心理学

心理学から観る映画34:子どもはどうやって社会に順応していくのか?向社会性の発達

  • follow us in feedly
  • RSS
映画『ほんとうのピノッキオ』フェデリコ・エラピ/マリーヌ・ヴァクト

大人は自分と他人を区別し、自分の思考、相手の思考を想像し理解することができます。こういったことを私達は当たり前にやっていますが、生まれたての赤ちゃんは最初から大人と同じように世界を理解しているわけではありません。今回は子どもの認知の発達、向社会性の成長について見ていきます。

発達理論は複数の学者がそれぞれに提唱していて、何を基準に理論を展開しているかによって定義が異なります。その中でまずは認知発達研究を創始したピアジェの認知発達論を取り上げます。

ピアジェの発達段階説

①感覚運動期:誕生〜2歳頃
乳児はまだ言語による認知ができないので、対象の認知を感覚と運動の活動によって行う。例えば、口元に何かが触れたら吸うという行為(級鉄反射=きゅうてつはんしゃ)は、おっぱいを飲むために母親の乳首が口元に触れたら吸いつくように原始的行動として形成されていると考えられている。
生後8ヶ月を超えると、邪魔になる物を取り払い、向こうにある物を取るというような、目的と手段が結びつく関係が成立してくる。
また、この期の終わり頃には“ものの永続性(目に見えなくてもものは存在していると理解すること)”が完成し、表象的思考が始まる。ものの永続性とは、例えば目の前にあるボールがハンカチで隠されてもそこにボールがまだあるとわかるといったことである。そして、表象的思考とは、目の前にないものを頭の中で想像できる力のことであり、表象的思考ができるようになることで子どもは親から離れても親の存在を感じることができるので行動範囲を広げていったり、過去の出来事を思い出したり、未来のことを予測して行動したりできるようになっていく。

②前操作期:2〜7歳頃
言語によってある対象の概念を獲得したり、大人の真似をするようになる。ただし、前操作期の思考では物事の表面的な部分にのみ焦点が当てられ、また対象の複数の側面に同時に注目することはできない。
この時期はまだ自己中心的な思考が特徴的である。
そして、願えばお願い事が実現すると信じる魔術的思考や、生命がないものに生命観を感じるアニミズムの思考もこの時期の特徴である。

③具体的操作期:7〜12歳頃
見かけに左右されない論理的思考が発達していくので、物の量はその形が変わっても同じままであるという理解ができてくる。それは例えば、深くて細いビーカーに入っていた水を浅くて太いビーカーに入れ変えても量が同じということを理解できるということである。
またこの時期には自分自身を他者の立場におくことができるようになる。

④形式的操作期:12〜16歳頃
具体物や実際的場面を離れ、論理やイメージのみで複雑な推論ができるようになる。抽象的な思考操作も可能になるので、「もし○○であれば〜」といった仮説演繹的思考も行えるようになる。

(無藤ほか,2018)

映画『ほんとうのピノッキオ』フェデリコ・エラピ/ロッコ・パパレオ/マッシモ・チェッケリーニ

このように人間の子どもは徐々にこの世界の仕組みを理解していきます。では、社会性の発達についてはどうでしょうか。『ほんとうのピノッキオ』を例に考えてみます。

ピノッキオは生まれた時点で既に歩いたり、言葉もすぐに話せるようになっています。なので前述したような認知発達の部分では段階を踏まずに一気にこの世界を理解しているように見えます。でも、社会性の発達については子どもの特徴を有しています。

ピアジェの認知発達理論を基盤にしている、コールバーグが唱えた道徳判断の発達理論を見てみましょう。コールバーグは行動範囲よりも判断を重視し、5段階に分類しました。第1段階は、自己中心的な快・不快による判断、第2段階は罰を避けて褒美を得る損得勘定による判断、第3段階は他者からの期待に基づく“良い子”の基準による判断、第4段階は社会秩序の維持に基づく判断、第5段階は正義、良心、人間の尊厳に基づく判断としました(近藤・尾崎,2017)。

ピノッキオの成長を見ていくと、コールバーグの5段階の社会性発達に近いところが見受けられます。①仲間を求めてサーカス小屋へ行く、②妖精に言われたことを守って人間の子になろうとする、③セカンドチャンスをもらい良い子になって人間の子になろうとする、④は少し拡大解釈になりますが自分の願いよりも父を探しに行く、⑤は父のために働くといったところでしょうか。

映画『ほんとうのピノッキオ』フェデリコ・エラピ

また、トマセロは子どもは生まれながらに他者の目標に気付き、他者を助けたいとうい向社会的な動機づけを持っているとしました。これはどういうことかというと、例えば母親が洗濯物を干していたら、依頼したり促したりしなくても洗濯ばさみを手渡したり手助けを自発的にやるというような行動に見てとれます。しかし、トマセロによれば年齢が上がるにつれて、子どもの向社会的行動は選択的になっていくとされています。つまり、相手を救うことはお互いにメリットがあるか、自身が所属している集団の他のメンバーがどう判断するかを考えたり、自身が属する文化に特有な社会規範を内面化していき、見境なく協力や援助をするのではなく、相手や状況に合わせて判断するということです(近藤・尾崎,2017)。

ピノッキオの行動にも向社会性の成長と変化が表れているシーンがあります。作者がどこまで意識して物語を書いたかわかりませんが、こういった理論に近い描写になっていることがわかるとなお説得力を感じます。人間になりたいピノッキオというところで見ても、見た目のことだけではなく、心の部分も人間の子になっていくという観方もできるのではないでしょうか。

<参考・引用文献>
箱田裕司・都築誉史・川畑秀明・萩原滋(2010)「認知心理学」有斐閣
近藤清美・尾崎康子(編著)(2017)「講座・臨床発達心理学④社会・情動発達とその支援」ミネルヴァ書房
無藤隆、森敏昭、遠藤由美、玉瀬耕治(2018)「心理学」有斐閣

映画『ほんとうのピノッキオ』ロベルト・ベニーニ/マリーヌ・バクト/フェデリコ・エラピ

『ほんとうのピノッキオ』
2021年11月5日より全国公開

REVIEW/デート向き映画判定/キッズ&ティーン向き映画判

シュールな描写が印象的な本作は、大人こそ観て楽しめる作品です。踏んだり蹴ったりな経験をしながら成長していくピノッキオの姿を観ていると心配でたまりませんが、こうして子どもは逞しくなっていくのだなとしみじみ観ることもできます。

copyright 2019 ©ARCHIMEDE SRL – LE PACTE SAS

TEXT by Myson(認定心理士)

  • follow us in feedly
  • RSS

新着記事

映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン ブラックアダム

圧倒的な強さを誇るキャラクターなので、これはロック様…

東京コミコン2022:ヘイデン・クリステンセン ヘイデン・クリステンセン

1981年4月19日生まれ。カナダ国籍を持ち、父はカナダ人、母はイタリアとスウェーデンの血を引く。7歳の頃にスカウトされ…

映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ

19世紀末から20世紀にかけてイギリスで人気を博し、数々の猫の絵を発表した画家、ルイス・ウェインの人生を描いた本作。イギリスの上流階級に生まれ…

東京コミコン2022:マイケル・パレ、ヴァーノン・ウェルズ、カレン・ギラン、クリストファー・ロイド、ヘイデン・クリステンセン、イアン・マクダーミド、ジェームズ・マカヴォイ、アンディ・サーキス、ダニエル・ローガン、ジョセフ・クイン、ジェイミー・キャンベル・バウアー、C・B・セブルスキ(マーベル・コミック編集長) 東京コミコン3年ぶりのリアル開催に、ジェームズ・マカヴォイ、ヘイデン・クリステンセンなど豪華スターが集結!

2022年11月25日から27日にかけて実施された東京コミコン2022には、豪華スターが一挙に集結!3年ぶりのリアル開催を大いに盛り上げてくれました。

映画『月の満ち欠け』有村架純 どこか怖いラブストーリー特集

素敵なラブロマンスが描かれているという観方もできつつ、観る角度によってはどこか怖さを感じるラブストーリー(もしくはラブストーリーの要素がある作品)をご紹介します。いろいろなパターンがあって、どれも構成がおもしろい作品です。

Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン 映画と人の研究2:後味スッキリ派かモヤモヤ派か、鑑賞頻度で異なる?

観た後にスッキリする映画と、モヤモヤが残る映画ってありますよね。今回はその2つのタイプについて、鑑賞頻度によって好みが変わるのか調べてみました。

映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン シスター 夏のわかれ道

この物語は、主人公のアン・ラン(チャン・ツィフォン)がある日突然両親を交通事故で亡くすところから始まります…

映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』レティーシャ・ライト レティーシャ・ライト

1993年10月31日生まれ。ガイアナ、ジョージタウン出身。10年以上のキャリアを持ち…

映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 2名様プレゼント

映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース 2名様プレゼント

トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4 トムス・エンタテインメント竹崎忠社長スペシャル・インタビューVol.4 

4回連載の本インタビューも今回で最終回です。全4回で竹崎社長が、表現が難しい事柄も含めて関係者に配慮しながらアニメ業界の内状を…

部活・イベント

  1. 映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース
  2. 韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン
  3. 海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー
  4. 映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ
  5. 海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー

おすすめ記事

映画『ミッドサマー』フローレンス・ピュー なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集2

「なんでこんな映画作ったの?トラウマ映画特集1」はマイソンが独自に選んだ作品をご紹介しました。今回はその第2弾として、正式部員の皆さんから寄せられた投稿コメントをもとに特集を組みました。

映画『バーフバリ2 王の凱旋』プラバース 素敵な映画との出会い方研究会:“バーフバリ”シリーズ編

「素敵な映画との出会い方研究会」は、過去のヒット作を題材にヒットの要因を探り、新たな映画と出会うヒントを得ようという企画です。今回は、現在好評公開中の映画『RRR』のS.S.ラージャマウリ監督の旧作“バーフバリ”シリーズを題材とし、人気の秘密を探りました。

映画『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』ロザムンド・パイク/サム・ライリー 映画好きが選んだ偉人にまつわる映画<海外編>ランキング

今年の秋は、『キュリー夫人 天才科学者の愛と情熱』(10月14日公開)、『スペンサー ダイアナの決意』(10月14日公開)と、実在の偉人にまつわる映画が公開となります。そこで今回は偉人の人生や偉業を描いた映画<海外編>について正式部員の皆さんに投票していただいたランキングを発表します。

韓国ドラマ『赤い袖先』ジュノ(2PM)/イ・セヨン タイトルと予告編で観たくなる韓国ドラマランキング2022年秋号

韓国ドラマは、ユニークなタイトルが多いということで、今回はタイトルと予告編に着目して観たいドラマを選び、ランキングにしました。

海外ドラマ『Why Women Kill 〜ファビュラスな⼥たち〜』ルーシー・リュー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号Part2

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ミーティング・ザ・ビートルズ・イン・インド』ザ・ビートルズ 映画好き目線でそそる2022年9月公開の映画を紹介

2022年9月も気になる作品が目白押し!今回は、ポスター部門、予告編部門、大穴部門と分け、それぞれ映画好き目線でジャッジしました。

海外ドラマ『超サイテーなスージーの日常』ビリー・パイパー 海外ドラマ最新作バトル2022年9月号

「海外ドラマがたくさんあって、どれを選べば良いかわからない」という方に向けた本企画。第2回目の今回も、新作海外ドラマをピックアップし、ジャンルや内容が近い組み合わせで、作品情報と予告編を観て、それぞれの魅力を比較してみました。さらに今回は特別枠まで登場しますよ。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『地下室のヘンな穴』アラン・シャバ/レア・ドリュッケール キャッチコピーと予告編で観たくなる最新映画ランキング2022年8月号

キャッチコピーと予告編は、映画の宣伝で重要な役割を果たしています。ということで、この企画ではキャッチコピーと予告編に着目して観たい映画を選ぶとどうなるのかランキングにしています。今回はどんな作品が挙がったのでしょうか?

海外ドラマ『キャシアン・アンドー』ディエゴ・ルナ 海外ドラマ最新作バトル2022年8月号

本企画では、新作海外ドラマをピックアップして、ジャンルや内容が近い組合せで、それぞれの魅力を比較してみました。ぜひ作品選びの参考にしてください。

映画『ソニック・ザ・ムービー/ソニック VS ナックルズ』ジム・キャリー “俳優引退!?”記念 ジム・キャリー人気作品ランキング

『マスク』『エターナル・サンシャイン』『トゥルーマン・ショー』など、数々の名作に出演の名俳優、ジム…

REVIEW

  1. 映画『ブラックアダム』ドウェイン・ジョンソン
  2. 映画『ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ』ベネディクト・カンバーバッチ/クレア・フォイ
  3. 映画『シスター 夏のわかれ道』チャン・ツィフォン/シャオ・ヤン
  4. 映画『ストレンジ・ワールド/もうひとつの世界』
  5. 海外ドラマ『ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪』モーフィッド・クラーク
  6. 映画『グリーン・ナイト』デヴ・パテル
  7. 映画『マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説』マリー・クワント
  8. 映画『魔法にかけられて2』エイミー・アダムス/マヤ・ルドルフ
  9. 映画『ある男』妻夫木聡/安藤サクラ/窪田正孝
    ある男

  10. Netflix映画『グッド・ナース』ジェシカ・チャステイン/エディ・レッドメイン

PRESENT

  1. 映画『ブレット・トレイン』オリジナルノートPCケース
  2. 映画『かがみの孤城』
  3. 映画『フラッグ・デイ 父を想う日』ショーン・ペン
PAGE TOP