ぶきよう宇宙人の日記 by マイソン

USJって、そうだったんだ!最近読んだ本のお話

  • follow us in feedly
  • RSS
「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」(森岡毅 著/KADOKAWA)

あっという間に終わってしまった、10連休のゴールデンウィークでしたが、「映画もたくさん観たいし、本も読みたい」ということで、3冊の本を買いました。

その中の1冊をご紹介します。

それは、「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」(森岡毅 著/KADOKAWA)です。マーケティングについて改めて理解を深めたかったのと、何よりUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)そのものが、映画ファンにとっては興味深いということで購入。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

昨今、USJは映画コンテンツ以外のキャラクターのアトラクションが増えたという印象がありましたが、その理由についても書かれているとあって読んでみました。

映画ファンからすると、映画以外にいろいろジャンルを広げすぎではないかと思っている方もいると思いますが、マーケティングの視点からそうなっていると知ると、すごく納得できます。

これまではなんとなく映画に特化したテーマパークであって欲しいという気持ちはなきにしもあらずでしたが、映画ファンだけに向けたビジネスでは経営が成り立たないということも書かれていて、逆に映画ファン以外にもターゲットを広げることで売上を確保して、“ハリー・ポッター”のような超大作のアトラクションを作ることができたと知ることができます。

こうして、巡り巡って、皆が喜ぶ結果になっているのは素晴らしいですね!

(あくまで私の経験からですが)「映画が嫌い」という人はあまりいないし、華やかなものなので、映画というコンテンツがあれば成立しそうに思いますが、こういう背景からも、映画という商材はやっぱり難しいものだなと感じました。

でも、悲観するわけではなく、逆に頭を柔らかくしてもらえた気がするので、いろいろやってみたいなという気持ちにもなりました。

もちろん背景なんぞ知らなくても、USJは存分に楽しめますが、逆にUSJに興味はないけど、家族や恋人、友達にせがまれて仕方なくついていくことのある方は、こういった本を読んでみると、別の視点で楽しめるのではないでしょうか。

著者は、ご自身のお子さんでも理解できるようにと本書を書かれたそうなので、ビジネスマン以外の方や学生でもすんなり読める内容になっています。マーケティングと言われると難しく感じると思いますが、根本は思考方法のコツを語ったものなので、広く解釈すると、日常でも使えるアイデアが書かれているとも言えます。

ご興味が湧いた方はぜひ読んでみてください。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 (角川書店単行本)

それにしても、こういう本を読むと久々にUSJ行きたくなりますね!実家が大阪なので、もし大阪に在住していたら年間パスは絶対に買っていると思います。大阪に住む家族や友達も、私の周囲では年間パス所有率が結構高いんですよね。思い立ったらすぐ行けるってとても羨ましい。

私のUSJの思い出というと、いくつかあるのですが、1つは開業する前=プレオープンの日に、父の仕事か何かのコネ(笑)で、家族で行った時のことです。その数年後に父は持病で亡くなりましたが、私達と同じようにノリノリでアトラクションに一緒に乗ってくれた父。“ジュラシック・パーク”のアトラクション(最後の急流のくだりの瞬間)で撮ってもらった写真には、何度見ても笑えるおかしな表情の父が写っています。
もともと映画が好きになったのは父の影響が大きいのですが、映画好きの一家で遊びに行くのは本当に楽しかった!
父は小売業界にいたので、今思えば、関係者しか行けない見本市など、子どもの頃から連れていってもらっていましたが、私の好奇心を伸ばしてくれたのは間違いなく父だなと感謝しています。

そんなこんなで、USJについて改めて魅力を感じると同時に、マーケティングのおもしろさも知ることができる本に出会えて良かったです。この本そのものもマーケティングになっているということにお気づきの方もいると思いますが、身の回りにはマーケティングが溢れていて、そういう視点で眺めてみる楽しさもありますね。

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

物語の舞台は1969年、主人公は1950年代、60年代初頭にヒットした『バウンティ・ロー』で主役を演じたリック・ダルトンと、彼のスタントマンであるクリフ・ブース。他にロマン・ポランスキー監督や、その妻シャロン・テートなど実在の人物と、フィクションの人物も登場します。1969年8月9日に起こった、チャールズ・マンソンを信奉するカルト集団によるシャロン・テート殺人事件…

映画『ライオン・キング』ジャパンプレミア、江口洋介 江口洋介(えぐち ようすけ)

1968年1月1日東京都生まれ。1987年に『湘南爆走族』でデビュー。さまざまなドラマや映画で活躍している。近年の映画出演作には…

映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ ドッグマン

本作は1980年代の終わりにイタリアで実際にあった事件からインスピレーションを受けて作られたそうで、犬のトリマーやドッグショーをやっていたマルチェロは実在の人物…

映画『アルキメデスの大戦』田中泯 田中泯(たなか みん)

1945年3月10日生まれ、東京都出身。舞踊家。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、独自の踊りのスタイル“ハイパーダンス”を展開し、海外で高く評価され…

映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾 葬式の名人

実は舞台になっている大阪府茨木市は、私の地元なので馴染みのある場所がたくさん映るだけでも…

映画『サマー・オブ・84』グラハム・バーチャー グラハム・バーチャー

2002年2月4日、カナダのバンクーバー生まれ。双子の兄弟とともに演技のクラスを受講したことから役者としての活動を始める。最初の仕事は…

映画『ロケットマン』ジャパンプレミア:タロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督 全曲生歌で見事に演じたタロンをデクスター・フレッチャー監督が大絶賛!『ロケットマン』ジャパンプレミア

エルトン・ジョンの半生を描いた映画『ロケットマン』PRのため、主演のタロン・エガートン(タロン・エジャトン)、デクスター・フレッチャー監督が来日…

おすすめ記事

映画『フォルトゥナの瞳』神木隆之介 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 演技力部門編>

20代国内俳優第3弾の今回は、演技力部門TOP20を発表!映画ファンとしてこの結果はかなり気になります。

映画『タロウのバカ』菅田将暉 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 個性・ユーモア部門編>

20代俳優第2弾の今回は、個性部門TOP20&ユーモア部門TOP10を発表!前回発表したルックス&セクシー部門から順位がどう入れ替わっているのかも注目です。

ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル パートナーの浮気が疑わしい時、女子はどんな行動をとる?『女医フォスター 夫の情事、私の決断』

今回の部活では、ベネディクト・カンバーバッチ、マーティン・フリーマンをスターダムに押し上げた傑作ドラマ『SHERLOCK/シャーロック』などを手掛けるBBCが制作したドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』の1、2話を鑑賞頂き、座談会を実施しました。タイトルからもわかるように、夫の浮気に気付いた主人公があらゆる方法で真相を突き止めようとする姿が描かれている本作に、鑑賞した女子はどんな感想を持ったのでしょうか?もし浮気されたらどうするかなど、白熱トークを繰り広げました!

映画『キングダム』吉沢亮 イイ男セレクションランキング2019<国内20代俳優 ルックス・セクシー部門編>

トーキョー女子映画部の名物コーナー「イイ男セレクション」にちなんだ企画をスタート!まずは編集部スタッフが「イイ男セレクション」に入っている国内20代(1990年以降の生まれ)の俳優で、昨今映画に出演し活躍が目覚ましい30名を選抜。各部門ごとにトーキョー女子映画部正式部員の皆さんに投票して頂きました。第1弾の今回は、ルックス部門TOP20&セクシー部門20代俳優TOP10を発表!

イメージ写真:映画館 映画館で映画を観る最大の理由とは?&映画好き女子が伝えたい映画館への要望!

映画館についてのアンケート特集最終回!今回は、劇場公開してどのタイミングで観るのが好きか、映画館で映画を観たいと思う時、1番きっかけになることについて結果を発表。最後に、映画ファンの皆さんから映画館へ、熱いメッセージをたくさん載せています。

REVIEW

  1. 映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』レオナルド・ディカプリオ/ブラッド・ピット
  2. 映画『ドッグマン』マルチェロ・フォンテ
    ドッグマン

  3. 映画『葬式の名人』前田敦子/高良健吾
    葬式の名人

  4. 海外ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ
  5. 映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』太賀/吉田羊
  6. 映画『天気の子』
    天気の子

  7. 映画『二ノ国』
    二ノ国

  8. 映画『劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~』田中圭/林遣都/沢村一樹/志尊淳/吉田鋼太郎
  9. 海外ドラマ『レジデント 型破りな天才研修医 シーズン2』マット・ズークリー
  10. 映画『マイ・エンジェル』マリオン・コティヤール

部活・イベント

  1. ドラマ『女医フォスター 夫の情事、私の決断』サランヌ・ジョーンズ/バーティ・カーヴェル
  2. 映画『マローボーン家の掟』ジョージ・マッケイ/ミア・ゴス/チャーリー・ヒートン/マシュー・スタッグ
  3. トーキョー女子映画部ロゴ
PAGE TOP