REVIEW

レミニセンス

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン

レミニセンスとは、ジーニアス英和辞典(大修館書店)で調べると、回想、追憶、思い出、思い出させる物[事、人]とあります。またレミニセンスという心理現象があり、心理学辞典(有斐閣)によると「記憶の保持は時間経過とともに一般的に減少していくが、時に記憶直後よりもある時間を経過した方が再生が良い場合がある。その現象をレミニセンスという」とされています。映画では記憶潜入と翻訳されており、文字通り記憶の中の世界に潜入していきます。本作はサスペンスということで、主人公ニック(ヒュー・ジャックマン)が装置によってレミニセンスという現象を引き起こし、事件の関係者の記憶を辿って真相を追うストーリーとなっています。
その装置は人の記憶を投影して第三者がそれを見られるので、捜査で防犯カメラの映像を調べるよりももっと高度なことができるというわけです。すごく画期的な技術ですが、いつか誰かが生み出しそうですね。あとおもしろいのは、記憶はあくまで記憶している人が見ているものであり、その人の主観や感情が入ったものであるということに忠実な点です。そこが客観的に事象をそのまま映しているだけの防犯カメラとは異なる点で、そういうところに人間ドラマが織り込まれていて、丁寧にストーリーが作られていると感じます。また、ラブストーリーの要素も重要な役割を果たしていて、ヒュー・ジャックマンが演じるニックとレベッカ・ファーガソンが演じる謎の女性の美しいシーンによって観る者をこの世界に没入させます。物語の舞台となる水没しつつある世界もとても幻想的で、観客を一気に映画の世界に引き込む吸引力を持っています。
本作は、クリストファー・ノーランの弟で、これまで『ダークナイト』『ダークナイト ライジング』『インターステラー』の脚本を手掛けたジョナサン・ノーランが製作、その妻リサ・ジョイが監督を務めています。2人は海外ドラマ『ウエストワールド』でもタッグを組んでいて(製作総指揮、監督、脚本)、今後も夫婦での活躍に期待が膨らみます。すごく独特な空気感があるので、彼等が作り出す世界観、作品にハマる人もまだまだ増えそうです。

デート向き映画判定
映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン

とてもロマンチックなシーンが何度も出てくるので、デートにピッタリのムードです。切ない展開も出てくるので、主人公の気持ちにシンクロしながら観ると、相手への思いも一層盛り上がりそうです。ちょっとだけ頭を使う内容ではあるので、その得手不得手で観終わった後の充実感はズレが出るかもしれません。そういう点では、過去にどんな作品を観たことがあるかなどを聞いた上で誘ったほうが良いでしょう。

キッズ&ティーン向き映画判定
映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン/サンディ・ニュートン

キッズにはちょっと難しいところもありそうなのとPG-12でもあり、落ち着いた大人のムードが漂う作品なので、もう少し大きくなってから観るほうが楽しめるかもしれません。ティーンはだんだんこういった作品に興味が湧く人も出てくると思うので、映画にハマり始めた方にもオススメです。後半はいろいろな推理ができるので頭の体操にも良さそうです。恐らくなかなかあの結末は想像できないと思いますが、先読みをするのが得意な方はどんな風にストーリーが終わるのか考えながら観てみてください。

映画『レミニセンス』ヒュー・ジャックマン/レベッカ・ファーガソン

『レミニセンス』
2021年9月17日より全国公開
PG-12
ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

TEXT by Myson

関連記事
  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

2023年の洋画人気作はどんな因子で構成される?因子分析をやってみた!【映画研究】映画人心解剖18

今回は、2023年洋画ベストの投票で得たデータをもとに、因子分析を行いました。どんな因子構造になったのでしょうか。

映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩 違国日記【レビュー】

累計発行部数180万部を超える、ヤマシタトモコの人気コミック 「違国日記」を原作とした本作は…

映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン ナイトスイム【レビュー】

難病の発症を機に引退した元メジャーリーガーのレイ(ワイアット・ラッセル)は、心機一転、新しい家を探し…

映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン ライド・オン【レビュー】

ジャッキー・チェン50周年&70歳の記念となる本作は、スタントマンが主人公の物語…

映画『52ヘルツのクジラたち』杉咲花 杉咲花【プロフィールと出演作一覧】

1997年10月2日東京都生まれ。2016年『湯を沸かすほどの熱い愛』で…

映画『ルックバック』 アニメ映画まとめ2024年5月27日号

近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)のアニメ映画をまとめて紹介…

映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平 わたくしどもは。【レビュー】

本作の設定やあらすじをまったく知らずに観ると、あるキャラクターと…

映画『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー 『アンダー・ユア・ベッド』SABU監督インタビュー

今回は『アンダー・ユア・ベッド』で韓国デビューを飾ったSABU監督にお話を伺いました。海外作品へ挑戦する理由、画作りについて、オリジナル作品へのこだわりなど、赤裸々に語っていただきました。

映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ 『アクアマン/失われた王国』オリジナルアクアマンぬいぐるみ(グリーン) 2名様プレゼント

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』Tシャツ 2名様ご招待

映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ チャレンジャーズ【レビュー】

REVIEWゼンデイヤ主演、ルカ・グァダニーノ監督作というくらいの情報だけで鑑賞し始めて、…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『違国日記』新垣結衣/早瀬憩
  2. 映画『ナイトスイム』ケリー・コンドン
  3. 映画『ライド・オン』ジャッキー・チェン
  4. 映画『わたくしどもは。』小松菜奈/松田龍平
  5. 映画『チャレンジャーズ』ゼンデイヤ

PRESENT

  1. 映画『アクアマン/失われた王国』ぬいぐるみ
  2. 中国ドラマ『玉骨遥』QUOカード
  3. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
PAGE TOP