から3日目となる2022年6月26日に舞台挨拶を行いました。

ソン・ガンホは「この物語は日本と韓国に限った特別な話ではなく、私達が生きているなかで感じうるさまざまなことを伝えている物語だと思います。この映画を皆様に届けることができて、本当に今日は意味のある1日になっていると思います。アリガトウゴザイマス」と挨拶。カン・ドンウォンは、「コンニチハ、オヒサシブリデス。カン・ドンウォン、デス。キテイタダイテ、アリガトウゴザイマス。久しぶりに日本に来られて嬉しく思っています。映画をどうぞお楽しみください」と半分日本語で挨拶しました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:是枝裕和監督

是枝監督は、「遡ると15年以上前に釜山の映画祭で、もし韓国で映画を撮るなら誰で撮りたいですかと聞かれた時にソン・ガンホさんのお名前を出させていただきました。そのインタビューを終えてエレベーターで帰ろうとしていたら、エレベーターが開いてソン・ガンホさんがいたんですよね。そんな偶然があって、何かご縁があるのだろうなと思っていたのですが、こういう形で作品に結実して、こんな素敵なキャストと日本の公開を迎えられたことを本当に嬉しく思っております。今日のこの日に集まっていただいた皆さん、ありがとうございます」と、エピソードを明かしました。15年も前の出来事というのが余計に運命を感じますね。

本作でオファーを受けた時の感想を聞かれたソン・ガンホは、「約6年前だったと思うんですが、釜山映画祭で初めてこのお話をうかがった時に、是枝監督の作品はすべて拝見していて、とてもファンでしたし尊敬している監督でしたので、是枝監督の新しい作品ということでとてもワクワクしてときめきました。そして、どんな役でもやらせていただきたい、光栄なことですとお話しました」と振り返りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ

是枝監督はどんな思いでオファーしたのかを聞かれると、「映画の中でソン・ガンホさんが初登場するシーンだけ最初に思い付いて、まずそこだけ書いたんですよね。その時はA4で3、4枚の短いショートストーリーだったんです。でも、その6年前のプロットにはソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんの名前は書いていたので、それが夢が叶ってこういう形になりました」と明かしました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:カン・ドンウォン

カン・ドンウォンは2年続けて是枝監督の誕生日に一緒に過ごした話が出て、「良いことなのか悪いことなのかわからないんですけど、監督が誕生日をお一人でお過ごしになると聞いて、ご飯に誘いました」とコメント。是枝監督は「(お祝いしてもらって)良かったです」と答え、2人から笑顔がこぼれました。カン・ドンウォンの気遣い、素敵ですね。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジウン

赤ん坊の母親を演じたイ・ジウンは、「私が演じたソヨンというキャラクターにはさまざまな設定があります。映画をご覧になるとわかると思いますが、ソヨンというキャラクターを説明する修飾語は本当にいっぱいあると思うんです。その1つの修飾語だけではなく、さまざまな設定を立体的に表現できるようにということで、監督ともさまざまな会話をしましたし、そういったところを気にしながら演技をしました」と役作りについて語りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジュヨン

ベイビー・ブローカーを追う刑事役を演じたイ・ジュヨンは「私も是枝監督の前作の大ファンです。是枝監督、先輩の皆さんと一緒に仕事をすることができ、現場でたくさんのことを学んで感じる姿勢で臨みたいと思いました。撮影が終わって、プロモーションの時も本当に素晴らしい思い出、経験を積めていると思います。なので私にとっては、長く忘れられない思い出になる作品だと思います」とコメントしました。

是枝監督は、「ソン・ガンホさん、カン・ドンウォンさん、ペ・ドゥナさんはこの作品を一緒にやる前から映画祭でご一緒したり、来日された時に僕が花束を渡す役をさせていただいたりという関係がもともとありました。ペ・ドゥナさんは前に1度映画を撮ってますし。なので、この3人に関してはアテ書きをしたのですが、イ・ジウンさんとイ・ジュヨンさんは、僕がコロナ禍で家で韓国ドラマにハマりまして、そこで観て本当に印象に残った2人なんです。韓国に渡ってオファーして夢が叶って、「本当にありがとうございます」という感じなんです(笑)。一番僕が幸せだった現場です。本当に理想的な思い描いた通りのキャスティングが実現しました。ありがとうございました(笑)」と照れながら語りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジウン

是枝監督のコメント受けてイ・ジウンは「監督は私の音楽や作品をご覧になってくださったとおっしゃっていただいたんですけど、私を知る前、実は韓国の食堂で監督を見かけたことがあるんです。その時から私は監督のファンでして、でも、監督は私のことを知らない状況だったので、挨拶したいなと思いながらもそのまま通り過ぎました。1年経った時に監督の映画に参加でき、監督が私の作品や音楽を知っているということで、すごく不思議な感じがしますし、とても気分が良いです」と監督との出会いを振り返りました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:イ・ジュヨン

また、イ・ジュヨンは「まだ映画について学んでいた大学生の頃、私は是枝監督の作品を釜山の国際映画祭とか韓国のシネキューブという映画館に観に行くような普通の学生でした。数年経って監督が私の作品を観たことがあるとおっしゃってくださって、私という俳優を知っていること自体、私にとっては本当に不思議な経験です。それだけでも幸せな気持ちになりますし、そのような気持ちで作品に参加することができました」と笑顔を見せました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:カン・ドンウォン

今回の来日についてソン・ガンホは、「昨日成田空港に着いたんですけど、イ・ジウンさんは日本でも有名で韓国でもスーパースターで、話に聞いたところ、今回の来日で実際に100人を超えるファンの皆さんが空港に集まっていました。でもカン・ドンウォンさんを見に来たのは3人でした。私は5人来てくださっていたんです。なので、とても気分の良い1日になりました(笑)」とカン・ドンウォンさんをいじり、会場の笑いを誘いました。これに対してカン・ドンウォンは「昨日、ソン・ガンホさんとこのことについてだいぶ長く話したんですが、ファンの皆さん、頑張ってください(笑)」と一言。さらにソン・ガンホは「ドンウォンさんはパリから来ていたんです。韓国からの飛行機ではなくパリからだったから、3人しかいらっしゃらなかったんだと言い訳を話していましたが、いずれにしても私は気分が良かったんです(笑)」と追い打ちをかけました。それに対してカン・ドンウォンは「初日の夕食の場で(ソン・ガンホに)“空港で何人のファンが待ってた?”と聞かれて、僕が3人ですと答えると、“俺は5人だったぞ!”と言われました」と返し、仲の良さを見せました。是枝監督によると、撮影現場でも2人はいつもこんな感じで、とても仲が良かったそうです。この空気感は映画の中でも滲み出ていますよ。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン

最後にソン・ガンホは、「日本の監督と韓国のキャストが一緒に作ったというのが大事だというよりは、この映画は日本人であっても韓国人であっても私達が生きているこの社会の私達の姿、隣人の姿、人生の価値が描かれた作品となっています。ですので国を超えて誰にとっても共有、共感できる暖かい物語だと思います。今日は貴重なお時間を割いて映画館に来て頂きましたが、皆さんにもその思いを受け取っていただいて共感していただける、そんな意味のある時間として記憶されて欲しいと願っています。今日はありがとうございました」とコメント。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ

是枝監督は「6年前に書いたプロットはとてもシンプルな話だったんですけど、実際にこの映画を作るためにソウルに渡って、ベビーボックスの周辺にいる方達の取材を重ねました。それがとても良かったと思っています。取材をすればするほど、この物語が人間の命をどういう風に考えるべきなのか、それを登場人物達が悩む話だなと、最初に自分が思い描いた話からちょっとずつ変わっていきました。撮影を始めてからも変わっていくプロセスを経て、今日これから皆さんに観ていただく作品になっています。いつも僕の映画はそうかもしれませんが、明快な答えが最後に待っているというよりは、登場人物達と同じように観た方達も旅を続けながら、1人の赤ちゃんの運命を一緒に考えていただけたら嬉しいです。楽しんでください」と締めました。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/イ・ジウン/イ・ジュヨン/是枝裕和監督

本作は、一筋縄ではいかない問題を提起しており、さまざまなキャラクターのさまざまな面を通して、人の幸せにはいろいろな形があることを教えてくれます。今回の舞台挨拶で語られた通り、監督、キャスト皆の夢が叶った作品というところでも、ぜひ多くの方に観て欲しい1作です。

映画『ベイビー・ブローカー』来日記念舞台挨拶:
2022年6月26日取材 PHOTO&TEXT by Myson

映画『ベイビー・ブローカー』ソン・ガンホ/カン・ドンウォン/ ペ・ドゥナ/イ・ジウン/イ・ジュヨン

『ベイビー・ブローカー』
2022年6月24日より全国公開中
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

©2022 ZIP CINEMA & CJ ENM Co., Ltd., ALL RIGHTS RESERVED

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『夜、鳥たちが啼く』⼭⽥裕貴/松本まりか 映画に隠された恋愛哲学とヒント集70:結婚してるのに、結婚していないのに

週末婚、事実婚という言葉が生まれたように、結婚のスタイルも多様化してきました。とはいえ、依然として“結婚”という概念には縛りがあります。今回は、『夜、鳥たちが啼く』『散歩時間~その日を待ちながら~』を例に考えてみました。

東京コミコン2022:ジェイミー・キャンベル・バウアー ジェイミー・キャンベル・バウアー

1988年11月22日イギリス、ロンドン生まれ。2007年『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』の…

映画『ハッピーニューイヤー』 ハッピーニューイヤー

『猟奇的な彼女』等ヒット作を数々生み出してきたクァク・ジェヨン監督が、韓国人気俳優の豪華共演で描くこの群像劇は…

映画『君だけが知らない』ソ・イェジ ソ・イェジ

1990年4月6日韓国生まれ。2013年、ドラマ『ジャガイモ星 2013QR3』でデビュー。2016年には…

映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也 ラーゲリより愛を込めて

本作は、第二次世界大戦が終戦した後、シベリアの強制収容所=ラーゲリで不当に拘留されていた…

海外ドラマ『AND JUST LIKE THAT... / セックス・アンド・ザ・シティ新章』サラ・ジェシカ・パーカー サラ・ジェシカ・パーカー

1965年3月25日アメリカ、オハイオ州生まれ。“イノセント”“サウンド・オブ・ミュージック”“アニー”など…

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】3名様プレゼント

映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー MEN 同じ顔の男たち

これは、闇鍋のような作品です(笑)。観る人を…

映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利 天上の花

1966年に発表された萩原葉子の小説「天上の花—三好達治抄—」を『いぬむこいり』の片嶋一貴がメガホンをとり…

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

海外ドラマ『シー・ハルク:ザ・アトーニー』タチアナ・マスラニー 楽しい妄想シリーズ:1日あの人になってみたい!〜海外ドラマのキャラクター アクション編〜

もし1日だけ海外ドラマに登場するアクションが得意なキャラクターになれるとしたら、誰になってみたいか正式部員の皆さんに妄想していただきました。今回も楽しい妄想コメントが集まりました。

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

REVIEW

  1. 映画『ハッピーニューイヤー』
  2. 映画『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
  4. 映画『天上の花』東出昌大/入山法子/吹越満/鎌滝恵利
    天上の花

  5. 映画『あのこと』アナマリア・ヴァルトロメイ
    あのこと

  6. 映画『泣いたり笑ったり』アレッサンドロ・ガスマン/ファブリツィオ・ベンティヴォッリオ
  7. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  8. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  9. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  10. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』

PRESENT

  1. 【ジブリがいっぱいCOLLECTIONオリジナル 卓上カレンダー2023】
  2. 映画『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』オリジナルノートブック
  3. 映画『MEN 同じ顔の男たち』ジェシー・バックリー
PAGE TOP