日記

USJって、そうだったんだ!最近読んだ本のお話

  • follow us in feedly
  • RSS
「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」(森岡毅 著/KADOKAWA)

あっという間に終わってしまった、10連休のゴールデンウィークでしたが、「映画もたくさん観たいし、本も読みたい」ということで、3冊の本を買いました。

その中の1冊をご紹介します。

それは、「USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門」(森岡毅 著/KADOKAWA)です。マーケティングについて改めて理解を深めたかったのと、何よりUSJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)そのものが、映画ファンにとっては興味深いということで購入。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

昨今、USJは映画コンテンツ以外のキャラクターのアトラクションが増えたという印象がありましたが、その理由についても書かれているとあって読んでみました。

映画ファンからすると、映画以外にいろいろジャンルを広げすぎではないかと思っている方もいると思いますが、マーケティングの視点からそうなっていると知ると、すごく納得できます。

これまではなんとなく映画に特化したテーマパークであって欲しいという気持ちはなきにしもあらずでしたが、映画ファンだけに向けたビジネスでは経営が成り立たないということも書かれていて、逆に映画ファン以外にもターゲットを広げることで売上を確保して、“ハリー・ポッター”のような超大作のアトラクションを作ることができたと知ることができます。

こうして、巡り巡って、皆が喜ぶ結果になっているのは素晴らしいですね!

(あくまで私の経験からですが)「映画が嫌い」という人はあまりいないし、華やかなものなので、映画というコンテンツがあれば成立しそうに思いますが、こういう背景からも、映画という商材はやっぱり難しいものだなと感じました。

でも、悲観するわけではなく、逆に頭を柔らかくしてもらえた気がするので、いろいろやってみたいなという気持ちにもなりました。

もちろん背景なんぞ知らなくても、USJは存分に楽しめますが、逆にUSJに興味はないけど、家族や恋人、友達にせがまれて仕方なくついていくことのある方は、こういった本を読んでみると、別の視点で楽しめるのではないでしょうか。

著者は、ご自身のお子さんでも理解できるようにと本書を書かれたそうなので、ビジネスマン以外の方や学生でもすんなり読める内容になっています。マーケティングと言われると難しく感じると思いますが、根本は思考方法のコツを語ったものなので、広く解釈すると、日常でも使えるアイデアが書かれているとも言えます。

ご興味が湧いた方はぜひ読んでみてください。

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門 (角川書店単行本)

それにしても、こういう本を読むと久々にUSJ行きたくなりますね!実家が大阪なので、もし大阪に在住していたら年間パスは絶対に買っていると思います。大阪に住む家族や友達も、私の周囲では年間パス所有率が結構高いんですよね。思い立ったらすぐ行けるってとても羨ましい。

私のUSJの思い出というと、いくつかあるのですが、1つは開業する前=プレオープンの日に、父の仕事か何かのコネ(笑)で、家族で行った時のことです。その数年後に父は持病で亡くなりましたが、私達と同じようにノリノリでアトラクションに一緒に乗ってくれた父。“ジュラシック・パーク”のアトラクション(最後の急流のくだりの瞬間)で撮ってもらった写真には、何度見ても笑えるおかしな表情の父が写っています。
もともと映画が好きになったのは父の影響が大きいのですが、映画好きの一家で遊びに行くのは本当に楽しかった!
父は小売業界にいたので、今思えば、関係者しか行けない見本市など、子どもの頃から連れていってもらっていましたが、私の好奇心を伸ばしてくれたのは間違いなく父だなと感謝しています。

そんなこんなで、USJについて改めて魅力を感じると同時に、マーケティングのおもしろさも知ることができる本に出会えて良かったです。この本そのものもマーケティングになっているということにお気づきの方もいると思いますが、身の回りにはマーケティングが溢れていて、そういう視点で眺めてみる楽しさもありますね。

TEXT by Myson

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ バティモン5 望まれざる者【レビュー】

『レ・ミゼラブル』で移民や低所得者が多く住む町の警察の腐敗問題を訴えかけたラジ・リ監督が、本作では…

映画『胸騒ぎ』 心理学から観る映画48:なぜ悪人を見抜けないのか【対人認知】

今回は、主人公一家が1つの出会いをきっかけに思いもしない事態に巻き込まれていく『胸騒ぎを題材に、対人認知の視点でキャラクター達の心理を考察します。

映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉 からかい上手の高木さん【レビュー】

こりゃピュア過ぎて、もどかし過ぎて…

韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ 韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

韓国ドラマ『7人の脱出』オリジナルQUOカード(500円分) 3名様プレゼント

映画『QUEEN ROCK MONTREAL』フレディ・マーキュリー 音楽関連映画まとめ2024年5月16日号

今回は近日公開or配信予定(一部公開or配信中の作品も含む)の『ザ・ビートルズの軌跡 リヴァプールから世界へ』『アイ・アム セリーヌ・ディオン ~病との戦いの中で~』『プリンス ビューティフル・ストレンジ』他、音楽関連映画をまとめてご紹介!

Netflixドラマ『マスクガール』 マスクガール【レビュー】

どんな話なのかは知らず、調べず、直感的に…

映画『ブラックバード 家族が家族であるうちに』スーザン・サランドン スーザン・サランドン【プロフィールと出演作一覧】

1946年10月9日アメリカ、ニューヨーク生まれ。1970年、『ジョー』でデビュー。以降、『ロッキ…

映画『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー 『ハピネス』山崎まさよしさん&篠原哲雄監督インタビュー

今回は映画『ハピネス』に出演している山崎まさよしさんと篠原哲雄監督にお話を伺いました。『月とキャベツ』や『影踏み』などでもお仕事をされているお二人に改めてご一緒された感想など直撃。

映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか 湖の女たち【レビュー】

物語の主な登場人物は、100歳の寝たきり老人が不可解な死を遂げたことで疑惑を向けられる人達と…

部活・イベント

  1. 【ARUARU海ドラDiner】サムライデザート(カップデザート)
  2. 【ARUARU海ドラDiner】トーキョー女子映画部 × Mixalive TOKYO × SHIDAX
  3. 【ARUARU海ドラDiner】サポーター集会:パンチボール(パーティサイズ)
  4. 【ARUARU海ドラDiner】プレオープン
  5. 「ARUARU海ドラDiner」202303トークゲスト集合

本サイト内の広告について

本サイトにはアフィリエイト広告バナーやリンクが含まれます。

おすすめ記事

映画『デューン 砂の惑星PART2』ティモシー・シャラメ 映画好きが推すイイ俳優ランキング【海外10代、20代編】

今回は、海外10代、20代(1995年から2014年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で50名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『MIRRORLIAR FILMS Season5』横浜流星 映画好きが推すイイ俳優ランキング【国内20代編】

今回は、国内で活躍する20代(1995年から2004年生まれ)のイイ俳優の中から、昨今活躍が目覚ましい方を編集部の独断で70名選抜し、正式部員の皆さんに投票していただきました。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ティモシー・シャラメ 映画好きが選んだ2023洋画ベスト

正式部員の皆さんに2023年の洋画ベストを選んでいただきました。どの作品が2023年の洋画ベストに輝いたのでしょうか?

REVIEW

  1. 映画『バティモン5 望まれざる者』アンタ・ディアウ/アリストート・ルインドゥラ
  2. 映画『からかい上手の高木さん』永野芽郁/高橋文哉
  3. Netflixドラマ『マスクガール』
  4. 映画『湖の女たち』福士蒼汰/松本まりか
  5. 映画『ありふれた教室』レオニー・ベネシュ

PRESENT

  1. 韓国ドラマ『7 人の脱出』オム・ギジュン/ファン・ジョンウム/イ・ジュン/イ・ユビ
  2. 映画『FARANG/ファラン』ナシム・リエス
  3. 映画『猿の惑星/キングダム』オリジナルTシャツ
PAGE TOP