NEWS

映画『ロケットマン』タロン・エガートン、エルトン・ジョンが、第72回カンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン

『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーという話題のタッグで贈る、伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンタテインメント大作ロケットマン』が、8月23日(金)より全国公開となります。

映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン

現在開催中の第72回カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティションに本作が選出されており、先日行われたプレミア上映とレッドカーペットに主演のタロン・エガートン、監督のデクスター・フレッチャー、そして製作を務めたエルトン・ジョン本人をはじめとする豪華キャスト・スタッフ陣が登場しました!

映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン

また、公式記者会見に出席した際には、それぞれが大勢の記者の前で本作の魅力を語りました。監督のデクスター・フレッチャーは、エルトン・ジョンの存在について「エルトンはこの映画の、原動力だよ。脚本はエルトンの口述から生まれたものだから。彼はアーティストして長い間共作をやってきた。だから寛大且つ理解のある態度で、僕らに作りたいように映画を作る自由をくれたんだ。彼がこの映画を気に入ってくれたというのは僕らにとってとても重要なんだ」と語りました。また、エルトンを演じたタロン・エガートンは「エルトンは世界中から愛されている“現象”みたいな存在なんだ。多くの人が自分の一部だと感じている。自分の人生の思い出の一部としてエルトンの曲を覚えているんだよ。だから彼を演じるのは栄誉だったよ」と語りました。リチャード・マッデンは、本作で演じたジョン・リードについて、「映画の中では悪役的な存在だけど、ジョンは魅力的な男でカリスマ性もあったんだ。彼を知っている人なら誰もがそう言っているんだ」と話しました。エルトンの母シーラを演じたブライス・ダラス・ハワードは、「この映画は物語と音楽、両方を提供してくれる最高のスペクタクルだと思うわ。1人で観るより大勢で体験して欲しいわ」と、本作の完成度の高さに自信をのぞかせました。

さらに、5月20日(月)<現地時間>には、イギリスをはじめとする各国の公開に先立ち、本作の公開を記念したロンドンプレミアが開催。エルトンらしい星のモチーフや、無数のスパンコールでキラキラに輝く“ROCKETMAN”のロゴなどで飾られたブルーカーペットが敷かれ、キャスト&スタッフ陣を一目見ようと、およそ1000人のファンが集結しました!

映画『ロケットマン』ロンドンプレミア、タロン・エガ-トン
映画『ロケットマン』ロンドンプレミア、エルトン・ジョン

カンヌ国際映画祭もロンドンプレミアでもエルトンのファンはもちろん、本作への期待が高まる大勢のファンで大盛り上がりだったようですね!日本での公開もますます楽しみです。

そんな本作を日本で待ち望む方々に朗報です!本作のオリジナル・サウンドトラックからエルトン・ジョン&主演俳優タロン・エガートンが共演した新曲“(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン”が現在好評配信中です。本楽曲は、ジャイルズ・マーティン&グレッグ・カースティンが担当しており、アップテンポで魂の込められた渾身の1曲となっています。映画では、エンドロールで流れるそうです!!人々を魅了するタロン・エガートンの歌声にもぴったりの曲で、映画『ロケットマン』に不可欠な要素となっています。ぜひ本編をご覧頂く前にこちらもチェックしてみてください!

映画『ロケットマン』楽曲「ラヴ・ミー・アゲイン」タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン

★エルトン・ジョン&タロン・エガートン“(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン”好評配信中
試聴・購入はこちら

映画『ロケットマン』
2019年8月23日より全国公開
公式サイト
配給:東和ピクチャーズ

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン マルコム&マリー

本作はジョン・デヴィッド・ワシントンが演じるマルコムと、ゼンデイヤが演じるマリーの2人芝居。物語は…

映画『ステージ・マザー』エイドリアン・グレニアー エイドリアン・グレニアー

1976年7月10日アメリカ、ニューメキシコ生まれ。俳優、映画監督、ミュージシャン。1997年、バード・カレッジ在学中に…

映画『あのこは貴族』門脇麦/高良健吾 映画に隠された恋愛哲学とヒント集64:条件を付ければ、自分も条件に縛られる

今回は『あのこは貴族』を題材に考えてみました。

映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ DAU. ナターシャ

まず作品の背景や詳細を入れずに、なるべく前情報なしに観てみてください…

Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ 時の面影

物語の舞台は、第二次世界大戦直前のイギリス。未亡人のエディス・プリティ(キャリー・マリガン)は、自らが所有する土地にある墳丘墓を発掘するため…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ジョー・マンテロ ジョー・マンテロ

1962年12月27日アメリカ生まれ。俳優、監督として活躍中。“ The Normal Heart(原題)”など…

映画『ミナリ』スティーヴン・ユァン 『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ミナリ』10組20名様 特別試写会ご招待

映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥 ターコイズの空の下で

裕福な家庭で甘やかされて育った日本人青年のタケシは、ある日、実業家の祖父により外モンゴルの草原へ送り込まれ…

Netflixドラマ『ハリウッド シーズン1』ディラン・マクダーモット ディラン・マクダーモット

1961年10月26日アメリカ生まれ。ゴールデン・グローブ賞やエミー賞に…

部活・イベント

  1. 映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣
  2. 映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか
  3. トーキョー女子映画部主宰:マイソン アバターイラスト10周年
  4. 映画『スキャンダル』シャーリーズ・セロン/ニコール・キッドマン/マーゴット・ロビー
  5. 海外ドラマ『SUITS︓ジェシカ・ピアソン』ジーナ・トーレス/モーガン・スペクター/シャンテル・ライリー/ベサニー・ジョイ・レンツ/サイモン・カシアニデス/ウェイン・デュヴァル

おすすめ記事

映画『レ・ミゼラブル』ヒュー・ジャックマン 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集2:音楽&ラブロマンス編

今回は、音楽&ラブロマンス編です。音楽にまつわる伝記映画やミュージカル作品、そして思わず胸がキュンとしてしまう恋愛映画はたくさんありますが、部員の皆さんがスクリーンで堪能したい作品としてどんな映画が挙がったのでしょうか?

映画『1917 命をかけた伝令』ジョージ・マッケイ 映画好き女子が“もう一度、映画館で観たい”映画特集1:アクション&コメディ編

今回は、部員の皆さんにデジタル配信やDVDでも観られるけれど、やっぱり映画館で観るのが1番と思える作品を聞いてみました。まずはアクション&コメディ編をご紹介。

映画『美女と野獣』エマ・ワトソン 女子も惚れてしまう恋愛ヒロイン女優:海外編

映画には数々の恋愛ヒロインが登場しますが、中には同性目線でも惚れてしまうほど素敵なヒロインがたくさんいます。今回は、編集部独断で恋愛ヒロインを演じてきたハリウッド女優30名を選抜し、正式部員の皆さんに投票いただきました。

映画『WAR ウォー!!』リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ 過小評価されていると思う映画特集:アクション&コメディ編

今回は皆さんが過小評価されていると感じる映画アクション&コメディ編をご紹介!

映画『2分の1の魔法』 トーキョー女子映画部が選ぶ 2020年ベスト5

年末恒例、編集部マイソンとシャミが独断で選ぶ【2020年ベスト5】を発表!

映画『映画 えんとつ町のプペル』原作:西野亮廣 映画好き女子のオススメ度はいかに?『映画 えんとつ町のプペル』部活リポート

映画好きの女子は本作をどう評価したのでしょうか?

映画『去年の冬、きみと別れ』岩田剛典、斎藤工 過小評価されていると思う映画特集:サスペンス&スリラー編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画サスペンス&スリラー編をご紹介します。前回のヒューマンドラマ編でもたくさんの作品についてコメントが寄せられましたが、今回はどんな作品が挙がっているのか、コメントにも注目です!

映画『ソング・トゥ・ソング』ルーニー・マーラ テンションが上がる!音楽映画特集

映画には音楽をテーマにした作品が多くありますが、音楽を楽しむだけでなく、感動したり、元気をもらえた経験がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、編集部独断で音楽映画の代表作を選抜し、テンションが上がる作品を伺い、ランキングを出しました!

映画『だれもが愛しいチャンピオン』ハビエル・グティエレス 過小評価されていると思う映画特集:ヒューマンドラマ編

今回は、皆さんが過小評価されていると感じる映画について聞いてみました。たくさんコメントいただいた中からまずはヒューマンドラマ編をご紹介。

映画『パピチャ 未来へのランウェイ』リナ・クードリ/シリン・ブティラほか 女子として、夢を追う者として共感!『パピチャ 未来へのランウェイ』座談会リポート

今回本作にちなんで、ネジュマと同世代の女性に集まって頂き、オンライン座談会を行いました…

REVIEW

  1. Netflix映画『マルコム&マリー』ゼンデイヤ/ジョン・デヴィッド・ワシントン
  2. 映画『DAU. ナターシャ』ナターリヤ・ベレジナヤ/オリガ・シカバルニャ/リュック・ビジェ
  3. Netflix映画『時の面影』キャリー・マリガン/レイフ・ファインズ
    時の面影

  4. 映画『ターコイズの空の下で』柳楽優弥
  5. 映画『ステージ・マザー』ジャッキー・ウィーヴァー
  6. 映画『ガンズ・アキンボ』ダニエル・ラドクリフ
  7. 海外ドラマ『殺人を無罪にする方法 シーズン1』ヴィオラ・デイヴィス
  8. 映画『MISS ミス・フランスになりたい!』アレクサンドル・ヴェテール
  9. 映画『あのこは貴族』門脇麦/水原希子
    あのこは貴族

  10. 映画『カポネ』トム・ハーディ
    カポネ

PAGE TOP