NEWS

ヒュー・ジャックマンら豪華キャスト&製作陣がブルーカーペットに登場!『レミニセンス』ワールドプレミア開催

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『レミニセンス』ワールドプレミア、ヒュー・ジャックマン、レベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートン 、リサ・ジョイ監督

クリストファー・ノーランの弟で、『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』『インターステラー』の脚本も手掛けたジョナサン・ノーランが製作を務め、ヒュー・ジャックマンを主演に迎えた映画『レミニセンス』が、9月17日より全国公開となります。その公開に先駆け、現地時間8月11日(水)にヒュー・ジャックマンをはじめ、レベッカ・ファーガソン、タンディ・ニュートンら豪華キャスト陣、さらに監督と製作のリサ・ジョイ、製作のジョナサン・ノーランらスタッフが集結するワールドプレミアがロンドンで盛大に開催されました。

会場には、海に沈み世界が水に支配された世界が舞台の本作をイメージした、ブルーカーペットが敷かれ、華やかな衣装に身を包んだ豪華キャスト&スタッフが笑顔で登場。本作の主人公で“記憶潜入エージェント”のニックを演じたヒュー・ジャックマンは、「こんな日が本当に来るとは思っていなかったし、特にリサ・ジョイの映画監督作品第1作目だったから、こうやってプレミアに皆で参加でき、観客にIMAXシアターで観てもらうことができて本当にワクワクしているよ。こうやって劇場で観てもらうべき作品だからね」とコメント。

映画『レミニセンス』ワールドプレミア、ヒュー・ジャックマン

また、最初に監督のリサ・ジョイからオファーを受けた時のことを振り返り、「信じられなかったね(笑)。もちろん嬉しかったけど、“そうか、ブラッド・ピットが断ったんだな(笑)!”って内心思っていたよ。でも彼女は僕に不思議なことに脚本をまずは読まないでいい、アイデアやアートワークを見て、自分がなぜこの脚本を書いたのかを話して、その上で脚本を渡したいと言ったんだ。そして僕にいろいろ説明してくれたんだけど、“あなたがやらないなら私も多分やらないわ”と言うので、ものすごいプレッシャーを感じたよ(笑)。でも、とてもワクワクしたし、気に入ったんだ。きっとブラッドも引き受けたはずだね(笑)」と笑顔で話しました。

映画『レミニセンス』ワールドプレミア、レベッカ・ファーガソン

謎の女性メイを演じたレベッカ・ファーガソンは、脚本を読んだ時の印象について、「最初に脚本を読んだ時は、とても複雑で一旦脚本を置いたけど、もうこの役をやると決めていたわ。監督はとても多彩で知的で、このストーリーのビジョンの説明が素晴らしかったから」と明かしました。

映画『レミニセンス』ワールドプレミア、リサ・ジョイ監督

そして、本作の監督のリサ・ジョイは、本作のテーマでもある“記憶”について、「私はかなり前から記憶というものをテーマにすることに取り憑かれていて、たくさんのSF作品を書いてきたけど、記憶というものは一番原始的なタイムトラベルの手法だし、いつの時代でもどこでも記憶の中であれば自分で好きにタイムトラベルができる。それが私をとても惹きつけたの」とコメント。また、本作の水に支配された近未来の都市という舞台については、「最初の発想は単純に今地球で起こっていることから得たの。7年前からこの作品の脚本を書き始めたけど、その頃から気温上昇や地球温暖化について言われ始めていて、実際に撮影を始める頃には上昇する海面の防波堤がマイアミで作られ、それは私がこの映画で考えていた防波堤のイメージとそっくりだったの」と話し、実際の撮影現場の様子について「マイアミのライトに照らされた通り、すべてが水に沈んでいる様子は本当に幻想的だったわ」と振り返りました。

映画『レミニセンス』ワールドプレミア、ジョナサン・ノーラン(製作)

そして、本作の製作を務めたジョナサン・ノーランは、「リサはこの作品を作り上げるのに何年もかけていて、今日こうして彼女と一緒にプレミアに参加できて、観客と共に大きいスクリーンで観られることにとてもワクワクしているよ」とコメント。こうして、ロンドンで行われたワールドプレミアは大盛況のうちに幕を閉じました!ヒュー・ジャックマンをはじめとしたキャスト陣の作品に対する情熱や製作陣のこだわりを感じるコメントにますます期待が高まりますね。日本公開まで楽しみに待ちましょう。

映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン/レベッカ・ファーガソン

『レミニセンス』
2021年9月17日より全国公開
PG-12
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判定

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ 『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』先が必ず観たくなる!冒頭1時間特別試写会 5組10名様ご招待

映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア フィリップ【レビュー】

ポーランドの作家レオポルド・ティルマンドの自伝的小説「Filip」は、1961年にポーランドの検閲によって大幅に内容が削除された上で出版されつつも、すぐに発行禁止…

映画『あんのこと』河合優実/佐藤二朗/稲垣吾郎 ポッドキャスト【だからワタシ達は映画が好き11】2024年6月の「気になる映画とオススメ映画」

『あんのこと』『かくしごと』『違国日記』『ホールドオーバーズ 置いてけぼりのホリディ』『バッドボーイズ RIDE OR DIE』など邦画から洋画まで話題にしています。

映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル ザ・ウォッチャーズ【レビュー】

M・ナイト・シャマランの娘、イシャナ・ナイト・シャマランが長編監督デビューを果たした本作は、一度入ったら…

映画『恋を知らない僕たちは』窪塚愛流 窪塚愛流【プロフィールと出演作一覧】

2003年10月3日生まれ。神奈川県横須賀市出身。2018年、『泣き虫しょったんの奇跡』で…

映画『朽ちないサクラ』杉咲花 朽ちないサクラ【レビュー】

本作は「孤狼の血」など複数の小説が映像化されている柚月裕子のサスペンスミステリー小説「朽ちないサクラ」を映画化…

映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス バッドボーイズ RIDE OR DIE【レビュー】

シリーズ1作目が作られたのは1995年ということで、本シリーズは30年もの間、愛され続けて…

映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命【レビュー】

本作はチェコスロヴァキアに逃れていたユダヤ人難民の子ども達669名の命を救ったニコラス・ウィントンの実話を…

映画『キングダム 大将軍の帰還』長澤まさみ 長澤まさみ【プロフィールと出演作一覧】

1987年6月3日生まれ。静岡県出身。2000年、第5回「東宝シンデレラ」オーディショングランプリを受賞し…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『わたくしどもは。』小松菜奈 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】個性部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<個性部門>のランキングを発表します。個性的な俳優が揃うなか、どなたが上位にランクインしたのでしょうか?

映画『星の子』芦田愛菜 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】演技力部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】番外編として、今回は<演技力部門>のランキングを発表します。

映画『もしも徳川家康が総理大臣になったら』浜辺美波 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代】雰囲気部門

映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】<雰囲気部門>のランキングを発表します。総合結果からガラッと順位が変わっています!

REVIEW

  1. 映画『フィリップ』エリック・クルム・ジュニア
  2. 映画『ザ・ウォッチャーズ』ダコタ・ファニング/ジョージナ・キャンベル
  3. 映画『朽ちないサクラ』杉咲花
  4. 映画『バッドボーイズ RIDE OR DIE』ウィル・スミス/マーティン・ローレンス
  5. 映画『ONE LIFE 奇跡が繋いだ6000の命』アンソニー・ホプキンス

PRESENT

  1. 映画『夜の外側 イタリアを震撼させた55日間』ファブリツィオ・ジフーニ
  2. 映画『Iké Boys イケボーイズ』Tシャツ
  3. 映画『大いなる不在』森山未來/藤竜也
PAGE TOP