NEWS

映画『ロケットマン』タロン・エガートン、エルトン・ジョンが、第72回カンヌ国際映画祭&ロンドンプレミアに登場!

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン

『キングスマン』シリーズのタロン・エガ-トン主演、ノンクレジットながら昨年の大ヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』の最終監督を務めたデクスター・フレッチャーという話題のタッグで贈る、伝説的ミュージシャン“エルトン・ジョン”の半生を映画化した話題のミュージック・エンタテインメント大作ロケットマン』が、8月23日(金)より全国公開となります。

映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン

現在開催中の第72回カンヌ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティションに本作が選出されており、先日行われたプレミア上映とレッドカーペットに主演のタロン・エガートン、監督のデクスター・フレッチャー、そして製作を務めたエルトン・ジョン本人をはじめとする豪華キャスト・スタッフ陣が登場しました!

映画『ロケットマン』カンヌ国際映画祭、タロン・エガ-トン

また、公式記者会見に出席した際には、それぞれが大勢の記者の前で本作の魅力を語りました。監督のデクスター・フレッチャーは、エルトン・ジョンの存在について「エルトンはこの映画の、原動力だよ。脚本はエルトンの口述から生まれたものだから。彼はアーティストして長い間共作をやってきた。だから寛大且つ理解のある態度で、僕らに作りたいように映画を作る自由をくれたんだ。彼がこの映画を気に入ってくれたというのは僕らにとってとても重要なんだ」と語りました。また、エルトンを演じたタロン・エガートンは「エルトンは世界中から愛されている“現象”みたいな存在なんだ。多くの人が自分の一部だと感じている。自分の人生の思い出の一部としてエルトンの曲を覚えているんだよ。だから彼を演じるのは栄誉だったよ」と語りました。リチャード・マッデンは、本作で演じたジョン・リードについて、「映画の中では悪役的な存在だけど、ジョンは魅力的な男でカリスマ性もあったんだ。彼を知っている人なら誰もがそう言っているんだ」と話しました。エルトンの母シーラを演じたブライス・ダラス・ハワードは、「この映画は物語と音楽、両方を提供してくれる最高のスペクタクルだと思うわ。1人で観るより大勢で体験して欲しいわ」と、本作の完成度の高さに自信をのぞかせました。

さらに、5月20日(月)<現地時間>には、イギリスをはじめとする各国の公開に先立ち、本作の公開を記念したロンドンプレミアが開催。エルトンらしい星のモチーフや、無数のスパンコールでキラキラに輝く“ROCKETMAN”のロゴなどで飾られたブルーカーペットが敷かれ、キャスト&スタッフ陣を一目見ようと、およそ1000人のファンが集結しました!

映画『ロケットマン』ロンドンプレミア、タロン・エガ-トン
映画『ロケットマン』ロンドンプレミア、エルトン・ジョン

カンヌ国際映画祭もロンドンプレミアでもエルトンのファンはもちろん、本作への期待が高まる大勢のファンで大盛り上がりだったようですね!日本での公開もますます楽しみです。

そんな本作を日本で待ち望む方々に朗報です!本作のオリジナル・サウンドトラックからエルトン・ジョン&主演俳優タロン・エガートンが共演した新曲“(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン”が現在好評配信中です。本楽曲は、ジャイルズ・マーティン&グレッグ・カースティンが担当しており、アップテンポで魂の込められた渾身の1曲となっています。映画では、エンドロールで流れるそうです!!人々を魅了するタロン・エガートンの歌声にもぴったりの曲で、映画『ロケットマン』に不可欠な要素となっています。ぜひ本編をご覧頂く前にこちらもチェックしてみてください!

映画『ロケットマン』楽曲「ラヴ・ミー・アゲイン」タロン・エガ-トン、エルトン・ジョン

★エルトン・ジョン&タロン・エガートン“(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン”好評配信中
試聴・購入はこちら

映画『ロケットマン』
2019年8月23日より全国公開
公式サイト
配給:東和ピクチャーズ

©2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶、高橋一生 高橋一生(たかはし いっせい)

1980年12月9日、東京都生まれ。10代の頃から数々の映画、TVドラマ、舞台に出演。1995年『耳をすませば』で、天沢聖司の声を担当。2012年、舞台“4four”の演技において…

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎 寛 一 郎(かんいちろう)

1996年8月16日生まれ。東京都出身。父親は俳優の佐藤浩市で、祖父は三國連太郎。2018年、瀬々敬久監督の『菊とギロチン』で俳優デビューし…

映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット アド・アストラ

感動という単純な言葉で言い表したくないくらい、いろいろな意味ですごく心に刺さりました。映画そのものもとても素晴らしいし、私自身の…

映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/結木滉星 下忍 赤い影

時代劇ですが、言葉使いや衣装など現代風に演出されているので、観やすいと思います。忍者といえば…

映画『HELLO WORLD』 HELLO WORLD

未来の自分が現在の自分にに会いに来て…という設定はそれほど珍しいものではありませんが、現在と過去の世界そのものが何であるかという根本的なところが…

映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太 おいしい家族

お父さんが女装していて、男性と再婚する…と聞いたら、きっとあるイメージが浮かぶと思いますが…

映画『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督インタビュー 『スクールズ・アウト』セバスチャン・マルニエ監督インタビュー

本作は、頭は良いけれど、すごく冷めている生徒達と、新しく赴任してきた教師の物語。今回、ゾクゾクとさせられる展開の中に、強いメッセージ性が隠されている本作を監督した、セバスチャン・マルニエさんにインタビューさせて頂きました。

映画『アド・アストラ』来日記者会見:ブラッド・ピット ブラッド・ピットが、ホンモノの宇宙飛行士、毛利衛氏、山崎直子氏に逆質問『アド・アストラ』来日

映画『アド・アストラ』来日記者会見:ブラッド・ピット/毛利衛(日本科学未来館・館長/宇宙飛行士)、…

映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』沢村一樹/吉田鋼太郎 沢村一樹(さわむら いっき)

1967年7月10日、鹿児島県出身。1996年に日本テレビ系“しんドラ”『松田のドラマ』で俳優デビュー。同年にドラマ『新・星の金貨』に出演。2000年9月から…

映画『引っ越し大名!』初日舞台挨拶、星野源 星野源(ほしの げん)

1981年、埼玉県生まれ。音楽家、俳優、文筆家。2000年にバンド“SAKEROCK”を結成。2010年に1stアルバム「ばかのうた」、2011年に2ndアルバム「エピソード」を発表。2013年発売の3rdアルバム「Stranger」は…

おすすめ記事

映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督 久々の里帰りで会ったお父さんに異変!家族として受け入れられる?『おいしい家族』部活リポート

2019年7月31日、『おいしい家族』の完成披露試写会が行われ、トーキョー女子映画部の正式部員皆で参加させて頂きました。当日は、主演の松本穂香さん、ふくだももこ監督が登壇…

映画『アルキメデスの大戦』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 総合ランキング>

これまで部門別で発表してきましたが、今回はついに総合ランキングを発表。選抜30名全員のランキングを公開します!

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

【グランドシネマサンシャイン】外観 現在の劇場鑑賞料金、映画好き女子はどう感じている?

6月に一部の劇場で料金の値上げが行われたことにちなんで、今回は映画館についてのアンケートを実施!その第1弾として劇場鑑賞料金についての結果を発表します。また、7月に池袋にオープンする【グランドシネマサンシャイン】の情報も掲載!

トーキョー女子映画部ロゴ バックナンバーや一覧はこちら

まだまだたくさんの記事を掲載しています!それぞれの一覧から探してみてください。

REVIEW

  1. 映画『アド・アストラ』ブラッド・ピット
  2. 映画『下忍 赤い影』寛 一 郎/結木滉星
    下忍 赤い影

  3. 映画『HELLO WORLD』
    HELLO WORLD

  4. 映画『おいしい家族』松本穂香/板尾創路/浜野謙太
    おいしい家族

  5. 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』
  6. 映画『シンクロ・ダンディーズ!』ロブ・ブライトン/ルパート・グレイヴス/ジム・カーター/シャーロット・ライリー
  7. 映画『アイネクライネナハトムジーク』三浦春馬/多部未華子
  8. 映画『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』エルシー・フィッシャー
  9. 海外ドラマ『ウォーキング・デッド』アンドリュー・リンカーン/ダナイ・グリラ
  10. 映画『荒野の誓い』クリスチャン・ベール/ティモシー・シャラメ
    荒野の誓い

部活・イベント

  1. 映画『おいしい家族』完成披露試写会(第105回部活)松本穂香、ふくだももこ監督
  2. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  3. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  4. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP