NEWS

マシュー・ヴォーン監督、レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソンら“キングスマン”誕生を彩る豪華キャスト&スタッフ登場!『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア、マシュー・ヴォーン監督、レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、ジェマ・アータートン

スタイリッシュな英国紳士が、ド派手で超過激なスパイアクションを繰り広げる“キングスマン”シリーズ最新作『キングスマン:ファースト・エージェント』がついに12月24日より全国公開となります。長い間待ちわびた待望のキングスマンシリーズ最新作の公開に世界中から熱い視線が送られる中、現地時間12月6日(日本時間12月7日)に、“キングスマン”の本拠地であるイギリス、ロンドンにてワールドプレミアが行われました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア、マシュー・ヴォーン監督、レイフ・ファインズ、ジェマ・アータートン

レッドカーペットには、『キングスマン』『キングスマン:ゴールデン・サークル』に続き監督を務めるマシュー・ヴォーン、主人公のオックスフォード公役のレイフ・ファインズ、オックスフォード公の息子コンラッド役のハリス・ディキンソン、キングスマンに立ちはだかる最凶の敵ラスプーチン役のリス・エヴァンスをはじめ、ジェマ・アータートン、トム・ホランダー、メインテーマ楽曲を担当するアーティストのFKA Twigsら豪華キャスト&スタッフが登場しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア、レイフ・ファインズ

世界最強のスパイ組織、キングスマンの誕生秘話が明かされる本作で主演を飾ったレイフ・ファインズは、プレミア開催について「良い気分だ。我々は誰もがこのようなイベントが開催できるようになることを待ち望んでいたわけだが、マシューのことを思うと私も嬉しいよ」とコメントし、「映画館での体験を失えば、映画文化は多くを失うことになるだろう。音響と大画面に没入する感覚を私は心から愛している。観客が戻ってきて、彼らもそんな体験を求めてくれたらと願っているよ」と、アピールしました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア、レイフ・ファインズ

また、物語について「人間味、愛、そして私が演じるオックスフォード公の息子コンラッドへの父性愛といったものすべてをとても気に入っている。アクションや剣術などと共に、それらが本作に感情面での重みをもたらしていると思うし、そうであることを願っている」と語りました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア、マシュー・ヴォーン監督、レイフ・ファインズ、ハリス・ディキンソン、ジェマ・アータートン

オックスフォード公の息子を演じたハリス・ディキンソンは、マシュー監督との撮影について「信じられないほど光栄なことだった。マシューはリスクを取る監督だ。スパイジャンルを手掛け、その中でとても大胆なことをしている。他の誰もやったことのないことに挑んでいる」と振り返り、レイフ・ファインズについては、「彼は演技においてとても寛大なアーティストで、自分以外の誰をも助け、支える。現場での彼は見ていて本当に見事だった。圧倒されたね」と話しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア、マシュー・ヴォーン監督、ハリス・ディキンソン

そして“キングスマン”の生みの親マシュー・ヴォーン監督は、渾身の最新作をついに世界の観客へ届けることができることについて、「本当に安堵しているんだ。映画館で上映されることが信じられないよ。かなり長い間ずっと観ていなかったし、完成した後にロックダウンとなったので、観客と共に観ることはできなかった。だから僕の人生で最も非現実的な体験だよ。本作で私は監督であるだけでなく、観客でもあるわけだ」と話しました。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア、マシュー・ヴォーン監督

本作への強いこだわりについては「『アラビアのロレンス』(1962)で使われたのとまさしく同じレンズで撮影したんだ。壊れてばかりなので作り直したけど、ワイドスクリーンで観てもらえるように撮影したものだ。スマホやiPadで観てもらうためではなくてね。スクリーンに没入してもらえればと思うよ。劇場に行って観てもらうことには本当に価値がある、間違いなくね」とコメント。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』ワールドプレミア

公開を待ち望むファンに向けて監督は「“キングスマン”ファンなら、その起源、真の“キングスマン”の姿、そしてその誕生について観られる。“キングスマン”ファンでなくても、楽しんでもらえるはずだ。2時間、現実逃避を楽しむことができるんだ。今我々に必要なのは、笑顔にしてくれる何かだが、本作はきっと笑顔にしてくれるだろう」と“今の時代”だからこそ観てほしいとアピールし、日本のファンに向けて「日本よ、ありがとう!本作の英国人らしさを楽しんでもらいたい。それから日本文化とのクロスオーバーがたくさんあるのも観てもらえると思うよ」と劇中での嬉しいサプライズも明かしました。新たな見どころ満載の本作にますます期待が高まりますね!公開まであともう少し、楽しみ待ちましょう。

映画『キングスマン:ファースト・エージェント』レイフ・ファインズ/ハリス・ディキンソン

『キングスマン:ファースト・エージェント』
2021年12月24日より全国公開
ウォルト・ディズニー・ジャパン
公式サイト

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 20th Century Studios.  All Rights Reserved.

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

海外ドラマ『ラブ&デス』エリザベス・オルセン/ジェシー・プレモンス やましい人は震えが止まらなくなる【浮気のその先が怖すぎる】映画&ドラマ特集

11月22日は「夫婦の日」として知られていますが、毎月22日を「夫婦の日」とする説もあるようです。そこで掲載日の2024年2月22日の「22日」にちなんで、夫婦円満、カップル円満を願うべく、浮気防止に効きそうな映画をご紹介します。

映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム マダム・ウェブ【レビュー】

マーベル作品で蜘蛛といえば“スパイダーマン”ということで、何か関連が…

映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶 『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『青春 18×2 君へと続く道』キャスト&監督登壇、完成披露試写会 18組36名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット 『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』一般試写会 5組10名様ご招待

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李 52ヘルツのクジラたち【レビュー】

2021年に本屋大賞を受賞した町田そのこの同名小説を映画化した本作は、声に出して助けを求められない孤独な人々が出会い…

映画『夜明けのすべて』上白石萌音 上白石萌音【プロフィールと出演作一覧】

1998年1月27日生まれ。鹿児島県出身。2011年、第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞。同年…

映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ ポーカー・フェイス/裏切りのカード【レビュー】

本作は、ラッセル・クロウが『ディバイナー 戦禍に光を求めて』(2014)以来、2度目の主演と監督を兼任した作品です。億万長者のジェイク(ラッセル・クロウ)は…

映画『マッチング』土屋太鳳/佐久間大介 映画と人の研究12:洋画選択時・邦画選択時の「人気俳優出演作か」参考度の比較と全体のまとめ

今回は、「人気俳優」が出演しているかを参考にする度合いについて、●比較B:「洋画ファン」「邦画ファ…

映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』 漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~【レビュー】

浅草にある東洋館を拠点とする漫才協会には、2023年12月現在、124組、215名の芸人が所属しています。本作は2023年に協会の会長に就任したナイツの塙宣之が監督を務め…

映画『哀れなるものたち』NYプレミア、ラミー・ユセフ ラミー・ユセフ【プロフィールと出演作一覧】

『哀れなるものたち』NYプレミア1991年3月26日アメリカ生まれ。主な出演作に、テレビシ…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『テルマ&ルイーズ 4K』スーザン・サランドン/ジーナ・デイヴィス あの名作をリメイクするとしたら、誰をキャスティングする?『テルマ&ルイーズ』

今回は『テルマ&ルイーズ』のリメイクを作るとしたら…ということで、テルマ役のジーナ・デイヴィスとルイーズ役のスーザン・サランドンをそれぞれ誰が演じるのが良いか、正式部員の皆さんに聞いてみました。

映画『ミステリと言う勿れ』菅田将暉 映画好きが選んだ2023邦画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の邦画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の邦画ベストに輝いたのか、ランキングを発表!

映画『モリコーネ 映画が恋した音楽家』エンニオ・モリコーネ トーキョー女子映画部が選ぶ 2023年ベスト10

年末恒例、今回もマイソンとシャミで、2023年のMY BEST10を選びました。俳優はMVPとして1名選出。この冬休みの映画鑑賞の参考になれば嬉しいです。

REVIEW

  1. 映画『マダム・ウェブ』ダコタ・ジョンソン/シドニー・スウィーニー/イザベラ・メルセド/セレステ・オコナー/タハール・ラヒム
  2. 映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花/志尊淳/桑名桃李
  3. 映画『ポーカー・フェイス/裏切りのカード』ラッセル・クロウ
  4. 映画『漫才協会 THE MOVIE ~舞台の上の懲りない面々~』
  5. 映画『サイレントラブ』山田涼介/浜辺美波

PRESENT

  1. 映画『青春 18×2 君へと続く道』シュー・グァンハン/清原果耶
  2. 映画『π〈パイ〉デジタルリマスター』ショーン・ガレット
  3. 映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ』トートバッグ
PAGE TOP